未分類

藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?

前回は、わたしたちの現実というものは脳がつくりあげたもので、主観的世界の中の環境と他者はもともと一体だったのかもしれない、という話をしました。 藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト MoguraVR ヒトは環境を改変してニッチ(生存可能な領域)を拡大することができる生き物ですから、わたしたちは環境をテクノロジーで改変することができるということになります。 テクノロジーと環世界 ヒトによる環境の改変は、いろいろな形で行われてきました。遺伝子操作で作られた野菜や果物、遺伝的に同一のクローン生物、治水・発電のための巨大ダム。ヒトの作ったテクノロジーはとにかくあらゆるところに広がっています。 (世界初のクローン羊「ドリー」。体細胞のクローンを使って生み出された) 20世紀中頃から利用されるようになった電子式計算機の出現以降、テクノロジーは「情報」へと影響を強く及ぼすようになりました。もちろんそれ以前も、ヒトが作る情報は絵画や書籍という形で一般に流布・蓄積され続けてきました。ですが「書籍の中身は情報であり、そのコンテンツはどのような形で利用されても同じ意味をもっている」という感覚を、多くの人々が(実感として)持つようになったのは、21世紀に入って以降かもしれません。少なくとも今年54歳のぼくは、クラウドデータをあらゆるプラットフォームで同じように扱えるようになるまで、理屈では分かっていても、腹の底から実感することはできていませんでした。 書籍や音楽、絵画などは全てデジタル化することが可能で、再生環境によって多少の体験の質の変化はするかもしれませんが、コンテンツとしての意味や価値が変わることはあまりありません。「そんなことはない、ライブの臨場感は現場じゃないと味わえないじゃないか」と言われたりしますが、それは単純に「ライブ会場の情報すべてを情報化できていない(例えば振動や音響など)」か、「記録された情報が正しく再生ができていない」というだけのことです。 抽象的なデータとしてのコンテンツは、放置しておいても基本的に劣化しません。劣化するとしたら紙やCDといったメディアのほうです。このような「劣化しない情報」は多様な形で私達の日常に溢れていて、もはや環境の一部になってきました。そして、ヒトの五感を操作できるテクノロジーは、情報の意味や、現実の..
未分類

VR製品が寄与か? フェイスブックの非広告収入が43%増

10月30日、フェイスブックは2019年第3四半期の決算を発表しました。売上構成において広告収入が主であることは変わりませんが、非広告収入が増加しつつあり、VR関連デバイスやVRコンテンツの存在感は一段と高まっているようです。 非広告収入が43%増、Oculus Questが寄与か 決算発表によれば、第3四半期の非広告収入は2億6,900万ドル(約290億円)。前年比43%の増加となりました。フェイスブックは広告収入の割合が98%と、引き続き収益の大半を占めています。しかし、その他の事業分野の伸長も見て取れます。中でも注目されるのが、一体型VRヘッドセットOculus Questの順調な売上です。 この四半期について見ると、VR関連の売上が非広告収入を押し上げたと言えそうです。ゲーム業界のリサーチ会社SuperDataは、第3四半期のOculus Quest(以下Quest)販売台数を18万台(売上高約7,200万ドルに相当)、累計販売台数を約40万台と推計しています。これは、Oculus Go、Oculus Rift Sの合計売上台数の2倍に近い数字だといいます。 Questは「非常に良い状況」 フェイスブックのVR事業に関しては「計画に対して遅れている」という指摘も存在します。しかし同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、これを認めつつも、先行きを「楽観的に見ている」とコメント。特にQuestは「成長しており、非常に良い状況」だと説明しています。 なおQuestについてはコンテンツ側からも好調さが推測できるものとなっています。Mogura VRでは下記の記事にて取り上げています。 ザッカーバーグが語るVR計画の将来、見通しはポジティブ MoguraVR Oculus QuestのVRゲームは"他を圧倒"、複数スタジオ回答 MoguraVR 売上は好調?Quest向けコンテンツ、各開発スタジオが語る状況 MoguraVR Oculus Quest、好調なスタートか 発売2週間でソフト売上が5億円突破 MoguraVR (参考)Quartz
未分類

アップルの“ARに干渉する”特許、新型ARグラスは共同開発か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開(11.06) 2. アップルの新型ARグラス、Steam運営のValveと共同開発か(11.05) 3.プログラミング不要のAR制作ツール「Adobe Aero」リリース、アドビから(11.05) 4.ザッカーバーグが語るVR計画の将来、見通しはポジティブ(11.06) 5.“VR手術訓練”企業が560万ドル調達、医療機関やVCから注目集まる(11.01) 6.【Sponsored】藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト(10.28) 7.【Sponsored】目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏(10.15) アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開(11.06) アップルが米国特許商標庁に出願した、新特許が公開されました。同特許は、AR/VR/AV(Augmented Virtuality)デバイスなどのディスプレイに表示された仮想オブジェクトを、ユーザーが(触るなど)干渉でき、現実にある物体と仮想オブジェクトの区別がつきやすくなるものです。 今特許がアップルのARグラスに搭載されるかは不明(2019年11月現在)となっています。 【Topics】 ・「イメージを完全に投影するか、部分的に重ねることを選択できる」と解説 ・メディアPatently Appleは「利便性向上。オブジェクトの種類を明確化でき、より安全」と説明 アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開 MoguraVR アップルのARグラス開発、特許関連の記事はこちらにまとめています。 アップルのARグラスは調光レンズ搭載? 新特許が明らかに MoguraVR アップルの"ARグラス"登場は近い? これまでの特許や報道振り返り・まとめ MoguraVR アップルの新型ARグラス、Steam運営のValveと共同開発か(11.05) 「アップルがゲーム配信プラットフォームSteam運営のValveと、新..
未分類

【Oculus Quest】11月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

11月第2週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ1個がリリースされました。 今週のピックアップ Pistol Whip https://www.youtube.com/watch?v=KUwzpaReU5g 「Pistol Whip」は、リズムゲームとシューターを組み合わせたようなゲームシステムのVRゲームです。プレイヤーは次々と現れる敵の攻撃を避けつつ、銃を使って反撃し、場合によっては近接攻撃で相手を倒します。本作にはApashe、 HVDES、Black Tiger Sex MachineといったEDM系バンドの楽曲が収録されています。 新作一覧 「Pistol Whip」 開発:Cloudhead Games, Ltd. 日本語対応:なし ジャンル:シューティング 価格:2,740円 評価:星1.9(320件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。
未分類

【VTuberデータ分析】「ゲーム実況」最もプレイされているゲームを調べてみた

myrmecoleonと申します。今回は自分の収集しているVTuberの動画・配信アーカイブのリストより、VTuberがこれらでよくプレイしているゲームとその変遷について紹介します。 VTuberの動画や配信は各種の企画や雑談、歌などさまざまですが、ゲームは中でも定番のひとつ。個人で攻略、一般のプレイヤーや視聴者とネット対戦、VTuber同士でコラボなどプレイもさまざまです。今回はその中でよくプレイされてるタイトルとプレイのされ方について紹介します。 VTuberのデビューが増加した2018年から前月10月までに投稿されたVTuberの動画・配信アーカイブからプレイされたゲームを集計。その結果が以下のグラフです。抽出は動画のタグおよびタイトルから行いました。ある程度の漏れや不足があり、正確ではないことをご了承ください。 定番のマインクラフト(Minecraft)がトップ。PUBGやAPEX LEGENDS(APEX)、Fortniteとバトルロイヤル方式のFPS・TPSシューティングゲームも人気があります。ほか主なタイトルとしては協力プレイ要素のあるモンスターハンター:ワールド(MHW)、オンライン対戦アクションのスプラトゥーン2やデッドバイデイライト(DbD)が挙げられます。 上位6タイトルを月別に見たのが以下のグラフです。APEX・MHW以外は2017年以前から人気の高いゲームで、2018年はじめからいくつかのVTuberにプレイされていました。VTuberが増加していく中でそれぞれのプレイ動画・配信も増えていきますが、ヒットの時期やプレイのされ方はそれぞれ異なります。今回はこちらについて代表的な動画・配信を挙げて紹介します。 VTuberのインフラとなったマイクラ VTuberでもっとも投稿が多いゲームは「Minecraft」、通称マイクラです。投稿チャンネルも2000チャンネル以上で最多でした。土地を切り開いて資材をあつめ、自由に建物などを作れるのが魅力のゲーム。2011年よりリリースされ、バージョンアップを重ねながら長くプレイされています。 定番ゲームのためエイレーンやキズナアイ、電脳少女シロなど初期からよくプレイされています。シロちゃんの関連でアイドル部でよくプレイされたほか、ハニーストラップの島村シャルロットなどマイクラを継続的にプレイする..
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月2日~11月7日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 町内の『ふれあい祭り』でギターを弾いたよ https://www.youtube.com/watch?v=w0gTi0PSlgA ARu子が披露したのは、町内ふれあい祭りでギターを弾いて歌った時の様子を撮影したもの。確かになんかお祭りっぽいところでデビューしているっぽい。 だが待てよ、これは果たして本当にお祭りなのか? ここがバーチャル。実際にお祭りをしていたか否かは問題ではない。そもそも音だけでギターを弾いて歌っている映像はない。嘘か真かは、フィクションとリアルの中間にいるバーチャルには意味がない。 これは「ふれあい祭りでARu子がギターを弾いた映像」です。 女性向けAVって何?!AV男優の一徹さんに聞いてみた【しくじり性教育】 https://www.youtube.com/watch?v=W2QO3Xcb5j8 花魁由宇霧は性教育を真剣に考えるVTuber。今回は「女性向けAV」ジャンルで男優をやっている一徹氏にインタビューをしています。 そもそも「女性向けAV」はそこまで認知されているほどではなく、あまり一般には出回っていないジャンル。女性向け雑誌で取り上げられ、じわじわ人気になってきたメディアかもしれません。 女性向けの性的娯楽物を知れば、男性の考える性的快楽との差が如実に出ます。これは男女ともに相互理解に役立つはず。 例えば男性向けAVでは女優の身体をフォーカスして撮影するようにしている。しかし女性向けAVだと、絡みの際のコミュニケーションが重視されている。 現場で活躍している人の話には性を知るヒントが大量に含まれており、新しい価値観を与えてくれます。 【妄想】うちなーダンジョンクエスト実況プレイ! https://www.youtube.com/watch?v=Ovzn9SuaA5s 沖縄のご当地VTuber根間うい。今回は沖縄にある名物建造物巡りを行っています。といってもただ紹介するわけじゃない。彼女がプレイするゲーム「うちなーダンジョンクエスト」で探索する、というユニークなスタイルになっています。武器はパイナップルとかゴーヤー..
未分類

【にじさんじを追う!】10月後半の出来事まとめ

にじさんじの動向を半月ごとに振り返る「にじさんじを追う!」10月後半分(10月16日~30日)。今回は新人デビューやVICON導入、卒業など多くの出来事が起きた。 10月23日(土)にはよみうりランドでホールイベントもあり、大いに盛り上がったのも印象的だ。それでは、それぞれのトピックを振り返ろう。 【後半のトピック】10月17日(木)~19日(土)にじさんじ新人ライバー3名デビュー 今回デビューしたのは神様・フミ、カラス天狗・山神カルタ、日英ハーフの星川サラの3名。それぞれのキャラクターイメージから「織姫星」というユニット名がつけられた。 https://youtu.be/n4Y5er7pkBw 【初配信】フミ/にじさんじ 初配信だぞ【にじさんじ】 これまでにじさんじ公開オーディションで名前は挙がっていたものの、中々デビューすることのなかったライバーが遂に登場した。50年間ほど引きこもっていた神様で、本人曰く狐らしい。尖った耳に、ふさふさの尻尾と巫女風衣装が特徴的だ。 配信セッティングの都合で開始が遅れ30分ほどの配信になってしまったが、自己紹介で「趣味:Vチューバー、ガンダム」と明かし、ガンダム好きリスナーがにわかにざわめいた。本人曰く「好きなガンダムシリーズはゼータで、好きなモビルスーツはメタス(※Zガンダムに登場する)」。 「メタスを描きます」と宣言してから描かれたのはメタスの股関節部分で、「ここが好きだ」と熱弁。VTuberに対する熱意も強く、また時間があるときに語りたいとのことだった。 https://www.youtube.com/watch?v=PTvvTLzhdgg 【初配信】はじめまして、山神カルタです!【にじさんじ】 山神カルタは見習いのカラス天狗。神通力を身に付ける(=煩悩を減らす)ことを目的に修行しているそうだ。頭に乗っているのは頭襟(ときん)ちゃんで、本人の目の動きで開閉する。のんびりとした口調で、朗読配信などでは心地よい声を聞かせてくれる。 修行中の身であるため、他者との接触を練習するためにマッチングアプリで100人にチャットを送ったり、脳内イマジナリー彼氏を作り出したりして、気分を紛らわしているそうだ。さらに夢女子を自称しており、共依存が性癖と語っていた。 https://www.youtube.com/watch?..
未分類

スパチャやBOOTH、クラファンなど VTuberを支援する方法まとめ

VTuber(バーチャルユーチューバー)への応援のかたちはさまざまですが、そのひとつが活動に対する金銭的な支援です。投げ銭やクラウドファンディングなど、ファンが応援するVTuberを金銭的に支援する手段は多く存在します。 本記事ではそのようなファンの参考になるよう、主だった各支援方法の仕組みやメリット・デメリットを紹介します。 YouTubeスーパーチャット、メンバーシップ制度 YouTubeでは広告収入の他にもいくつかの収益受け取り方法があります。スーパーチャット(通称スパチャ)は配信やプレミア公開のチャット欄で使用できる特別なコメント方法です。視聴者は100円~50,000円の範囲で支払う金額を指定し、色付きの特別なコメントを送れます。 支払われた分はそのチャンネルの収益になります。メッセージとともに直接送れるため、配信者に反応してもらえる確率が高まる点がメリットといえます。 また、チャンネルによってはYouTubeのメンバーシップ制度を利用できることも。視聴者は月額の設定料金を払うと、そのチャンネルの「メンバー」となり、専用の絵文字の使用や限定コンテンツの閲覧などの特典が利用できます。 チャット欄でユーザー名に特別なバッヂが付くのもメンバーシップの特典です。比較的安価な費用で定期的に応援できるため、手軽に利用しやすい方法といえます。 ただし、これらのシステムを使用できるのはYouTubeによる収益化の審査を通ったチャンネルに限られます。そのため登録者数などの面でハードルが存在し、どのVTuberも自由に使えるわけではないのが難点。またスーパーチャットの一部はYouTube側にも入る仕組みとなっています。 pixivのBOOTH&FANBOX 「BOOTH」はpixivが運営するネットショップサービス。クリエイターがグッズやダウンロードデータを出品できるサイトであり、VTuber業界でもグッズ等の販売に広く使われています。 BOOTHでは支払い時「上乗せ」(BOOST)を行えるのが特徴。BOOTHの購入画面には「金額を上乗せして応援」というボタンがあり、単に購入するだけでなく買う側が任意に金額を上乗せすることができます。基本3.6%(倉庫から発送された商品の場合は3.6%+26円)と手数料が安いことも相まって、還元率を考えると支援方法としては非常..
未分類

Steam VRゲーム・アプリ週間ランキング【2019年11月第1週】

MoguLiveでは、毎週Steamで販売されているVRゲーム・アプリランキングから、売上トップ15タイトルを紹介します。 今週は、音楽に乗ってアクション映画のように戦うリズムシューティング「Pistol Whip」が1位タイトルとなりました。そのほか、宝を求めて冒険するシューティングRPG「Borderlands 2 VR」、様々な能力を持った海賊のキャプテンとして争う海戦アクション「Battlewake」などがランクインしています。 Steam VRタイトル売上ランキング(11月8日調べ) 1位 「Pistol Whip」 ↑ 前週圏外 開発:Cloudhead Games ltd. ジャンル:リズムFPS 価格:2,570円 2位 「Borderlands 2 VR」 ↑ 前週圏外 開発:Gearbox Software ジャンル:シューティングRPG 価格:5,500円 日本語対応あり 3位 「Blade and Sorcery」 ↑ 前週圏外 開発:WarpFrog ジャンル:ソード&マジックアクション 価格:2,050円 4位 「Arizona Sunshine」 ↑ 前週5位 開発:Vertigo Games, Jaywalkers Interactive ジャンル:ゾンビFPS 価格:3,980円 日本語対応あり 5位 「Battlewake」 ↑ 前週圏外 開発:Survios ジャンル:海賊アクション 価格:3,090円 6位 「Pistol Whip + Soundtrack Vol. 1」 ↑ 前週圏外 開発:Cloudhead Games ltd. ジャンル:リズムFPS 価格:3,411円 ゲーム本編+サウンドトラックのバンドル(10%割引) 7位 「BOXVR」 ↑ 前週11位 開発:FitXR ジャンル:リズムボクシング 価格:3,090円 日本語対応あり 8位 「OVR Toolkit」 ↑ 前週圏外 開発:Curtis English ジャンル:VRデスクトップビューアー 価格:1,220円 日本語対応あり 9位 「Hop Step Sing! 気ままに☆サマーバケーション (HQ Edition)」 ↑ 前週圏外 開発:講談社, Polygon Pictures Inc., ランティス ジ..
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】週末イベントミッションが今週も開催 12日まで

11月9日(土)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、週末イベントミッションが開始されました。 今週の週末イベントミッションは、先週に引き続き、現在行われている期間限定のチャレンジイベント「試練の扉」に挑戦すると様々な報酬(ドラゴンメダル、ゴールドなど)が獲得できるというもの。開催期間は、11月9日(土)午前3:00から、11月12日(火)午前2:59までです。 【 週末イベントミッション開催中! 】 期間限定で、試練の扉に挑むとドラゴンメダルなどが手に入るミッションが開催しております。 メダルを集めに、試練の扉に挑戦しよう。https://t.co/TqYi5tz9It#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/SdCb7oVjQ2 — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 10, 2019    © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter
未分類

エミー賞受賞のVR作品「The Wolves in the Walls」最終章がリリース

エミー賞受賞のVR映像作品「The Wolves in the Walls」の最終章が、Oculus Storeでリリースされました。対応VRヘッドセットはOculus Rift(Rift S)。ダウンロードは無料です。 8歳の女の子の物語 「The Wolves in the Walls」は、Oculus Story Studio(※閉鎖された同社の映像部門)の元メンバーが創業した企業、Fable Studioが制作した全3部作構成の作品です。 物語の主人公は想像力豊かな8才の少女ルーシー。部屋の壁の中に凶暴なオオカミがいるはずだ、と強く疑っています。果たして本当にオオカミがいるのか、プレイヤーはルーシーと一緒になって物語を進めます。 https://www.youtube.com/watch?v=Qsp22z1I1m4 キャラクターとの一体感 Fable Studioによれば、物語の傍観者ではなく、8才の少女と同じ目線で物語を一緒に体験し、キャラクターとの一体感が感じられることが「The Wolves in the Walls」の特長であるとのこと。決してルーシーは筋書き通りにふるまうだけの登場人物ではありません。プレイヤーがどのようにルーシーと接するかによって、彼女の反応も変化します。 前エピソード(を体験したRoad to VRの記者は、ルーシーを「ある部分では、これまでVR作品で見た中でも、一番本物の人間に近いと感じた」と評しています。 ソフトウェア概要 タイトル The Wolves in the Walls 開発元・パブリッシャー Fable Studio 対応VRヘッドセット Oculus Rift(Rift S) 価格 無料 プレイ人数 1人 公式サイト https://fable-studio.com/wolves-in-the-walls バーチャルキャラクターとの一体感が特長のVR作品、エミー賞受賞 MoguraVR 高品質なVRアニメ制作チーム再結集 元Oculusのメンバーが新会社 MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】週末メタルダンジョンが開催 月曜日まで

11月8日(金)から、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、週末メタルダンジョンが開催中です。同ダンジョンの開催期間は、11月8日(金)から11月11日(月)午後14:59までです。 週末メタルダンジョンは、メタル系モンスターが登場するイベントクエストです。登場モンスターが違う「初級」「中級」「上級」の3つの難易度があります。メタル系のモンスターは動きが俊敏なため、よく逃げるモンスターですが、倒すと多くの経験値を獲得できます。ただし、いずれかの難易度を1回クリアすると翌週までプレイはできません。 【 メタルスライムがあらわれた!11月11日(月) 14:59まで! 】 今週末はメタル系モンスターと戦える「メタルダンジョン」が開催中です。 はぐれメタルが出現する「上級」も追加されているので、準備を万全にして挑戦しよう。https://t.co/r4K9kHIsAG#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/RlS6vkTt1D — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 9, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter、ドラゴンクエストウォーク公式サイト
未分類

ARでエルモをかぶろう! 「セサミストリート」のアプリが配信開始

アメリカの人気子供向け番組「セサミストリート」を題材としたスマートフォン向けARアプリ「Sesame Street Yourself」がApp Storeでリリースされました。対応デバイスは、 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR。2019年モデルのiPadでも利用可能です。ダウンロードは無料で行えます。 ARKit 3の新機能を活用 「Sesame Street Yourself」は、主に3歳から5歳までの子供を想定して制作されたARアプリです。使用者は、スマートフォンのカメラに顔を認識させることで、アプリ内で「セサミストリート」の被り物を装着したり、キャラクター本人に変身したりできます。米メディアNext Realityによれば、背面カメラを使用し、クッキーモンスターがクッキーを焼く手助けなどもできるとのこと。 本アプリには、アップルのARプラットフォーム「ARKit 3」の新機能、マルチフェイストラッキングが活用されています。この機能によって「Sesame Street Yourself」は、カメラが複数の顔を同時認識し、それぞれに別の被り物を表示させトラッキングすることが可能としました。 「Sesame Street Yourself」について、同タイトルの制作スタジオWeyoの共同創業者Baz Palmer氏は以下のようにコメントしています。 我々は「ARKit 3」を単純に素晴らしい技術的ツールボックスと捉えました。我々は、この技術(ARKit)を使用して、どれほどの子供向けコンテンツを制作できるか、試してみたいと考えました。 ARKit 3の一部機能は実装を断念 「Sesame Street Yourself」には開発当初、「モーションキャプチャ」と「ヒューマン・オクルージョン」(いずれも「ARKit 3」の新機能)が導入される予定でした。しかし実装した場合、アプリの処理が重くなることから。最終的にオミットが決定されたたとのこと。Palmer氏と開発チームは現在、これらの機能を将来的に、アドオンとして追加することを検討しているそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=8DnCHGFKa7s アップル、ARKit3を発表 モーションキャプチャなど人を認識するように ..
未分類

ついに登場、VR謎解きADV「星の欠片の物語。」2020年春発売

VR謎解きアドベンチャー「星の欠片の物語。」が2020年春に発売されることが発表されました。2018年1月に発売したプロローグ「星の欠片の物語、ひとかけら版」が累計販売1万本を達成、今回本編の発売となります。対応機種はPlayStation VR(PSVR)、Oculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed Realityです。 「星の欠片の物語。」はPCにおいて独特なシステムのノベルゲームの制作を行ってきた「自転車創業」によるVR作品。本作の物語は、VRを通して見える「平行世界」にいる少女と、視線(アイコンタクト)によるコミュニケーションを取ることで「平行世界」の謎に挑むものとなっています。 「星の欠片の物語。」本編では、基本的設定はそのままに謎解きを一新。ゲームにスキップと方向転換を導入してテンポと操作性を向上、新たなラストも追加されるなど、プロローグ版をプレイした人も新鮮な気持ちでゲームを楽しめるようになっているとのこと。 ■2:『星の欠片の物語。』本篇の発売が決定しました! 2020年春発売予定。 謎解きは全刷新でお送りします。 プログラムも再構築で動作スキップと方向転換を導入し快適プレイ。 そしてその果にある新たなラストを御覧ください。https://t.co/KC1ilUEyFf#星の欠片の物語 pic.twitter.com/XXB09SALkr — kazami@星の欠片の物語 (@kazamimi) 2019年11月8日 なお、11月17日(日)に秋葉原で開催される「デジゲー博 2019」にて、自転車創業はフライヤー配布と本作を含むグッズ販売を行う予定です。 PSVR版「星の欠片の物語、ひとかけら版」のレビューはこちら。 【PSVRレビュー】 『星の欠片の物語、ひとかけら版』VRによるVRの為の謎解きアドベンチャー MoguraVR (参考)kazami Twitter
未分類

ディズニーが「アナ雪2」のVR映像作品を発表

ディズニーは、映画「アナと雪の女王2」を題材とした新作VR短編映像「Myth: A Frozen Tale」を発表しました。プレミア公開は、太平洋時間の11月7日夜、ハリウッドのドルビー・シアターで行われます。 映画スタッフが制作に関与 「Myth: A Frozen Tale」の発表はディズニー・アニメーションの公式Twitterで行われました。本作のアートディレクションは「アナと雪の女王」シリーズに参加したBrittney Lee氏が担当します。2019年11月8日現在、「Myth: A Frozen Tale」の詳細は不明ですが、ディズニーによれば、「最新のVR技術を使用して」体験するコンテンツであるとのこと。一般向けの公開日や配信プラットフォームの情報などは、明らかになっていません。 米メディアVenture Beatは、“最新技術”の一部として、PositronのVR向けモーションチェア「Voyager」が使用されると説明しています。「Voyager」には、360度の水平回転機能や香りや風を噴出する機能、振動システムなどが搭載されており、利用者をより深くVRに没入させることを実現します。 Just announced: Our new VR Short, Myth: A Frozen Tale, will debut at the World Premiere of #Frozen2. Directed by Jeff Gipson, the short is inspired by the world of Frozen 2 and utilizes the latest VR technology, an original music score, and stylized art direction by Brittney Lee. pic.twitter.com/9l6suwQPRI — Disney Animation (@DisneyAnimation) November 7, 2019 精力的にVRに取り組む ディズニーは現在VRに関する取り組みを各方面で進めています。2019年6月には新作VRアニメーション作品「A Kite’s Tale」を発表。CGとインタラクティブ技術を扱う世界最大のイベントSIGGRAPH 2019で、プレ..
未分類

DQウォークでぶらり旅 高難易度な宮古島おみやげ集めに挑戦!

10月16日に累計ダウンロード数が800万を超えた、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」。日本中のドラクエファンたちに愛されているゲームです。 そんなドラクエウォークが人気を集めているゲーム要素のひとつが「全国おみやげずかん」。全国47都道府県それぞれに4つずつおみやげが設定されており、現地に出向いてひとつずつコレクションしていく機能です。 おみやげは観光名所に設定されているので「観光をしながら、おみやげ集めをしよう」と遠方に足を運ぶドラクエウォークユーザーも多く見られます。 なかには離島など、簡単には行けない場所におみやげが設定されているスポットも。特に集めるのが難しいとされているのが、沖縄県のおみやげです。沖縄本島にある「首里城」「美ら海水族館」「平和祈念公園」、そして離島・宮古島の「伊良部大橋」にあります。 今回は離島・宮古島でうつくしい景色を堪能しながら、伊良部大橋のおみやげをゲットしてきました。それでは早速、現地からレポートしていきましょう! 透き通った海がきれい!人気の離島「宮古島」 宮古島は、沖縄本島から南西に290kmほどの位置にある、55,000人ほどが暮らす島。宮古島の透き通った海は「宮古ブルー」と呼ばれ、あざやかなサンゴ礁が見られる島として知られています。 宮古島から橋を渡って行けるのは「伊良部島」「池間島」「来間島」の3つの離島です。そのうちのひとつ、伊良部島へと続く「伊良部大橋」に、ドラクエウォークのおみやげがあります。 伊良部大橋は全長3,540mで、無料で渡れる橋としては全国で一番の長さ。コバルトブルーの景色が一面に広がっていて、海の上を走っているような爽快感が味わえます。ドライブスポットとしても人気がありますよ。 「どんな景色が見られるんだろう」と期待に胸を弾ませながら車に乗り、いざ伊良部大橋へ! 伊良部大橋のイベントクエストは「駐車場」で開放可能 伊良部大橋に到着!ドラクエウォークのAR機能を利用して、スライムと記念撮影をします。青い空にブルーのスライムが映えていますね。スライムも観光できてうれしそう(かっかわいい……!)。 おみやげを入手するために、まずはイベントクエストを開放しましょう。おみやげの入手手順は以下の通りです。 おみやげの入手手順 現地でイベ..
未分類

【独占インタビュー】「ガリベンガーV」を支えるバーチャルAD「ブイ子」の生態に迫る!

電脳少女シロさんを筆頭に、人気VTuberが続々と出演する番組「超人女子戦士 ガリベンガーV」。11月7日に放送30回目を迎えたいまもなお、目が離せない新企画を続々と展開する話題の番組です。 2019年の夏に番組初のリアルイベントを開催した際には、2,700人を動員と大盛況。さらに、もはや番組の看板キャラ(?)の一人になった「小峠教官(バイきんぐ・小峠英二さん)」がプロデュースするバーチャルファッションブランドの発表や、番組YouTubeチャンネル登録者77,777人突破記念の特番生配信なども実施しました。 「超人女子戦士 ガリベンガーV」番組バーチャルAD(アシスタント・ディレクター)・ブイ子さん 今回、MoguLive編集部では、番組が作られているテレビ朝日の放送現場に突撃取材!番組を裏で支える“名物バーチャルAD”「ブイ子」さんにインタビューを敢行しました。 これまで語られることのなかったブイ子さん本人の生態から、「ガリベンガーV」収録現場のウラバナシ、ブイ子さんから見た小峠教官、新企画の紹介、今後の展望……などなど、様々に語って頂きました! ①そもそもブイ子さんって!? ――ブイ子さんのプロフィールをお聞かせください。 サンダーボルト型VTuberのブイ子です!テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」のアシスタントディレクター(AD)としてがんばってます~!エンドロールにちゃんと名前も載ってるんですよ! サンダーボルトっていうのは……水木一郎さんの「サンダーボルト・イーン!」ってナレーションが流れると、誰でも中に入れたりしていろんなモードになれるって感じです!こないだは小峠教官がサンダーボルトインしてました! ――ブイ子さんがADのお仕事をしていて「これまでで一番楽しかったこと」はなんですか? シロさんの楽屋にタカマツDと訪問したときです!シロさんと直接しゃべるのは実はほぼ初めてで、すっごく緊張していたんですが、シロさんが会いたかったー!っと言ってくれたことで、心からほっとしたことを覚えています…。シロさんとってもやさしくて、い~っぱい楽しくおしゃべりできました!番組スタッフとしては毎回お会いしてたんですが、同じ出演者として隣に並ぶと、シロちゃんの偉大さと優しさに改めてすごいなぁ……って思います。 https://www.youtub..
未分類

VTuberユニット「まりなす」、全曲オリジナルのワンマンライブ明日開催!

バーチャルアーティストユニット「まりなす(仮)」のワンマンライブが、11月9日(土)18時に開催されます。バーチャルライブとして、スマートフォンにてVRライブが楽しめるアプリ「INSPIX」にて実施します。 本ライブは9月末に発表された2ヶ月連続ライブの第一弾。12月14日(土)には第二弾として、東京都内のリアル会場にて行われる予定です。ライブは全曲オリジナル楽曲となります。 #えのぐとまりなす#えのぐ #まりなす pic.twitter.com/DWeQIzV753 — 奏天まひろ@明日11/9はINSPIXでVRライブ!まりなす(仮)の”ま”担当! (@KanameMahiro) November 8, 2019 また、ライブ直前の11月8日の夜には、VRアイドルグループ「えのぐ」とのコラボレーションとなる特別動画も投稿されました。上記の奏天まひろさんの投稿のほか、Twitterにてハッシュタグ「#えのぐとまりなす」でそれぞれのメンバーが動画を投稿しています。 まりなす ワンマンライブチケット購入はこちら! https://inspix-live.com/events/40
未分類

“世界最小のMRヘッドセット”? ThirdEyeの「X2」に注目

法人向けMRヘッドセット「X2」の開発・販売を行うアメリカの企業ThirdEye Gen(ThirdEye)は、11月1日、2日(現地時間)にカナダのバンクーバーで開催された「VR/AR Global Summit」に参加し、同製品のプロモーションを行いました。 重さ約170gのMRデバイス「X2」 ThirdEyeは「X2」を“世界最小サイズのMRデバイス”と謳っており、重さ約170gながら、熱・光センサー、2つの広角カメラ(グレースケール)、1,300万画素のRGBカメラ、3軸ジャイロスコープ、加速度計、コンパス、ノイズキャンセリングマイクなどを備えています。 ディスプレイ解像度は720pで60FPS、FOV(視野角)は42度。これは3メートルの距離から90インチのモニタを見るのと同じだとしています。 同製品はSnapdragon xR1 Qualcommプロセッサーを搭載し、Android 8.1で動作。また、BluetoothやWi-Fi経由でコンピューターや他のデバイスとワイヤレス通信も可能。バッテリー容量は1,750mAhで、駆動時間は2時間としています。専用のアプリはThirdEye App Storeから入手できます。 法人向けARヘッドセット「X2」発売、価格は約21万円 MoguraVR ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供 MoguraVR (参考)New Atlas、ThirdEye
未分類

スマートグラス「Vuzix Blade」、セキュリティ企業から1万台以上受注

AR技術やスマートグラスを扱うVuzix Corporationは、自社のスマートグラス「Blade」に関し、710万ドル(約7.8億円)規模、1万台以上の発注を受けたことを明らかにしました。発注を行ったSWORD社は、モバイルベースのセキュリティソリューションを提供する企業。 今回の発注に加え、テストなどのために、2020年初頭にBladeを購入する予定とのことです。 Vuzixの「Blade」は、視界に情報を表示することのできるスマートグラスです。スマホを介したデータの送受信と表示が可能で、メールや画像、テキストメッセージなどのデータを空中に表示して閲覧したり、道案内を受けるといったことが可能です。 スマートグラスを活用、ハンズフリーで効率化 SWORD社は、隠された武器検出や顔認識、銃声検出のための多層技術を備えたモバイルベースの脅威検出ソリューションを提供しています。エンタープライズセキュリティ製品のグローバル展開に先立ち、今回「Blade」を1万台以上発注しました。 同社は「Blade」を利用することで、セキュリティ担当者はさまざまな環境をナビゲートしながらハンズフリーでスキャンをデバイス、リアルタイムで重要な脅威通知を迅速かつ目立たずに受信可能になるとのことです。 より"メガネに近い"スマートグラス 米AR企業Vuzixが特許申請 MoguraVR (参考)Vuzix Corporation プレスリリース

「ガリベンガーV」初の生配信 5大発表速報!イベントの舞台裏映像やVRランウェイデビュー

人気VTuberが集合するバラエティ番組、テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」。その公式YouTubeチャンネル登録者77,777人を記念して、11月8日(金)21:00より、番組初のYouTube生配信が実施されます。 メインMCを務めるのは、番組のAD(アシスタント・ディレクター)として日々番組づくりに励んでいる番組オリジナルVTuber「ブイ子」。夏のイベント「超人女子戦士 ガリベンガーV 激突!スーパーヒロイン知能大戦」での前説出演や、先日リリースされたコラボ企画「VRoid WEAR × EIJI KOTOUGE」などで話題になりました。 さらに生配信では「ガリベンガーV 5大発表」として、番組からのサプライズ発表&スペシャルVTRの配信を予定しています。 ①夏に行われたイベントの舞台裏VTR大公開! ②○○○の○○○○決定! ③EIJI KOTOUGEスペシャルVTR公開! ④VRランウェイ モデルデビュー! ⑤そして… MoguLiveによる「○○○○タビュー」企画も!? MoguLive編集部が、テレビ朝日のガリベンガーV撮影スタジオに突撃…?!ご期待ください! 「ガリベンガーV」特番情報 ▼開催日時 2019年11月8日(金) 21:00~ ▼配信会場 https://www.youtube.com/watch?v=8zcupnWBguQ (ガリベンガーV 公式YouTubeチャンネル) ▼公式ハッシュタグ #ガリベンガーV放送局 (配信の感想をツイートすると、○○が起こる…!?) ▼配信公式サイト https://www.tv-asahi.co.jp/garibenv/youtube_namahaishin.html#/

バーチャルキャストがアップデート、ボイスチャットの3D機能が追加

11月7日(金)、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」が、ver1.8.0aのアップデートを実施しました。ボイスチャットの3D機能などが新たに追加されています。 バーチャルキャストは、ニコニコ生放送などの配信サービスを介して、誰でも好きなバーチャルキャラクターになりきって交流ができるVRサービスです。 今回のアップデートでは、ボイスシステムが全面的に改修され、新たにボイスチャットの3D機能が追加されました。スタジオ設定から、スタジオ内の立体音響に変更できるほか(現在は声のみ適応)、声の距離減衰を指定できます。また、ボイスシステム改修に伴い、ボイスの設定項目が増加しています。 本日のアップデートから3D音声が選択できるようになりました! どう変わったのかは…この動画をヘッドフォンを着けてご覧ください。#バーチャルキャスト pic.twitter.com/woVbtL2tUZ — バーチャルキャスト@VirtualCast (@virtual_cast) 2019年11月7日 そのほか、タイトル画面でのクイックスタート機能の追加や、アイテムに触れた際のハイライト表示、コメントに含まれる絵文字も降ってくるようになる機能の追加などのアップデートが行われています。 (参考)バーチャルキャスト 公式ブログ

鳥取県公認のポケモンイベント開催 「ポケモンGO」のフォトコンテストも

「ポケットモンスター」の県公認コラボレーションイベント「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」が、鳥取県で開催されます。開催期間は2019年11月16日(土)から2020年1月13日(月・祝)までです。 鳥取県は以前から「ポケットモンスター(ポケモンGO)」とコラボレーションを行っており、2017年には鳥取砂丘で、「Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」を開催。2018年には同県のふるさと大使として、ねずみポケモンの「サンド」が任命されました。 ポケモンGO関連のコンテストも実施 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」では、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のフォトコンテスト「湯けむりARフォトコンテスト」も行われます。 「湯けむりARフォトコンテスト」は、「ポケモンGO」のGOスナップショット機能を使用して、鳥取県内の温泉地で撮影を行うイベント。SNS(Twitter、インスタグラム)の鳥取県公式アカウントをフォローした上で、撮影した写真にハッシュタグ #ポケモンGO と#yukemurisandを付け、どちらかのSNSに投稿すれば参加できます。 温泉地でキミだけのベストショットに挑戦♨️ 11月16日(土)から「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」キャンペーンのひとつ「湯けむりARフォトコンテスト」が始まるよ。https://t.co/ruheKwCDwP#ポケモンGO の #GOスナップショット を使って、県内の温泉地で写真を撮って投稿!特製サンドグッズを当てよう! pic.twitter.com/OrxFqAJXtS — トリピー@鳥取県マスコットキャラクター (@tottoripref) November 8, 2019 「湯けむりARフォトコンテスト」の参加作品(写真)は、鳥取県及び関係者等で組織する審査会が選定を行い、最優秀者にはサンド(アローラのすがた)の砂像フィギュアと商品券1万円分が、優秀賞(20名)には、サンドのレターセットと商品券3,000円分が授与されます。 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」の詳細は、こちらから確認できます。 始まる!サンドの3度(サンド)目のキャンペーン‼️今回は身体も心もぽっかぽかに♨️#ポケモン「サンド」と #鳥取県 のコラボ。11月16日(土)から「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」開催! ..

【ポケモンGO】ポケモン生息環境が変化 色違いニャースが低確率で出現

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のポケモン生息環境が、GOロケット団リーダーの出現に伴い、期間限定で変化しました。生息環境の変化期間は、11月8日(金)早朝から、11月14日(木)までです。 生息環境の変化によって、「ニャース」「アーボ」「ドガース」が通常より多く出現するようになりました。公式発表によれば、野生とレイドで色違いの「ニャース」が低確率で出現するほか、GOロケット団とサカキに関係のあるポケモンが出現するレイドバトルも行われるとのこと。 発表ではまた、GOロケット団が「コイル」「マダツボミ」「サンド」「ポリゴン」「ソーナンス」のシャドウポケモンを新たに連れていること。GOロケット団リーダーが「ニャース」「ストライク」「ニューラ」を連れていることが報告されています。 GOロケット団リーダーが現れたことで、ポケモンの生息環境が変化しています。「ニャース」「アーボ」「ドガース」がいつもより多く出現しています!#ポケモンGO #TeamGoRockethttps://t.co/kYntiRb6KG pic.twitter.com/A2c0bShjbM — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 (参考)Twitter

ビアニストまらしぃ×ときのそら音楽セッション! コラボ生放送決定

11月21日(木)20:00から、ピアニストのまらしぃさんと、ホロライブ所属VTuberのときのそらさんによる初のコラボがニコニコ生放送で行われます。 まらしぃさんはYouTubeの動画再生総数6億回を誇るピアニスト。番組では、まらしぃさんとときのそらさんによるバーチャル空間での初の音楽セッションが行われます。さらに、まらしぃさんのバーチャル美少女化企画やピアノレッスンなど、バーチャルの特徴を活かした企画も用意されているとのことです。 本番組は計3パート構成で、第1部はニコニコ公式生放送(無料)、第2部は「まらしぃチャンネル」会員限定配信、第3部は「ときのそらオフィシャルファンクラブ」チャンネル会員限定配信です。また、第2部・第3部は、有料チャンネル会員限定放送のため、各チャンネルへの入会が必要です。 【まらしぃ×ときのそら】バーチャルセッション&トークコラボ生放送の概要 放送日 2019年11月21日(木)20:00~22:30 出演者 ときのそら、まらしぃ タイムスケジュール 20:00 ~ 21:00 ニコニコ公式生放送で無料配信 21:00 ~ 「まらしぃチャンネル」会員限定配信 21:45 ~ 「ときのそらオフィシャルファンクラブ」チャンネル会員限定配信 視聴URL 第一部【まらしぃ×ときのそら】バーチャルセッション&トークコラボ生放送 第二部 まらしぃチャンネル 第三部 ときのそらオフィシャルファンクラブ (参考)ときのそら 公式Twitter、まらしぃ 公式Twitter

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

2019年11月7日、マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」の出荷が開始されました。複数の国や地域(日本を含む)において法人向けに展開をスタートしています。デバイスの国内向け単体価格は383,800円(税別)です。 「HoloLens 2」は、2016年に発売されたMRデバイス「HoloLens」の次世代機。目の前の現実世界とCGを融合して体験できる「Mixed Reality(複合現実)」を実現するデバイスです。HoloLensから2倍以上の視野角・解像度の実現、ハンドトラッキングの改善、視線追跡機能の追加などさまざまな点で改良が行われています。 HoloLens 2の解説はこちらの記事で読むことができます。 マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ MoguraVR HoloLens2は単体とリモートアシスタントツール入りの2種類 HoloLens 2の販売はデバイス単体、およびリモートアシスタントツールがセットがなった月額パッケージ「Dynamics 365 Remote Assist with HoloLens 2」の2種類で展開されます。 デバイス単体は383,800円(税別)で、マイクロソフト ストアの法人サポート窓口、および認定リセラー(日本ビジネスシステムズ株式会社、株式会社大塚商会)から購入可能。「Dynamics 365 Remote Assist with HoloLens 2」は、1ユーザーにつき月額125ドル~(※)となっており、認定リセラーから購入が可能となる予定です。 (※米国における参考価格。また、リース型ではなく割賦型の支払い方法となっている。価格や支払い方法、期間などの詳細は現在準備中) HoloLens 2の体験レポートはこちらから。 【体験レポ】HoloLens 2は"正統進化"だ——性能は大幅強化、操作性は驚くほど自然に MoguraVR HoloLens 2のセミナーも開催 日本マイクロソフトは、HoloLens 2の出荷開始に伴い、HoloLens 2や再sンのMRテクノロジーである、Dynamics 365ビジネスアプリケーション、Azure Mixed Reality Servicesを紹介するセミナーを開催します。 本セ..

VRで南極や世界遺産を探検しよう。ナショジオのVRゲームがアップデート

2019年5月にリリースされたVRゲーム「National Geographic Explore VR」に、世界遺産マチュ・ピチュを題材としたコンテンツが追加されます。 VRで世界遺産・マチュピチュを探索 「National Geographic Explore VR」は、Oculus Quest(オキュラス クエスト)向けのコンテンツ。現行バージョンでは南極大陸をカヤックで探検し、棚氷をよじ登り、コウテイペンギンのコロニー探しなどが楽しめます。 追加コンテンツの詳細は、ロケーションがマチュ・ピチュであること以外明らかになっていませんが、公開された予告動画からは遺跡の建造物が“復活”する様子や撮影機能、ラマの登場などが確認できます。 https://www.youtube.com/watch?v=3EiY9Thf3fk 数週間以内にリリース? 2019年11月7日現在、追加コンテンツの正式な配信日は判明していません。「National Geographic Explore VR」の商品ページには「数週間以内に次の目的地が登場します!」との告知が掲載されていることから、遅くても12月上旬までにはリリースされると推測されます。 タイトル National Geographic Explore VR 開発元 Force Field パブリッシャー Oculus Studios 対応VRヘッドセット Oculus Quest 価格(税込) 990円 プレイ人数 1人 公式サイト https://forcefieldxr.com/ 限定公開の世界遺産をVRで再現 ウォークスルーで見学 MoguraVR ハコスコの「VRで世界文化遺産ツアー」PCブラウザ対応や音声再生機能を追加しより使いやすく MoguraVR ナショジオ、南極大陸を冒険するVR体験をQuest向けに配信へ MoguraVR (参考)UploadVR

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

株式会社エルザ ジャパンは、フィンランドVarjo社の新型VRヘッドセット「VR-2」の国内販売を11月8日(金)より開始します。VR-2は海外でも販売が開始されており、海外向け価格は端末単体で4,995ドル(約54万円)。国内での製品購入や納期については、要問合せとなります。 “人の目”レベルの超高解像度VR、第二弾 「VR-2」は、2019年2月に発売した“人の目”レベルの高解像度VRヘッドセット「VR-1」に続く、Varjo社の新製品です。VR-1の性能をさらに向上させ、より滑らかな合成や人の目レベルの映像領域を広げるなど、主に映像面でのクオリティを改良しています。 VR-2はSteamVRにも対応しており、SteamVRのVRコンテンツを体験することができます。なお、今後はVR-1もSteamVRに対応予定とのこと。 圧倒的な超高解像度VR、ライバルは"意外な巨人"? Varjo体験レポ&CEOインタビュー MoguraVR 海外向けにはVR-2の上位機種となる「VR-2 Pro」も同時発売されていますが、執筆時点で国内での販売情報は未定です。 Varjo社のVRヘッドセットに関する記事は、以下のリンクより読むことができます。 日本初の超高精細VRデバイス展示も行われた「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」レポート MoguraVR VRとARが切り替わる衝撃、Varjo「XR-1」体験レポート MoguraVR (参考)VR-2 製品ページ

グーグルのスマホVR「Cardboard」オープンソース化

グーグルは太平洋時間11月6日、スマートフォン向けVR「Cardboard」のSDK(開発者キット)のオープンソース化を発表しました。CardboardのSDK開発はグーグルのもと行われていましたが、今後は開発者コミュニティ主体のものへと移ることとなります。 スマートフォンVRは縮小傾向 グーグルは2014年、スマートフォンを使ってVR体験のできる「Google Cardboard」をリリース。設計図を公開し、様々なサードパーティーが独自製品を制作できるよう促しました。グーグルによれば、CardboardはYouTubeや教育向けのExpeditionsなどで現在も一貫した使用が見られるとのこと。 ただしスマホVRそのものは近年縮小傾向にあり、グーグル自身も同社の最新スマートフォンPixel 4はDaydream VRに未対応、VRゴーグル「Daydream View」の販売も終了しています。 グーグル、Pixel 4はDaydream VR未対応 ゴーグルの販売も終了 MoguraVR グーグル自身も引き続きプロジェクトに参加 今回オープンソース化されたSDKには、ヘッドトラッキングやレンズ歪みレンダリング、入力処理のためのAPIのほか、Android用のQRコードライブラリが含まれています。 これにより開発者は今後もCardboard向けアプリを開発できます。また、Unity用のSDKや新機能の追加など、グーグル自身も引き続きプロジェクトに貢献するとしています。 グーグルの新製品発表会、「Pixel4」正式お披露目か MoguraVR グーグルの廉価版スマホPixel 3aはDaydream VRに対応せず MoguraVR (参考)グーグル 開発者ブログ(英語)

コカ・コーラのラべルをスキャンすると、かわいらしい白くまの雪玉遊びが見れる

飲料大手のコカ・コーラは、ホリデーシーズン向けにARを活用したプロモーションを発表しました。期間限定商品のラベルをスキャンすると、クリスマスをイメージした建物の周辺で白くまが遊ぶ様子を見ることができます。 白くまのARアニメが再生 今回のARプロモーションは期間限定の製品ラベルをスキャンすることで、クリスマス風の建物の周辺で遊ぶ白くまが表示される、というもの。ラベルのスキャンには、同社の公式アプリ(iOS、Andoid対応)を使用します。 今回のARプロモーションについて、北米コカ・コーラのデジタル・エンゲージメント・マネージャーAllie Blalock氏は、「我々は、ファンの皆様に(コカ・コーラ)ブランドと触れ合うための新たな方法を提供し、白くまたちに命を吹き込んだのです」とコメントしています。なお、コカ・コーラは、以前から白くまを題材としたプロモーションを展開しています。 https://www.youtube.com/watch?v=SfIbBNuORHU そのほかの製品もAR対応 コカ・コーラ公式アプリのAR表示機能は、ホリデーシーズンの限定ラベルのほかにも、様々なコカ・コーラのボトルや缶をスキャンすることで機能します。Next Realityは、2013年に行われたARプロモーションを見ることができるほか、2つの缶を同時スキャンすることで「ジングルベル」が再生される(ARキャラクターが演奏)と解説しています。 缶をスキャンするとキャラクターが机の上で寸劇 コカ・コーラの新たな試み MoguraVR 空から降り注ぐ大量のイカ——映画やドラマの"ARプロモ"相次ぐ MoguraVR 最も多く使われたARアプリやAR広告の浸透度は? 調査レポート MoguraVR (参考)Next Reality

【ポケモンGO】GOロケット団が襲撃開始 リーダー・サカキ登場

11月7日(木)午後11:00、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、アジア太平洋地域にGOロケット団のしたっぱとGOロケット団リーダー・サカキが出現しました。 GOロケット団の襲撃は、本日公式サイトで公開されたウィロー博士の調査レポートで予告されていました。公式サイトとゲーム内では「GOロケット団リーダーを探し出し、サカキに打ち勝とう」というタイトルで、襲撃に対抗するための詳細も解説されています。 https://www.youtube.com/watch?v=kL4SYFuSFxQ 公式サイトによれば、まずスペシャルリサーチ「影から迫る脅威」を開始し、GOロケット団のしたっぱを倒すことで「ふしぎなパーツを」獲得。同パーツを6つ集めれば、GOロケット団リーダーの位置を特定するための「ロケットレーダー」を製作できるとのこと。 GOロケット団リーダーを倒し優秀なトレーナーであると証明すると、ウィロー博士から「スーパーロケットレーダー」を受け取るためのスペシャルリサーチを託されます。このアイテムでサカキ(ロケット団のボス)を見つけ出せますが、公式サイトは、したっぱが扮した偽物が存在すると警告しています。 GOロケット団のしたっぱとGOロケット団リーダーの姿がアジア太平洋地域で報告されています! — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 今回のアップデートに関する詳細は、こちらから確認できます。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. これまでの経緯については下記に掲載されています 【ポケモンGO】GOロケット団リーダーたちが声明を発表 襲撃の可能性 MoguraVR 【ポケモンGO】新アプデのフラグか? ウィロー博士のレポートが続々公開 MoguraVR (参考)Twitter

マイクロソフト「Hololens 2」を出荷開始

2019年11月7日、マイクロソフトは、新型MRヘッドセット「HoloLens 2」の出荷を開始しました。価格は3,500ドル(約38万円)です。 一部地域限定のリリース 「HoloLens 2」は、マイクロソフトのMRヘッドセット「HoloLens」の次世代機。目の前の現実世界とCGを融合して体験できる「Mixed Reality(複合現実)」を実現するデバイスです。 「HoloLens 2」の販売は現在(11月7日)、地域限定で行われています。米メディアTechClunchによれば、日本、アメリカ、中国、ドイツ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オーストラリア、ニュージーランドでのみ購入が可能とのこと。同メディアは、これらの国々はすべて「HoloLens 2」の事前予約の対象国だったことを指摘しています。 日本では、日本ビジネスシステムズと大塚商会が認定リセラーとして販売を担当しています。 「HoloLens 2」発売は2019年9月か ロイターが報じる MoguraVR マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ MoguraVR (参考)マイクロソフト公式サイト

4K画質の一体型VRヘッドセット「SKYWORTH S1」12月発売

4K画質の一体型VRヘッドセット、「SKYWORTH S1」が2019年12月より国内販売されることが発表されました。11月11日(木)より体験会も実施されます。 「SKYWORTH S1」は、中国のテレビ・家電メーカーであるSKYWORTHグループが開発した一体型VRヘッドセットです。PCやスマートフォンを必要とせず、ヘッドセット単体でVRを体験できます。本体重量は320g、リフレッシュレートは72Hz、視野角度は105度です。 プロセッサにはサムスンのExynos 8895を採用。8K画質のVR映像(mp4形式)を外部ソフトウェアやアプリなどを使用せず、そのまま再生できます。コントローラーは、3DoF(デバイスの向き=頭の回転のみを認識するトラッキング)コントローラーが付属します。 本製品の日本正規販売代理店を務めるのは株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR分野の子会社である株式会社VR Japanとなります。同社は「SKYWORTH S1」の体験会を11月11日より実施予定、参加費は無料です。 体験会の申込みはこちら。 スペック概要 重量 320g ディスプレイ解像度 4K(3840×2160) リフレッシュレート 72Hz 視野角度 105度 プロセッサ Samsung Exynos 8895 8K映像ハードウェアデコーディング 対応 オーディオ 内蔵スピーカー・マイク搭載 ヘッドホン用3.5mmステレオミニジャック ストレージ RAM:4GB LPDDR4X | ROM:64GB UFS microSDカード 256GBまで対応 ワイヤレス Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth 4.1 BLE 電池 3500mAh Li 価格 オープン価格 製品ページ https://www.vr-japan.co.jp/wp/products1.html (参考)株式会社クリーク・アンド・リバー社 プレスリリース

東京大学、新たに「サービスVR」研究部門を設置

東京大学の連携研究機構であるバーチャルリアリティ教育研究センター(以下「VRセンター」)が、2019年10月1日付で新部門「サービスVR寄付研究部門」を設置しました。VRやARなどを用いた、対人サービスや空間サービスの研究を行います。設置期間は2019年10月1日から3年間となっています。 「対人サービス」に関しては、VR顧客アバターを含む接客サービスVRトレーナーの研究開発と、動機づけまでを含む新しい訓練方式を研究。「空間サービス」に関しては、サービス空間における顧客の行動誘発のための基礎的な方式研究と、AR技術を用いた空間の高付加価値化に向けた研究開発を行うとしています。 VR研究の新ジャンル「サービスVR」を確立 また同研究部門は、リリースの中で以下のように述べています。 これまでバーチャルリアリティ(VR)や拡張現実感(AR)の研究開発は,主としてものづくりの分野への応用が中心になって進められてきました。現在、産業のサービス化やソフト化が産業において大きなテーマとなりつつあります。今後、VRやARの技術をこうしたサービス業に対して活用しようという社会的要請はますます増加することになるでしょう。 今回のご寄付により実現した「サービスVR寄付研究部門」の活動により、学術的には「サービスVR」という新しいVR研究のジャンルを確立させることができ、さらなる技術発展につなげることができると考えています。 社会的には、冒頭に述べたように、今後の我が国において重要性を増していくサービス産業の競争力向上に貢献することが期待されます。 なお、同部門の設置は株式会社セブン&アイ・ホールディングス、東日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社ソリッドレイ研究所からの寄付が元になっています。 バーチャルリアリティ教育研究センター(VRセンター)とは VRセンターは東京大学の全学組織で、情報理工学系研究科・人文社会系研究科・工学系研究科・医学系研究科・新領域創成科学研究科・情報学環・先端科学技術研究センターが連携する「連携研究機構」として2018年2月に設置。VR研究における国際的なイニシアティブを確立するとともに、先端技術の普及と、VRを活用した先進的教育システムの導入を推進することを目的として活動しています。 VRは、この5年でど..

ナイアンティックのコンテスト、ARゲーム×フィットネス等が受賞

「ポケモンGO」や「Ingress Prime」の開発元であるナイアンティック(Niantic)は、同社による開発者向けコンテストの結果を公表しました。 ゲームと他分野を結ぶアイディア募集 このコンテストは”Niantic Beyond Reality Contest”。ゲームを中心としつつ、他の分野とゲームとを結びつけるようなアイデアを広く募集しました。 応募者から選出された10チームは、同社の「リアル・ワールド・プラットフォーム」を用いてコンテンツ開発を行いました。これは、複数人が同じAR空間を共有する等して、マルチプレイのコンテンツを実現するものです。 4ヶ月の開発期間を経て、賞を勝ち取ったプロジェクトを紹介します。 大賞アプリ 外を走って仲間を救出 大賞として30万ドルを獲得したのは、JC Softが開発した「Run to My Heart」です。フィットネスアプリとゲームを組み合わせたもので、屋外を走り回ってプレイします。実際に身体を動かして隠れたウィルスを探し出し、アプリはプレイヤーに走るペースを教えてくれます。 https://www.youtube.com/watch?v=bN2d9_BTbI0 参加コンテンツ紹介 この他、二つの作品を紹介します。 身近に潜むセキュリティ問題 Escalityの「CryptOS」は、ARハッキングゲームです。オフィスといった現実空間に潜む、サイバーセキュリティの問題に挑みます。 https://www.youtube.com/watch?v=gPj7fgTeY74 野生動物保護へ理解を Dibs Studioの「Wild SanctuARy」は、身近な場所に野生動物たちを出現させます。絶滅の危機に瀕した動物を守る場所作りを通して、環境問題への理解を深める内容です。 https://www.youtube.com/watch?v=MJsgv7k15Ig ナイアンティックの取組 AR開発支援を進めるナイアンティックの取組については、下記の記事でも取り上げています。 「未来の都市」を考える ポケGO開発企業がシンポジウムを開催した理由 MoguraVR ポケGOのNianticとambieが連携、現実とゲームの音を聞きながらAR体験 MoguraVR ナイア..

アメリカザリガニがバーチャル寄席を開催 横山たかし師匠がVRで復活!?

11月9日(土)、新宿角座にて、お笑いコンビの「アメリカザリガニ」による「アメリカザリガニの25周年企画~バーチャル寄席~」が開催されます。VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」が利用され、バーチャルキャストおよびニコニコ生放送での生配信も予定。 活動25周年となるアメリカザリガニが漫才とVTuber(バーチャルユーチューバー)をかけ合わせ、リアルとバーチャルの両方の世界で漫才を披露します。さらに2019年に亡くなられた横山たかし氏がバーチャルにて復活。横山ひろし氏も迎え、漫才コンビ「横山たかし・ひろし」としてゲスト出演。アメリカザリガニとの会話劇が繰り広げられるとのこと。 #アメザリ25周年 10/11(金)よりチケット発売となります‼️是非お越しください✌︎('ω')✌︎ アメリカザリガニ25周年企画 ~バーチャル寄席~ 2019/11/9(土) 19:00 開演@新宿角座 チケットはコチラhttps://t.co/Cmu07lWcM9#アメザリ #アメリカザリガニ pic.twitter.com/tsTe916OIL — アメリカザリガニ25周年YEAR@スタッフ (@amezari_amezari) October 9, 2019 アメリカザリガニは、これまでにもVR空間上での漫才ライブ「アメザリノライブイアール」 を定期的に開催しています。また、VTuberとして「NHKバーチャルのど自慢」やニコニコ超会議2019にも出演しています。 アメリカザリガニ 25周年企画 ~バーチャル寄席~ 概要 日時 2019 年 11 月 9 日(土) 開場 18:00 / 開演:19:00 場所 新宿角座 (新宿区新宿 3-20-8 WaMall トップスハウス 4 階) ニコニコ生放送 https://live.nicovideo.jp/watch/lv322734504 ※文化庁芸術祭参加作品 ※株式会社バーチャルキャスト協力 (参考)ニコニコ生放送 配信ページ

【ドラゴンクエストウォーク】試練の扉3週目が開始 報酬などの調整も

11月7日(木)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、期間限定チャレンジイベント「試練の扉」の3週目が開始しました。 「試練の扉」は、フィールド各地に出現した扉で連戦バトルを行うことで、活躍から算出されたスコアに応じた賞品(ドラゴンメダル、強化素材)を獲得できるイベント。扉には難易度が3つ(上級、中級、初級)存在しており、入るのには専用アイテム「試練のカギ」が必要です。 3週目「試練の扉」では、新モンスター「バトルレックス」「はしりとかげ」「コドラ」が登場し、確定でこころを手に入れることができます。また今週から、期間限定交換所に「空竜のかぶりもの」と「空竜のきぐるみ」が追加されました。 【 試練の扉 後半スタート! 更新情報その① 】 各地で強敵に挑むことができる「試練の扉」の3週目が開始いたしました。 今回の扉では、新モンスター「バトルレックス」「はしりとかげ」「コドラ」のこころが確定で手に入るので挑戦しよう。https://t.co/sDGInXgJq5#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/URB0bpd44z — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 各種調整も実施 「試練の扉」の3週目開始に伴い、同イベントに様々な調整が行われました。公式発表によれば、試練のカギの最大所持数が50個に増加し、各地の扉の難易度の再割り振りが行われたほか、「試練の扉」に挑戦できる距離を拡張した(バージョン1.1.3から)とのこと。 またハイスコア達成報酬にメダルが追加され、同報酬でドラゴンメダルを獲得可能になったこと。「試練の扉」上級の10位以内入賞時の報酬が、一部変更されました。 【 試練の扉 後半スタート! 更新情報その② 】 今回の試練の扉では場所ごとの扉の難易度変更を実施し、扉のタップ範囲を調整いたしました。 また、その他調整を行いましたので、詳しくはゲーム内お知らせをご確認ください。https://t.co/T3ESva95Wv#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/i7TaujwbkW — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 © 2019 ARMOR..

【ドラゴンクエストウォーク】新メガモンスター「ナウマンボーグ」登場!

11月7日(木)午後15:00、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」に、新モンスター「ナウマンボーグ」が実装されました。 「ナウマンボーグ」はフィールドに出現するメガモンスターです。複数のプレイヤーが協力するイベントで戦闘できます。時間内に討伐すれば「こころ」を獲得できます。 公式発表によれば、「ナウマンボーグ」は討伐時に★3アクセサリ「はやてのリング」を低確率でドロップするとのこと。ドロップ率は、討伐時の順位が上位であるほど上昇します。 手形の所持数が増加 「ナウマンボーグ」の実装と同時に、メガモンスターの討伐に必要な「とうばつ手形」の最大所持数が5枚(以前は1枚)に増加しました。「とうばつ手形」は、1日に1度だけ交換所の「ゴールド商品」で購入できます。 【 新メガモンスター襲来! 】 新メガモンスター「ナウマンボーグ」がフィールドにあらわれました。 また、メガモンスターバトルに参加しやすいよう「とうばつ手形の最大所持数」を5枚までに増加いたしました。準備を万全にして挑戦しよう。https://t.co/nT1gbvtR1X#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/uEyrWJF2PZ — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter

YouTuberハローキティの人生相談が書籍化! 名言を多数収録

11月29日(金)に扶桑社から、サンリオのキャラクター・ハローキティの書籍「YouTuberキティの人生相談」が発売されます。 書籍の内容は、YouTuberとしても活躍中のハローキティが、視聴者からのメッセージや質問、相談に答える企画「コメント返し」で発した名言を集めたもの。ハローキティならではの視点や考え方を文章で楽しめます。 また誌面には表情豊かなハローキティの写真も盛り込まれているそう。ハローキティは書籍化にあたり11月6日(水)に公開した動画で「またYouTubeを見ていないお友達にも(ハローキティのメッセージが)届いたらいいなあ」と、書籍化の喜びと想いを語っています。 なお、「YouTuberキティの人生相談」購入の予約は11月7日(木)からAmazonにて受付を開始しています。 https://www.youtube.com/watch?v=yBY8IgpmetQ YouTuberハローキティより書籍化へのコメント 「ハロー!キティです。キティのYouTubeチャンネル『HELLO KITTY CHANNEL(ハローキティチャンネル)』に、いつもたくさんのコメントをありがとうございます!いただいたコメントのなかには、キティへの質問やお悩み相談がたくさんあるんです。自信をなくしたり、ちょっと迷ってしまったり、そんなみんなにもっともっとキティの言葉を伝えたい、だからもっとたくさんの質問にお答えしたいなって思っていて。キティらしく、キティの言葉で綴る本をお届けしようと考えました。みんなが自分らしく生きるために。キティからのメッセージがほんの少しでも一歩を踏みだすきっかけになれたら、うれしいな。 」 「YouTuberキティの人生相談」概要 タイトル YouTuberキティの人生相談 発売日 2019年11月29日(金) 出版 扶桑社 価格 1,430円 予約 Amazon (c)’76, ’19 SANRIO 著作(株)サンリオ (参考)ハローキティYouTubeチャンネル、YouTuberキティの人生相談(Amazon)

中国南昌市のVTuberグループ「NAOISE(ノイシュ)」デビュー

11月5日(火)に中国南昌市出身のVTuberグループ「NAOISE(ノイシュ)」のメンバーRAZIA(ラスティナ)さんがデビューしました。 「NAOISE」は中国南昌市の文化代表VTuberとして、3人で南昌の「食」「伝統」「科学」の3つのテーマを中心に活動するとのこと。11月7日時点でRAZIAさん以外の2名はシルエットのみの発表となっており、後日のデビューが予想されます。 RAZIAさんはデビューにあたり「これからわが街の文化と未来が花開くために頑張ります!」と、ツイートで意気込みを表明しています。 はじめまして、新人vtuber「RAZIA」です! そして、こちらは新しいグループ『ノイシュ』です! 私たちは中国南昌市の文化代表vtuberとして、三人で南昌の「食」、「伝統」、「科学」方面から活動します! これからわが街の文化と未来が花開くために頑張ります! pic.twitter.com/lMD8Cgo3PX — RAZIA (@RAZIAMORI) 2019年11月5日 同日に中国南昌市のVTuber「寧々」もデビュー また同日11月5日(金)に、「NAOISE」と同じ中国南昌市出身のVTuber寧々さんがデビューしました。 寧々さんは江西省を広報するために活動をはじめたそうで、今後中国について聴きたいこと、知りたいことをできる限りシェアしていくとのことです。 皆さんこんいちは、南昌出身の新人VTuber寧々と申します。存在感が全然ない江西省を救うために活動を始めました。今後ともよろしくお願いいたしますね! 大家好!我是来自南昌的新人VTuber宁宁,为了拯救完全没有存在感的江西省而开始活动!请大家多多指教啦!#VTuber #DHGS2019VR pic.twitter.com/wSVvxfnmdF — 寧々·VTuber (@nene_nanchang) 2019年11月5日 (参考)RAZIA公式Twitter、寧々公式Twitter

【ポケモンGO】相棒とふれあえる新機能「Buddy Adventure(仮)」発表

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」などを手掛けるNiantic(ナイアンティック)は、同タイトルの新マルチプレイヤーAR機能「Buddy Adventure(相棒と冒険)(仮題)」(以下Buddy Adventure)を発表しました。 相棒ポケモンとのふれあいが可能に 「Buddy Adventure(仮)」は、2019年11月5日(火)にアメリカで開催されたNianticのイベント「AR Day」で発表されました。同機能の実装後、プレイヤーは相棒ポケモンと親密になる(仲良し度が進む)と、ベリーをあげたり、なでたりといったアクションを行えます。公式発表によれば、他のトレーナーと連携し、フレンドの相棒ポケモンを自分のスマートフォン画面に写しての撮影も可能になるとのこと。 2019年11月7日現在、「Buddy Adventure(仮)」の実装予定日は発表されていません。 ©2016–2019 Niantic, Inc. ©2016–2019 Pokémon. ©1995–2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

Live2Dクリエイター向けイベント開催 にじさんじのいちから社も登壇

11月25日(月)、株式会社Live2D主催のクリエイター向けイベント「alive 2019」が開催されます。アニメーション作成ソフト「Live2D」の活用事例のセッションなどが行われます。開催場所は東京・ベルサール神田。参加費はカンファレンスのみのチケットが1,000円、カンファレンスと懇親会込みのチケットが4,000円です。 「alive 2019」は、2D表現に関わるクリエイターたちが技術を共有し合うイベントで、「Live2D」最新情報のほか、2D業界で活躍する企業や個人ユーザーによる講演などが行われるカンファレンスイベントです。各社のブース展示や企業説明会、企業による採用相談なども実施されます。 にじさんじのいちから社が登壇 「alive 2019」のセッションには、バーチャルライバーグループ「にじさんじプロジェクト」を運営するいちから株式会社も登壇します。実際のライブ配信で使われている自社アプリでLive2Dモデルを魅力的に制作するノウハウや、モデリングでキャラクターの感情を分かりやすく伝えるための工夫などが語られます。また、同社のブース展示ではにじさんじ公式マスコットである「ゆがみん」の体験コーナーが設けられる予定です。 イベント概要 開催日時 2019年11月25日(月) カンファレンス……11:00~18:30(受付開始10:00) 懇親会……19:00~20:30 会場 東京都千代田区外神田3丁目12−8 住友不動産秋葉原ビル ベルサール神田 2F,3F 定員 約750名 チケット ・カンファレンスのみ…1,000円 ・カンファレンス + 懇親会 …4,000円 チケット購入ページはこちら 公式サイト https://alive2019.live2d.com/ (参考)alive 2019 公式サイト

静岡県とナイアンティックが連携 ARゲームのプレイ環境整備へ

AR位置ゲーム「ポケモンGO」などを配信するナイアンティックは静岡県とともに、観光振興・ 健康増進などを目的とした事業を進める声明を発表しました。 静岡県とナイアンティックでは、ARゲームのプレイ環境の整備を世界に先駆けて行うなど、双方の資源を有効に活用した連携を推進。まずは伊豆半島地域の特色ある風土や歴史を発信するツールとして活用し、多くの人に足を運んでもらえるような仕掛けを作ることを発表しました。また、観光スポットや避難経路、ウォーキングルートなどを示した周遊マップの作成などが予定されています。 今回のプレイ環境の整備に伴い、ゲーム内の「ポケストップ」や「ジム」などにあたるPOI(ポイントオブインタレスト)のデータを、静岡県がリードをしてNianticに提供。地方自治体のリードによる提供は、Nianticにとっても初めてとのこと。 ナイアンティック日本法人代表の村井説人氏は、11月5日(火)に静岡県の川勝平太知事との対談を行い、静岡県には歴史的価値や芸術作品、ストーリーのあるものが多くあることを語りました。知事は、作家井上靖氏の「しろばんば」の像といった地元の人のみに知られている観光スポットがあることを語ると、村井代表は、まさにそのようなものがPOIとなると説明しています。 (参考)ナイアンティック 公式サイト

【ポケモンGO】GOロケット団ファイルが一部解読 襲撃は本日か?

11月7日(木)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、ウィロー博士の調査レポートの最終章が公開。以前、博士が解読に失敗したGOロケット団の暗号ファイルの一部解読に成功したと報じられました。 暗号ファイルは、依然として大部分が暗号化状態ですが、解読できた箇所からは「時は来た」「11月7日」「サカキ」という単語が読み取れます。GOロケット団は、以前から襲撃を企てていることが調査レポートで示されていました。「11月7日」という日付は、ロケット団の襲撃日(実装日)と推測されます。 [ウィロー博士の調査レポート] 暗号化されていたファイルが解読されました!GOロケット団の侵略は近いようです。 トレーナーの皆さん、戦いに備えてください。『Pokémon GO』の世界にGOロケット団のリーダーたちが迫っています。https://t.co/nx5P9LhRX2 pic.twitter.com/7d5IUi8rSI — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. これまでの経緯については下記に掲載されています。 【ポケモンGO】GOロケット団リーダーたちが声明を発表 襲撃の可能性 MoguraVR 【ポケモンGO】新アプデのフラグか? ウィロー博士のレポートが続々公開 MoguraVR (参考)Twitter

キズナアイ×アベイルのコラボ商品が発売 デザインTシャツやパーカーなど

11月9日(土)から、VTuber(バーチャルユーチューバー)のキズナアイさんとファッションモール店アベイルのコラボ商品が、各店舗で発売されます。 販売されるのはパーカー、Tシャツ、マフラータオル。各アイテムにはおまけとして、オリジナルラバーキーホルダーが付属します。Tシャツとパーカーは合わせて1人2点、タオルは1点までの購入制限が設けられています。商品はなくなり次第終了です。 アベイルは以前から「推しコレ」シリーズと題し、アニメや漫画、ゲームなどの人気作とにコラボ商品を展開してきました。商品ラインナップの詳細はこちら。 【大発表!】 しまむらグループのアベイルと 私、キズナアイのコラボ商品が発売決定! 全国のアベイルで【11/9(土)】より発売開始 Tシャツとパーカは合わせてお一人2点まで! タオルはお一人1点まで! 詳しくはアベイルHPを要チェック!https://t.co/culJljVxBD ※お問い合わせは各店舗へ pic.twitter.com/TLc6Vu8j4K — Kizuna AI@10/30 『NEW GENE, inspired from Phoenix』 (@aichan_nel) 2019年11月6日 パーカー メンズレギュラーサイズM・L展開 2,800円(税込3,080円) ・キズナアイハイドーモPK ・キズナラインアイコンPK ・キズナインストールPK ・キズナアイゲームスPK パーカー メンズラージサイズ3L・4L展開 2,800円(税込3,080円) ・キズナアイアイコンPK ・キズナアイハイドーモPK ・キズナアイゲームスPK Tシャツ メンズM・L・3L・4L 1,800円(税込1,980円) ・キズナアイチャンネルハンT ・キズナアイゲームスハンT マフラータオル 4種類 1,200円(税込1,320円) ・MTキズナアイ ・MTキズナアイツインズ ・MTキズナアイロゴ ・MTキズナアイフェイス ©Kizuna AI (参考)キズナアイ公式Twitter、アベイル

VRアイドル「えのぐ」 高校生としてのラストライブを2020年開催

VRアイドルユニット「えのぐ」が、グループ結成2周年を記念したスペシャルワンマンライブ「enogu 2nd Anniversary Live -Colors-」を、2020年2月16日(日)に開催されます。 今回のライブは、2020年3月で高校卒業を迎えるえのぐメンバーが、高校生として立つ最後のステージ。公式サイトでは「特別な公演だからこそ、これまで支えてくださった多くの皆さまと共に、過去最高のライブを創りたい」との思いが語られています。なお現在休養中の栗原桜子さんの出演は、情報が公開された10月18日時点では未定とのこと。 えのぐは鈴木あんずさん、白藤環さん、夏目ハルさん、日向奈央さん、 栗原桜子さんの5名によるVRアイドルユニット。これまでにVR、ARを活用したライブパフォーマンスを行っており、アイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL2019」に出演したことでも話題となりました。 開催概要 日時 2020年2月16日(日) 時間 昼の部 14:30~(開場13:45~)予定 夜の部 18:45~(開場18:00~)予定 ※時間は状況により変更になる場合があります。 出演 えのぐ(鈴木あんず、白藤環、夏目ハル、日向奈央、栗原桜子) ※現在休養中の栗原桜子の出演は10月18日(金)時点では未定です。 チケット料金 SS席:8,800円 来場者特典付2点/ドリンク代別途必要 S席:6,800円 来場者特典付1点/ドリンク代別途必要 A席:4,800円 ドリンク代別途必要 ※予定枚数終了しだい発売終了。 チケット販売サイト 先行抽選は2019年11月11日(月)12:00より(チケットぴあは11:00より)。 一般発売は2019年12月7日(土) 10:00より。 以下の各販売サイトで順次チケット販売受付を行います。 詳細は各販売サイトにて確認ください。 チケットぴあ ローソンチケット e+(イープラス) 会場 ヒューリックホール東京 公式ページ 主催 パルス株式会社 企画制作 株式会社岩本町芸能社 運営 株式会社ハンズオン・エンタテインメント 会場内へのご案内について ・開場時間前の来場はNG。 ・会場内に取材カメラが入る場合があります。 (参考)えのぐ 公式サイト ニュース、公式Twitter

「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO」出展社紹介:第3回 ~インフォマティクス、Synamon、アルファコード 、Nangok R/Studios、ハニカムラボ、コミュニケーション・プランニング~

2019年12月4日(水)、株式会社MoguraおよびDBJキャピタル株式会社は、VR/AR/MRの展示会「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO(VR EXPO)」を東京・秋葉原にて共同開催します。 本イベントは、VR/AR/MRのビジネス活用に関心のある企業や投資家を対象に、B2B展開を行う企業の体験展示、およびビジネスマッチングの機会を提供します。 Mogura VR Newsでは、数日に分けてイベント参加企業の具体的な出展内容を紹介します。今回紹介するのは、VR/AR/MRビジネスEXPOに出展する企業32社のうち、「株式会社インフォマティクス」「株式会社Synamon」「株式会社アルファコード 」「Nangok R/Studios」「株式会社ハニカムラボ」「株式会社コミュニケーション・プランニング」の6社です。 株式会社インフォマティクス:現実空間に原寸大の図面データを表示できるシステム「GyroEye Holo」「GyroEye Holo TS+ 」他 株式会社インフォマティクスは、HoloLens対応のシステム「GyroEye Holo」やXR技術の開発販売を行う企業です。今回展示する「GyroEye Holo」は現実空間に原寸大の図面データを表示できるシステムです。設計CAD図面や3Dモデルデータなどをデータ変換し、HoloLensを通して1分の1スケールで実空間に投影することができます。これにより、施工前に工事のイメージを実物大で見たり、施工後に出来形を検査したりなどの活用が可能です。 新製品の「GyroEye Holo TS+」では、測量分野で広く使われているトプコン社製トータルステーション「LN-100」と連携し、GyroEye Holoアプリの表示位置をリアルタイムで補完します。「移動距離30メートルにおいて誤差 ±5mmの精度を安定して提供する」とし、建設・土木現場での運用を支援します。 https://www.youtube.com/watch?v=9YEU8M3NZVU 株式会社Synamon:ビジネス向けVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」 株式会社Synamonは、VR/AR/MR関連製品、コンテンツの企画・開発・運営を行う企業です。今回展示する「NEUTRANS BIZ」は、複..

VR体験施設のThe VOID、映画「ジュマンジ」題材の新コンテンツを発表

世界各地にVR体験施設を展開するThe VOID社は、映画「ジュマンジ」シリーズを題材にした新作VRコンテンツ「Jumanji: Reverse the Curse」を発表しました。本作は2019年11月27日から、一部のThe VOID社施設で提供が開始されます。 体験スペースにも仕掛けあり 「Jumanji: Reverse the Curse」は、The VOID社がSony Pictures Virtual Realityと提携して制作しました。両社(スタジオ)は、2016年に映画「ゴーストバスターズ」を題材にしたVRコンテンツ「Ghostbusters: Dimension」を共同で手掛けており、本作は2作目の合同制作コンテンツです。 米メディアRoad to VRによれば、「Jumanji: Reverse the Curse」はVRヘッドセットと触覚フィードバックベストを装着してプレイする形式で、体験スペースにはプロップ(小道具)の設置や没入感を高める仕掛けが行われているとのこと。 Jumanji: Reverse the Curseのあらすじ 「Jumanji: Reverse the Curse」は、(ジュマンジ)ファンの皆様に、スモルダー・ブレイブストーン博士、シェルドン・オベロン教授、ルビー・ラウンドハウス、フランクリン・“ムース”・フィンバーとして、新たな闇のヴィランからジュマンジを守る体験を提供します。 (Jumanji: Reverse the Curse)では、ファン(プレイヤー)は、ジュマンジのレッドジュエルを内包する「Scepter of Se’payu」を回収し、(同アイテムを)盗まれた寺院へと返還する任務に参加します。(任務中)プレイヤーは、映画で登場人物たちが体験した、人食い動物や不快な環境のような困難に遭遇します。(プレイヤーはこれらの困難を)生き抜き、現実世界に生還しなければなりません。 アベンジャーズの新VR作品、VR体験施設を展開するVoidが提供 MoguraVR スター・ウォーズなどのVR体験施設運営のThe VOID、世界25店舗展開へ MoguraVR VRアトラクション施設THE VOID、ニューヨークでゴーストバースターズの公式VR体験を公開へ Mog..

「Beat Saber」新DLC詳細がリーク、リリース日も判明

VRリズムゲーム「Beat Saber(ビートセイバー)」の新ダウンロードコンテンツ(DLC)が、「Rocket League × Monstercat Music Pack」であることが判明しました。発売日は2019年11月7日で、予定販売価格は8.99ドル(約980円)となっています。 PS Storeでフライング公開 「Beat Saber」の開発元Beat Gamesは、2019年11月7日に新DLCの正式発表(と発売)を行う予定でした。しかしPlayStation Storeが、予定日の前に誤ってストア上に「Rocket League × Monstercat Music Pack」を掲載(現在は削除済)。この情報をYouTuber、Get To Da Choppa VRさんが取り上げたことで、新DLCの詳細が「Beat Saber」コミュニティに拡散しました。 https://www.youtube.com/watch?v=RhR_Z5wVvJM (Tokyo Machineの「PLAY」。新DLCに含まれる楽曲のひとつ。) 「Rocket League × Monstercat Music Pack」には、6つの楽曲が含まれます。詳細な楽曲リストは、以下の通りです。 Rocket League × Monstercat Music Pack楽曲リスト ・Tokyo Machine – ‘PLAY’ ・Stephen Walking – ‘Glide’ ・Slushii – ‘LUV U NEED U’ ・Tokyo Machine – ‘ROCK IT’ ・Dion Timmer – ‘Shiawase’ ・Slushii & Dion Timmer – ‘Test Me’ 「Beat Saber」がグラミー賞ノミネート Twitterには応援の声多数 MoguraVR 「Beat Saber」徹底解説! 購入方法からMOD導入、PSVR版情報も紹介 MoguraVR (参考)UploadVR

Oculus創業者パルマー・ラッキー、軍事用ARソフトを開発中か

Oculusの創業者、パルマー・ラッキーが立ち上げたスタートアップ企業「Anduril Industries」が、戦場の兵士を支援する軍事用AR/VRソフトの開発に取り組んでいるようです。 パルマー・ラッキーは2017年に自身が立ち上げたOculusを退職後、Anduril Industriesを設立。最新技術を使った防衛システムを開発するスタートアップとして、現在は評価額10億ドル以上の“ユニコーン企業”に成長しています。 戦場の兵士が装備するヘッドセット向けソフトウェアか 米メディアBusiness Insiderの取材に対し、同社の共同創業者兼CEOであるBrian Schimpf氏は「我が社のソフトウェアはAR/VRヘッドセットを通じて、戦場の兵士が状況を判断したり、危険を回避するための警告や情報を提供します」と語りました。 ただし同社は今のところ、ヘッドセットを製造するビジネスにまでは着手していません。現時点では、戦場の兵士が的確な判断を下せるよう、必要な情報を収集・提示するための方法を模索しているようです。 またBrian Schimpf氏は「計画はまだ遠い将来の話」と語る一方、同社がVRに関する何らかのアイデアを持っていることもほのめかしています。 Anduril Industriesは「Lattice」と命名された防衛システムを開発・提供しており、同システムとAR/VRヘッドセットの組み合わせにより、戦場の兵士に情報を提供するようになるものと推測されます。 米軍のさらなる"VR訓練"推進、5億ドル超の契約締結 MoguraVR ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供 MoguraVR "VR内に人を登場させる" LIVが約1億円調達、Oculus創業者パルマ―・ラッキーも出資で注目 MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
タイトルとURLをコピーしました