東京国立博物館の国宝89点をメタバース上で展示 特別展覧会がclusterで開催

メタバース上に開設された「バーチャル東京国立博物館(バーチャルトーハク)」で、東京国立博物館創立150年記念バーチャル展示エウレカトーハク!◉89が、2023年1月17日(火)〜3月31日(金)まで開催されます。

本展覧会は、メタバースプラットフォーム「cluster」を活用し、東京国立博物館の監修のもと、凸版印刷が企画制作。見学者はアバターとしてバーチャルトーハクに入館し、本館エントランスから3つのパートを自由に回遊することで、日本美術や国宝への理解を深められるとのこと。

第1部「国宝を《知る》」では、所蔵の全89件の国宝をメタバ―スの中で観ることができます。時代に応じて分けられた4つの部屋で、分野や時代など、多岐にわたる国宝を「彩り」・「うた」・「素材」・「季節」などのキーワード毎に表示して鑑賞し、日本美術や国宝の特長の解説を楽しめます。

また、VR作品の映像の一部を活用し、作品画像と合わせて表示することで、実物を鑑賞するだけでは体験できない作品の楽しみ方を初心者にも分かりやすく伝えるそうです。

第2部「国宝に《親しむ》」では、メタバースに三次元CGで2つの国宝の世界観を表現。アバターが国宝の中に入り込んだかのような体験が可能です。

「松林図屛風」のバーチャル展示室では、長谷川等伯が描いた松林の風景を表現。長谷川等伯は墨1色の濃淡のみで、松林の遠近感を表現しましたが、空間内に配置された松の一部を動かして、長谷川等伯による疎密の配置の妙や濃淡のみで表現された松林の遠近感などを体感できるそうです。

「八橋蒔絵螺鈿硯箱」のバーチャル展示室では、作品のテーマである「伊勢物語」の「三河国八橋」の情景を表現。空間に置かれた文字を集めることで「伊勢物語」の主人公が詠んだ和歌を完成させたり、アバターとして硯箱の内部に入ったりしながら、尾形光琳が表現した世界に没入します。硯箱の内部では、尾形光琳が硯箱内外に施したデザインが透け重なって表示されることで、硯箱全体でデザインされた作品表現の鑑賞が可能です。

第3部「国宝と《つながる》」では、たかくらかずき氏など現代アーティストたちが新しい感覚で国宝を再解釈し、リスペクトアートという形で表現した作品をNFTとして販売。2023年3月3日(金)から販売を開始し、収益の一部は東京国立博物館に還元され、その運営や文化財保全等に活用されます。この作品は3月17日(金)からバーチャルトーハク内で展示されます。

展示概要

特別展名

バーチャル展示「エウレカトーハク!◉89」

主催

東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社、独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

会場

バーチャルトーハク 特別展示室 (cluster内)

期間

2023年1月17日(火)~2023年3月31日(金)
※2022年11月29日(火)9:30 開催に先駆けて本展覧会会場のエントランスであるバーチャルトーハク本館大階段をプレオープン
※メンテナンスのため休止期間を設ける可能性あり。詳細は特設サイトにて

入場料

無料

参加方法

VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加することが可能。clusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。
clusterアカウント作成:https://cluster.mu/
clusterアプリダウンロードhttps://cluster.mu/downloads

特設サイト

バーチャル展示「エウレカトーハク!◉89」:バーチャル東京国立博物館
バーチャル展示「エウレカトーハク!◉89」は、メタバース空間上に開設した「バーチャルトーハク」で東京国立博物館所蔵の国宝89件を紹介する、東京国立博物館創立150年記念事業。会期:2023年1月17日(火)~2023年3月31日(金)。何百年も前の人々が生み出し伝えてきた国宝を、現代のわたしたちの感覚、自由な視点で楽し...

(参考)プレスリリース

The post 東京国立博物館の国宝89点をメタバース上で展示 特別展覧会がclusterで開催 appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました