Meta社のメタバース「Horizon Worlds」に「バーチャル自宅」が実装 フレンドを招待できる

この記事は約2分で読めます。

Metaのメタバース「Horizon Worlds」に、プレイヤーの部屋として機能する「ホームエリア」が実装されました。フレンドを招いて雑談したり遊んだりできます(※日本ではサービス未実装)。

「Horizon Worlds」には、リリース直後から「パーソナル・スペース」と呼ばれる浮島が実装されていました。この場所ではアップデートやイベントを確認できる仕様となっていましたが、今回導入されたホームエリアはそれを拡張したものです。

米メディアRoad to VRによると、「ホームエリア」は、6月から一部のユーザーに提供が開始されており、今後数週間のうちに、より多くのユーザーへの提供が開始されるとのこと。利用可能ユーザーを増やすと同時に、ホーム内のカスタマイズや訪問者が行える行動を制限するオプションも導入される予定です。

(Vidyuu Tutorialsが公開した、ホームエリアなどの紹介映像)

「Horizon Worlds」は2019年9月に「Facebook Horizon」として発表され、2021年12月に北米とカナダでリリースされました。その後イギリスでの展開、クリエイター収益化に向けた取り組みなども行われています。現時点では、日本国内での展開を開始する時期などは発表されていません。

Metaの「Horizon Worlds」、2022年内にグラフィックのアップデートを発表予定。アバターなどに変化か

Metaの「Horizon Worlds」、2022年内にグラフィックのアップデートを発表予定。アバターなどに変化か

Mogura VR News

Metaの「Horizon」部門VP、Vivek Sharma氏が退陣。「Horizon Worlds」など手掛ける

Metaの「Horizon」部門VP、Vivek Sharma氏が退陣。「Horizon Worlds」など手掛ける

Mogura VR News

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

The post Meta社のメタバース「Horizon Worlds」に「バーチャル自宅」が実装 フレンドを招待できる appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました