3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン1.0が正式リリース

この記事は約2分で読めます。

9月22日(木)、3Dアバター向けファイル形式VRMのバージョン1.0が正式リリースされました。9月23日(金)には、バージョン1.0の新機能を紹介する特別番組が配信されます。

「VRM」は、一般社団法人VRMコンソーシアムが提唱する、日本発の3Dアバターのファイル形式(.vrm)です。2018年の発表以来、「cluster」や「バーチャルキャスト」など様々なプラットフォームを横断できる3Dモデル形式として利用され、3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」の出力形式にも採用されています。

バージョン1.0では、旧来のバージョンの課題やエラーが修正され、必要な機能が追加されています。現時点で発表されている新機能は以下です。

■Constraint機能が使えるようになりました
■SpringBoneのコライダとしてカプセルコライダを使用可能になりました
■標準ライセンスが明確になりました(VRMパブリック・ライセンス文書 1.0策定)
■あわせて、ライセンス条件フラグが細かくなりました
■ローカル軸の保持が可能になりました(正規化強制条件の撤廃)
■HDRに対応しました
■表情の標準定義が追加・整理されました

9月23日(金)には、バージョン1.0を紹介する番組「VRM1.0を使ってみよう!新しくなったVRMのポイント解説」が配信されます。「VRM」がバージョン1.0でどのように変わり、どのようにセットアップすればよいのかを解説する、オンラインワークショップ形式の番組になるとのことです。

番組はVRMコンソーシアムのYouTubeチャンネルにて配信予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCXeHFuWJuWCgBrLxP2FJ8rw

(参考)プレスリリース

The post 3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン1.0が正式リリース appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました