Googleで「ニール・アームストロング」と検索してみたら、そこにいた……

この記事は約2分で読めます。

9月13日(火)「Google検索」と「Google Arts & Culture」に、宇宙関連の3Dモデルが60種類以上追加されました。


(突如現実に現れたかのようなニール・アームストロングのARコンテンツ)

試しに、スマホのGoogle検索で「ニール・アームストロング」と入力してみましょう。すると「3D表示」というページが出てくるので選択。カメラが起動したらスマホを地面や床などの平面に向け、画面をタッチすると「ニール・アームストロングの宇宙服」が現実に出現したかのようなAR表示を見られます。


(地球)


(アポロ11号)


(国際宇宙ステーション)

他にも「地球」「月」「火星」「国際宇宙ステーション」など、宇宙関連の様々なワードを入れると、AR表示できる3Dモデルが表示されます。拡大縮小や撮影なども可能で、屋外だけでなく屋内でも好きなモデルを出現させられます。試しに検索してみませんか?

「Google Arts & Culture」には学生向けのコンテンツが登場

また「Google Arts & Culture」では、NASAの各ミッションの詳細が公開されていたり、太陽系を探検する要素も用意されているとのこと。国際宇宙ステーション(ISS)の情報や、海王星のダイヤモンドの雨についてなどの解説もあります。

今回のAR企画は、探検家を目指す次の世代の学生のために行われたものとのこと。NASAのSTEM担当副長官、クリス・ブラウン氏は以下のようにコメントしています。

太陽系やジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡のようなミッションを3Dで見ることで、生徒たちは宇宙についてユニークな視点を持つことができます。私たちの母なる惑星と宇宙における私たちの立ち位置について理解を深めてくれることを期待しています。

「Google Arts & Culture」は、世界 80か国、2,000 以上の美術館や博物館の作品、ストーリー、知識を提供しているプラットフォーム。NASA関連のコンテンツの他、美術館や博物館のバーチャルツアーなどを楽しめます。

「Google Arts & Culture」へのアクセスはこちら
https://artsandculture.google.com/?hl=ja

(参考)Google 公式ブログ

The post Googleで「ニール・アームストロング」と検索してみたら、そこにいた…… appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました