小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから

この記事は約4分で読めます。

2022年9月22日(木)、Picoはコンシューマー市場向けの新たな一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズを発表しました。解像度は4K、視野角105度の性能ながら、295gの軽量さを実現しています。通常モデルとハイエンドモデル「Pico 4 Pro」の2つのラインナップ。「Pico 4 Pro」にはアイトラッキングと表情トラッキングが内蔵され、より豊かなアバター表現が可能になっています。

Pico 4はストレージ別に128GB版、256GB版の2モデルが展開。128GB版は429ユーロ(約59,500円)、256GB版は499ユーロ(約69,000円)と発表されており、日本では10月7日に発売。正確な価格は不明です。

画質は4Kクオリティで小型軽量化

Pico 4は片目2160×2160の解像度のLCD(液晶)パネルを2枚搭載しています。小型化に合わせ、1インチあたりのピクセル密度は1200ppiと高くなっています。

100%のSRGBを謳(うた)い、これまでPicoが販売してきたVRヘッドセットの中で最も発色が良いとのこと。リフレッシュレートは90Hz、視野角は対角105度です。

薄型化のためにレンズにはパンケーキレンズを採用。ヘッドセット前部の厚みは35.8mmです。ヘッドセット前部の4つのRGBカメラで空間を認識し、外部センサーを使わずに自由に動ける6DoFのVR体験が可能です。ヘッドストラップの後部にバッテリーを内蔵。側頭部にはスピーカーを内蔵しています。なお、両手に持つコントローラーはこれまでの機種で見られた形状とは異なるものです。

搭載されるOSは「PIco OS 5.0」と発表。スマートフォンのメッセージなどの通知が表示される機能や活動量を計測できるフィットネス機能などが発表されています。今後、複数のウィンドウを浮かべて表示できるマルチタスク機能の実装が予告されており、アップデートを繰り返す競合デバイス「Meta Quest 2」を強く意識していることが伺えます。

また、独自のアバター機能も発表サれました。アバターは話している言葉に応じたリップシンクに対応しているとのことです。

ついにPico独占タイトルも

対応VRゲームとして、Ubisoftから「Just Dance 2023」がPicoの独占タイトルとして発表されました。さらに、「ウォーキング・デッド」、「ルインズメイガス」「DEMEO」「Green Hell」「Gorn」「Puzzling Places」といったタイトルのローンチが発表され、ソーシャルVR「Rec Room」への対応も明らかになりました。さらに、メタバースプロジェクト「Project Pico Worlds」も発表されました。独自のアバターを活用したプラットフォームを目指します。

バリエーションとして「Pico 4 Pro」も発表されました。ビジネス用途、開発者向けの機種となり、こちらにはアイトラッキング機能および表情トラッキング機能が搭載されます。合わせて法人向けに機能を特化させた「Pico Business」や、足にバンドで装着することで足の動きもトラッキングできる「PICO Fitnessバンド」も発表されています。

「Pico 4」は、128GBモデルが429ユーロ(約59,500円)、258GBモデルが499ユーロ(約69,000円)で販売されます。「Pico 4 Pro」や関連デバイスについては販売価格は未発表です。

「Pico 4」は、ヨーロッパ、韓国、日本で発売予定です。日本では、9月29日(木)午後から予約受付、10月7日(金) より販売を開始する予定です。

Pico 4 スペック概要

ディスプレイ解像度 2,160 × 2,160×2 LCD
視野角 105度(対角)
リフレッシュレート 72Hz, 90Hz
重さ 295g
レンズ パンケーキレンズ
ストレージ 128GB / 256GB
RAM 8GB
トラッキング インサイドアウト
IPD(瞳孔間距離) 62~72mm
バッテリー稼働時間 2.5~3時間 (5,300 mAh)

(参考)Pico公式Road to VRUploadVR

The post 小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました