Vket2022 WinterにJR東海が初出展!バーチャル名古屋駅オープン

この記事は約3分で読めます。

2022年12月3日(土)~18日(日)にVRChatで開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」に、JR東海が初の出展をします。

今回の出展では、会場のパラリアル名古屋に「バーチャル名古屋駅」がオープンします。

「Vket2022 Winter」にJR東海が初出展

今年12月3日(土)~18日(日)にVRChatの特設ワールドで開催される「バーチャルマーケット2022 Winter」に、JR東海が初の出展を決めています。

バーチャルマーケットは、数々のVRイベントを手掛けるHIKKYが主催する世界最大級のVR展示即売会で、会場には多くの企業やクリエイターが出展し、また世界中から大勢の人々がアバターとなって訪れ、展示されているコンテンツやリアル商品を見たり購入したり体験したりします。

今冬の開催ではテーマがNEXT Journeyになっており、企業出展会場は

・パラリアルパリ

・パラリアル名古屋

・パラリアル札幌

の3つが展開されます。

JR東海の出展は、その内の1つ”パラリアル名古屋”に展開が決定されています。

イメージ

公式サイト

公式Twitter

公式YouTube

公式Instagram

リアルとバーチャルが生み出す新たな価値の提供へ

JR東海によると、同グループでは鉄道を起点とした沿線都市と移動の価値向上を通じて人々の豊かな暮らしを実現することを目指し、様々なパートナーと協業することで変革を加速する取り組みをしていて、今回HIKKYと連携することにより、鉄道事業者として名古屋駅を舞台にバーチャルとリアルを連動させた新たな体験の創造や、今回のテーマである「NEXT Journey」に沿った新たな旅の価値向上に挑戦するとしています。

バーチャル名古屋駅がオープン

今回の出展では、実際の名古屋駅をメタバース上に再現した「バーチャル名古屋駅」が展開されます。

このコンテンツは東海エリア初となるメタバース上の駅で、構内では精巧に再現された

「リニア中央新幹線(L0系)」

「東海道新幹線(N700S)」

がホームに乗り入れ、来場者は乗車体験をすることができます。

その他にも構内に様々なコンテンツが出現し、実際の名古屋駅と連動した企画も計画されており、さらに「バーチャル名古屋駅」の一部は、HIKKYが独自に展開するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」により制作されるため、VRデバイスでなくてもスマホやPCなどから、リンクをクリックするだけで手軽に来場することができます。

イメージ

まとめ

今年12月に開催されるバーチャルマーケットに、JR東海が初の出展を決めています。

今回はパラリアル名古屋に、実際の名古屋駅を再現した「バーチャル名古屋駅」が展開され、精巧に再現された新幹線やリニアのモデルなど、様々なコンテンツや実際の名古屋駅と連動した企画が予定されています。

鉄道ファンも必見となりそうなコンテンツを、ぜひ体験しに行ってみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

The post Vket2022 WinterにJR東海が初出展!バーチャル名古屋駅オープン first appeared on VR Inside.

Copyright © 2022 VR Inside All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました