未分類

「Vket2022 Winter」出展企業第2弾!三井グループや楽天生命なども出展

2022年12月3日(土)~18日(日)に開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」の、出展企業情報第2弾が公開されています。 第2弾では、三井住友フィナンシャルグループや三井不動産、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、楽天生命保険などの出展情報が公開されています。 「Vket2022 Winter」出展企業第2弾が公開 いよいよ今週土曜に開幕が迫った「バーチャルマーケット2022 Winter」の出展企業情報が、先日発表された第1弾情報に続いて公開されています。 第2弾では初の出展となる保険業界やLiveマーケティングカフェ「AZLM」など、15社の情報が公開されています。 Vket2022 Winter公式サイト 株式会社三井住友フィナンシャルグループ パラリアル名古屋に展開されるブースでは、 「銀行の各種サービスやクレジットカードを使ったお買い物などでのVポイントの貯め方」 をイメージした、5人乗りのライド型アトラクションが楽しめます。 入り口ではデビットカードかクレジットカードの3Dモデルが発行され、アトラクションの銃部分にセットすると、シューティングゲームがスタートし、飛んでくるアイテムを次々と撃ち落とすことでVポイントが貯まっていきます。 貯まったポイントに応じて3種類のクレジットカードの3Dモデルがプレゼントされ、またミドすけ・ビバすけ・ポムポムプリンと新メンバーのぷろみぃが各所で出迎えてくれます。 三井不動産株式会社 同社ブースはパラリアル名古屋の名古屋城を望む通りに展開され、同社の運営する三井ショッピングパーク公式通販サイト「&mall(アンドモール)」と連動しています。 「冒険者御用達 ジョブ診断所」 というブースの中に浮かぶ魔法陣に乗ると、冒険者のジョブ(=来場者のタイプ診断)ができるパネルが出現し、回答結果で現れたジョブに似合う商品が、「&mall」から紹介されます。 また同じブース内の抽選機を回して当たりがでると、「&mall」での買い物の際に実際に使えるクーポンが手に入ります。 三井住友海上火災保険株式会社 前回登場した同社ブースが、今回はスマホやタブレットなどから楽しめるWebブラウザ会場に登場します。 ロケットや宇宙空間をイメージしたブース1Fでは、昔話を題材として楽しく保険を学べる動画を視..
未分類

連れて帰れるAR手のりパンダなど「うえのパンダフェスタ」で3種のARコンテンツを展開

ARサービスを提供する株式会社palanは、2022年10月26日(水)~10月30日(日)に開催された上野動物園ジャイアントパンダ来日50周年イベント「うえのパンダフェスタ」において、ARコンテンツの制作を行ったことを発表しました。 「かわいく動く」パンダのARコンテンツ 「うえのパンダフェスタ」では、以下の3つのARコンテンツがNTT東日本の提供で展開されました。 ・手のりパンダを連れて帰ろう! ・ARパンダ動画ルームを探そう! ・米よりパンだ!?の看板でびっくりしよう! 手のりパンダを連れて帰ろう! QRコードを読み取ってスマートフォンをかざすと、ARでかわいく動くパンダ出現し、好きな場所でパンダとの記念撮影を楽しむことができます。 #ARパンダ動画ルームを探そう! 巨大パネルのパンダの写真にスマートフォンをかざすと、パンダの様子を動画で見ることができます。 米よりパンだ!?の看板でびっくりしよう! 「米よりパンだ!? NIKI BAKERY&CAFE」の看板にARカメラをかざすと、平面の看板が立体になり、パンダが動きだして看板から飛び出してくる姿を楽しめます。 「うえのパンダフェスタ」について 「うえのパンダフェスタ」は、ジャイアントパンダ来日50周年を記念したイベントで、上野駅周辺から御徒町駅前のおかちまちパンダ広場周辺まで上野の街全体で5日間にわたって開催されました。 本ARコンテンツも以下の4か所で楽しむことができました。 ・上野公園噴水前広場 (手のりパンダ / #ARパンダ動画ルーム) ・おかちまちパンダ広場 (手のりパンダ) ・Cafe NIKI     (#ARパンダ動画ルーム) ・米よりパンだ!?   (看板でびっくりしよう!) 開催概要 名称:「うえのパンダフェスタ」 日時:2022年10月26日(水)~10月30日(日) 場所:上野公園噴水前広場 他 主催:一般社団法人上野観光連盟 後援:台東区、(公財)東京動物園協会、東京都東部公園緑地事務所 詳細:イベントページ ARコンテンツを提供するパートナー企業募集中 今回のイベントで活用された「WebAR」は、WebブラウザのみでARを実現する技術で、企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。 palan社では、新型コロナウイルスの感染..
未分類

VTuberになる方法を解説! おすすめ無料アプリ&優秀なツールを厳選紹介!

十人十色の魅力を持つ新人が日々デビューしている、VTuber(バーチャルYouTuber)。 この数年で次々に新しいサービスやツールが登場し、「VTuberデビュー」は比較的簡単になりました。人気VTuberのように本格的な活動をするにはお金も機材も必要ですが、今はスマートフォン1台でも気軽に始められます。 本記事では、そんなVTuber活動を手助けしてくれるアプリやツールの中から、代表的なものをピックアップして紹介します。配信や動画投稿の活動をするにあたって最低限必要となるものを整理しつつ、これからデビューしたい人向けに「VTuberになる方法」を説明します。 目次 1. 「VTuberとしてデビューする」には何が必要? 最低限必要なものと予算をチェック! 2. 気軽にデビューしたい人向け! 無料アプリ4選 ・IRIAM ・REALITY ・カスタムキャスト ・Animaze by FaceRig 3. より本格的なアバターでデビューするには? おすすめソフト3選 ・VRoid Studio ・Live2D Cubism ・Blender 4. アバターを動かすならこれ! 便利なキャプチャーツール5選 ・VTube Studio ・Luppet ・3tene ・VMagicMirror ・Kalidoface 3D 5. 配信をするなら何が必要? 最低限準備しておきたい機材&ソフト 6. 企業オーディションに参加するには? 7. まずはスマホ1台から、試しに配信してみよう! 「VTuberとしてデビューする」には何が必要? 最低限必要なものと予算をチェック! 一口に「VTuber」と言ってもさまざまなスタイルの活動者がいますが、一般的には「2Dまたは3Dのアバターを使って、動画投稿やライブ配信をしている人」というイメージが浮かびます。 動画投稿やライブ配信をするだけならば、スマートフォンを使って今すぐにでも始められます。ただし「VTuber」となると話は別です。VTuberの多くは「アバター」の姿で活動をしているため、まずは自分の体となるアバターを準備しなければなりません。 また、そのアバターを動かすための「ツール」と「機材」も必要です。 スマホ1台でアバターを動かす方法もありますが、人気VTuberのようにアバターを動かしなが..
未分類

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ:星の願い」が近日スタート!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、「GOバトルリーグ:星の願い」の情報が公開されています。 プレミアカップがより頻繁に開催 「GOバトルリーグ:星の願い」は、12月2日(金)午前6:00より開幕。発表によると、今シーズン以降は、クラシックカップの形式は実施されなくなり、代わりにプレミアカップが頻繁に開催されるとのこと。 「アメXL」が入手できるトレーナーレベルが40から31に引き下げられ、「ふしぎなアメXL」が現地で行われるレイドバトルで得られるリワードとなったことが、変更の理由と説明されています。 「GOバトルリーグ:星の願い」の詳細スケジュールは以下の通りです。 ・12月1日から12月8日 スーパーリーグ SLリミックス ・12月8日から12月15日 スーパーリーグ かくとうカップ:スーパーリーグVer.リミックス ・12月15日 から12月22日 ハイパーリーグ ハイパーリーグプレミアクラシック ・12月22日 から12月29日 ハイパーリーグ ホリデーカップ:スーパーリーグバージョン ・12月29日から1月5日 マスターリーグ ホリデーカップ:ハイパーリーグバージョン 勝利時のリワードで獲得できる「ほしのすな」が3倍(セット終了時のリワードは含みません) ・1月5日から1月12日 マスターリーグ Master Premier Classic 勝利時のリワードで獲得できる「ほしのすな」が3倍(セット終了時のリワードは含みません) ・1月12日から1月19日 スーパーリーグ ハイパーリーグ マスターリーグ ・1月19日から1月26日 スーパーリーグ 自然界カップ:スーパーリーグバージョン ・1月26日から2月2日 スーパーリーグ でんきカップ:スーパーリーグバージョン ・2月2日から2月9日 ハイパーリーグ ハイパープレミア ・2月9日から2月16日 ハイパーリーグ ラブラブカップ:スーパーリーグバージョン ・2月16日から2月23日 マスターリーグ マスターリーグプレミア 勝利時のリワードで獲得できる「ほしのすな」が3倍(セット終了時のリワードは含みません) ・2月23日から3月1日 マスターリーグ:メガバージョン ホウエンカップ:スーパーリーグバージョン 勝利時のリワードで獲得できる「ほしのすな」が3..
未分類

東京国立博物館の国宝89点をメタバース上で展示 特別展覧会がclusterで開催

メタバース上に開設された「バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)」で、東京国立博物館創立150年記念バーチャル展示「エウレカトーハク!◉89」が、2023年1月17日(火)〜3月31日(金)まで開催されます。 本展覧会は、メタバースプラットフォーム「cluster」を活用し、東京国立博物館の監修のもと、凸版印刷が企画制作。見学者はアバターとしてバーチャルトーハクに入館し、本館エントランスから3つのパートを自由に回遊することで、日本美術や国宝への理解を深められるとのこと。 第1部「国宝を《知る》」では、所蔵の全89件の国宝をメタバ―スの中で観ることができます。時代に応じて分けられた4つの部屋で、分野や時代など、多岐にわたる国宝を「彩り」・「うた」・「素材」・「季節」などのキーワード毎に表示して鑑賞し、日本美術や国宝の特長の解説を楽しめます。 また、VR作品の映像の一部を活用し、作品画像と合わせて表示することで、実物を鑑賞するだけでは体験できない作品の楽しみ方を初心者にも分かりやすく伝えるそうです。 第2部「国宝に《親しむ》」では、メタバースに三次元CGで2つの国宝の世界観を表現。アバターが国宝の中に入り込んだかのような体験が可能です。 「松林図屛風」のバーチャル展示室では、長谷川等伯が描いた松林の風景を表現。長谷川等伯は墨1色の濃淡のみで、松林の遠近感を表現しましたが、空間内に配置された松の一部を動かして、長谷川等伯による疎密の配置の妙や濃淡のみで表現された松林の遠近感などを体感できるそうです。 「八橋蒔絵螺鈿硯箱」のバーチャル展示室では、作品のテーマである「伊勢物語」の「三河国八橋」の情景を表現。空間に置かれた文字を集めることで「伊勢物語」の主人公が詠んだ和歌を完成させたり、アバターとして硯箱の内部に入ったりしながら、尾形光琳が表現した世界に没入します。硯箱の内部では、尾形光琳が硯箱内外に施したデザインが透け重なって表示されることで、硯箱全体でデザインされた作品表現の鑑賞が可能です。 第3部「国宝と《つながる》」では、たかくらかずき氏など現代アーティストたちが新しい感覚で国宝を再解釈し、リスペクトアートという形で表現した作品をNFTとして販売。2023年3月3日(金)から販売を開始し、収益の一部は東京国立博物館に還元され、その運営や文化財保全等..
未分類

【ポケモンGO】「ホウエンメガレイド」開催 「ジュカイン」「バシャーモ」がメガシンカして登場!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の新イベント「ホウエンメガレイド」の詳細が発表されました。「ジュカイン」「バシャーモ」などが、メガシンカして登場します。 チケットを買うと追加ボーナス 「ホウエンメガレイド」の開催期間は、12月3日(土)午後14:00から午後17:00まで。期間中は、「ジュカイン」「バシャーモ」「ラグラージ」がメガシンカした姿で初めて登場します。イベントの詳細は以下の通りです。 ・「メガジュカイン」「メガバシャーモ」「メガラグラージ」が「メガレイド」で初登場。 ・イベント期間中につかまえた「ジュカイン」はスペシャルアタック「ハードプラント」を覚えています。 ・イベント期間中につかまえた「バシャーモ」はスペシャルアタック「ブラストバーン」を覚えています。 ・イベント期間中につかまえた「ラグラージ」はスペシャルアタック「ハイドロカノン」を覚えています。 ・イベント期間中にジムのフォトディスクを回すことで、最大5つのレイドパスを無料で獲得できます。 ・色違いの「ジュカイン」「バシャーモ」「ラグラージ」に出会える機会が多くなります。 以下のボーナスが発生するチケットを、5ドル(約700円)で販売。これらのボーナスは12月3日(土)午後14:00から12月3日(土)午後22:00まで有効です。 ・ジムのフォトディスクを回すことで、追加で6つの「レイドパス」を獲得(1日合計で12個)。 ・「ふしぎなアメXL」がもらえる確率が上昇。 ・レイドバトルで獲得できるXPが50%増加。 ・レイドバトルで獲得できる「ほしのすな」が2倍。 ©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995–2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式サイト The post 【ポケモンGO】「ホウエンメガレイド」開催 「ジュカイン」「バシャーモ」がメガシンカして登場! appeared first on Mogura VR.
未分類

Meta、XR/メタバース部門への研究開発費の半分以上をARグラスに投入

MetaのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、従業員に向けて同社支出の概要説明を行ったと、11月18日、ロイターが報じました。同氏の説明によると、Metaのメタバースサービスである「Horizon Worlds」への支出は、XRデバイス開発やメタバース構築に取り組むReality Labs部門の10%前後に留まっているとのことです。併せて、ARグラス開発に強い期待を抱く同氏のコメントも報じられています。 Reality Labs部門の支出内訳も明らかに 従業員向けの説明は、11月の第3週に全体会議で実施された模様。会議内でザッカーバーグ氏は、「Metaの総予算の20%は、XRデバイス開発やメタバース構築に取り組むReality Labs部門に充てられている。Reality Labs部門の支出内訳は、50%以上がARグラスの研究開発、40%前後がVR開発、10%前後が『Horizon Worlds』などのメタバースコンテンツとなっている」と説明したとのこと。 加えて同氏は、「Metaのスマートグラス製品は”今後数年のうちに”登場し、”本当に優れた”ARグラスは約10年後に登場するだろう。これはある意味、最も困難な仕事であるが、時間をかけて最も価値のある潜在的な部分だとも思う」と語ったとも伝えられています。 MetaのARグラス、今後の展開は Metaは現在、ARグラス研究開発プロジェクト「Project Aria」を進行中です。本プロジェクトは2020年9月に発表され、ARグラスに搭載されたカメラとAIを使って現実空間の3Dマッピングを行うほか、音声系の拡張を実施します。2022年5月時点で、イギリス・シンガポールの公共空間のデータ収集が進められています。 MetaのARグラス開発プロジェクト「Project Aria」、イギリスでのデータ収集開始へ Mogura VR News また2021年3月、同社はメディア向けに”筋電位センサを使ったリストバンド型”のARグラス向けコントローラーの構想を発表。現在も開発は進んでいると見られます。今後、MetaがどのようなARグラス開発を進めていくのか、動向が注目されます。 ARグラスのコントローラーは“リストバンド” フェイスブックが構想を発表 M..
未分類

3Dゲームをローコードで制作 ゲームプラットフォーム「YAHAHA」4000万ドル調達  

UGC(User Generated Content)ゲームプラットフォーム「YAHAHA」を運営するYahaha Studiosは、シリーズA+ラウンドで4000万米ドルを追加調達しました。調達した資金は、製品開発や事業開発、採用活動などに充てる方針です。 3Dコンテンツ制作を民主化 2020年に元Unityのエンジニアらが設立したYahaha Studiosは、ヘルシンキ、ソウル、上海に拠点を構えるスタートアップです。 同社が展開するYAHAHAは、「3Dコンテンツ制作の民主化」を掲げるローコードのオンラインゲームプラットフォーム。クリエイターが制作した3Dゲームをプレイしたり、自ら3D コンテンツを制作したりすることができます。 あらゆるスキルレベルのクリエイターが独自のゲーム、世界、ソーシャルスペースを作成できるようサポートするとし、クリエイターツールと数多くのチュートリアルを提供しています。ドラッグ&ドロップと同じぐらい簡単にゲームを制作できると謳っています。 設立2年で1億米ドル調達に迫る 今回のラウンドは、シンガポールの国営投資会社テマセク・ホールディングスとアリババグループがリードし、中国のゲーム大手37インタラクティブ・エンターテインメントも参加しています。 Yahaha Studiosは、4月のアルファ版ローンチに先立ち、1月に累計5,000万ドルの資金調達を発表。調達資金の合計額は、同社設立から2年で9,000万ドルに上ります。 YAHAHAは好調な出だしで、現在は10万人のクリエーターと数十万人のプレイヤーを抱えるプラットフォームに成長しており、今後は収益化機能の追加などを予定しているとのことです。 (参考)Yahaha Studios TechCrunch The post 3Dゲームをローコードで制作 ゲームプラットフォーム「YAHAHA」4000万ドル調達 appeared first on Mogura VR.
未分類

【ポケモンGO】次シーズン「星に願い」の情報が公開 3つのイベントが開催予定

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の次シーズン「シーズン9:星に願い」の詳細な情報が公開されました。 予告動画も公開中 「シーズン9:星に願い」は、12月1日(木)午前10:00から2023年3月1日(木)午前10:00まで開催。発表によると、シーズン中には3つのイベントが開催されるとのこと。シーズンの詳細は以下の通りです。 ・シーズン中の3つのイベントでは、3種類の選択肢からボーナスを選び、願いを叶えられます。最初のイベントでは、以下の選択肢からひとつを選ぶことが可能です イベント中に「ふかそうち」に入れたポケモンが孵化するまでの距離が2分の1に。 ポケモンを捕まえた際に獲得できるXPが2倍に。 ポケモンを捕まえた際に獲得できる「ほしのすな」が2倍に。 (永続的に有効なシーズンボーナス) ・ポケストップを回した際、ギフトが必ずもらえる。 ・歩いているときの「おこう」の効果がアップ。 トレーナーの皆さん、願い事をしましょう… 2022年12月1日 pic.twitter.com/VoBLNLlsjz — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 28, 2022 公式Twitterでは、「シーズン9:星に願い」の予告映像も公開中。「ジュカイン」「バシャーモ」「ラグラージ」がメガシンカした姿が確認できるほか、動画の最後には「ゲンシカイオーガ」や「ゲンシグラードン」らしきシルエットも登場します。 ©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995–2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式Twitter The post 【ポケモンGO】次シーズン「星に願い」の情報が公開 3つのイベントが開催予定 appeared first on Mogura VR.
未分類

VTuberの人数が20,000人に到達  ユーザーローカルが発表

「ユーザーローカル VTuberランキング」を運営する株式会社ユーザーローカルは、2022年11月28日(月)の時点で、VTuberの人数が20,000人に到達したことを発表しました。 この数は、本ランキングに申請があったVTuberと、主要VTuberのチャンネル数をもとにカウント。前回公表された2021年10月の時点では16,000人でしたが、新たに4,000人以上が増えたことになります。 ランキング10位内では、ホロライブプロダクション所属のVTuberが多くを占め、ホロライブEnglish所属のGawr Gura(がうる・ぐら)さんがチャンネル登録者数424万人で1位に。男性VTuberではにじさんじの葛葉さんがトップとなっています。 ファン数トップ10はこちら。 1位 Gawr Gura(がうるぐら) 424万人 2位 キズナアイ 306万人 3位 宝鐘マリン(ほうしょうマリン) 222万人 4位 Mori Calliope 216万人 5位 兎田ぺこら 210万人 6位 白上フブキ 203万人 7位 戌神ころね 190万人 8位 ホロライブ公式 187万人 9位 Watson Amelia(ワトソン・アメリア) 172万人 10位 こぼ・かなえる 172万人 (参考)プレスリリース The post VTuberの人数が20,000人に到達 ユーザーローカルが発表 appeared first on Mogura VR.
未分類

バーチャル空間で学術発表や交流を行う「バーチャル学会2022」が開催

2022年12月17日(土)、18日(日)に、バーチャル空間で学術発表や交流を行うイベント「バーチャル学会2022」が開催されます。オープニングはSTYLYで実施され、基調講演・オーガナイズドセッション・ポスター発表および口頭発表はcluster、ポスター発表フリーインスタンスはVRChatで行われます。オープニング・基調講演・オーガナイズドセッションは、YouTube Live配信も予定されています。 バーチャル学会は、ソーシャルVR環境での学術発表や交流を通じ、バーチャル空間における価値創造をアカデミックの面から促進する取り組みです。「学術活動を介してソーシャルVRと物理世界の価値を循環させることで、様々な背景を持つ人々が未知の知識と出会い、新たに芽生えた疑問や気づきに対し議論を行う場をつくり、リアルとバーチャル双方の世界が真に連携する世界の実現に貢献する」事を目的として掲げています。なお本学会は2019年から開催され、今年で4度目の開催となります。 基調講演には、鳴海拓志氏・山口征浩氏・おきゅたんbot氏 今年度の基調講演では、東京大学大学院情報理工学系研究科准教授、日本VR学会理事の鳴海拓志准教授、株式会社Psychic VR Lab 代表取締役CEOの山口征浩氏、VR・メタバースガイド/Vシンガーで公式VIVE・Questアンバサダーのおきゅたんbot氏が登壇。 (左より鳴海拓志氏、山口征浩氏、おきゅたんbot氏) VR技術により未来はどのようなものになるか、そして私達の世界はどのように変化するか、VRに関心のある方に向けた内容の講演が行われます。clusterでのバーチャル会場での聴講に加え、YouTube Liveによる配信も行われます。 オーガナイズドセッションも開催 研究成果を発表するポスター発表は、一般発表59件と企業協賛1件が予定。うち35件についてはポスター内容に関するLT形式の口頭発表が行われます。口頭発表会場およびポスター発表のコアタイム会場はclusterで実施。ポスター発表のフリーインスタンスは、VRChat会場で開催されます。 また、オーガナイズドセッションもcluster会場にて実施されます。神経科学、感覚提示、教育、学際交流の4つのトピックとVRに関するテーマを中心に、複数人のゲストスピーカーを迎えパネルディスカッシ..
未分類

ソフトバンクホークス公式Vtuber鷹観音海・有鷹ひな 今後の活動が未定と明かす 担当者と連絡取れず

福岡ソフトバンクホークス公式VTuber鷹観音海(たかみねうみ)さんと有鷹ひな(ありたかひな)さんがTwitterでコメントを発表。12月以降の活動が未定であることを明かしています。 鷹観音海さんと有鷹ひなさんは12球団初の公式VTuberとして、2020年11月よりデビューし、試合開始前にホークスビジョンにてその姿をお披露目。YouTubeではうみひな【ばーちゃるホークスちゃんねる】として、球団の応援配信を中心とした活動を行っています。 pic.twitter.com/uU8bywSHTI — 有鷹ひな【ホークスVTuber】19日13時~配信 (@hawks_aritaka) November 28, 2022 pic.twitter.com/p4T7JtoIgA — 鷹観音海【ホークスVTuber】 (@hawks_takamine) November 28, 2022 鷹観音海さんと有鷹ひなさんは自身のTwitterにてコメントを同時に発表。担当者と連絡が取れておらず、12月以降の活動について全く分からず困惑しているという旨を投稿しています。また、配信頻度が減ったことを謝罪。自身の言葉でファンへのメッセージを伝えています。今後の動向が気になるところです。 Page not found Mogura VR (参考)鷹観音海、有鷹ひな 公式Twitter The post ソフトバンクホークス公式Vtuber鷹観音海・有鷹ひな 今後の活動が未定と明かす 担当者と連絡取れず appeared first on Mogura VR.
未分類

ソニー、モバイルモーションキャプチャー「mocopi」発表!価格は約5万円 総重量48g スマホで動作 VRChat対応

11月29日(火)、ソニーはモバイルモーションキャプチャーデバイス「mocopi」を発表しました。総重量50g未満のデバイスとスマートフォンだけで、どこでも簡単に高精度なモーションキャプチャーを実現。VTuberやアニメーション制作にも利用でき、「VRChat」にも対応しています。 スマホと超軽量センサーだけでフルトラッキング! 「mocopi」は、6基のトラッキングデバイスと専用スマートフォンアプリ(iOS/Android対応)で構成される、モバイルモーションキャプチャーです。PC不要で動作し、屋外でも使用可能です。 トラッキングセンサーは、1つが直径3.2cm、重さは8g。頭部、両手首、両足首、腰に装着しても、総重量は48g。既存のトラッキングデバイスと比較して圧倒的に軽量であり、かつ「500円玉より少し大きい」サイズ感の小型さが最大の特長です。稼働時間も最大10時間とのことです。 スマートフォンとはBluetoothで無線接続され、専用アプリ内にてモーションを取得。MP4形式の動画としても、BVH形式のモーションデータとしても記録できます。アバターはVRM形式に対応し、音声に合わせたリップシンクにも対応しています。 さらに、モーションデータはリアルタイムで様々なサービスへ送信することができます。「Unity」や「MotionBuilder」といったクリエイティブツールや、3Dモデル向けモーション反映ツールの定番「Virtual Motion Capture」、そしてソーシャルVR「VRChat」にて、動作確認済みとなっています(※「VRChat」は「Avatar OSC」を利用する形式とのこと)。また、12月15日(木)にはSDKも提供予定です。 ソニーではこれまで、特にコンシューマー向けのモーションキャプチャー領域への展開はあまり見られませんでした。しかし、VTuberやメタバースなど、「アバターを介したリッチなコミュニケーションスタイル」が隆盛する情勢を受け、3Dコンテンツ制作をより身近にし、メタバース体験を向上させるべく、今回の「mocopi」の開発・発売に乗り出したとのことです。 「mocopi」は、2023年1月下旬に発売予定。ソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」で購入・予約でき、予約開始は12月中旬を予定しています。ソニー..
未分類

ホロライブEnglishのファンメイドゲーム「HoloTrials: Case Covered」が制作中

VTuberグループホロライブEnglishを題材とした、ファンメイド(非公式)のビジュアルノベル「HoloTrials: Case Covered」の一部ゲームシーンが公開されました。現在、制作が進められているようです。 「HoloTrials: Case Covered」は、VTuber Animation Clubによるファンゲームプロジェクトで、アドベンチャーゲーム「逆転裁判」に近い内容となっています。Watson Amelia(ワトソン・アメリア)さんが、停学の危機にある友人を救うために’whodunnit’の謎を解いていきます。 HoloTrials: Case Covered is a visual novel where you get to play as Amelia Watson while trying to solve a 'whodunnit' mystery. Will you be able to save a friend from the threat of suspension?#holotrials #hololive #fangame #gawrt #ameliaRT #gamdev #unity3d pic.twitter.com/xPchyk8fFi — HoloTrials: Case Covered (@HoloTrials) November 20, 2022 Holohigh's #1 Detective, Amelia Watson, is on the case! Here's one of her courtroom animations. #HoloTrials #ameliaRT #hololive #fangame pic.twitter.com/iGOo72lsxO — HoloTrials: Case Covered (@HoloTrials) October 14, 2022 Here is your first look at Nanashi Mumei, the Secretary of HoloHigh's Student Council! Here is one of the idle animations you can e..
未分類

VR/AR/メタバースカンファレンス「XR Kaigi 2022」オンライン交流イベントが「めちゃバース」にて開催

株式会社Moguraは、12月に開催される国内最大級のXR・メタバースのカンファレンス「XR Kaigi 2022」のオンライン交流イベントを、12月16日(金)に開催します。会場は、株式会社ハシラスが提供するメタバース「めちゃバース」内の特設会場です。 オンライン交流イベントでは、参加型ゲームやトークルームでのボイスチャットの活用などを企画。動画を見るだけでは終わらない、オンラインイベントでのコミュニケーションを実現します。 「XR Kaigi」は、「つながり、共有し、高め合う」を目的として開催されてきたXR・メタバースをテーマにするカンファレンスです。XRという新たな領域に挑戦する開発者・クリエイター同士がコミュニケーションをとり、ノウハウを共有し、そして来るべき未来に向けて、業界全体で盛り上がるイベントを目指し、2019年より開催してきました。 2022年は「Create Everything(なんでもつくろう)」というキャッチコピーを掲げ、昨年のオンライン・オフライン“ハイブリッド型”方式を継承。今年はBtoB向けの体験型展示会「Meet XR」と合同開催し、オフラインのフロア面積を大幅に拡張しての開催となります。 「XR Kaigi 2022」の参加チケットは公式サイトより購入可能です。 「XR Kaigi 2022」オンライン交流イベント概要 日時 12月16日(金)18:00~19:00 対象 「XR Kaigi 2022」オンライン及び早割チケット購入者 「XR Kaigi 2022」イベント概要 日時 XR Kaigi Online:2022年12月14日(水)、15日(木)、16日(金) XR Kaigi Offline:2022年12月22日(木)、23日(金) 開催場所 XR Kaigi Online:XR Kaigi 公式サイト XR Kaigi Offline:東京都立貿易センター浜松町館 チケット XR Kaigi Onlineチケット:4,400円(税込) XR Kaigi Offlineチケット:2,420円(税込) ※下記公式サイトにて販売中 公式サイト https://www.xrkaigi.com/ 主催 株式会社Mogura 公式SNS ・Twitter https://twitt..
未分類

ピッチイベント「XR Future Pitch 2022」XR/メタバースの登壇企業6社が発表

12月16日に、XR/メタバースカンファレンス「XR Kaigi 2022」内で開催されるピッチイベント「XR Future Pitch 2022」の登壇企業が発表されました。 登壇企業は、株式会社DENDOH、mirrorX株式会社、株式会社X、株式会社D’Arts、株式会社テンアップ、Auto VR株式会社の全6社です。 12月16日 午前10時からは、ピッチイベントを配信。イベントでは、オーディエンスの投票によってオーディエンス賞(賞金10万円)が決定します。ピッチイベントは「XR Kaigi 2022」チケット購入者でなくても視聴参加可能です。 また、登壇企業12月22、23日に「XR Kaigi 2022」の展示エリア内にて合同開催される展示会「Meet XR」に出展し、プロダクトの展示・体験を行います。 「XR Kaigi 2022」の参加チケットは公式サイトより購入可能です。そのほか詳細は以下をご確認ください。 「XR Future Pitch 2022」概要 ピッチ開催日時 12月16日(金)10:00~12:00 対象:一般公開(XR Kaigiチケット購入者以外もYouTubeでのリアルタイム配信で視聴可能) 内容 1.スタートアップ6社によるピッチ 2.コメンテーター 河合 将文 氏(株式会社ジェネシア・ベンチャーズ パートナー) 西川 美優 氏(株式会社IntoFree 代表取締役) 目黒 慎吾 氏(博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センター開発1G テクノロジスト) 若山 泰親 氏(ブレイクポイント株式会社 代表取締役) 3.オーディエンス賞 発表 4.オンラインフォトセッション 登壇者 株式会社DENDOH 代表取締役CEO 押田 大輝 「メタバース空間向けアバタープラットフォームで誰でもかんたんにバーチャル空間で自己表現できる世界に」 https://dendoh.co.jp/ mirrorX株式会社 代表取締役 川崎 剛 「世界初!スマホとテレビだけで楽しめるVRフィットネス・アプリ」 http://mirrorx.com 株式会社X 代表取締役 米倉 暁 「有名企業がメタバース空間で人材採用!?「メタ新卒合同採用エキスポ」 https://www.xinc.co.jp/ 株式会社D’..
未分類

「フォートナイト」のコスチュームに「Goat Simulator」のヤギが登場 なぜか二足歩行

人気バトルロイヤルTPS「フォートナイト」に、ヤギの大暴れで有名なゲーム「Goat Simulator」をテーマにしたコスチューム「ヤギ」が実装されました。 「ヤギ」は、「Goat Simulator」シリーズに登場する「Pilgor」というヤギをイメージして作られたコスチューム。“原作”は4足歩行でしたが、今回の「フォートナイト」版は2本の足で歩く形になっています。 コスチュームは、ゲーム内ストアから購入可能。また2023年9月30日(土)午後12:59までにEpic Games Storeで最新作「Goat Simulator 3」を購入すると、同コスチュームを「フォートナイト」内で受け取れるとのことです。 Doing some final touches on the animations#goatsimulator3 pic.twitter.com/mik2NkGrRL — Goat Simulator (@GoatSimulator) November 12, 2022 「Goat Simulator」は、2014年に第1作がリリース。プレイヤーはヤギになり、オープンワールドのマップで自由気ままに暴れて楽しめる作品。オブジェクトを破壊して回ったりNPCにイタズラしたりと、様々な“悪事”ができるのが特徴です。 11月半ばには、トラッキング用のスーツを着た人間が、「Goat Simulator 3」のヤギ用モーションを収録する動画が公開。文字通り、体当たりな制作風景が大きな注目を集めました。 「Goat Simulator 3」のヤギ役は人間だった……!? トラッキング用スーツを使った収録映像が公開 MoguLive © 2022, Epic Games (参考)フォートナイト 公式サイト The post 「フォートナイト」のコスチュームに「Goat Simulator」のヤギが登場 なぜか二足歩行 appeared first on Mogura VR.
未分類

【ピクミン ブルーム】「ピクミン3 デラックス」第2弾コラボ開始 「宇宙服」デコピクミンを手に入れよう!

スマートフォン向けARゲーム「Pikmin Bloom(ピクミン ブルーム)」で、「ピクミン3 デラックス」コラボの第2弾が開催されています。 「ピクミン3 デラックス」コラボの第2弾は、12月9日(金)午後23:59まで実施される予定。期間中は、「コッパイ星人の宇宙服」デコピクミンになる金の苗がもらえます。詳細は以下の通りです。 イベント第2弾では花植えのお題が追加。クリアすると、「コッパイ星人の宇宙服」デコピクミンになる金の苗がもらえます。 「コッパイ星人の宇宙服」デコピクミンは赤・青・黄の全3種。3つのお題をすべてクリアすれば必ずコンプリート出来ます。「コッパイ星人の宇宙服」デコピクミンは、イベント第2弾のお題クリア時の「金の苗」からのみ育ちます。他の苗から育ったピクミンのなかよし度を上げる方法では、出会うことができません。 \本日スタート/#ピクミン3デラックス イベント第2弾が始まりました 花植えのお題をクリアして「コッパイ星人の宇宙服」デコピクミンを仲間にしましょう 本日~12/9までの【期間限定】となります 詳しくは画像を#ピクミンブルーム pic.twitter.com/gkqM7mOJXq — Pikmin Bloom Japan (@PikminBloom_jp) November 28, 2022 なお、イベント第1弾のお題を完了していない場合はイベント終了日(12月9日)まで、第2弾と並行して挑戦できます。1度に挑戦できるお題はひとつのみ。表示されているものをクリアすると、次のお題にチャレンジできるようになります。 第1弾のお題を達成すると、「ピクミン3 デラックス」の主人公アルフ、ブリトニー、チャーリーのバッジがもらえます。 Copyright © 2021 Niantic, Inc., Pikmin and Mii Characters / Artwork / Music Copyright © 2021 Nintendo. All Rights Reserved. (参考)ピクミン ブルーム 公式Twitter The post 【ピクミン ブルーム】「ピクミン3 デラックス」第2弾コラボ開始 「宇宙服」デコピクミンを手に入れよう! appeared first on Mogura VR.
未分類

【ポケモンGO】GOバトルリーグで発生している不具合まとめ(11月28日時点)

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」を手掛けるナイアンティックの公式サポートページで、GOバトルリーグで発生している不具合が報告されています。 11月28日(月)時点で、掲載されている主な不具合は以下の通りです。 ・ノーマルアタックがスペシャルアタックの効果を消す。 ・ノーマルアタックで両方のポケモンが同時にひんし状態になっても、引き分けにならない場合がある。 ・トレーナーがマッチング中に不具合によりバトルが開始される場合がある。 ・ポケモンを選択して切り替えると対戦相手が攻撃ターンがなくなる時がある。 ・GOバトルリーグに参戦しようとすると”歩いてGOバトルリーグ戦をアンロック!”と表示される(表示エラーの為「参戦」をクリックすると参戦できます)。 その他の不具合が確認できるGOバトルリーグ関連の不具合ページはこちら https://niantic.helpshift.com/hc/ja/6-pokemon-go/faq/2699-go-battle-league-known-issues-1598471929/?p=web&l=ja ©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995–2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. (参考)ナイアンティック 公式サイト The post 【ポケモンGO】GOバトルリーグで発生している不具合まとめ(11月28日時点) appeared first on Mogura VR.
未分類

「フォートナイト」に新アトラクション登場!筋トレしないとクリア不可

人気ゲームFortnite上のメタバースを制作する株式会社NEIGHBORは、Twitterフォロワー180万人超のインフルエンサー・Testosterone氏と共同開発した、筋トレができるメタバースアトラクション「TOKYO WORKOUT DEATHRUN」をリリースしました。 筋トレ伝道師Testosterone氏がフォートナイトに降臨 「TOKYO WORKOUT DEATHRUN」は、人気のバトルロイヤルゲーム”Fortnite”上に制作されたアトラクションで、筋トレ器具が点在するメタバース空間になっています。 ここでは空中に浮いたダンベルを飛び移りながら進んだり、障害物として立ちはだかる巨大化したプロテインやバーベルを避けながらゴールを目指していきます。 ゴールできずにライフを失うと、筋トレ愛好家Testosterone氏が待つ道場へ転送されるようになっており、プレイヤーはその場でスクワットを強制させられ、筋トレしないとクリアができないメタバースとなっています。 ゲームをしながら筋トレもできる健康的なメタバースアトラクションです。 筋トレ愛好家Testosterone氏とは? 1988年に日本で生まれ、高校生の時に渡米し大学を卒業するまでアメリカンライフを謳歌し、現在はアジア全域に生息する筋トレ愛好家。 高校時代は110キロに達する肥満児だったが、高校2年生の時に渡米した際に筋トレと出逢い40キロ近いダイエットに成功する。 自分の人生を変えてくれた筋トレが広まれば世界はより良い場所になると信じて、あの手この手でただひたすらに筋トレの布教活動を続けている。 Twitterで良い感じの人生観を呟きがちで、やたらとフォロワーが多い。 公式Twitter:@badassceo 引用元:プレスリリース 筋トレこそが人類を救う!? Testosterone氏と共同開発された「TOKYO WORKOUT DEATHRUN」は、彼の野望を叶えるために作られた空間ともいえる独特の世界観が楽しめます。 「TOKYO WORKOUT DEATHRUN」のストーリー フォロワー180万人超のインフルエンサーであるTestosterone氏は、筋トレこそが人類を救う最も神聖な行為であると信じて疑わない謎の男。 Testosterone氏には、全人類を筋..
未分類

「Vket2022 Winter」情報第一弾が発表!ディズニーやヤマハなどが出展

2022年12月3日(土)~18日(日)に開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」の、出展企業第1弾が公開されています。 ここではJR東海やディズニープラスの「ガンニバル」、ヤマハなどの情報が公開されています。 「Vket2022 Winter」情報第一弾が発表 今年12月3日~18日にVRChatで開催されるVR展示即売会「バーチャルマーケット2022 Winter」の出展企業情報第1弾として、各企業のブース内容と企業出展会場の詳細がまとめて発表されています。 企業出展会場は3つ 今回のテーマは、 「Next Journey」 になっており、時間や距離の概念を気にせず、いつでもどこでも旅に出ることができる、ということがイメージされています。 今回の企業出展会場の舞台は ・パリ ・名古屋 ・札幌 の各都市ををパラリアル化した3会場になっていて、例えば「パラリアルパリ会場」では、パリの象徴である凱旋門やエッフェル塔などの有名スポットを再現し、シャンゼリゼ通りを再現した通りに様々な企業ブースが軒を連ねます。 また「パラリアル名古屋会場」では、名古屋のシンボル名古屋城や、現在では現実で見ることのできない、かつて名古屋駅前にあった飛翔のオブジェが復刻されており、久屋大通を再現した通りに企業ブースが軒を連ねます。 3つめの「パラリアル札幌会場」では、大通公園とすすきのエリアが再現されていて、様々な企業ブースが設置されているほか、大通公園では札幌名物・雪まつりも実施し、会場には雪が降るギミックも搭載されます。 Vket2022 Winter公式サイト ヤマハやJR東海なども出展 第一弾の発表では、JR東海やヤマハ、マリークヮント コスメチックス、アウトドアブランドの「Sorge」など、9社の出展情報が公開されています。 ディズニープラス「ガンニバル」 ディズニーのブースでは、定額制公式動画配信サービス「ディズニープラス」のスターにて、今年12月28日より独占配信されるドラマ「ガンニバル」の世界観が味わえるコンテンツが展開されます。 同ブースはパラリアル名古屋に設置され、そこからバスに乗ると、ドラマの舞台である「供花村(くげむら)」の世界にワープし、来場者は村に赴任してきた警察官 阿川大悟として、ドラマ同様に次々に起こる事件を体験す..
未分類

「バーチャル名古屋駅」がVRChatに登場! 名古屋駅を忠実に再現 リニア中央新幹線に乗車できる

12月3日(土)から12月18日(日)にかけて開催されるVRイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」にて、JR東海と株式会社ジェイアール東海エージェンシーが初出展します。 開催期間中、企業出展ワールドに「バーチャル名古屋駅」がオープン。現実の名古屋駅との連動企画も実施されます。 名古屋駅がVRChatに再現。リニア中央新幹線にも乗れる! 「バーチャル名古屋駅」は、企業出展ワールドのひとつ「パラリアル名古屋」にオープンします。現実の名古屋駅を3Dで再現したコンテンツとなっており、駅の上にそびえたつJRセントラルタワーズとJRゲートタワーや、待ち合わせスポットとして有名な金時計・銀時計、先日撤去された「飛翔」のオブジェなど、ランドマークまで忠実に再現しています。 駅構内では、「リニア中央新幹線(L0系改良型試験車)」と「東海道新幹線(N700S)」のバーチャル乗車体験もできます。実物を再現した車両に乗車し、電車旅行を楽しめるとのことです。プレス写真には、宇宙空間を走るリニア中央新幹線の姿も見られます。 また、地上50階以上・高さ約245mの駅ビル施設・JRセントラルタワーズを登るコンテンツや、「ラブライブ!サンシャイン!!」、「信長の野望」、吉本の鉄道芸人・鈴川絢子さん、「出現画廊」、「名古屋モード学園」「HAL名古屋」とのコラボブースも展開されます。 名古屋駅でもイベント開催。体験会やVTuberイベントなど盛りだくさん 「バーチャルマーケット2022 Winter」開催期間に合わせ、現実の名古屋駅・中央コンコースではバーチャル・リアル連動企画が実施されます。 まず、12月3日(土)から12月16日(金)にかけて「メタバース体験会」が開催されます。VRヘッドセット「PICO 4」をかぶり、バーチャル名古屋駅内の全コンテンツを体験できるそうです。 VTuberと交流できるイベントも開催されます。12月17日(土)には富士葵さんとYuNiさんが、12月18日(日)にはおめがシスターズのおめがレイさんとおめがリオさんが出演。中京テレビの公式VTuberアナウンサー・大蔦エルさん進行のもと、出演ゲストの「推し!なごやめし」を紹介します。 イベントは両日とも13:30〜、14:30〜、15:30~、16:30〜の4部開催。抽選制となり、1部あたり..
未分類

にじさんじVTuber剣持刀也がプレイしていた謎のかけっこゲームは何?

VTuber剣持刀也さんが告知したにじさんじのマリオカート大会「第4回マリカにじさんじ杯」。その告知配信枠で、剣持刀也さんはにじさんじのライバーたちがかけっこで競い合うゲームをプレイしました。そのゲームの中に一度に複数のライバーが登場したことに、驚いたファンも少なくないはず。 こちらは、にじさんじに直接関連したゲームではなく、スズキセシルさんが開発した「セシルちゃんのかけっこにカケろ!(かけカケ)」というゲームです。3Dアバターのファイル形式「VRM」を利用し、読み込んだモデルたちがオートでかけっこをする内容となっています。 今回剣持刀也さんは、何人かのライバーに3Dモデルを使っていいかを聞いた上で、了解を得たライバーをゲームに参加させたそうです。最大16人まで参加できるようになっており、最終戦では12人のライバー(+α)が激走を繰り広げていました。 剣持刀也さんが #にじさんじ の皆さんの #かけカケ を配信してくださいました!感謝なのです! https://t.co/hivjMoeOHH — スズキセシル@セシル変身でメタバース (@Cecil_Channel) November 26, 2022 制作者のスズキセシルさんは自身もVTuberで、さらにVTuber向けの3Dアバターアプリ「セシル変身アプリ」の開発者でもあります。「かけカケ」はスズキセシルさんのファンティアの有料プランに加入することで利用でき、他にもセシル変身アプリの一般公開前の新バージョンの先行ダウンロードも可能です。 もちろん、一般ユーザーが配信と同じように、にじさんじライバーでかけっこをすることはできませんが、VRMファイルのアバターを持つユーザーなら、複数のアバターがかけっこする姿を楽しめます。 ゲームの配信先はこちら。 ・セシルちゃんのかけっこにカケろ! (参考)YouTube、ファンティア The post にじさんじVTuber剣持刀也がプレイしていた謎のかけっこゲームは何? appeared first on Mogura VR.
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月19日~11月25日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)や、バーチャルアバターで活動しているタレントの動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら 【初心者】VRChatをPCだけで始める方法!【VRChatでライブを見に行くぞシリーズ】 VRChatでは数多くのライブやイベントなどが毎日数多く行われています。とはいえどうやっていけばいいのか、少々分かりづらいのも事実。そこで観てほしいのがVSingerのViANKiEと、その運営のパパによる動画。VRChatをPCだけで始める方法と、実際にライブを見に行く方法の動画をアップしています。 ライブに行くときのアバターの選び方、イベントへの入り方の違い、音量の調整、「Resync」の使い方など、これを見ればほぼ一通り「デスクトップPCでVRChatのライブを見る方法」がわかる、かゆいところに手が届く動画になっています。 「リクイン」って?「Join」って? VRChatのフレンド申請やイベント参加方法を徹底解説 MoguLive VRChatをより便利にする設定やおすすめ機能を解説 録画するには? 宙に浮くには? MoguLive Moguliveではフレンド、リクイン、joinなどのVRChatで欠かせない、けれども間違えやすい部分やステータスについて詳しく解説している記事もあります。またVRChatで使いたい機能の紹介もまとめているので、先程のパパの動画とあわせて読んでおくとさらに仕組みがわかるので、おすすめします。 ViANKiEはオリジナルニューソング「Morning Firework」のMVもリリースしています。R&B;スタイルの作品で、朝の時間にかけてエネルギーをもらえるような、優しく力強い作品になっています。サビの部分での「Morning Firework」のコール・アンド・レスポンスはライブ「AWAKE24」のステージで大いに盛り上がっていました。 【初心者さん必見!】円錐ドリッパー4種の違い、解説します。 コーヒー特化型VTuberの天宵家がアップしたのは、コーヒー好き..
未分類

本当は寿司職人になりたい人向け シャリを握れるVRChat対応3Dモデルが発売

VRChat対応3Dモデル「寿司職人キット 握って食べられるUDONギミックのおまけつき Sushi Chef Set」がBOOTHにて発売されました。 寿司職人キットは、henomohesanさんが手がける高品質なお寿司と周辺アイテムのセットです。Aセットでは、付属のUdonギミックにより、バーチャル空間でシャリから握って好きなお寿司を作って食べられます。握れるシャリやネタ12種などがセットとなっており、価格は11月末まで20%OFFの960円です。 動画では、おひつから取り出したシャリを握って形を整え、その上にネタを乗せ、寿司ゲタやお皿に盛り、お箸や手で食べる様子が公開されています。 一方、Bセットは出来合いのお寿司16種や寿司棺などのセットとなっており、そのまま直接食べられるようになっています。価格は20%OFFの960円で、AとBのフルセットは1,600円となっています。 さらに、サンプルワールドも公開されています。 ・へのごはんワールド HenoGohan World 詳細・販売先はこちら。 (参考)BOOTH The post 本当は寿司職人になりたい人向け シャリを握れるVRChat対応3Dモデルが発売 appeared first on Mogura VR.
未分類

VRChatをより便利にする設定やおすすめ機能を解説 録画するには? 宙に浮くには?

ソーシャルVR「VRChat」は、非常に多くの便利な機能な設定があります。しかし、英語で書かれている上に、アップデートもひんぱんに行われるため、把握しきれていない人も多いはず。ですが、使いこなせれば「VRChat」をより幅広くプレイできます。 また、「VRChat」と合わせて起動すれば、さらに便利になるアプリケーションもいくつかあります。これらも使いこなすことで、「VRChat」での暮らしはさらに幅広くなります。 というわけで、本記事では「VRChat」をプレイする上で押さえておきたい、便利な機能や設定、導入しておきたいアプリケーションを一挙にご紹介します。 目次 録画したい! 配信したい! あの人のアバター、ちゃんと見えていない……? あの人、宙に浮いてる!? Webブラウザって見られるの?? プロフィールのメッセージって変えられるの? ワールドが重すぎる!! 話し声が聞き取れない!! 話し声が遅れて聞こえる……? オリジナルアバター、お手軽にほしい! 録画したい! 配信したい! 「VRChat」で遊んでいる様子をYouTubeに配信してみたい! でも、録画ボタンとか見当たらないな。どうすればいいのかな……? 「VRChat」そのものに配信機能はありませんが、「VRChat」のゲームウィンドウをキャプチャすることで録画・配信ができます。「OBS Studio」や「Xbox Game Bar」など、自分の使い慣れたツールを使いましょう。 (通常のゲームウィンドウの映像。VRで見ている視点がそのまま映ります) ただし、VRモードでプレイ中の「VRChat」のゲームウィンドウには、デフォルトではプレイヤーの視点映像が表示されます。この状態だと、ささいな頭の動きも映像に反映されるため、見ていて酔いやすい映像となる可能性があるのと、なにより自分が映しにくいのが欠点です。 こういうときは、カメラの「Stream Mode」をオンにするのがオススメ。カメラに表示されている映像が、ゲームウィンドウに表示されるようになります。 (「Stream Mode」をONにした状態。カメラに映る映像がそのまま表示されます) (ドローンモードでカメラを動かして、いろんなポジションから撮影もできます) このモードなら、スマホカメラで撮影するような気軽な撮影から、ドローンを..
未分類

「スト鯖ARK」とは何か? にじさんじ、ぶいすぽっ! 山田涼介、本田翼も現在参加中

11月後半ごろからTwitterでは不定期に「#スト鯖ARK」というハッシュタグがトレンド入りし、一部ユーザーの間で話題となっています。 この「#スト鯖ARK」とは、配信者たちによる人気サバイバルゲーム「ARK」を利用したゲーム企画のこと。プロゲーマーやストリーマー、VTuberが多数参加しています。 ことの発端は、ゲームコミュニティ「VAULTROOM」が、プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」とともにストリーマー向けサーバー(#スト鯖ARK)を公開したことからでした。VTuberからはにじさんじ、ぶいすぽっ!、NeoPorte、個人VTuberなどから多数参加しています。 有名ストリーマーも集結し、さらに本田翼さんや山田涼介さんも参加。現在もプレイヤーが増え続けており、普段では見られないような配信者同士のコラボも見られるようになっています。配信の模様はそれぞれの参加者のチャンネルでチェックできます。 STREAMER ARK 11.25 21:00頃 サーバー開く予定です pic.twitter.com/sDy72dhHIy — VAULTROOM (@room_vault) November 24, 2022 大規模なストリーマー向けサーバーは、以前サバイバルゲーム「RUST」でも公開されており、これまで交流のなかったストリーマーやVTuber同士が交流するなど大きな注目を集めました。今回のARKサーバーはRUSTサーバーの参加者の多くが再び参加しており、以前にも増して盛り上がるかもしれません。 VTuberやストリーマーの間で人気を博しているサバイバルゲーム「RUST」とは? MoguLive 他にも、りゅえ.R_DさんがARK初心者のストリーマー・VTuber向けARKサーバーを公開しています。 /// #りゅえ鯖 住民募集中 /// 初心者歓迎のPvE鯖 参加希望・質問はDMにて – 重要 ・steam版 ・ストリーマー/Vtuber/動画投稿者/SS家 – MAP ・フィヨルド ・ロストアイランド ・アベレーション ・ジェネシス2 – 補足・注意事項 ↓ リプ欄へ続く ↓#ArkSurvivalEvolved #ARK募集 pic.twitter.com/vBgTX0cRBY — ..
未分類

「バーチャル学会2022」のセッション詳細発表 VRをテーマとしたパネルディスカッションも登場

12月17日(土)と18日(日)にかけて開催される、VR空間上での学術発表や交流を行うイベント「バーチャル学会2022」のタイムテーブル、およびセッションの詳細が発表されました。 バーチャル学会は、2019年から開催され、今年で4度目の開催となる学術イベントです。ソーシャルVR環境での学術発表や交流を通じて、VR空間での価値創造をアカデミックな側面から促進することを目的としています。 イベントは「STYLY」でのオープニングから始まり、「cluster」会場(基調講演、オーガナイズドセッション、口頭発表、ポスター発表)と「VRChat」会場(ポスター発表フリーインスタンス)にて展開されます。 基調講演では、東京大学大学院情報理工学系研究科・鳴海拓志准教授、株式会社Psychic VR Lab 代表取締役CEO・山口征浩氏、VR・メタバースガイド・おきゅたんbot氏が登壇。VR技術により未来はどのようなものになるか、そして私達の世界はどのように変化するかについて、VRに関心のある方に向けた内容の講演が行われます。 また、昨年度も好評だったオーガナイズドセッションも開催されます。神経科学、感覚提示、教育、学際交流の4つのトピックとVRに関するテーマで、「cluster」にてパネルディスカッション形式で議論される予定です。オーガナイズドセッションは、会場での聴講およびYouTube配信視聴が可能です。 「バーチャル学会2022」開催概要 イベント名 バーチャル学会2022 開催日 2022年12月17日(土)、18日(日) 会場(プラットフォーム) STYLY(オープニング) cluster(基調講演、オーガナイズドセッション、口頭発表、ポスター発表) VRChat(ポスター発表、フリーインスタンス) 参加費 無料 参加方法 バーチャル学会2022公式サイト:聴講希望者向けページより聴講申込 バーチャル学会2022公式サイト https://vconf.org/2022 バーチャル学会2022公式Twitter https://twitter.com/vsociety_office 基調講演 ・鳴海拓志准教授(東京大学大学院情報理工学系研究科) ・山口征浩(Psychic VR Lab 代表取締役CEO) ・おきゅたんbot(VR..
未分類

VRChat向け3Dモデル「リルク」が発売 過去のソルシエル以上の機能を搭載

U-Stella株式会社が、VRChat向け3Dモデル、ソルシエル「リルク(RIRUKU)」を発売しました。 「リルク」はソルシエルシリーズのフラッグシップモデルとして、過去のソルシエル以上に多くの機能(デスクトップモード時に腕を動かせる機能など)とカラーバリエーションが付属されています。過去ソルシエルよりもシェーダー設定をこだわっており、陰影がよりリアルに表現されているとのこと。また、髪色変更などもより綺麗に表示されます。 ほっぺのPhysBoneや座りアニメーションなど過去ソルシエルについていた独自機能は全て搭載。エモートスタンプやマイクON/OFFパーティクルによりミュートプレイも快適に楽しめます。 その他、多種多様な表情に加え、衣装チェンジが可能な着せ替えアニメーション、VRChat内で実際に使えるアバターペン機能、コミュニケーション時に使いやすいエモーションスタンプ機能などを搭載。もちろんフルトラッキングにも対応しています。 早期購入特典として、発売後2週間はリルクで使用できるショートヘアが付属します。 なお、11月11日をもって、U-Stellaは「VRChat」向けアバター市場からの撤退を発表。「プロジェクトソルシエル」は11月のリリースをもって中止となります。リルクの売上は、ソルシエルシリーズのアップデートやサポート費用として使用されるそうです。 U-Stella株式会社がVRChat向けアバター市場から撤退 事前発表されていたモデルは制作中止・延期に MoguLive U-StellaがVRChat向けアバターの素体を無料配布 アバター制作やイラスト練習、教材など幅広く利用可能なデータに MoguLive 商品情報 商品名 【For VRChat 3D Model】リルク(RIRUKU)【PROJECT SOLCIEL】 発売日 2022年11月25日(金) 通常価格 44,000円(税込み) 商品ページ https://u-stella.booth.pm/items/4343786 (参考)プレスリリース The post VRChat向け3Dモデル「リルク」が発売 過去のソルシエル以上の機能を搭載 appeared first on Mogura..
未分類

クアルコムがARグラス特化のチップセット「Snapdragon AR Gen 1」を展開

米国の半導体大手クアルコム(以下「クアルコム」)が、毎年恒例のイベント「Snapdragon Summit 2022」(11月15日〜11月17日、ハワイ州マウイ島)にて、世界初となるARヘッドセット向けチップセット「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表しました。 同イベントで、クアルコムはオーディオ、モバイルPC、XRヘッドセットの3分野で新しいチップセット(SoC)製品プラットフォームを発表。Snapdragon AR2 Gen 1を含む最新世代チップセットの特徴や性能、ユースケースを伝えました。 ARヘッドセット専用に省電力・小型化 クアルコムはここ数年、VR/ARデバイス向けの「Snapdragon XR」シリーズの開発に注力してきました。上位モデルXR2はVRヘッドセットMeta Quest 2やPico4に採用されている一方、ARグラスのプロトタイプも発表されておりVR/AR両対応とされてきました。しかし、デバイス・コンテンツ側の進歩により、VR/MR分野とAR分野の技術要件が分岐しつつありました。 そこで同社は、既存のXRシリーズとは別に新たなチップセット「Snapdragon AR2 Gen 1」を開発。公式発表(英文)によれば、メインプロセッサの専有面積を40%小型化しながら、消費電力は50% 削減、AIパフォーマンスは2.5倍向上しました(同社比)。プロセッサをMain / Coの2つに分け、Wi-Fi 7規格(策定中)に対応する設計で、このチップセットを搭載するARグラスにはさらなる軽量化や遅延改善が期待されます。 空間オーディオやプロゲーマー対応も オーディオ機器向けチップセットの第2世代となる「Qualcomm S5 Gen 2」「Qualcomm S3 Gen 2」は、Bluetooth®の新規格「LE Audio」が目指す新機能「Auracast」に対応します。 この機能は、消費者の関心が高まるブロードキャストオーディオ方式を実現するものです(1つの送信機器(TV、スマホ、PCなど)から複数の受信機器(イヤホン、ヘッドホン、補聴器など)に音声信号を配信する仕組み。空間オーディオとも言われる)。 他の幅広い改善と組み合わせることで、クアルコムは「リスナーが周囲の世界に耳を向けたい時に、没入型ノイズキャンセリングと自..
未分類

にじさんじ「第4回マリカにじさんじ杯」が開催決定 今年は最大規模で開幕

VTuberグループにじさんじの剣持刀也さんの主催する、毎年恒例の大型企画「第4回マリカにじさんじ杯」が開催されます。 マリカにじさんじ杯は、にじさんじのライバーたちがレースゲーム「マリオカート8」で対戦する企画です。去年には70名以上が参加していましたが、今年は最大規模での開催が予定されているとのこと。さらに、マリオカート8では追加パックにより新たなコースが追加され、今までとはまた違った戦いが繰り広げられるそうです。 【第5回 #マリカにじさんじ杯 】 速さの祭典、今年も開催決定!!!! 12/4 抽選会 12/11 大会 12/18 決勝大会 史上最大規模でお送りするマリカにじさんじ杯、お見逃しなく!!! pic.twitter.com/UBD2ro6daj — 剣持刀也にじさんじ (@rei_Toya_rei) November 26, 2022 12月4日(日)には抽選会を実施。12月11日(金)に本戦が行われ、12月18日(金)が決勝となっています。なお、にじさんじの海外グループは複数の理由が重なり、今回は参加しないとのこと。 (参考)YouTube、公式Twitter The post にじさんじ「第4回マリカにじさんじ杯」が開催決定 今年は最大規模で開幕 appeared first on Mogura VR.
未分類

【ポケモンGO】「ベベノム」や「ズガドーン」が登場するPV公開 ウルトラビーストの出現は続く……

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式Twitterで、新たな「ウルトラビースト」登場の予告と思われるプロモーション映像が公開されています。 公開されたPVに登場する「ウルトラビースト」は、「UB:STICKY(ベベノム)」「UB:STINGER(アーゴヨン)」「UB:LAY(ツンデツンデ)」「UB:BURST(ズガドーン)」の4種類。目撃日は現時点では公表されておらず、今後のイベントなどで現れると思われます。 映像からは、「ベベノム」と「アーゴヨン」が駐車場に現れる様子や、観光地らしき場所で「ツンデツンデ」が“起動”する姿、複数の「ズガドーン」がビルの屋上に現れ、花火を出しながら飛び去るのを見ることができます。 記録11:UB:STICKY|UB:STINGER 目撃情報:????年??月??日 ??:?? ?????? 特記事項:出現時期は現時点で判明していない。 ウルトラビーストは、終わらない。 pic.twitter.com/oF0taHo84S — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 27, 2022 記録12:UB:LAY 目撃情報:????年??月??日 ??:?? ?????? 特記事項:出現時期は現時点で判明していない。 ウルトラビーストは、終わらない。 pic.twitter.com/h4K1obIQx1 — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 27, 2022 記録13:UB:BURST 目撃情報:????年??月??日 ??:?? ?????? 特記事項:出現時期は現時点で判明していない。 ウルトラビーストは、終わらない。 pic.twitter.com/ZIWN2pQaIr — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 27, 2022 「ポケモンGO」は、以前から「ウルトラビースト」に関連した実写のプロモーション映像を定期的に展開しており、先日には「ソルガレオ」や「ルナアーラ」が現れる映像が公開されました。11月27日(日)には、サンケイスポーツによる、特別号外の配布も行われています。 サンケイスポーツが「ポケモンGO」の号外を配布 「..
未分類

フォトリアルなメタバースで離島への愛着が生まれる?NTTらが「猫島」でプロジェクトを開始

NTTグループの共同研究チームが3D点群データ処理技術を活かして離島全体を3D空間化するプロジェクトを発表しました。NTT西日本、男木島生活研、ケノヒらとの共同検討を通じて、体験者本人の分身がサイバー空間内外で現地の文化・社会を体験できる未来を目指します。 (出所:「IOWN時代のメタバース(デモンストレーション)」より) 日本電信電話株式会社(以下「NTT」)など4者が「TENGUN Ogijimaプロジェクト」に関する共同検討の開始を発表。研究発表イベント「NTT R&D FORUM ― Road to IOWN 2022」(11/16-11/18)で「IOWN時代のメタバース」と題するデモンストレーションを行いました。 デモンストレーションの一つは、舞台演劇と映像表現を組み合わせたイメージ動画。都会の若者が、島出身の友人の誘いで「男木島」メタバース(未公開)を訪れ、サイバー空間で過ごすうちに愛着を持ち、実際に現地へ旅するまでを紹介しました。 デモ動画では、本人の内面・外見・口調・行動などを再現したアバター「Another me」が、本人の分身(デジタルツイン)として島の自然・文化を体験し、本人と情報共有する場面も描かれます。公式発表によれば、今後は現地関係者とともに、開発した3D空間の活用方法(価値、ビジネスモデルなど)を検証するとのこと。 プロジェクトの概要 瀬戸内海の中央に位置する「男木島」(おぎじま、香川県高松市男木町)は、「瀬戸内国際芸術祭」(2010-)の会場の一つで、多くの猫が暮らす「猫島」としても知られます。近年では観光客・移住者が増えているものの、人口約160名の約6割が高齢者。交通・物流の制約から、介護・教育などの課題が顕著になりやすい地域でした。 NTTグループが引用した先行研究(引地・他, 2009)によれば、現地の居住・滞在経験が少なくとも、良質な体験ができればその地域への愛着は高まります。そこで、このプロジェクトでは、現地計測した膨大な点群データをもとに「男木島」のフォトリアルな3D空間を再構築。没入感の高いサイバー空間で、潜在的な「関係人口」に、現地の自然や住民とふれあい、愛着を感じてもらうことを狙っています。 参加者の役割分担 NTT研究所は6Gを見据えた「IOWN構想」のもと、様々な要素技術の研究開発を行っています..
未分類

ナイキが新プラットフォーム「.Swoosh」発表、独で2年ぶりにMeta Quest販売再開へ ー 週間振り返りXRニュース

「週間振り返りXRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VRやAR、MR、そしてメタバースに関する最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.ナイキが新たなプラットフォームを立ち上げ デジタルアイテムを収集・売買・制作(11.22) 2. メタ、ドイツでVRヘッドセット販売再開へ Facebookアカウント必須が撤回され2年ぶり(11.24) 3.VR・ブロックチェーンゲーム開発のThirdverse、前澤友作のファンドらから約20億円調達(11.24) 4.国交省の3D都市モデル整備プロジェクト「PLATEAU」チュートリアル公開でデジタルツイン活用身近に(11.25) 5.Snapの次世代ARグラス「Spectacles」の実力を体験 日本でも「ソーシャル疲れのない世界を楽しんで」(11.21) ナイキが新たなプラットフォームを立ち上げ デジタルアイテムを収集・売買・制作(11.22) ナイキは、新プラットフォーム「.Swoosh」を発表しました。メタバース内で使えるデジタルアイテムも購入でき、2023年1月予定のバーチャルコレクション以降は、アイテムの制作・売買も可能に。現在はベータ版で、登録は欧米から順次拡大の予定。ナイキは2021年にRobloxと提携。バーチャルアパレル「RTFKT」の買収など、メタバース展開を進めています。 ナイキが新たなプラットフォームを立ち上げ デジタルアイテムを収集・売買・制作 Mogura VR News メタ、ドイツでVRヘッドセット販売再開へ Facebookアカウント必須が撤回され2年ぶり(11.24) ドイツで2年ぶりに、MetaのVRヘッドセットが、販売再開の見通しです。海外メディアRoad to VRによると、MetaがFacebookアカウントの強制を撤回したためと見られます。ドイツでは2020年9月から、OculusとFacebookのアカウント統合は反トラスト法違反だとする訴訟が進んでいて、Facebook(現Meta)はVRヘッドセットの販売を停止していました。 メタ、ドイツでVRヘッドセット販売再開へ Facebookアカウント必須が撤回され..
未分類

協力型VRクライムシューター「Gambit!」の発売日が決定!―今週の気になるVRゲームニュースまとめ(11月20日~11月26日)

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今回は11月20日~11月26日の関連ニュースが対象です。 目次 1. VRアクションRPG「Resist」PC版の発売日が12月10日に決定、日本語にも対応 2. 協力型VRクライムシューター「Gambit!」の発売日が12月9日に決定、日本語にも対応 3. VRTRPG「デメオ: ダンジョン アドベンチャー」12月16日に5番目となる新シナリオが配信 4. サバイバルホラー「Do Not Open」がPS5、PC向けの非VRタイトルとして発売!? 5. Meta Quest Storeに謎の「Meta Quest 2『バイオハザード4』バンドル」が表示中? VRアクションRPG「Resist」PC版の発売日が12月10日に決定、日本語にも対応 VRアクションRPG「Resist」のPCVR版(Steam)の発売日が12月10日に決定しました。また、日本語を含む11言語に対応することも明らかになっています。 「Resist」は2021年11月にMeta Quest 2(Quest Pro)向けに発売されたVRアクションRPG。主人公「Sam Finch」になり、未来都市を牛耳る強権的な政権を打倒するため、様々なミッションに挑んでいきます。 マーベル原作の人気コミック「スパイダーマン」を想起させる縦横無尽なスウィングアクション、オープンワールド形式の広大なフィールドが特徴。スウィングと二丁拳銃を活用し、都市を徘徊するドローン、大型ロボットたちとの一線を交えるダイナミックな戦闘シーンも見所となっています。 PCVR版は2021年末、Quest 2版で実施された大型アップデートの内容を含む最新版。5つの難易度、周回引き継ぎ機能「New Game Plus」、グラフィック全般の刷新が図られています。また、今回新たに判明した情報として、前述の日本語を含む多言語への対応があります。本稿執筆時点でQuest 2版は英語のみ対応のままですが、PC版の発売と同時に対応アップデートが実施されるのか。12月10日以降の動向が注目されます。 (参考)Steam、Meta Quest Store 協力型VRクライムシューター「..
未分類

【ポケモンGO】「グローバルレイド・デイ」開催 「ウルトラビースト」たちが伝説レイドに出現!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、世界各地で様々な「ウルトラビースト」が出現する「グローバルレイド・デイ」が実施されています。 「グローバルレイド・デイ」の開催期間は、11月27日(日)午前11:00から午後17:00まで。札幌や東京などを含む、世界各国でこれまでに登場した「ウルトラビースト」が伝説レイドバトルに出現します。日本国内に出現する「ウルトラビースト」は以下の通りです。 ・「ウツロイド」 ・「カミツルギ」 ・「アクジキング」 ・「デンジュモク」 またイベント期間中、レイドバトルをテーマにした「ウルトラビースト登場:グローバル」のタイムチャレンジが実施されます。リサーチタスクを達成すると、以下の「ウルトラビースト」と出会えます。 ・「ウツロイド」 ・「マッシブーン」 ・「フェローチェ」 ・「デンジュモク」 ・「アクジキング」 ・「テッカグヤ」 ・「カミツルギ」 ・レイドバトルで「ウルトラビースト」に勝利したときに獲得できるXPが25%増加。 ・直接現地で参加するレイドバトルで「ふしぎなアメXL」を獲得できる確率が上昇。 ・イベント中および終了2時間後まで、ジムのフォトディスクを回すことで最大5つのレイドパスを無料で獲得可能。 ・レイドバトルで「ウルトラビースト」を倒すと、そのレイドバトルが開催されたジムの周辺に以下のポケモンが短時間出現します:「ゴーリキー」「ストライク」「ブーバー」「ゴクリン」「アブソル」「チラーミィ」「プルリル」「デデンネ」。 11月27日(日)午後12:00からは「Twitch」でライブ配信が行われます。詳細は不明ながら、「ライブ配信を視聴して『ウルトラビースト』から世界の平穏を守る」形式になるとのこと。 なお「ポケモンGO」では11月28日(月)午後20:00まで、「太陽と月イベント」が開催中。こちらでは、にちりんポケモンの「ソルガレオ」と、がちりんポケモンの「ルナアーラ」が初登場しています。 【ポケモンGO】「太陽と月イベント」開催中!Twitterでは「ルナアーラ」の“実写PVも公開 MoguLive ©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995–2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FR..
未分類

【VR動画 新作情報】ハッピーが止まらない!アイドルVRなど今週の新作VR動画を一挙紹介!

2022年11月19日〜11月25日の期間にDMMにてリリースされた新作VR動画を紹介! 今週はいったいどのようなVR動画作品がリリースされたのでしょうか! 早速見ていきましょう! 新作VR動画作品紹介!2022年11月19日〜11月25日 2022年11月19日〜11月25日の期間にDMMでリリースされたVR作品を一挙ご紹介! 今週はアイドル動画が中心に登場しています。 誰もが羨む夢のようなシチュエーションで心も体もきっとハッピー! 1.【VR】和地つかさ Digital Remaster Version 〜時間を超えて〜 タイトル:【VR】和地つかさ Digital Remaster Version 〜時間を超えて〜 対応デバイス:PC VR/スマホVR/GearVR/OculusGO/Quest/PSVR/Xperia View 配信日:2022年11月25日 収録時間:60分 出演者:和地つかさ メーカー:ファンタスティカ シリーズ:時間を超えて 一世を風靡したファンタスティカの人気作、和地つかさ出演「極-kiwami-」作品が最新のデジタルリマスタ技術により鮮やかな映像で蘇る! 前半は貴方の彼女であるつかさちゃんが馬乗りになって「ねぇ起きて起きて〜!」と朝から甘えてくる! 構ってほしいつかさちゃんはその後エッチな衣装に着替えて貴方の気を引こうとしてきます。 後半は、ほろ酔いで上機嫌なつかさちゃんがあなたを猛誘惑…!酔った勢いで飲み物をかけてしまったつかさちゃん。 なんと一緒にお風呂に入ってくれることに!お風呂が終わった後はベッドで…? ※本作は2019年10月に発売された「和地つかさの一番はキミだから胸元が油断しちゃうんだ、そういう世界。」および「和地つかさがアナタを家に連れ込んだのは酔ってたからってわけじゃないから、そんな世界。」をデジタルリマスタ技術により高画質化したものとなります。 引用元:DMM \▼サンプルはこちら▼/ 【動画ページ[DMM]】 2.【VR】バーチャルダイブ わたしを許してください 鹿 タイトル:【VR】バーチャルダイブ わたしを許してください 鹿 対応デバイス:PC VR/スマホVR/GearVR/OculusGO/Quest/PSVR/Xperia View 配信日:2022..
未分類

メタバースプロジェクト「ホロアース」ロビーβ版が公開に!チャットが可能

カバー株式会社は、同社が展開するメタバースプロジェクト「ホロアース」に関し、玄関口でチャット等のコミュニケーションを楽しむことができる「ロビー(β版)」を、2022年11月24日に公開したことを発表しました。 またそれと併せて、公式サイトのメインビジュアルも更新されています。 「ホロアース ロビーβ版」ついに公開! メタバースプロジェクト「ホロアース」とは? Ⓒ 2016 COVER Corp. メタバースプロジェクト「ホロアース」とは、コンテンツ×テクノロジー領域のスタートアップ企業であるカバー社が手掛けるプロジェクトです。 このプロジェクトでは、ある異世界「ホロアース」にさまざまな『コンテンツ』を実装することで、『メタバース』として完成させることを目標に掲げています。 また「ホロアース」公式サイトでは、11月24日より更新されているメインビジュアルをチェックすることができます。 「ホロアース ロビーβ版」でできること 「ホロアース」では、2022年3月にロビー機能検証テストを実施しており、今回のロビーβ版は、そのフィードバックや運用結果をもとに開発されています。 ロビーβ版では、「ホロアース」の玄関口である『コミュニケーションロビー』内で ・テスト用のアバターを操作する ・エモートを使用する ・テキストチャットを使用する ことで、他ユーザーとコミュニケーションを楽しむことができる仕様になっています。 「ホロアース ロビーβ版」の詳細 Ⓒ 2016 COVER Corp. 「ホロアース ロビーβ版」は、ホロアース公式サイトの『ダウンロードページ』より配布されています。 なお、動作環境はWindowsのPCのみとなっており、今年3月に実施したテストと異なる点として テスト期間を設定せず、サービスを継続した状態で検証を行なう予定 であることが挙げられており、β版の公開であることから、正常な動作を保証することは難しいという点に留意が必要とされています。 今後の展開 カバー社では今後、他機能やコンテンツに関わる検証の準備が整い次第、アップデートで追加するとしています。 アップデートなど「ホロアース」に関する最新情報は公式Twitterアカウントでの案内が予定されています。 まとめ VR/ARのテクノロジーを活用し、世界で通用する新しい..
未分類

VRニュースイッキ見!「HTC VIVEの次世代VRゴーグルのリーク情報!」など注目記事を振り返り!!

週末恒例! 今週(11月18日〜11月24日)で注目を集めた5記事を一気に総まとめ! 「そういえばこんなこともあったなぁ」 っていう情報があるかも? それでは早速5記事見ていきましょう! ①製造業向け「XVL VR Plus」に疑似MR機能が追加!11/21から提供へ ラティス・テクノロジー株式会社は、製造業向けソリューション「XVL VR Plus」に疑似MR機能を追加した最新バージョンを11月21日より提供開始することを発表しました。 3次元CADの大規模データを使って組立検証が実施できるVR空間を構築する「XVL VR Plus」に、周りの環境の状況をリアルタイムに取り込む「疑似MR機能」が追加されたことで、 ・リアルな作業性の検証 ・組み立てトレーニング が可能になり、『生産準備の早期立ち上げ』と『製造業のQCD向上』に役立ちます。 「XVL Studio VR Plus オプション」はHTC社のVIVEシリーズに対応しており、 ・価格はライセンス料金が3,800,000円(税抜き) ・1ライセンスあたりの年間保守料金が760,000円(税抜き) となっています。 詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-213116/ ②バーチャル秋葉原とそらのうえショッピングモールが相互連携開始! メタバースの商業施設の「そらのうえショッピングモール」と秋葉原のメタバース空間「バーチャル秋葉原」が、相互運用を目指して連携を開始しました。 今回の連携は、ベネリックデジタルエンターテインメント社と大日本印刷(DNP)のそれぞれが運営する2つの世界をユーザーが相互に行き来できるようにし、メタバースの可能性を拡大・発展する取り組みとなっています。 さらに、両社がこれまで蓄積したノウハウを活用して、メタバースを起点にした、現実の街でのイベントやVtuberやクリエイター事業といった多面的な分野での連携の計画も検討中です。 詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-213121/ ③空にお絵かき!スマートシティフェスタで「AR空中らくがき」を体験しよう リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供しているPsychic VR Lab社は、11月25日~11月27日に西..
未分類

【フォートナイト】自分でマップを作成できる「クリエイティブ」を解説 建築方法から遊び方まで

人気バトルロイヤルTPSゲーム「フォートナイト」では、自分でマップを作れる「クリエイティブモード」が人気を博しています。街ひとつを丸々全部作ったり、好きな作品の名場面を再現したり、バトルロイヤル以外のゲームを遊べるようにしたりと、さまざまなマップを自由にクリエイトできます。 本記事では、「フォートナイト」(PC版)のクリエイティブモードの使い方を解説。アクセスの方法からマップの作り方まで、やり方を説明していきます。 目次 ・そもそも「クリエイティブ」とは? ・「クリエイティブ」を遊ぶには? ・どんな島を作れるの? ・実際にマップを作るには? ‐最初にやるべきこと -島に家を建ててみよう! -ロボットを出現させてみよう! -島の時間や天気を変えてみよう! -慣れてきたら街を作ってみよう! ・友達と一緒にマップを作るには? ・マップに友達を招待するには? ・マップを全体公開するには? ・まとめ:初心者でも気軽にクリエイトできる! そもそも「クリエイティブ」とは? 「フォートナイト」の「クリエイティブ」モードでは、事前に用意されているマップの上に、小物やパーツを置いたり、建物を建築したりして、自分だけのオリジナルマップ(島)を作れます。ソロだけでなく、最大16人で共同作業も可能。アイディアを出し合ったり、大規模なマップをスムーズに作り上げたりできます。 「クリエイティブ」は、「フォートナイト」が配信されているすべてのプラットフォーム(PlayStation 4/5、Xbox One、Xbox Series X/S、Nintendo Switch、一部のAndrod端末)で遊べます。PC版の推奨環境は以下の通りです。 ビデオカード Nvidia GTX 960、AMD R9 280、または同等のDX11対応GPU ビデオメモリ 2GB VRAM プロセッサ Core i5-7300U 3.5 GHz、AMD Ryzen 3 3300U、または同等のプロセッサ メモリ 8GB RAM以上 OS Windows 10 64-bit どんな島を作れるの? 「クリエイティブ」で作る島の内容は、作り手が自由に決められます。カスタム対戦マップや、カーレースを体験できる島、音楽を楽しめるワールドなど様々な創作ができます。 ゲーム内では、多くのユーザーが作っ..
未分類

「メタバースとは何か?」 何も分からない一般の人向けにやさしくQ&Aで解説

ビジネス系のニュースなどではよく見かける「メタバース」というワードですが、そもそも何のことなのかよく分からない人も少なくないはず。今回はメタバース初心者の方が抱きがちなよくある質問に回答する形式で解説します。 ――そもそも、メタバースって何? メタバースの定義は特に定まっていません。しかし、それでは話が進まないので、この記事では各サービスの共通項とも言える「誰もが現実世界と同等のコミュニケーションや経済活動を行うことができるオンライン上のバーチャル空間」「三次元のインターネット」と定義します(出典はこちら)。有名なサービスでは、VRChat、Cluster、バーチャルキャストなどがあります。 (写真はバーチャルキャストで開催された「MIKU LAND 2021 SUMMER VACATION」) より定義について深く考えたい方は、下記のインタビュー記事が参考になるはずです。 「メタバースとは何か?」定義を“作る”ところから考える――京都大学准教授・松永伸司氏インタビュー Mogura VR News ――ゲームとは何が違うの? (フォートナイトで行われたTravis Scottのバーチャルライブ) 「何をメタバースと呼ぶか」には色々な意見がありますが、マルチ参加できるオンラインのゲームを「メタバース」に含めることもあります。 例えば、マルチ対戦ゲームの「フォートナイト」やユーザー自身が様々なワールドを作ってゲームを体験できる「Roblox」、ゲーム内世界を冒険したりクラフト要素を楽しめる「あつまれ どうぶつの森」「原神」などをメタバースと言うこともあります。 ただし、サービス提供側がメタバースという言葉を使っていないこともあるので、ご注意ください。 ――メタバースとNFTの関係は? たしかに、昨今のニュースサイトでは、「メタバース」とブロックチェーンを活用「NFT(Non Fungible Token)」を結びつけて語るものが多く見られます。「メタバースにはNFTが必須」と思ってしまう人もいるかもしれません。 そもそもNFTは、デジタルデータ(3Dアートやカードなど)の購入者を自分であると証明するために発行されるもので、「データなのに複製できない」という希少性が注目されている技術です。この技術がメタバースと相..
未分類

ホロライブ×東京スカイツリータウンコラボ第二弾開催、Sony MusicのVTuberプロジェクト「VEE」テレビ番組放映【VTuberデイリーニュース2022 11/25号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 ホロライブ×東京スカイツリータウンコラボ第二弾開催 ホロライブと東京スカイツリータウンのコラボ第二弾として、期間限定イベント「ホロライブ×東京スカイツリータウン(R) 第二弾 ホロツリ2022 ~HOとする冬~」が12⽉16⽇(⾦)~2023年1⽉9⽇(⽉)に開催されます。 イベント限定のオリジナルグッズとして、描き下ろしイラストを使⽤したアクリルスタンドや、本人メッセージ入りのお守り風チャーム、特大もちころりんを賞品とした巨大ガチャなどが用意されるとのこと。商品は12⽉16⽇(⾦)から会場に加え、Chugaionline・ツリービレッジ POP-UP SHOPでオンライン販売されます。 イベントの詳細はこちら。 (参考)カバー株式会社 プレスリリース Sony MusicのVTuberプロジェクト「VEE」テレビ番組放映 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントのVTuberプロジェクト「VEE」のテレビ番組「ぷみぷみVEE」が、TOKYO MXにて12月2日(金)から開始します。 VEEに所属するバーチャルタレントが週替わりで出演し、番組MCはお笑い芸人のマツモトクラブさんが務めます。また、地上波放送のほか、エムキャスでの無料配信も実施されます。 (参考)株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント プレスリリース どっとライブ「Tr!c trac」オリジナル楽曲2曲が配信 .LIVE(どっとライブ)のユニット「Tr!c trac(とりっくとらっく)」が、オリジナル楽曲「F!rst Step」及び「約束の心」を11月27日(日)0:00に配信します。 オリジナル楽曲2曲は、10月29日(土)に一ツ橋ホールにて開催されたリアルイベント「とりとらハロウィン 〜仮面朗読会〜」で初披露されました。 「Tr!c trac」は、花京院ちえりさん、神楽すずさん、カルロ・ピノさん、ヤマトイオリさんによる自主アイドルユニット。ユニットメンバーによるライブ配信やラジオ配信を定期的に実施しています。 (参考).LIVE Twitter 「名取さなとおでかけ~アンテナショップでおかいもの!~」配..
未分類

「VRを勧めないわけにはいかない」 デジハリ大の学生サークルがVRChatに展示会ワールドを制作

デジタルハリウッド大学の学生サークル「バーチャルライフ」が、「VRChat」上に展覧会ワールド「VirtualLifeMuseum2022」をオープンしました。11月26日(土)からの学園祭に合わせてオープンされ、誰でも入場できます。 正式なオープンに先駆けて、今回筆者は制作中のワールドを見学しました。 バーチャルライフでは、会員がVRに関わりながら、自由に創作活動をしています。展示されている作品は、サークル会員が制作したもの。作品の種類はイラスト、動画、3Dモデル、写真、VRChatワールドなど様々です。 この展示物は市販3Dアバターの「クロシー」。バーチャルライフには現役のアバタークリエイターまで在籍しているとのこと。おどろきです……! 「3Dスキャンで裸婦像をつくりたい」というコンセプトで制作された興味深い作品も。あえて白色にすることで彫像っぽさも感じられる、ユニークな表現です。 ちなみに各展示物に近づくと、作品タイトルと説明がホログラムのように表示されます。「メタバース的・SF的かなって思って」と実装されたとのことで、実際サイバーな雰囲気はいい感じでハマっています。 このワールドを制作したのは、バーチャルライフの代表をつとめるkusuri.さん。高校2年生のころから「VRChat」に触れており、自分のイラストの個展ワールドも「VRChat」に作った経験があるのだそう。今回のワールドも一人で制作されたとのことです。 バーチャルライフについてお話を聞いてみました。バーチャルライフは今年設立。サークルでは自由な創作と、「VRChat」や「cluster」を軸にした活動を展開しており、今回のVRChatワールドは11月26日(土)から11月27日(日)に開催される「DHU 学園祭2022」に合わせて制作されたそうです。 kusuri.さん自身は、「全ての創作はゲームかVRに収束する」と以前から考えており、デジタルハリウッド大学入学時点からバーチャルライフの立ち上げと、この「VirtualLifeMuseum2022」の制作を計画していたとのこと。そしてkusuri.さん以外のサークル会員も、高校生のころから「VRChat」に慣れ親しんでいた人が何人か在籍しているのだとか。 また、デジタルハリウッド大学は300台もの「Meta Quest 2」を保有..
未分類

月刊ムーが「ポケモンGO」に出現したウルトラビーストの謎に迫る?? 緊急対談が決定

オカルト情報誌の月刊ムーは、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」に登場している「ウルトラビースト」関連の動画を公開すると予告しました。 識者と緊急対談 月刊ムーは、「世界の謎と不思議に挑戦する」をモットーにオカルトネタを多数とりあげる雑誌として知られています。今回のムー側の発表によれば、未確認生物(ウルトラビースト)に関して識者と対談した映像を、11月26日(土)午後18:00ごろに公開するとのこと。 現時点では公開される動画内容の詳細は明かされていませんが、月刊ムーの公式Twitterでは、午前11:00ごろに撮影が開始されたことが告知されています。 未確認生物の動画の件(情報によるとウルトラビーストというらしい)、これから識者と緊急対談します。大急ぎで動画を制作し、本日18時頃、動画公開します。 (情報提供元: @PokemonGOAppJP) — 月刊ムー (@mu_gekkan) November 26, 2022 これから撮影です。 https://t.co/N1i4AuhqMC pic.twitter.com/K35tXx9vEF — 月刊ムー (@mu_gekkan) November 26, 2022 「ポケモンGO」では、11月27日(日)に世界各地で様々な「ウルトラビースト」が出現する「グローバルレイド・デイ」が実施されます。また本作は以前から「ウルトラビースト」に関連した実写のプロモーション映像を定期的に展開しており、先日には「ソルガレオ」や「ルナアーラ」が現れる映像が公開されました。 なお「ウルトラビースト」関連の“報道”には、サンケイスポーツも加わっており、11月27日(日)には、「ウルトラビースト」に関連する内容が掲載された特別号外を配布する予定です。 【ポケモンGO】「グローバルレイド・デイ」開催 世界各地で「ウルトラビースト」出現 MoguLive サンケイスポーツが「ポケモンGO」の号外を配布 「ウルトラビースト」の謎に迫る!? MoguLive (参考)Twitter The post 月刊ムーが「ポケモンGO」に出現したウルトラビーストの謎に迫る?? 緊急対談が決定 appeared first on Mogura VR.
未分類

Vシンガー「haju:harmonics」のVRChatワールドが公開 絵本のような幻想的な風景が広がる

ソーシャルVR「VRChat」で、Vシンガー「haju:harmonics(ハユ)」さんの公式VRワールド「haju:prologue」が11月26日(土)21:00に公開されます。 VRワールド内は、haju:harmonicsさんの世界観をまるで絵本のような幻想的な風景とともに体感できるエリアに加え、haju:harmonicsさんの設定資料やこれまでTwitterに投稿された#haju_union(ファンアート)の作品を展示するエリアの二部構成となっています。 さらに、同じく11月26日(土)21:00に、オリジナル3rd楽曲「ビスポーク」も公式 YouTubeチャンネルにてプレミア公開されるとのこと。 haju:harmonicsさんは、「ひとつの体にふたつの声」を持つVシンガーで、野生のAimerとも言われる歌唱力を武器に、ふたつの声でオリジナル曲・カバー曲を歌いこなしています。 2つの電話番号に同時にかけると楽曲が聴ける……? 異色のVシンガーの企画が登場 MoguLive (参考)プレスリリース The post Vシンガー「haju:harmonics」のVRChatワールドが公開 絵本のような幻想的な風景が広がる appeared first on Mogura VR.
未分類

山梨県立美術館がメタバースでの展示プロジェクトを始動 仏像や妖怪がモチーフのアートが登場

山梨県は、「山梨県立美術館メタバースプロジェクト」を11月30日(水)〜2023年2月27日(月)にプレオープンします。本格稼働は2023年2月末です。 本プロジェクトでは、美術図書室を改装した体験コーナー整備、山梨県出身の現代美術作家たかくらかずき氏の新制作作品展示、作家と協働した教育普及イベントの実施などが予定されています。 プロジェクトの始動に当たり、たかくら氏のこれまでに制作した作品を展示した「たかくらかずき『大BUDDHA VERSE』展」が一般公開されます。 本展では、近年作家が展開する作品シリーズ「NFT BUDDHA」と「YOKAIDO」で構成されており、NFTアートによるキャラクターシリーズを発端として、物質性を伴う現代美術作品、3D彫刻、映像作品、アバターなどが様々なメディアで展開されるとのこと。 展示は、XRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」で公開され、スマートフォン、タブレット、PC、VR機器といった様々な端末で鑑賞可能です。 作品展へのアクセスは、県立美術館ホームページで11月30日正午一般公開予定です。リンクはこちら。 (参考)プレスリリース The post 山梨県立美術館がメタバースでの展示プロジェクトを始動 仏像や妖怪がモチーフのアートが登場 appeared first on Mogura VR.
未分類

【Meta Quest】NASAのジェット機を体験できるVR映像コンテンツ「Supersonic Flight」登場

Meta Questの映像アプリ「Meta Quest TV」で、カナダのVR映像スタジオFelix&Paul Studiosが手掛けた新作コンテンツ「Supersonic Flight」が公開中です。超音速で飛翔するジェット機のコックピットをVRで体験できます。 「Supersonic Flight」は約9分間の360度映像。視聴者は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が訓練に使用している練習機「T-38」のコックピットに乗り込み、渓谷や雪山など、さまざまな景色を圧倒的なスピードで駆け抜ける様子を楽しめます。 Felix&Paul; Studiosは、以前からNASAと協働してMeta社のVRヘッドセット向けにVRコンテンツを開発しており、2020年には「Space Explorers: The ISS Experience」をリリース。本作は、国際宇宙ステーション(ISS)での生活を紹介するVRドキュメンタリーで、エミー賞を受賞しています。 また2022年6月には、NASAの宇宙船「Orion CM-002」打ち上げを、Meta社のメタバース「Horizon Worlds」などでライブ配信しました。同宇宙船の打ち上げは、2024年までに「最初の女性と、次の男性を」月面着陸させることを目標としている「アルテミス計画」の一環。プロジェクトには、日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) も参画しています。 「Meta Quest TV」のダウンロードはこちら https://www.oculus.com/experiences/quest/1931356740318898/ Felix & Paul Studiosの新作「GYMNASIA」 - VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第14回 MoguLive NASA「アルテミス計画」の打ち上げが「Horizon Worlds」でライブ配信 360度8K映像を体感 MoguLive VR映画100本を体験レビューしてきた著者が、これまでの名作を振り返る MoguLive (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。 The post 【Meta Qu..
未分類

「バットマン」の新作VRゲームが開発中? 海外ジャーナリストが資料から発見

人気アメコミシリーズ「バットマン」の新作VRゲームが、開発されている可能性が浮上しました。米国連邦取引委員会(FTC)の資料によると、「マーベル アイアンマン VR」を手がけたCamouflajが、制作に携わっているようです。 資料を発見したのは、ジャーナリストのJanko Roettgers氏。資料には「Quest向けの『アイアンマン』と『バットマン』のVRゲームを開発中」と記載されていたとのこと。 今回の経緯を詳しくみると、FTCは現在、Meta社によるVRフィットネス「Supernatural」開発元Withinの買収を独占禁止法違反の可能性があるとして捜査中で、その件に関連するものとして作成された資料のなかに、今回の情報が掲載されていたようです。Camouflajは10月にMeta社に買収されていたことから(類似ケースを検証するために)今回の資料で言及されたと思われます。 記事執筆時点では、Camouflajは「バットマンVR」に関する公式な発表を行っていません。ただ、同社は5月に「次回作のAAAプロジェクト」開発を目的とした求人を実施。この告知で触れられたコンテンツは「バットマンVR」だったのかもしれません。 なお「バットマン」シリーズは、以前にもVRゲームが制作されており、2018年に「バットマン アーカム」シリーズを手掛けたRocksteady Studiosが「バットマン:アーカムVR」をリリースしました。シリーズ主人公のブルース・ウェインを体験できる内容で、スーツやマスクを自分で身に着けていくシーンなどが盛り込まれています。 アイアンマンになりきろう! より自由な操作になった「マーベルアイアンマン VR」Meta Quest 2版が発売 MoguLive Metaが3つのVRゲーム制作スタジオ買収を発表「アイアンマンVR」のCamouflajや「バイオ4VR」のArmatureを傘下に Mogura VR News (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。 The post 「バットマン」の新作VRゲームが開発中? 海外ジャーナリストが資料から発見 appeared first on Mogura VR.
未分類

三越伊勢丹の「REV WORLDS」に新コンテンツ登場!クリスマス仕様にも

百貨店大手・三菱伊勢丹のスマホ向けVRアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」にて、2022年11月24日(木)より新コンテンツが登場しています。 今回登場したのは、株式会社JVCケンウッド・デザインによる「ニッパーとあそぼう サウンドパーク」で、ワールド全体と仮想伊勢丹新宿店もクリスマス仕様になっています。 「REV WORLDS」に新コンテンツ登場 三菱伊勢丹の提供するスマホ向けVRアプリのREV WORLDSに、今月24日(木)から期間限定で、JVCケンウッド・デザインによる「ニッパーとあそぼう サウンドパーク」がオープンしています。 同アプリは、新宿東口の街の一部エリアや伊勢丹新宿店を再現した仮想都市に、24時間いつでもどこからでもアクセスが可能VRアプリで、再現された店内や周辺では、いろいろなイベントやコラボショップが展開されたり、百貨店でお馴染みのリアル商品を購入したりできます。 また例年通りワールド内もクリスマス一色になっており、実際の三越伊勢丹のクリスマスキャンペーン「One」と連動したコンテンツも展開されています。 「ニッパーとあそぼう サウンドパーク」がオープン このコンテンツは、来年の23年5月まで仮想新宿ターミナルエリアにオープンしており、Victorのブランドアイコンである犬の「ニッパー」の巨大な像を中心に、遊びながら同ブランドや世界観を体感できるエリアになっています。 Victorの動画が流れる仮想アルタビジョンの前のターミナルから、「ニッパー」の足跡をたどっていくとパークへたどり着くことが可能で、ここではジャンプなどで「ニッパー」の顔の近くまで登れるようになっています。 スロープの途中には、ニッパーの絵本「NIPPER-His Master’s Voice-」や、Victor製品が並んでいて、同ブランドのアイコンや製品など、その世界観が体感できるようになっています。 さらに同パークは今後も毎月アップデート予定で、パークに仕掛けが増えたりなど、さらに楽しみが広がっていく企画になっています。 ニッパーの絵本のプレゼントキャンペーンも実施 また今年12月15日(木)~23年1月15日(日)には、抽選で20名にニッパーの絵本「NIPPER-His Master’s Voice-」がプレゼントされるキャンペーンも開催され..
未分類

VR関連グッズもお得!Amazonブラックフライデー開催!

今年もやってきた! 「Amazonブラックフライデー」! 多数の人気アイテムが超お得価格に! ↓セール会場はこちら↓ Amazonブラックフライデー Amazonブラックフライデー開催! 2022年11月25日より、Amazoブラックフライデーが開催! 11月25日[金]0:00~12月1日[木]23:59 の期間、あらゆるジャンルの様々な商品が超お買い得価格で購入できちゃいます! 即完売必至なので気になるアイテムはお早めにチェック! ↓セール会場はこちら↓ 【Amazonブラックフライデー】 VR関連アイテムも多数! 今年のブラックフライデーでも多数のVR関連アイテムが安くなっています。 人気のスマホ用VRゴーグルはもちろん スマホ用VRゴーグル Quest2の周辺アイテムや、 Oculus Linkケーブル Ouest2用充電ドック ARグラスなど、 Rokid Air ARグラス さまざまなアイテムがお得にゲットできちゃいます! 最大10000ポイント還元ポイントアップキャンペーンも開催! Amazonブラックフライデーでは、還元ポイントが最大10000ポイントアップするキャンペーンも開催中です。 セールページからキャンペーンにエントリーし、特定の条件を満たせば、ポイントが還元されます。 >>キャンペーンページはこちら まとめ 今年のAmazonブラックフライデーも期間は1週間ほど! 1週間を長めですが、のんびりしていると 「完売して買えなかった」 なんてことにもなりかねません! 気になるアイテムがあるなら早めに確認するようにしましょう! このチャンスをお見逃し無く! ↓セール会場はこちら↓ Amazonブラックフライデー The post VR関連グッズもお得!Amazonブラックフライデー開催! first appeared on VR Inside.Copyright © 2022 VR Inside All Rights Reserved.
タイトルとURLをコピーしました