ナイキが新たなプラットフォームを立ち上げ デジタルアイテムを収集・売買・制作

この記事は約3分で読めます。

ナイキは、11月14日(現地時間)、新たなプラットフォーム「.Swoosh(ドットスウッシュ)」を発表しました。

同プラットフォームでは、バーチャルシューズやジャージ、アクセサリーなどのデジタルアイテムをコレクションできるほか、アイテムの制作や売買も可能です。


©︎Nike

好みのアイテムをクレジットカードで

.Swooshは、ナイキが手がけるプラットフォームです。ユーザーは、クレジットカードなどの決済手段でデジタルアイテムを購入。購入したアイテムはブロックチェーンと紐付いて管理されます。

購入したアイテムは、ゲームやメタバースの中で着用可能とのこと。物理的なシューズと交換したり、リアル開催の限定イベントに参加したりと、現実世界でも特典を受けられるといいます。

さらに、アスリートやデザイナーと直接会話するチャンスもあるようです。

1月にバーチャルコレクション発表へ

とはいえ、公開されたばかりのサイトはベータ版。何も販売されていないだけでなく、参加登録もできません。具体的にどのようなプラットフォームと連携するのかも不明です。

これに対し、ナイキは、アメリカ国内とヨーロッパの一部の国のユーザーを対象に、11月18日(現地時間)から参加登録を開始するとしています。その後、対象エリアを順次拡大していく方針です。

なお、いつ日本が対象となるのかについては、現時点で明らかになっていません。


©︎Nike

2023年1月には、初のバーチャルコレクションを発表予定。その後、デジタルアイテムの売買や取引ができるマーケットプレイスを提供します。

また、コミュニティの参加者は、ナイキが開催するイベント(コミュニティ・チャレンジ)に参加できます。詳細は不明ですが、このイベントの優勝者は、ナイキとバーチャルプロダクトを共同制作する機会と、共同制作したプロダクトのロイヤリティを得られます。

ナイキとメタバースを振り返る

ナイキは、2021年11月、オンラインゲームプラットフォーム「Roblox」と提携し、バーチャルワールド「NIKELAND」を設置。メタバースへの参入を開始しました。

続けて同年12月に、バーチャルアパレルを手がけるデザイナー集団「RTFKT(アーティファクト」を買収。2022年7月には、バーチャル上のアイテムと実在のパーカーがセットになった「RTFKT x Nike AR Genesis Hoodie」をリリースしています。

ナイキもメタバース Robloxに専用ワールド「NIKELAND」をオープン

ナイキもメタバース Robloxに専用ワールド「NIKELAND」をオープン

MoguLive

ナイキ、バーチャルアパレルのRTFKTを買収 メタバースに向けて準備着々

ナイキ、バーチャルアパレルのRTFKTを買収 メタバースに向けて準備着々

Mogura VR News

ナイキ傘下のバーチャルアパレルRTFKTが、アバター用とリアル用がセットになったフードを発表

ナイキ傘下のバーチャルアパレルRTFKTが、アバター用とリアル用がセットになったフードを発表

MoguLive

(参考)Nike Blog COMPLEX

The post ナイキが新たなプラットフォームを立ち上げ デジタルアイテムを収集・売買・制作 appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました