2022-09

未分類

Epic GamesとAutodeskが戦略的提携を発表。Unreal Engineへの高精度建築コンテンツ導入をより手軽に

9月28日、Epic GamesとAutodeskは戦略的提携を発表しました。本提携により、「Autodesk Revit」のユーザーはEpic Gamesによる「Twinmotion」への無料アクセスが可能となります。「Twinmotion」での作成物は、ゲームエンジン「Unreal Engine」に取り込めるため、Autodeskの得意分野である精巧な建築3Dコンテンツが、より手軽にVRゲームの世界に導入できる見込みです。 建築・施工業界へ「Unreal Engine」の間口を広げる提携 Autodeskは、建築・エンジニアリング・施工業界でのVR活用を主な事業とする企業です。3DCGソフトウェア「Maya」や「3ds Max」等を提供しています。2022年3月には、建築・デザイン向けXRプラットフォーム「The Wild」を買収しました。 本提携により「Autodesk Revit」のユーザーは、Epic Games提供の「Twinmotion」への無料アクセスが可能となり、さらに「Twinmotion」からゲームエンジン「Unreal Engine」へ簡単に制作物をインポートできるようになりました。 Epic Gamesのエコシステムは拡大の一途をたどる Epic Gamesは「Twinmotion」に関する最新のリリースで、ビルボードやビデオウォールなどの大型ディスプレイ向けのコンテンツに最適な最大64Kの超高解像度で画像やビデオをレンダリングする機能の追加を発表。併せて主要なWebモデリングプラットフォームである「Sketchfab」の統合も開始しており、ユーザーが高品質コンテンツを簡単に作成できる環境を整えています。 そのほか、Epic Gamesは、デジタルヒューマン作成ができる「MetaHuman」や3Dスキャンライブラリ「Quixel Megascans」、3Dスキャンアプリ 「RealityScan」など、数多くのクリエイター向けツールを提供しています。またオンライン学習コンテンツも公開しており、Unreal Engineを中心としたエコシステムへのクリエイター参入を促しています。 今後、両社は建築・エンジニアリング・施工業界やゲーム業界にとどまらない様々な分野の顧客向けツールを共同開発し提供していく予定です。 Auto..
未分類

XRテーマパーク運営のティフォン、サントリーと資本提携。「味覚や嗅覚のXR体験開発」目指す

9月28日、XRテーマパークを運営するティフォン株式会社の100%親会社である米TYFFON Inc.が、サントリーホールディングス株式会社と資本提携を行いました。サントリーからの出資金額および出資比率は非公開です。TYFFONは、サントリーが持つ知見を活用し、バーチャル空間で特に難易度の高い味覚・嗅覚の再現に取り組み、新サービスの開発を目指します。 味覚・嗅覚の再現へ、サントリーの知見を活用か TYFFON Inc.は米・デラウェアに拠点に置く、VR、AR、MRを用いたエンタテインメントの企画や開発を行う企業です。子会社であるティフォン株式会社は、VR体験施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」を運営しています。 本提携は、TYFFONが風、振動など視聴覚以外の感覚を取り入れたXR体験の追求を行う中で、「特に難易度の高い味覚・嗅覚にも挑戦したい」との背景から実施されました。サントリーは、「創業以来取り組んできたお酒や飲料の提供を通じて、新価値を創造する新たな開拓分野としてバーチャル空間を捉えている」とのこと。 両社は、サントリーが培ってきた飲食における知見を活用し、新たなサービス開発を目指します。 XRテーマパークのティフォンが「VRコンテンツ体験中の脳波データ有効性」実証調査、大阪・うめきた開発事業者らと Mogura VR News サントリーが北アルプスを3Dモデル化 1万枚以上の写真をもとに再現 MoguLive (参考)プレスリリース The post XRテーマパーク運営のティフォン、サントリーと資本提携。「味覚や嗅覚のXR体験開発」目指す appeared first on Mogura VR.
未分類

「Rec Room」の新システム「Rec Room Studio」発表 「Unity」からコンテンツを導入可できるように

ソーシャルVR「Rec Room」は、ゲームエンジン「Unity」で作成したコンテンツを、同プラットフォームで直接公開できるシステム「Rec Room Studio」を発表しました。 「Rec Room」はバーチャル空間内で他のユーザーとコミュニケーションできるサービスです。ゲームで遊んだり、音楽ライブに参加、コンテンツ作成など、さまざまな遊び方ができます。VRヘッドセットMeta QuestやPlayStation VRなどの他、スマートフォン(iOS/Android)でも体験可能です。6月末には、累計ユーザー数が7,500万人を突破したことが報じられました。 これまで「Rec Room」では、コンテンツを作成する際、プラットフォーム内のシステム「Maker Pen」を使用する必要がありました。同ツールでも基本的なコンテンツ作成は行えますが、本格的な制作ツールと比較すると、制限が多いというのが実情でした。今回の「Rec Room Studio」の登場で、制約が大幅に少なくなった形です。 発表によると、「Rec Room Studio」は「Blender」「Photoshop」「Maya」といったクリエイティブソフトにも対応するとのこと。これらのツールから3Dアセットを「RecRoom」側にインポートすることができます。 「Rec Room」には、クリエイターが獲得したゲーム内通貨を、現実のお金に換金できる機能が実装されています。今回の「Rec Room Studio」の登場は、開発サイドによる、クリエイティブ路線の明確化と言えそうです。開発ツールが“進化”した同プラットフォームで今後、どのようなコンテンツが生まれるのか。今後も注視しておく必要がありそうです。 ソーシャルVR「Rec Room」で、西部劇風の新コンテンツ「Showdown」が登場 MoguLive ソーシャルVR「Rec Room」、ゲーム内クリエイターが現金を得られるシステム実装 MoguLive (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。 The post 「Rec Room」の新システム「Rec Room Studio」発表 「Unity」からコンテンツを導入..
未分類

サンスポと競馬業界を盛り上げる女性VTuberオーディションが開催! VTuber経験は不問

9月27日(火)スポーツ新聞「サンケイスポーツ」とともに競馬業界を盛り上げる女性VTuberを募集する「ウマVプロジェクトオーディション」の開催が発表されました。応募期間は9月27日(火)から10月18日(火)。VTuber経験不問で応募できます。 「ウマVプロジェクトオーディション」は、競馬が近年、若年層から注目を集めていることを受け、より幅広い世代への競馬文化の浸透や馬事振興を目的に開催されます。 グランプリ受賞者は、イラストレーターの荻poteさん描きおろしのキャラクター(Live2D)でVTuberとしてデビューし、「サンスポ “競馬” アンバサダー」に就任。「サンケイスポーツ」「週刊Gallop」「競馬エイト」といった各情報紙や、国内最大級の総合予想サイト「サンスポZBAT!」への定期掲載が確約されます。また、VTuberプロダクション「MIKUCAN」への所属権も与えられます。 本オーディションはVTuber経験不問で参加できます。予選・決勝は配信アプリ「ミクチャ」でのライブ配信と動画投稿による審査に加え、コミュニケーションアプリ「ときめきVR」を用いた審査を実施。決勝にて選出されたファイナリストは、都内会場での最終面接へ進み、グランプリが決定します。 VTuber業界における競馬は、2020年に日本中央競馬会(JRA)とキズナアイさんのタイアップが実施されたのをはしりとして、2021年にリリースされたスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の大ヒットを受けて、同作をプレイする配信が流行しました。現実の競馬予想に挑戦するVTuberも現れたほか、ファンの間でも有志でVTuberの名前を冠する冠協賛レースが開催されるなど、競馬文化が浸透しつつあります。 キズナアイが東京競馬場に降り立つ! ジャパンカップ直前の特別映像公開 MoguLive 金沢競馬「げぼかわドラゴン生誕記念」が話題に レース名の由来は……? MoguLive オーディション概要 正式名称 ウマVプロジェクトオーディション 主催 株式会社DONUTS、サンケイスポーツ(株式会社産業経済新聞社) 応募条件 ・応募時点で満20歳以上の女性 ・日本在住で日本語をネイティブレベルで活用できる方(国籍不問) ・..
未分類

チェンソーマンが新宿駅前に現る!? クロス新宿ビジョンで特別な立体広告が公開

JR新宿駅東口の大型街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」にて、アニメ「チェンソーマン」の立体広告の放送が開始されました。 「チェンソーマン」は週刊少年ジャンプにて連載された漫画で、10月よりTVアニメが放送予定の作品です。今回チェンソーマン公式Twitterにて、クロス新宿ビジョンで放送される様子を公開。10月9日(日)まで、各日7:00〜25:00に放映されるとのこと。 【新宿に #チェンソーマン 登場!】 JR新宿駅東口 クロス新宿ビジョンでは今回のためだけに制作したビジョンを飛び出すチェンソーマンが登場! 10/9(日)まで各日7時〜25時で放映となります。 ※撮影の際は周囲の方のご迷惑にならないようお気をつけください。https://t.co/hFVRGikE55#chainsawman pic.twitter.com/GI7i2l0ht0 — チェンソーマン【公式】 (@CHAINSAWMAN_PR) September 26, 2022 新宿駅東口前のビル上部に設置された「クロス新宿ビジョン」では、湾曲したフォルムを活用し、さまざまな立体映像を公開しています。話題となった巨大な三毛猫が画面から飛び出しているように見える映像の他、NIKE、ポムポムプリン、トップガン、モンスターハンター、ポケモンGOなどの立体広告がこれまで放送されています。 飛び出す「新宿東口の猫」が第25回文化庁メディア芸術祭で受賞 特別版が現地で放映 MoguLive 新宿駅前でメル・ゼナが飛び出してきた!? モンハンの立体映像が登場 MoguLive 新宿駅の立体映像に「ポケモンGO」のコラボ映像が登場 “ニャ”と“ネコ”のつくポケモンが集結! MoguLive (参考)公式Twitter The post チェンソーマンが新宿駅前に現る!? クロス新宿ビジョンで特別な立体広告が公開 appeared first on Mogura VR.
未分類

VRゲーム体験イベント「VR GAME FESTIVAL」9月29日と30日に開催!

2022年9月29日(木)と30日(金)に京都国際マンガミュージアムで開催される「2022 VR GAME FESTIVAL」にて、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科3年生の製作したオリジナルVRゲームが出展されます。 展示されるのは同学科の”ゲームアプリプロジェクト”授業で制作した3本で、来場者はそれぞれを体験することができます。 京都精華大オリジナルVRゲームが展示へ 今回、京都精華大学デザイン学部ビジュアルデザイン学科3年生の製作したゲームが展示される「2022 VR GAME FESTIVAL」は、京都国際マンガミュージアムの多目的映像ホールにて開催されるイベントで、今月29日(木)と30日(金)の11:30~17:30に開催されます。 今回のゲームは、同学科のデジタルクリエイションコース3年生が出展しており、参加費は別途京都国際マンガミュージアムへの入場料が必要であるものの無料で、当日会場にて予約受付を済ませることで参加できます。 公式SNS(ツイッター) ゲームは授業の一環で制作 京都精華大によると、現在デザイン学部デジタルクリエイションコースでは、2年次から3年次にかけて3Dのデジタル技術を習得し、ゲームの企画・制作に取り組む授業を設けているとのことで、アナログゲームの企画と商品化を通じてゲーム作りの基本を学ぶのと並行して、3DCGやプログラミングや映像編集を学ぶ授業が準備されているということです。 その中で、3年次にはそれらの知識やスキルを活かし、チームでゲーム制作を行うプロジェクト型の授業があり、その一環として、制作したVRゲームを一般向けに公開・体験してもらえるイベント「VR GAME FESTIVAL」が開催されています。 ここでは同コースの学生たちが、 ・企画 ・コンセプトアート ・キャラクターデザイン ・CG ・プログラミング など個々の得意分野を活かし、VRやARゲームの企画制作から完成までを実践しています。 3つのゲームが体験可能 今回のイベントで展示されているVRゲームは3つで、体験者にはプレゼントも用意されています。 Range Notes このゲームは、全方位譜面の新感覚VRリズムゲームで、腕を動かすだけのカンタン操作でダンス気分が味わえます。 空間内はポップ&カラフル&クールな世界とな..
未分類

日本発の3Dアバター向けファイル形式VRM1.0が正式リリース&新機能解説動画公開

一般社団法人VRMコンソーシアムは、2022年9月22日、同法人が提している3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン1.0を正式にリリースしたことを発表しました。 また、9月23日には、同バージョンの新機能を紹介するVRMワークショップが生配信されました。 「VRM」とは? 「VRM」は、VR時代の3Dキャラクター・アバター使用を想定した、プラットフォームに依存しない日本発の3Dアバター向けファイル形式です。 2018年に開発されて以降、「バーチャルキャスト」や、3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」やメタバースプラットフォーム「cluster」など、様々なアプリケーションやサービスに対応してきました。 vrm.devより引用 VRMの特長 従来の3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加え、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を加え、環境により異なるスケールや座標系などを統一しています。 これにより3Dアバターが配信・ゲームなど様々なプラットフォームで使用することを可能にします。 また、人が操作して人格を演じるアバターの特性を考慮して、「他人が使用しても良いか」、「暴力表現をしても良いか」、などのアバター特有の権利までもファイルに埋め込むことが可能となっています。 今後の展開として、3Dモデルの権利保護の機能を兼ね備え、アイテムやアバターの着せ替え販売を実現するなど3Dモデルが流通する際の標準フォーマットを目指しています。 詳細:VRMの技術仕様 バージョン1.0について 今回リリースされた「VRM」 バージョン1.0は、現在広く使われているバージョン「VRM 0.x」の課題やエラーを修正し、必要される機能が追加されたたバージョン。 現時点では、Unity用ライブラリ「UniVRM」、「バーチャルキャスト」、3Dデータ共有サービス「THE SEED ONLINE」(一部制約あり)、3Dキャラクター投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」に対応しています。 新しくなったVRMのポイント バージョン1.0では、新機能が追加されたり、細かく設定ができるようになるなどの改善がされています。 また、この改善点や新機能について、ワークショップ形式でポイントの解説が9月23日にオンラインで実..
未分類

静岡県、点群データを使った台風15号被害報告書を公開。土砂崩れの土量比較や横断図も

静岡県は、台風15号によって9月24日午前に発生した三川地区の土砂崩れに関する、点群データを使った災害報告を公開しました。静岡県ではバーチャル空間に県の土地を再現する「VIRTUAL SHIZUOKA」の構築を目指し、点群データの取得とオープンデータ化を推進中。災害の規模や被災状況の把握を、迅速に進める手段として注目されています。 (画像: 内田建設&静岡県) 点群データを使って崩れた⼟量を⽐較、横断図も作成 今回公開されたのは、2022年9月に発生した台風15号による静岡県三川地区の土砂崩れ報告資料。三川地区では9月24日午前に、台風によって堤防が崩れる被害が発生しました。 (画像: 内田建設&静岡県) 静岡県の株式会社内田建設は、バリケード設置などの安全確保を実施した上で、土砂崩れの現況を計測しました。同社は静岡県のオープン点群データを使用し、崩れた⼟量⽐較資料や横断図を作成して県に報告。その後、内田建設の同意を得て、静岡県が災害報告資料を公開しました。なお、計測と解析に要した時間は3時間程度とのことです。 (画像: 内田建設&静岡県) 点群データの公開に際し、「VIRTUAL SHIZUOKA」担当の県職員杉本直也氏は、「二次災害の恐れがある中で、被災地に測量作業に立ち入ることは危険なため、安全確保の観点からも積極的にデータを活用してください」とコメント。現場状況をまとめたストリートビューも併せて公開されています。 バーチャル空間に静岡県の土地を再現、まちづくりや災害対策に活用 静岡県では、バーチャル空間に県の土地を再現する「VIRTUAL SHIZUOKA」を構想として掲げています。「まちづくりにおける合意形成の迅速化」や「災害への備え」、「まちの記憶としてのアーカイブデータ保存」などを目的とし、県の土地の3次元点群データの取得とオープンデータ化を進めています。 静岡県全土のオープンデータはこちらで公開され、随時更新されています。 災害発生から「デジタルツイン」活用へ現場はどう動いた?熱海土石流、分刻みの記録 Mogura VR News (参考)VIRTUAL SHIZUOKA(点群データを使った災害報告例)、VIRTUAL SHIZUOKA構想(20220118) The post 静岡県、点群デー..
未分類

学生の創意工夫に「未来のVR」を見る。VR作品制作コンペ「IVRC2022」SEED STAGE体験会レポ

学生チームによるインタラクティブ作品制作チャレンジ、「Interverse Virtual Reality Challenge 2022(IVRC2022)」が開催されています。触覚系や9月2日・3日の体験会で、審査を通過した作品が展示・発表(2日は大阪、3日は東京)。本記事ではその様子をレポートします。 バリエーション豊かなプロトタイプ・インタラクティブ作品展示 各作品はとにかくバリエーション豊か。一例として「究極の砂時計体験」という作品では、頭部の振動センサーで「頭から降ってくる砂」を、両足に通したビーズの上下移動で「足元にたまる砂」を表現。「スパイダーマン」のようにビルの間をワイヤーで飛び回れる「Pulled In The Air」では、胸部扇風機と腕への圧迫装置を取り付けて、「風と張力」を表現しています。 Oculus Touchコントローラーを取り付けたバットを振り回す「超次元VR野球」は、マンガでよくある「バットに当たったボールを打ち返すまでの”タメ”」を、同じくバットにつけられたゴムロープを引く力で表現。打ち返す瞬間にロープが解放され、かっ飛ばした快感を味わえました。 こんなところに竹馬が。これは「成長する竹馬」という名前の作品で、竹馬に乗った状態でVRヘッドセットをかぶる、という作品。VR内では「乗ってる竹馬が天高く伸びる」という演出が行われ、同時に手持ち部分に振動が伝わって「竹馬が伸びる」感覚が味わえる、スリル満点の作品です。 「ゴムを塗りつけた手袋」「バランスボール」「ロッキンチェアー」という異様な組み合わせが光るこの作品は「壁歩き体験~ヤモリになろう!~」。ゴムの塗られた手袋でバランスボールを転がすことで、吸盤のような手で移動するヤモリの世界を体験できます。「手があらゆる場所にひっつく」という独特な体験が、VRと合わさって「ヤモリになった!」という感覚を生み出していました。 これは「手んぷら」という作品。揚げるのはエビや野菜ではなく自分の手。振動する細かい発泡スチロールの粒で埋まったバケツは「油の入った鍋」で、ここに自分の右手を突っ込んで揚げます。VRで見ると本当に揚がっていてエキサイティング! 揚げ時間や揚げ方で出来栄えが大きく変動し、スコア化されるというゲーム的な要素もあります。筆者は揚げ時間の筋がよかったものの、手を動かしすぎ..
未分類

「にじさんじ」事業統括プロデューサーインタビュー ライバーたちが長く活躍し続けるために必要なこと

2022年上半期以降も躍進を続けるVTuberグループ「にじさんじ」。6月には運営会社であるANYCOLOR株式会社がVTuber事業を中心に据える企業として初めて東証グロース市場に上場し、大きな話題となりました。 MoguLiveでは今回、ANYCOLOR株式会社の国内VTuber事業統括プロデューサーを務める、鈴木貴都氏にインタビューを実施。上場後の動向と変化をはじめ、NornisやROF-MAOなどのユニット展開、注目度の高いメディアミックス作品「Lie:verse Liars」、そして開催間近の「にじさんじフェス 2022」まで、夏季の大きな動きの裏側に迫ります。 新しく間口を広げるために「VTuber」というワードを外す ――本日はよろしくお願いいたします。最初に「上場後、ANYCOLOR社の中で大きな変化はあったのか」からお聞かせください。 鈴木: コンテンツ制作やマネジメントの方針といった部分には影響はありません。ただ「我々の一挙手一投足が、経済系の新聞などのメディアでも扱われるようになった」といった変化は大きかったように感じます。 たとえばNornis(ノルニス)の発表があったときに、ティザームービーの報道が株式系の新聞やネットニュースにも掲載されたことは驚きでした。「我々の出したコンテンツが、今後はそういうところにも広まっていく」と思いつつ、普段ではリーチできないようなエリアに広がっていくのはプラスだと感じました。 にじさんじ新ユニット「Nornis(ノルニス)」始動! デビュー楽曲「Abyssal Zone」が発表 MoguLive ――Nornisは上場後まもなくのタイミングでサプライズ発表がなされ、SNS上でも大きな話題になりました。そもそもどのような経緯で生まれたプロジェクトなのでしょうか? (Nornis:町田ちま、戌亥とこ、朝日南アカネによる新ユニット。歌唱力に定評のあるメンバーで構成され、6月に発表された「Abyssal Zone」は、380万再生を突破している) 鈴木: やはり大きいのは「『にじさんじ』そのものに対する間口を広げたかった」というところですね。 例えば、ROF-MAO(ろふまお)がスタートしてからはにじさんじのバラエティ方面での活動の枠を広げられたと感じています。先日「..
未分類

【フォートナイト散歩】広がる幻想世界! ガラスと植物で彩られたクリエイティブマップに釘付け

世界中で大人気のバトルロイヤルTPS「フォートナイト」。大人数での対戦が注目されがちな本作ですが、実は国内外で、クリエイティブ系のコミュニティが精力的に活動しており、有名観光スポットを再現したマップや、皆でまったり過ごせるマップなどが数多くあります。 本記事では、「フォートナイト」のクリエイティブモードで制作されたマップの魅力を実際に観光しながら紹介。幻想的な美しさとファンタジーな雰囲気で満たされたフォトジェニックワールド「GLASS FLOWERS /きのこの森」を紹介します。 「GLASS FLOWERS /きのこの森」は、CHANOさん(Twitter名)が作成したスクリーンショット撮影を想定したマップ。ガラス作りの展示館、自然あふれるキノコの森、”ひまわりルーム”などで、写真を自由に撮影できます。 マップに入ると、まずガラス館の前にリスポーン。施設の周囲は庭園が広がっており、不思議なバブルや水晶のような柱の見える水辺や、ガラスのハスと思われる植物で満たされた池など、見所満載のフィールドとなっています。 不思議の国のアリスを思わせるティースペースもありました。フレンドとお茶会を楽しむような写真を撮るのも楽しいでしょう。ただ、周囲を徘徊しているオオカミは襲ってくるので、アングル調整で移動する際はご注意を。 このエリアのメイン、”ガラス館”は3階建ての建物で、中にはバラと思われる植物が植えられた花壇と、花びらのような大きなアートオブジェが設置されています。1階の床は異国情緒を感じる、白と青のタイル貼りとなっており、涼しげな雰囲気。また3階はガラスフロアとなっており、また違った目線で内部を見られます。 筆者は記事に使うSSの撮影のため、この建物内を長時間ウロウロしていたのですが、桃色がかった光で照らされる室内がとにかく美しく、何度も操作を止めて見入ってしまいました。マップ内でも特にオススメできるスポットです。 リスポーン地点からは、「ひまわり×ストライプ」「きのこの森」「October撮影セット」といった”サブマップ”にも移動可能。 「ひまわり×ストライプ」は、文字通りストライプの壁紙の部屋にヒマワリが設置された非常にコンパクトな場所で、本当の意味で撮影スポットといった趣きです。夏らしいイメージで撮りたい際に、うってつけの場所となっています。 「O..
未分類

​​米小売大手ウォルマート、「Roblox」に2つのバーチャルワールドをオープン。子ども向けおもちゃの年末商戦に活用

9月26日、米小売大手のウォルマートは、ゲームプラットフォーム​​「Roblox」に2つのワールドを開設しました。ワールド内では日本でも人気の高い「L.O.L. サプライズ!」「ジュラシックワールド」「パウ・パトロール」などの製品やキャラクターを使ってプレイ可能。年末のホリデーシーズンに向けて、バーチャル空間を玩具プロモーションに活用する意図があるようです。 企業の広告塔として存在感を強める「Roblox」 ​「Roblox」はプレイヤー自身がゲームを制作したり、他のプレイヤーが作ったゲームを遊べるプラットフォームです。ここ数年で大きな成長を遂げており、日間ユーザー数(DAU)は5,400万人を突破しています(Statista調べ)。ユーザー層の大半を24歳以下が占めていることから、若年層へのPRを目的とした企業コラボが続々と進んでいます。最近では、セガの人気シリーズ「ソニック」の公認ミニゲームのリリース、Burberry(バーバリー)やGAPなどのファッション分野とのコラボ企画やゲームなどが発表されています。 Robloxで遊べるSEGA公認「ソニック」ゲームの累計プレイ回数が5億回に到達! 今年最も遊ばれた作品のひとつに MoguLive 「Roblox」へのファッションやコスメブランド進出続く。バーバリーやNARSら、若年層へのPR狙う Mogura VR News 大手アパレルGAPが「Roblox」にバーチャルブティックなどをオープン! MoguLive 「次世代」に向けた、大規模な玩具プロモーションを行う ウォルマートがオープンしたのは、「Walmart Land」と「Walmart’s Universe of Play」と名付けられた2つのワールド。 「Walmart Land」では、アバターのためのバーチャルアイテムショップや物理法則を無視して世界を俯瞰できる観覧車、仮想音楽フェスティバルなどを体験できます。このフェスでは、Madison Beer、Kane Brown、YUNGBLUDなどのアメリカの人気アーティストが出演するモーションキャプチャー・コンサートが開催される予定です。 「Walmart’s Universe of Play」で..
未分類

にじさんじ緑仙 FMラジオ「AuDee CONNECT」パーソナリティ選出、Palette Project 2nd ワンマンライブ決定【VTuberデイリーニュース2022 9/26号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 にじさんじ緑仙 FMラジオ「AuDee CONNECT」パーソナリティ選出 にじさんじの緑仙さんが、FMラジオ番組「AuDee CONNECT」の火曜日パーソナリティに選出されました。2022年10月放送分からラジオMCとして登場します。 「AuDee CONNECT」は、TOKYO FM・FM大阪をはじめ全国JFN系列34局で地上波放送中のFMラジオ番組。 歌うことが好きな緑仙さんが、ミュージシャンやクリエイターといったゲストを迎えてトークをしたり、新旧様々な楽曲の魅力をピックアップしたりと、音楽を中心としたカルチャーをメインに放送するそうです。 (参考)ANYCOLOR株式会社 プレスリリース Palette Project 2nd ワンマンライブ決定 バーチャルアイドルグループ「Palette Project」が、2ndワンマンライブ「Crossing for the Rainbow」を12月30日(金)に開催することを発表しました。会場は新宿住友ホールで、その他の詳細は随時公開されるそうです。 「Palette Project」は、「バーチャルをもっと“リアル”で色とりどりに」をテーマに活動する8人組バーチャルアイドルユニット。メンバーは王道アイドル系の「Altimate!!」、メタル系の「REGALILIA」、シティポップ系の「Sputrip」という3つのユニットとしても活動しています。 (参考)株式会社 Brave group プレスリリース にじさんじ夢追翔 新曲「人間じゃないよな」リリース にじさんじの夢追翔さんが、自身が作詞・作曲・歌唱を行うオリジナル楽曲「人間じゃないよな」をリリースしました。各種音楽配信サイトにて配信が開始しており、ミュージックビデオも公開されています。 夢追翔さんはこれまでにも、自身が作詞・作曲・歌唱を行う楽曲9曲を収録した1stアルバム「絵空事に生きる」を発表しています。 「人間じゃないよな」の配信先はこちら。 (参考)夢追翔 Twitter The post にじさんじ緑仙 FMラジオ「AuDee CONNECT」パーソナリティ選出、Pal..
未分類

「XR Kaigi 2022」学生限定キャンペーン開始! 抽選100名無料招待&クーポンプレゼント

2022年12月に開催予定のXR・メタバースカンファレンス「XR Kaigi 2022」で、学生を対象とした2つのキャンペーンが実施されます。キャンペーン開始は10月1日から。 XR KaigiはXR領域に挑戦する開発者やクリエイター同士のコミュニケーションの活発化を目的に行われるカンファレンスで、これまで数多くのVR関連企業やエンジニア、有識者が参加しています。今年はオンライン、オフラインを組み合わせたハイブリッド型のイベントになる予定で、学生の方を対象としたオンライン・オフラインのサポートが用意されています。詳細は下記の通りです。 オフラインイベントに抽選で100名無料招待 株式会社ティーアンドエスのクリエイティブファーム「THINK AND SENSE」の後援により、12月22、23日開催の「XR Kaigi 2022」オフラインイベントに抽選で100名の学生を無料招待します。 今回のXR Kaigiオフラインイベントでは、デバイスや新たな技術などを体験できる出展ブースに加え、アワードや交流イベントなどリアルイベントならではのコンテンツを展開します。また、関東圏外から参加する一部の日本国内在住の学生の方(100名内20名の予定)には渡航費(交通費・宿泊費)も全額サポートされる予定です。 THINK AND SENSE プロデューサー稲葉繁樹さんメッセージ コロナが蔓延する世の中になり、学生と社会の分断について私たちはとても心を痛めています。このXR・メタバースという新たな産業はまだ創世記であり、若い皆さんへのチャンスは大きくある未来的で前向きな産業です。学生みなさんのこれからの人生に少しでも良いきっかけになればという想いでこのキャンペーンをMogura社の久保田社長と企画し、実施いたします。学生の皆さん是非ご応募ください! キャンペーン概要 ・エントリー期間:2022年9月27日(火)~2022年10月31日(金) ※抽選結果の通知は11月8日(火)前後を予定 ・エントリー条件:現在学生の方(高等学校、大学、大学院、専門学校、高専) ・エントリーフォーム:https://bit.ly/3R10zXL 先着500名 オンラインチケットが500円になるクーポンをプレゼント 12月14〜16日の3日間で開催されるオンラインイベントで、より多くの学生の方..
未分類

にじさんじ所属VTuber参加の「Lie:verse Liars」コミック作品連載開始!

9月27日(火)、メディアミックス作品「Lie:verse Liars(リーバース・ライアーズ)」の、コミック作品連載が開始しました。商業誌「月刊コミックアライブ」、およびWebコミックサイト「アライブ+」「ニコニコ漫画」にて掲載されます。 「Lie:verse Liars(リーバース・ライアーズ)」は、VTuber/バーチャルライバーと融合した作品を創出していくプロジェクトとして、KADOKAWAとBALCOLONY.に加え、にじさんじを運営するANYCOLORが3社共同事業で手がけるメディアミックス作品です。 コミック作品「Lie:verse Liars 偽想廻明」の著者は小町さんぺいさん。キャストとして、声優の石井孝英さん、江口拓也さん、にじさんじからは健屋花那さん、物述有栖さん、加賀美ハヤトさん、シェリン・バーガンディさん、鈴木勝さん、えるさん、周央サンゴさん、オリバー・エバンスさん、叶さんが出演します。 「Lie:verse Liars 偽想廻明」は、商業誌「月刊コミックアライブ」、およびWebコミックサイト「アライブ+(コミックウォーカー内)」「ニコニコ漫画」にて連載が開始。8月17日(水)からはノベル作品「Lie:verse Liars 俺たちが幸せになるバッドエンドの始め方」が、オンライン小説サイト「カクヨム」にて連載中です。 「アライブ+」掲載ページはこちら。 https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF02203174010000_68 作品概要 イントロダクション 《神隠し》という奇妙な噂がSNSで囁かれる、地方都市《森浜市》。 ありふれた日常を安穏と過ごしていた高校生・時任廻だったが、ある日、天真爛漫な幼なじみ・姫川沙希が不可解な失踪を遂げた。 数日後、沙希の行方の手がかりは見つからず、後悔の念が頭から離れない廻の目の前に、突如として空間に『ひび割れ』のようなものが出現する。それに触れた瞬間、廻は誘われるようにして、この街の裏側にあるという<>へと身を投じていく――。 ――これは、数々の超常的な現象が巻き起こる<>において、<>と呼ばれる異能の若者たちと関わりながら、ひとりの少年が大切な人を救い出すため、『変われない』自分を『変えようとする』物語。..
未分類

【ポケモンGO】「ファッションウィーク」開催! 「シルクハットディグダ」などと出会えるチャンス!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、2022年の「ファッションウィーク」が開催されています。 2022年の「ファッションウィーク」の開催期間は、10月3日(月)午後20:00まで。期間中は、「ヒドイデ」と「ドヒドイデ」が「ポケモンGO」に初登場します。イベントの詳細は以下の通りです。 ・ヒトデナシポケモンの「ヒドイデ」と「ドヒドイデ」が初登場。 ・「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったダグトリオ」「サングラスをつけたアブソル」「後ろ向き帽子をかぶったドクロッグ」が出現。 ・イベント期間中、「ファッションウィーク」がテーマの「タイムチャレンジ」が実装。達成すれば、リワードとして道具が獲得できるほか、「シルクハットをかぶったディグダ」「サングラスをつけたアブソル」「後ろ向き帽子をかぶったドクロッグ」と出会えます。 ・イベント中に「GOスナップショット」を撮影すると、“ファッショナブルなポケモン”が出現します。 ・期間中は、以下の野生ポケモンがいつもより多く出現:「髪飾りをつけたバタフリー」「ヤミカラス」「ニャルマー」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」「首飾りをつけたシ ママ」「ゴチム」「プルリル(メス)」「トリミアン」「ヒドイデ」。 運が良ければ、「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったキルリア」「サングラスをつけたアブソル」とも出会えます。 ・以下のポケモンが「レイドバトル」に登場 1つ星レイド:「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったコリンク」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」 「ズルッグ」「トリミアン」 3つ星レイド:「髪飾りをつけたバタフリー」「シルクハットをかぶったキルリア」「サングラスをつけたアブソル」「ヒドイデ」 伝説レイドバトル:「イベルタル」 メガレイド:「メガミミロップ」 ・7kmタマゴから以下のポケモンが出現:「シルクハットをかぶったディグダ」「リボンをつけたムチュール」「シルクハットをかぶったコリンク」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」 ・イベント限定の「フィールドリサーチ」のタスクをクリアすると、以下のポケモンと出会えます:「イーブイ」「ヤミカラス」「エネコ」「ニャルマー」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」「首飾りをつけたシママ」「トリミアン..
未分類

XR/メタバースがテーマのテックカンファレンス「XR Kaigi 2022」、出展社発表第一弾! 早割チケットの締め切り迫る

株式会社Moguraは、12月に開催される「XR Kaigi 2022」の出展社一覧を発表しました。大手から新興企業まで幅広く出展社がリストアップされており、10月以降には基調講演、登壇者、追加出展社の発表も予定しています。 「XR Kaigi」は、「つながり、共有し、高め合う」を目的として開催されてきたXRカンファレンスです。XRという新たな領域に挑戦する開発者・クリエイター同士がコミュニケーションをとり、ノウハウを共有し、そして来るべき未来に向けて、業界全体で盛り上がるイベントを目指し、2019年より様々な方式で開催してきました。 2022年は「Create Everything(なんでもつくろう)」というキャッチコピーを掲げ、昨年のオンライン・オフライン“ハイブリッド型”方式を継承し、今年はBtoB向けの体験型展示会「Meet XR」と合同開催し、オフラインのフロア面積を大幅に拡張しての開催となります。 参加チケットの購入は公式サイトより可能です。 出展社第一弾がついに発表! 応募締め切りは9/30(金)まで 今回発表されたのは、12月22日、23日の2日間にわたり開催するオフラインイベントに出展する企業・団体の一部。「XR Kaigi 2022」オフラインイベントのメインコンテンツです。XR Kaigiフロア、Meet XRフロアを設け、様々なXR・メタバースの事例や技術を紹介予定です。 出展社募集締め切りは9/30(金)。締め切り前日の9/29(木)16:00〜16:30には、出展検討中の企業に向けての説明会を実施します。出展検討説明会の詳細は、こちらのリンクから。 一覧(順不同・敬称略) ソニー株式会社 パナソニック株式会社 株式会社Shiftall THINK AND SENSE 株式会社ナイアンティック 日本マイクロソフト株式会社 アップフロンティア株式会社 株式会社日本HP 株式会社ハシラス レノボ・ジャパン合同会社 デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ヤマハ株式会社 株式会社ホロラボ 株式会社Synamon TD SYNNEX 株式会社 株式会社 エルザ ジャパン 株式会社CharacterBank モバイルスキャン協会 curiosity, inc. あまた株式会社 NPO法人バーチャルライツ Beyond the Fra..
未分類

日本市場は「かなり特殊」で「これからもっと面白くなる」。Metaの広報担当者に聞くVRコンテンツ戦略と今後【TGS2022】

9月に行われた「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」に初出展したMeta。ブースにはVRヘッドセット「Meta Quest 2」を体験するために多くのユーザーが並び、活気ある様子を見せていた。 一方で2022年の8月以降、円安やインフレ等に伴うMeta Quest 2の値上げが発表され、さらに日本国内ではメタバースサービス「Horizon Worlds」は現状未展開。今もなおMeta Quest 2自体の売り上げは、VRヘッドセットの中では群を抜いて高いものの、今後日本市場でどのようにVRサービスを展開していくのかはやや見えづらい状況でもある。今回はTGS2022開催中に、MetaのHead of Japan and Korea Strategic Contenc Publishingを担当する池田亮氏、およびFacebook JapanのReality Labs Communication Managerの吉本妙子氏に直接取材。コンテンツ戦略や日本市場の現況について話を深く聞いた。 スタジオの動きは順調、開発ノウハウの共有にも意欲アリ ——Metaが提携・買収したスタジオのコンテンツ開発やリリース状況について教えていただけますか。例えば「Beat Saber」ではダウンロードコンテンツ(DLC)が継続的にリリースされ、非常に順調なように思われます。他スタジオの新規タイトルについてはいかがでしょう? 池田亮氏(以下、池田): スタジオコンテンツが順調なのは間違いありません。リリース予定のタイトル等については、残念ながら現段階でお伝えできることはないのですが、各スタジオは非常に明確なミッションを持ってコンテンツを開発しています。それぞれのスタジオは「Metaのスタジオが作るとこんなVR体験ができる、クオリティの高いコンテンツが作れる」と示してくれるようなチームだと思っています。ハードコアなコンテンツだけでなく、カジュアルなものも作っています。 ——他の開発者のベンチマークになるようなものが作れていると。 池田: そうですね。開発者の皆さんとは、「どういう機能や表現、ゲーム性にすればQuest 2ならではの遊び方や体験を提供できるのか」を常に考えてコミュニケーションをとっています。 ——ありがとうございます。続いて「App Lab」の現状について..
未分類

【ピクミン ブルーム】ウィークリーチャレンジ「2万本の花植え」が登場

スマートフォン向けARゲーム「Pikmin Bloom(ピクミン ブルーム)」のウィークリーチャレンジに、チャレンジ内容やリワードの変更が導入されました。 今回の変更後、ウィークリーチャレンジのお題とリワードは、不定期に変更されるようになるとのこと。9月26日(月)の週は、「2万本の花を植える」がお題となり、リワードは、季節の花(ヒガンバナ)を含む4種類の花びらとなっています。 得られる花びらの枚数は、チャレンジ終了時の星の数によって決まるそうです。ゲーム内のお知らせでは、毎週月曜日にお題に変化があるか、チェックを行うことが推奨されています。 9月26日(月)以降、毎週の #ウィークリーチャレンジ のお題やリワードの内容が不定期に変わるようになります。詳細については、アプリ内お知らせをご覧ください。 — Pikmin Bloom Japan (@PikminBloom_jp) September 25, 2022 Copyright ©️ 2021 Niantic, Inc., Pikmin and Mii Characters / Artwork / Music Copyright © 2021 Nintendo. All Rights Reserved. (参考)ピクミン ブルーム 公式Twitter The post 【ピクミン ブルーム】ウィークリーチャレンジ「2万本の花植え」が登場 appeared first on Mogura VR.
未分類

バンタンアカデミー生徒が開発のVRゲームを発表!TGS2022

2022年9月15日(木)~18日(日)に幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」にて、バンタンアカデミーの生徒の開発した体験型VRゲームが発表されました。 このゲームはKATVR JAPAN株式会社EGと協業して開発されており、VR空間を自分の足で歩ける歩行型VRデバイス「KATWALK mini S」が使用されています。 バンタンアカデミー生徒が開発のVRゲームを発表 今回、ゲーム・eスポーツ・アニメ・ノベルの専門スクール”バンタンゲームアカデミー”の生徒たちが、KATVR JAPANとの協業で新たなVRアクションゲーム「LAST RESORT」を開発し、今月15日~18日に行われたTGS2022で出展・発表しています。 このゲームは ・超能力を得た主人公が怪獣から街を救う という内容になっていて、歩行型VRデバイス「KATWALK mini S」を使用。 プレイヤーは自らの足でVR空間を自由自在に歩き、走ったり撃ったりといった本格的なアクションが体験できます。 開発メンバーの希望によりコラボが実現 ゲーム開発者などを目指すメンバーが通うバンタンゲームアカデミーでは、様々な企業と協業することによって最新技術を駆使したゲーム開発を行っています。 同アカデミーによると、今回のKATVR JAPANとの協業は、 「実際に自分の体でVR空間を体験出来るVRデバイスをゲームで使用してみたい」 という開発メンバー(生徒たち)の希望により実現したということで、これを実現させるために室内用の歩行型VRデバイス「KATWALK mini S」が使用されています。 このデバイスは2021年に発売され、東京タワーのeスポーツ施設を初めとする全国9箇所でしか取り入れられていない最新のVRデバイスで、開発したゲームではプレイヤーがヒーローとなり、街を襲うモンスターを倒すアクションゲームとなっています。 メンバー総勢23人で約3カ月かけて制作されており、TGS2022ではゲーム会社やメディア・一般来場者に披露され、会期中は試遊する人の列が出来るなど多くの人の注目を集め、 「迫力やクオリティがすごい」 「期待を裏切らない面白さだった」 などの高評価を得ています。 開発メンバーやKATVR JAPANからのコメントを公開 今回のゲーム..
未分類

NVIDIAが「Omniverse Cloud」サービス開始。クラウド上でデジタルツインの設計等を可能に

NVIDIAは、産業用メタバース構築・運用クラウドサービスである「Omniverse Cloud」の提供を9月20日より開始しました。本サービスでは複数のプログラムが提供され、クラウド上でのデジタルツインや3Dコンテンツ制作、オブジェクトのテスト運用や公開などが可能。個人、法人、開発者のコラボレーションを可能にする「メタバースクラウドプラットフォーム」を目指します。 「Omniverse Cloud」とは 「Omniverse Cloud」は、クラウド上でデジタルツインや3Dコンテンツを設計、公開、運用、体験などができるプラットフォームです。ローカルのPCに大きな負荷をかけずに仮想空間内のデータやコンテンツを作成できるため、NDIVIA初のSaaS、及びIaaS 製品として公開されました。 用途別に多数のプログラムが提供されている 「Omniverse Cloud」には、用途別に多くのプログラムが用意されています。 例えば「NVIDIA DRIVE Replicator」は自動運転車両のテストと検証、「NVIDIA Isaac Sim」はロボットのトレーニングやテストが可能です。デジタルツインは現実空間と同じ物理環境を構築できるため、自動運転のテスト運転や産業用ロボティクスの生産ライン検討などで利用が見込まれています。NVIDIAによると、電気自動車メーカーのRimacは、「Omniverse Cloud」を使用して、設計からマーケティングまでのエンドツーエンドの自動車パイプラインを提供している、とのことです。 またクラウドの特性を活かし、チームメンバーがどこにいても3Dコンテンツを保存、共有、ライブ編集できる「NVIDIA Omniverse Nucleus Cloud」や、物理的に正確な3D合成データを生成、検証できる「NVIDIA Omniverse Replicator」なども提供されています。 「Omniverse Cloud」の利用には、「NVIDIA A10G Tensor コアGPU」が一部必要になるとのことです。 NVIDIAらがVRクラウドレンダリングサービスをデモ展示、超高解像度VRとタブレットで複数人数体験可 Mogura VR News 独シーメンスとNVIDIA、産業向けメタバース..
未分類

正攻法は「まだ存在しない」。だから、MyDearestのVRゲームづくりはおもしろい──大手企業からジョインした3人が振り返る挑戦の日々

急速に拡大する世界のVRゲーム市場。2021年には222億ドルだった市場規模は、2027年までに約5倍の1,064億ドルに達すると予想されています。VR領域も、“戦線”を拡大するゲーム市場において、また一つの戦場となりつつあるのです。 しかし、コンシューマーゲームやスマートフォンゲームと異なり、VRゲームはヘッドマウントディスプレイなどの使用が前提。「これまでの経験」が通用しないVRゲームの制作は、既存領域で成功を収めた大手企業であっても進出は簡単なことではないでしょう。 「だからこそ、挑戦のしがいがある」──そう語るのは、これまで『ALTDEUS: Beyond Chronos』や『東京クロノス』といったVRゲームを世に送り出してきた、MyDearestのみなさん。2016年4月に創業、オリジナルIPのVRゲームを中心に開発する“エンターテインメントスタートアップ”として、すでに累計15億円以上の資金調達を実施するなど、勢いに乗る企業です。 社員には、大手企業からMyDearestへジョインしたメンバーもいます。今回はそんな経験を持つ3名に、VR領域へ飛び込んだ理由をはじめ、「MyDearestならでは」のやりがいを聞きました。 お招きしたのは、モーションディレクター兼テクニカルアーティストを務める大沼勇輝氏とUIデザイナー・本山愛子氏、グラフィックスエンジニア・山本順也氏です。 MyDearestのファン「だったわけではない」3人が入社を決めた理由 ──まずは、みなさんがMyDearestに入社したきっかけから教えてください。 大沼:スカウトがきっかけです。僕は複数の大手企業で経験を積んだ後、50人規模のベンチャー企業に飛び込みました。その後、2021年の年末ごろから転職を見据えて動こうと考えていたところ、スカウトサイト上で岸上(※MyDearest代表取締役CEO 岸上健人氏)からメッセージをもらいまして。 ただ、その時点ではMyDearestの社名すら知らなかったんですよね。とりあえず、話を聞くつもりで何度か面談を重ねるうちに引き込まれて、2022年の2月に入社しました。 本山:私は「VRゲームを手掛けたい」という想いから、MyDearestを選びました。前職は大手のゲーム開発企業で一度はVRゲームのプロジェクトに関わったのですが、以降なか..
未分類

【ポケモンGO】レベル38のプレイヤーが新ポケストップを申請できない不具合などが修正

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サポートページで、最新バージョン(0.249)の更新内容が公開されています。 公式サイトによれば、iOS版では、最新版は「バージョン0.249.1」と表示されるとのこと。主な更新や不具合修正の詳細は以下の通りです。 変更点 リーグ選択ページで「スケジュールを見る」をタップすると、GOバトルリーグの”コンバットスケジュール”を見ることが可能に。 主な不具合の修正 ショップで一部のポーズが画面外に出てしまう不具合を修正。 アバターがポケモンを持っているときでも、アバターの小道具が手に残ったままになる不具合を修正。 フレンドバトルの再戦を終了する際に、ソフトロックが発生する不具合を修正。 レベル38のプレイヤーが新しいポケストップを申請できないバグを修正しました。 アプリを起動した際に、マップの読み込みが遅くなったり、読み込みに失敗したりする不具合を修正。 バージョンアップで実施された変更や不具合解消の詳細はこちら(記事執筆時点では英語表記) https://niantic.helpshift.com/hc/ja/6-pokemon-go/faq/3625-0-249-release-notes/?p=web&l=ja ©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995–2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. (参考)ナイアンティック 公式サイト The post 【ポケモンGO】レベル38のプレイヤーが新ポケストップを申請できない不具合などが修正 appeared first on Mogura VR.
未分類

分散コンピューティングのHadeanが3,000万ドルを調達。メタバースのインフラ構築事業強化へ

9月23日、英国の分散型空間コンピューティングスタートアップであるHadeanが、3,000万ドル(約43億円、2022年9月26日時点)の資金調達を実施しました。これにより、同社の累計調達額は約6,600万ドルに達しました(Crunchbase調べ)。今回得られた資金は、「拡張性、相互運用性、安全性のすべてが備わったメタバース構築の技術開発」に使用される予定です。 本調達は、シリーズAラウンドで実施されました。Molten Ventures(旧Draper Esprit)が主導し、2050 Capital、Alumni Ventures、Aster Capital、Entrepreneur First、InQtel、Epic Games、Tencentが参加しています。 なおEpic Gamesは、自社の開発援助基金である「Epic MegaGrant」から資金を提供。「Epic MegaGrant」は、ゲームエンジン「Unreal Engine」を使用、もしくは関連しているプロジェクトに対する資金援助を目的としています。 分散コンピューティングで数百人規模の同時プレイを可能にする Hadeanは、2015年創業の英国ロンドンを拠点とするスタートアップ。分散コンピューティング技術を開発しています。 (※分散コンピューティング: 複数台のコンピュータを使用して何らかの処理を分散させ、その処理結果をネットワークを介して共有する手法。狙いとしては、主に「単体のコンピュータで処理するよりも処理速度を向上させること」が挙げられる) 同社は分散コンピューティング技術を用いて、大きな計算能力を必要とするソフトウェアをサポート。インターネットを介したゲームを複数人でプレイする際に生じるラグや、プレイヤーの人数制限などの問題を回避します。この利点から、Hadeanが開発した空間シミュレーションプログラムは主要なゲームエンジンやゲームと統合されています。人気サンドボックスゲーム「Minecraft」もそのひとつです。 あらゆる分野に技術を拡大、メタバースのインフラ構築にも取り組む Hadeanによると、「分散コンピューティング技術は、『過剰なミドルウェアやオーケストレーション、過剰なエンジニアリング』を排除し、要求に応じてリソースを自律的に増減、適正な割り当てを行い、ソフ..
未分類

VTuber主演の3Dショートアニメ「でんでんの電脳電車」が地上波放送決定!

VTuber主演の3Dショートアニメ「でんでんの電脳電車」が2023年4月に地上波放送されると発表されました。 本作は不思議な電車の中で繰り広げられるクスッと笑える会話劇のようなショートアニメで、VTuber獅子神レオナとユプシロンが本人役としてW主演を務めます。監督・脚本は、映画「渚に咲く花」の劇場公開を11月に控える松田圭太が担当しています。 また、本作に登場するキャラクター「でんでん’s」のオーディションも実施中です。オーディションの詳細・エントリーはこちら。 https://3danime-v.chet.com 「でんでんの電脳電車」詳細 ・タイトル:3Dショートアニメ「でんでんの電脳電車」 ・放送時期:2023年4月〜6月(全12話) ・放送局:後日発表 ・出演 : 獅子神レオナ、ユプシロン、他 ・監督/脚本 : 松田圭太 ・製作委員会 : STUDIO HUIT / CHET Group ・協力 : ポニーキャニオン あらすじ 乗り込んだその電車は、壁が喋る、窓が命令する、不思議な電車。 車掌であり、電車の精霊「でんでん ‘s」が運転する車内で繰り広げられる、バーチャルな存在だからこその”なんでもアリ”に、それとは真逆の人間臭いトーク。 「あるある」を織り交ぜつつも有り得ない展開で、くすっと笑えるショートアニメ。 出演 ・獅子神レオナ(本人役) Re:AcT所属のVTuber。 こんにちは、こんばんは、おはようございます!獅子神レオナです! 歌うことが大好きで自身の歌でみんなを元気にしたいと思っている。 歌にゲームにイラストに、日々多彩な活躍を見せてくれる。 ゲーム実況はAPEXをメインに様々なゲームをプレイしているが、ホラーゲームが苦手である。 <YouTube> https://www.youtube.com/channel/UCB1s_IdO-r0nUkY2mXeti-A ・ユプシロン(本人役) 少年のような少女のような歌声を持つVsinger。 性別・年齢・正解の〝概念〟を失い、音楽を通じて欠けたものを探している。 作詞作曲を自身で行い、VOCALOID楽曲の投稿や、他アーティストへの楽曲提供も行う。変わった角度から描く、哲学的な歌詞には定評がある。 クールなクリエイターに見られるが、かなりの天然で、やらかしエピソードは多数。 ..
未分類

Mogura VR News 読者アンケートのお知らせ

Mogura VR Newsでは、今後メディアを改善するにあたり、読者の皆さまの声をいただきたく、バーチャル領域(VR、AR、MR、メタバースなど)に関するアンケートを実施いたします。 10分程度のアンケートとなりますので、ご協力いただければ幸いです(※なお、このアンケートにおける回答は株式会社Moguraのプライバシーポリシーに準拠して取り扱われます) 回答いただいた方からは抽選で、以下のプレゼントをお渡しいたします。 Amazonギフト券1000円(抽選で40名様) 編集長すんくぼが共著した「メタバース未来戦略」(日経BP社)メッセージ付き単行本版(抽選で10名様) 応募を希望される方は、回答フォームの最後にて、送付先となるメールアドレスをご記入ください。 回答フォームは以下のURL(アンケートツールのSurveyMonkeyを使用しています)から。 https://jp.surveymonkey.com/r/moguravr20022 The post Mogura VR News 読者アンケートのお知らせ appeared first on Mogura VR.
未分類

【お知らせ】MoguLive読者アンケートのお知らせ

いつも MoguLiveにアクセスいただき、ありがとうございます。今後よりメディアを改善していくために、読者の皆さまの声をいただきたく、VRやVTuber、メタバースなどに関するアンケートを実施します。アンケート回答時間はおよそ10分です。 本アンケートに回答いただいた方にはプレゼントをお渡しします。プレゼント内容は下記のとおりです。 1.Amazonギフト券1000円(抽選で40名様) 2.編集長すんくぼが共著した「メタバース未来戦略」(日経BP社)メッセージ付き単行本版(抽選で10名様) 応募を希望する方は、アンケート末尾にある項目に送付先となるメールアドレスをご記入ください。応募を希望しない方は空欄のままでご回答ください。抽選結果は11月上旬に、通知は賞品の送付もしくは事務局からのご連絡をもって代えさせていただきます。 なお、このアンケートにおける回答は株式会社Moguraのプライバシーポリシーに準拠して取り扱われます。 回答フォームはこちら。 https://jp.surveymonkey.com/r/moguravr20022 ご協力、何卒よろしくお願いいたします。 The post 【お知らせ】MoguLive読者アンケートのお知らせ appeared first on Mogura VR.
未分類

中国Picoが新一体型VRヘッドセット「Pico 4」発表、ローソンがアバター接客を導入 ー 週間振り返りXRニュース

「週間振り返りXRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VRやAR、MR、そしてメタバースに関する最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1. 小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから 2. ローソン、コンビニでアバター接客を導入 人手不足や深夜の就労対策(9.22) 3.EUがメタバース規制の検討か? 欧州委員会が文書発表、委員が計画案をブログで論じる(9.21) 4.触覚デバイス開発のHaptX、2,300万ドルを調達。次世代製品の開発や商業化加速(9.20) 5.Googleが画像1枚から3Dモデルを生成する「LOLNeRF」研究成果発表、より高精度に進化(9.21) 小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから(9.22) 9月22日(木)、Picoはコンシューマ市場向けに、新たな一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズを発表しました。両目解像度4K(※片目あたり2K)、本体重量は295g。高解像度と軽量性を両立しています。日本向けには10月7日発売予定ですが、日本向け価格は未定。なお、128GB版のヨーロッパ向け価格は429ユーロ(発表時点で約59,500円)であり、Metaの一体型VRヘッドセット「Meta Quest 2」の改定後価格と非常に近い価格です。 小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから MoguLive ローソン、コンビニでアバター接客を導入 人手不足や深夜の就労対策(9.22) ローソンはAVITAと協業し、11月末よりリアル店舗でのアバター接客を開始します。未来型店舗「グリーンローソン」に、AVITAのアバター接客サービス「AVACOM」を導入。夜間勤務の課題や、労働力の不足の解消。身体的ハンディキャップなどに制限されない、働き方を提供します。現在アバターワーカーも募集中で、2025年度中にアバターワーカー1,000名の育成を目指します。 ローソン、コンビニでアバター接客を導入 人手不足や深夜の就労対策 Mogura V..
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月17日~9月23日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)や、バーチャルアバターで活動しているタレントの動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら ののの、FRENZ2022に出てみた!配信と会場の反応まとめ【#VTuber切り抜き #FRENZ_JP】 (実在しない)切り抜きチャンネルの新作がアップされました。このチャンネルの動画は、「VTuberの切り抜き動画」の体裁で作られている、実在しないVTuberの、実在しない切り抜き動画、メタフィクション作品です。 9月17・18日に行われたFRENZ2022に出展されたときの映像です。ここまでは事実。あとはどこまでがフィクションでどこまでがバーチャルでどこからがリアルかは、観てご確認ください。 映像を作るアーティストたちが集う祭典。そこに出演した(実在しない)VTuberの、のののはるひ。彼女が出展したのは…。VTuberというバーチャルな存在の、ちょっと特殊な、だからこそリアルよりも生々しい人間の本質を表現するこのシリーズ。第二シーズンの一発目です。今を切り取る作品として、注目したいところです。 【イカ】なんと、イカに挑戦?!【ですわ】 世の中では「スプラトゥーン」新作が出て盛り上がっていますが、壱百満天原サロメが挑んだのは、イカそのものでした。イカをさばいて食べるまでを実写で撮影する、直球動画です。 「お嬢様に憧れる一般人」の壱百満天原サロメが、わーきゃー言いながらイカをさばく、ということ自体が、とてもユニークなキャラクターショーになっています。壱百満天原サロメという存在がなぜ多くの人に愛されているのかは、この動画を見るとヒントが得られると思います。 彼女が初めてアップした歌ってみた動画は、アニメのお嬢様キャラによる楽曲のカバー。壱百満天原サロメのキャラクター性との相性は百万点ですし、高音を強めに響かせる声質にもぴったり。夏っぽいハッピーな空気感が彼女の明るさとマッチしています。掛け声にはにじさんじの面々が集っており、水着デザインは轟京子が手掛けているという、にじさんじの協力体制も観ていて楽しい作品です。裏話も配信されていますのであわせてご覧くださ..
未分類

VR街づくりシミュ「Little Cities」大型アプデ&コンテスト開催など―今週の気になるVRゲームニュースまとめ(9月18日~9月24日)

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今回は9月18日~9月24日の関連ニュースが対象です。 目次 1. 無人潜水機を操縦し、ミッションに挑むVRゲーム「The Great Ocean」発売 2. VRパズルアクション「PathCraft」完成版が2022年後半に発売予定 3. 謎の信号を辿り、宇宙空間を旅する新作VRゲーム「Ghost Signal」発表 4. 早期アクセス版が発売中のVRゲーム「Guardians」2023年に製品版発売 5. VR立体パズル「Cubism」レベルエディター追加 オンラインには未対応 6. VR街づくりシミュ「Little Cities」最新無料アプデ配信 期間限定のコンテストも開催 無人潜水機を操縦し、ミッションに挑むVRゲーム「The Great Ocean」発売 9月17日より、Meta Quest Store(App Lab)にて「The Great Ocean」が発売中です。対応ヘッドセットは初代Meta Quest、Meta Quest 2。価格は税込590円で、日本語には未対応です。 「The Great Ocean」は海底を舞台にしたVRシミュレーションゲーム。プレイヤーは最新鋭の無人潜水機(ROV)を操縦し、様々なミッション(クエスト)に挑んでいきます。 ガラパゴス諸島、カリブ海、北極海などの実在する海がミッションの舞台として登場(※一部の海は別売の追加ダウンロードコンテンツ購入が必須)。沈んだ潜水艦に戦艦、サンゴ礁と言った個々の海に応じた環境に設計されていて、それらをROVの視点から眺められるようになっています。もちろん、イルカにサメ、クジラと言った海洋生物たちも登場。 また、海底に沈んだ石油の容器などのゴミを回収することに挑むゲームモードも収録されており、海を守ることの重要性についても学べる教育ゲームとしての一面も持っています。このようなゲームモードを収録したのは、海洋ごみ問題を含む地球規模のごみ問題への対策を考える「WORLD CLEANUP DAY(ワールドクリーンアップデイ)」への取り組みを兼ねてとのこと。そのため、本作の売り上げ金に関しても「Wワールドクリーンアップデイ」への寄付..
未分類

【フォートナイト】公式サイトに自分におすすめのクリエイティブマップを選んでくれるサービスが登場

人気TPSゲーム「フォートナイト」の公式サイトに、クリエイティブモードの島を選んでくれる診断ページが開設されました。いくつかの質問に答えることで、サイトが自動的に、”最もマッチする”島と、そのコードを表示してくれます。 6つの質問に答える仕組み “島診断”は、診断ページにアクセスし「好みの島を見つける」を選択することで始めることができます。質問内容は「パーティーを主催するとしただ誰を招待する?」「無限の、そして様々な素材が目の前にある。作るものは…」など6つ。 それぞれの質問には4つの選択肢が用意されており、全てを選び終わると、サイトが島を表示してくれる仕組みとなっています。 筆者の場合は、診断を進めてみると、上記の「MARIUS’ MANSION PROP HUNT」が選ばれました。なお、テストを行わず、完全にランダムで島を表示する機能も用意されており、そちらは、診断ページの「ランダムに選ぶ」を選択することで使用できます。 クリエイティブモードで遊びたいものの、行く島を決めかねているという人は、一度診断ページを使ってみてはどうでしょうか。 「フォートナイト」島診断ページへのアクセスはこちら。 https://whichislandareyou.com/ja/ 君にマッチする島はどれ? 自分好みの島をクイズで探そう!https://t.co/aukXjLXZkJ — フォートナイト (@FortniteJP) September 22, 2022 © 2022, Epic Games (参考)フォートナイト 公式サイト The post 【フォートナイト】公式サイトに自分におすすめのクリエイティブマップを選んでくれるサービスが登場 appeared first on Mogura VR.
未分類

【VR動画 新作情報】まさに圧巻!ドラマやアイドルなど今週の新作VR動画を一挙紹介!

2022年9月17日〜9月23日の期間にDMMにてリリースされた新作VR動画を紹介! 今週はいったいどのようなVR動画作品がリリースされたのでしょうか! 早速見ていきましょう! 新作VR動画作品紹介!2022年9月17日〜9月23日 2022年9月17日〜9月23日の期間にDMMでリリースされたVR作品を一挙ご紹介! 今週はVRドラマやアイドル動画のリリースとなっています。 VRならではの圧倒的な体験ができる作品が勢ぞろい! 1.【VR】HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE- タイトル:【VR】HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE- 対応デバイス:PC VR/スマホVR/GearVR/OculusGO/Quest/PSVR/Xperia View 配信日:2022年9月22日 収録時間:37分 出演者:篠田三郎 メーカー:有限会社ライブ シリーズ:HAYABUSA2 「はやぶさの姿に、想いを重ねた沢山の人たちがいた。」 はやぶさを引き継ぐはやぶさ2ミッションは、幾度となく先送りされ、一時は実現不可能なところまで追い詰められていました。 しかし、はやぶさ2を応援する多くの人の声が日本中から集まり、ミッションは、実現に向けて大きく動き出します。 より大きな推力を持つイオンエンジン、沢山のデータを送信出来るKaバンドアンテナ、 小惑星表面を探査する3機のミネルバ2とMASCOT、そして人工的にクレーターを作るインパクタ装置。 はやぶさ2の機体を紹介しながら、ミッションの詳細に迫ります。そして2014年末、いよいよはやぶさ2はロケットの力を借りて、宇宙に旅立っていきます。 再び彼の新しい旅が始まるのです。 引用元:DMM \▼サンプルはこちら▼/ 【動画ページ[DMM]】 2.【VR】バーチャルダイブ デキる先輩の大胆な柔肌 春奈芽衣 タイトル:【VR】バーチャルダイブ デキる先輩の大胆な柔肌 春奈芽衣 対応デバイス:PC VR/スマホVR/GearVR/OculusGO/Quest/PSVR/Xperia View 配信日:2022年9月23日 収録時間:35分 出演者:春奈芽衣 メーカー:ファンタスティカ シリーズ:バーチャルダイブ やわ乳×色白×小顔の3拍子!..
未分類

Metaが最新ソフトアップデートを実施!画面録画のブレ補正機能など

2022年9月21日、Metaはv44と呼ばれるソフトウェアアップデートを実施したことを明らかにしました。 今回のアップデートでは、VR画面の録画の新しいカメラ設定とペアレンタルコントロールツールの新機能、アプリのアンロック機能の更新が行われています。 今後数週間かけて、すべてのMeta Questデバイスに段階的に提供される予定とのことです。 VR画面録画の詳細設定が可能に アップデートの目玉となるのが、高度なカメラ設定を詳細にできる機能です。 録画する動画にどの程度VRゴーグルの動きを反映させるかを選択できるようになり、ブレの補正ができるようになりました。 ただし、ブレの補正を強くすると画角が狭くなってしまうので注意が必要です。 このほか動画のデフォルトのフォーマット(正方形(1:1)や横長(16:9)など)と解像度を設定できるようになります。 VR内の動画を撮影するVRゲーマーやVRユーザーはこれらの機能を活用することで、自分のスキルを最高の形でアピールできるのがメリットです。 未成年者の開発者モード切り替えをブロックする機能が追加 Questプラットフォームをより安全で安心できる環境にするため、ペアレンタルコントロールツールに開発者モードをブロックすることができる機能も追加されました。 これは、保護者が未成年者のアカウントで開発者モードへ切り替えようとするとブロックし、アプリをサイドロードすることを防ぐことができます。 「App Unlock」にも新機能が追加 もうひとつが、v40から追加された、解除パターンを描くことで特定のゲームやアプリにロック解除をする機能「App Unlock」の更新です。 まず、1つのロック解除パターン入力で複数のアプリをロックできる機能が追加されました。 これにより、ライブラリをいちいちスクロールしてゲームやアプリを個別にロックする必要がなくなります。 さらに、成人向けコンテンツなどアプリのレーティングに基づいて、ゲームやアプリをフィルタリングして一括ロックもできるようになりました。 まとめ YouTubeなどでVRゲーム配信者の動画を見ると画面が大きくブレることがあります。 カメラが頭部についていることから止むを得ないことですが、気にしだすとゲームプレイやトークを視聴するにはノイズとなりがちで..
未分類

VRニュースイッキ見!「NASAとGoogleのコラボでAR太陽系を実現」など注目記事を振り返り!!

週末恒例! 今週(9月16日〜9月22日)で注目を集めた5記事を総まとめ! 「え!こんなことが!?」 っていう情報があるかも? それでは早速5記事を見ていきましょう! ①体験型教材「VR精神科看護」販売開始!VRでよりよい看護教育を VRを活用して精神科看護における患者体験と看護コミュニケーションをよりリアルに学ぶことができる体験型教材「VR精神科看護」が販売開始されました。 医学・看護教育コンテンツ事業を手掛ける株式会社学研メディカル秀潤社が開発した「VR精神科看護」は、 ・VRの特性を活用したリアルな体験ができる動画 ・動画を使用した効果的な授業をすぐに展開できる教員用授業の手引き ・学生用ワークブック ・スマホ用VRゴーグル がセットになっていて、”臨地実習の事前対策”としても”コロナ禍における実習の代替”としても利用できます。 視聴期間は申込時~2024年3月末までと学年単位での申し込みになっていて、2024年4月以降の継続利用に関しては別途案内が予定されているとのことです。 詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-211221/ ②ごちうさ初のバーチャルライブいよいよ開催!アプリ内でアニメ第1期視聴可能 9月25日に予定されているTVアニメ「ご注文はうさぎですか?」初のバーチャルライブ開催が近づくにつれ、開催会場となるVARKではごちうさ関連のイベントが実施されることになっています。 「ご注文はうさぎですか?Petit Rabbit’s -ぷちラビバーチャルライブ2022-」は ・ココア ・チノ ・リゼ ・千夜 ・シャロ の5人からなる”Petit Rabbit’s”が出演する予定となっており、VR版(Meta Quest2)、スマホ、web配信(ZAIKO)で見る事ができます。 ライブ開催に向けVARKアプリ内では ・カラオケ施設ではアニメ全12話や特別対談などの映像コンテンツが公開 ・アプリ内広場もごちうさ仕様に変更 などライブ開催を記念した様々なコラボイベントが開催されているほか、Twitterでも連動キャンペーンも実施される予定です。 詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-211304/ ③「ツイキャスVV」iOSサポート..
未分類

【Meta Quest 2】9月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

9月第4週はMeta Quest 2(メタクエスト2)向けに有料アプリ1個がリリースされました。 今週のピックアップ 「DYSCHRONIA: Chronos Alternate(ディスクロニア クロノスオルタネイト)」 過去を書き換える力を持つ特別捜査官「ハル」になり、犯罪発生率0.001%を誇る海上都市「アストラム・クローズ」にて起こるはずのなかった犯罪の解決に挑むVR捜査アクションアドベンチャーゲーム。 「東京クロノス」、「ALTDEUS: Beyond Chronos(アルトデウス: ビヨンドクロノス)」で知られるMyDearest開発による新作タイトルです。 主人公ハルが左手に宿した特殊能力「メモリーダイブ」を駆使する、サイコメトリー捜査が大きな特徴。特定の対象に直接触れると過去へと遡り、記憶の持ち主になって当時の出来事を追体験できるようになります。そこから事件の手がかりを探し出し、ゆくゆくは真実を暴き出すことに挑む形です。 本編はそんな捜査のほかに舞台となる海上都市を自由に移動できる「捜査パート」、都市の最高権力である統合人工知能「ユースティス」に対して証拠を突き付けて事件の真相に迫る「審問パート」の2つを軸に展開。イベントの中には「潜入捜査」なる敵に気づかれないよう行動する、ステルスアクションも用意されています。 また「審問パート」では、プレイヤーが自らの手足を使って現場での犯行の流れを再現する、アドベンチャーゲーム定番のコマンド選択型を廃した新たなシステムを採用。その時の「再現率」に応じて聴衆の反応、果てはストーリーの展開までもが変わるスリリングな展開が繰り広げられるようになっています。 他にMeta Quest 2専用タイトルであることを活かし、グラフィック面でも数千匹の魚、クジラが視界を覆うといった派手さを追求。各キャラクターを演じる声優も主人公ハル役に千葉翔也さん、ヒロインのマイア・ガネット役に和氣あず未さんなど実力派を起用。「東京クロノス」、「ALTDEUS: Beyond Chronos」それぞれで主人公を演じられた上村祐翔さん、鬼頭明里さんも異なる役柄で出演されています。 本作は全3エピソード構成で、今回発売されたのはその最初となるエピソード1。他のエピソードに関してはエピソード2が2022年冬、エピソード3が2023年春..
未分類

人気ダンスゲーム「ジャストダンス」のVR向け完全新作がPico独占タイトルとして発表

ユービーアイソフト開発のダンスゲーム「Just Dance(※邦題:ジャストダンス)」のVR向け完全新作が2023年に発売予定であることが発表されました。ヘッドセットはPico独占になるとのことです。 「Just Dance」は2009年、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」向けのゲームソフトとして発売(※日本未発売)。Wiiリモコンを使って直感的にダンスを楽しめる作りで好評を博し、後にシリーズ化を果たしました。 日本では2011年、初の国内版となる「JUST DANCE Wii」が任天堂から発売。その後も続編、レベルファイブの人気ゲーム「妖怪ウォッチ」とコラボレーションしたスペシャルバージョンなどが発売されました。 (「ジャストダンス2022」フルソングリストトレーラー) 2020年からは日本でも、ユービーアイソフト販売でシリーズの新作が発売されるようになりました。直近の新作では「ジャストダンス2022」がNintendo Switchを始め、マルチプラットフォーム向けに発売中です。 VR版の詳しい内容は本稿執筆時点で不明。 今回の発表に際し、Picoは次のコメントを発表しています。 「Just Dance」は絶大な人気を誇るダンスゲームフランチャイズです。このゲームは、ダンスが秘めた心地よい力ですべてのプレイヤーを繋げることを目的にしています。 ユービーアイソフトとのパートナーシップにより、Picoは初めてとなる「Just Dance」のVR体験を提供します。バーチャルな世界に飛び込み、踊ってみてください。VRゲームを初めて体験される方は、その没入感のある体験に大きな感動を覚えるはずです。 この独占契約が一時的であるか否かに関しても不明。 ゲームの詳細も含め、続報が待たれます。 小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから MoguLive (参考)UploadVR The post 人気ダンスゲーム「ジャストダンス」のVR向け完全新作がPico独占タイトルとして発表 appeared first on Mogura VR.
未分類

メタバース空間構築プラットフォーム「MetaStation」がリリース!

ライブリッツ株式会社が提供するメタバース空間構築プラットフォーム「MetaStation」が、フューチャー株式会社のSDGsの取組みを紹介するメタバース空間制作に採用され、完成したメタバース空間が2022年9月20日より公開されています。 メタバース空間構築プラットフォーム「MetaStation」提供開始 今回提供開始された「MetaStation」は、ライブリッツ社が手掛けるメタバース空間の構築および運営を支援するプラットフォームです。 ライブリッツ社は、『スポーツおよび地域創生におけるデジタルイノベーションの実現』を目指して2011年10月に設立されており、過去には、日本テレビのスポーツニュース番組「Going! Sports&News」の2021年12月4日放送回に”プロ野球投手の投球軌道をVRで再現するコンテンツ”を提供しているほか、2021年3月にはARアプリ「こめかんAR」を制作しています。 「こめかんAR」は、プロ野球球団・読売巨人軍の「巨人軍開幕記念缶」を撮影すると、公式マスコット『ジャビット』がARで出現し、ジャビットと写真や動画が撮れるARアプリです。 他にも、2019年2月に読売巨人軍のファンサービス戦略を最新ITで実現する会員管理システムを構築したり、2021年10月にNTTドコモレッドハリケーンズ大阪と協業し”ラグビー界のDX”を実現する、2022年9月の清水エスパルスの後援会管理システムを構築するなど、XR(クロスリアリティ)を活用したサービスの開発に積極的に取り組んできた実績を有します。 「MetaStation」の特徴 「MetaStation」ではバーチャル空間に ・オフィス ・イベント会場 ・スタジアム ・店舗 などを自由に構築することができます。 さらに、バーチャル空間内では3Dキャラクターによる”案内”や”接客”もできるため、来場者と双方向のコミュニケーションを図ることが可能となります。 この”双方向コミュニケーション”により、『これまでWebサイトで提供していたコンテンツをよりわかりやすく表現する』ことを実現しています。 フューチャー社の取組みを紹介する空間に採用 フューチャーのサステナビリティの取組みを紹介するメタバース空間 イメージ図 この「MetaStation」が、今回フューチャー社に..
未分類

VRChatで市販のアバターを導入してみよう! 事前準備からアップロード、「色変え改変」まで解説

ソーシャルVR「VRChat」では、ユーザーが自由にアバターをアップロードし、自分のアバターとして使用できます。自作のアバターもアップロードできますが、2022年現在では市販のアバターを購入し、利用するのが一般的になっています。 とはいえ、アップロードには「Unity」を使う必要があるため、ハードルが高いと感じる人も多いはず。しかし、アバターのアップロード方法は確立されつつあり、手順をひとつずつ追っていけばそこまで難しいものではありません。 本記事では、コトブキヤより販売されているアバター向け3Dモデル「プレタコンポジッタ シリーズ02」を教材として、市販のVRChat向けアバターを購入し、自分のアカウントにアップロードするまでの手順を解説。さらに、オリジナリティを出す「アバター改変」の最初の一歩「色変え」の方法も紹介します。 準備①:ユーザーランクを「New User」にする 「VRChat」へアバターをアップロードするためには、「VRChat」のユーザーランクが「New User」以上である必要があります。アカウント登録した直後のユーザーランクは一つ手前の「Visitor」なので、「VRChat」を始めた直後は自分でアバターをアップロードできません。 ユーザーランクが上昇する条件は非公開となっていますが、一般的には「VRChatのプレイ時間が増える」「フレンドが増える」が条件であると言われています。まずは、「[JP] Tutorial world」や「Qじゃぱん横丁」といった日本人に会いやすいワールドを訪れたり、知人や交流したユーザーをフレンド登録して、一緒に遊んでみるとよいでしょう。 今すぐユーザーランクを引き上げたい場合、有料プラン「VRChat Plus」に登録するのもひとつの手です。月額9.99ドル(約1,500円)で様々な特典が付与されるだけでなく、ユーザーランクが上昇しやすくなるとされています。「Visitor」であれば、高い確率で即日「New User」へ昇格できるとされています。 ただし「VRChat」コミュニティには、「Visitor」ユーザーを積極的にサポートする文化が根強くあります。「VRChat Plus」の使用は、「Visitor」のときだけ得られる様々な体験をスキップするかもしれない……ということは頭に置いておきましょう..
未分類

有名ドレスブランドの「キャロライナヘレラ」が「Roblox」に登場 アバター向け衣装を展開

ファッションブランドの「Carolina Herrera(キャロライナヘレラ)」が、オンラインゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」に参入。同ブランドの衣服が、アバター用のコスチュームとして、プラットフォーム内で販売されました。Vogue Businessなど複数のメディアが報じています。 (Photo: Robloxより引用) 「キャロライナヘレラ」は、アメリカの著名ドレスブランド。イギリスのキャサリン妃やスペインのレティシア王妃などが愛用していることで知られています。創業は、1980年代に行われ、現在は世界で350店舗を営業。日本では2013年から国内展開を実施しています。同ブランドの「Roblox」参入は、9月9日(金)から9月14日(水)にかけて開催された、2022年のニューヨーク・コレクション(ファッション・ウィーク)と合わせて行われました。 「Roblox」で販売されたのは、モデルのカーリー・クロスさんが同コレクションの場にて着用したドレスの、“アバター向け”バージョン。アバターの衣装をレイヤー(重ね着)形式で設定できる「レイヤード・クロージング・システム」を使って制作されています。 アバター向けドレスの販売は、期間限定(4時間)で行われ、Vogue Businessによると、432着を売り上げたとのこと。クロスさん自身も、ドレスを着用したアバターを使って、「Roblox」を訪れたそうです。 「Roblox」について 「Roblox」はプレイヤー自身がゲームを制作したり、他のプレイヤーが作ったゲームを遊べるプラットフォームです。ここ数年で大きな成長を遂げており、デイリーアクティブユーザー(DAU)は約5,000万人に達しています。 メガネ型デバイスのNreal、韓国大手アイウェアブランドから投資 ファッション×テックの融合探る Mogura VR News 「Roblox」が今後のアップデート計画を発表。アバターアニメーションの新機能追加、没入型広告も Mogura VR News YouTube音楽再生28億以上のザ・チェインスモーカーズが「Roblox」にバーチャルワールド開設 MoguLive (参考)Vogue Bus..
未分類

モデルはスマホで服を着る時代に ロンドンで「スナップチャット」を使ったファッションショーが開催

9月20日(火)ARクリエイターのDoddzが、ロンドンでARを活用したファッションショーを実施しました。このショーは「スナップチャット」と協働する形で行われ、DoddzのARファッションライン「Defy」が披露されました。 今回のファッション商ーは、スマートフォンアプリの「スナップチャット」を起動して、ファッションモデルにカメラを向けると、デジタルの新作アイテムをARで着せられるというもの。モデル自身が服を着るのではなく、来場者がモデルに服を着せる(表示させる)というユニークな内容になっています。 「Defy」は当初一般向けのAR啓発体験として開発を進めていたものの、注目度の高まりなどによって、最終的にファッションブランド立ち上げに至ったと説明。「現在のファッション業界の問題を打開するために、バーチャルファッションは有用」とコメントしています。 この投稿をInstagramで見る Augmented Reality Artist (@doddz)がシェアした投稿 今回Doddzと協働した「スナップチャット」は他にも、9月にファッションイベント「VOGUE WORLD」と提携を発表。AR試着などのシステムを同イベントに提供しました。 またオンラインゲームプラットフォーム「Roblox」には、Burberry(バーバリー)やグッチなど、大手ブランドが多数参入し、アバター向けアイテムを展開しています。 国内では、5月末に株式会社サイバーエージェントが、デジタルファッションに特化した専門組織「Meta Fashion Factory」設立。また10月には、WEBストアの.st(ドットエスティ)がプロデュースする、メタバースファッションアバター第一弾「枡花 蒼」が10月に発売予定です。 Meta、デジタルファッションプラットフォームのDressXと提携 Mogura VR News 人気アバター制作者がデザインしたメタバースファッションアバター「枡花 蒼」10月発売。9月23日には試着会も開催 MoguLive (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。 The post モデルはスマホで服を着る時代に ロンドンで「スナップチャット」を使ったファッ..
未分類

にじさんじVOLTACTION・Luxiem×AGF2022 コラボ決定、イベント「VTuber おしゃべりCafe」クラウドファンディング開始【VTuberデイリーニュース2022 9/22号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 にじさんじVOLTACTION・Luxiem×AGF2022 コラボ決定 にじさんじのユニット「VOLTACTION」・NIJISANJI ENのユニット「Luxiem」と、アニメイトガールズフェスティバル2022(AGF2022)のコラボが決定しました。 11月5日(土)〜11月6日(日)に池袋街ナカ 各キャンペーン実施店舗で1会計につき500円(税込)以上購入した方に、描き下ろしイラストを使用した「コラボコースター(全9種)」がランダムで1枚プレゼントされるキャンペーンが実施されます。 また、池袋の各所に設置された謎解きスポットを巡るコラボ企画も決定。専用の謎解きキットがアニメイト通販やアニメイト一部店頭にて販売され、すべての謎解きを完了するとクリア景品を受け取ることができます。 (参考)アニメイトガールズフェスティバル2022 Twitter イベント「VTuber おしゃべりCafe」クラウドファンディング開始 ラシン株式会社がRKB毎日放送株式会社の協力のもと、VTuberイベント「VTuber おしゃべりCafe」開催のためのクラウドファンディングを開始しました。目標金額は100万円です。 「VTuber おしゃべりCafe」はVTuberとファンが1対1でトークを行うイベント。10月15日(土)〜10月16日(日)に開催予定で、舞鶴よかとさん、雲母ミミさん、始解ゆゑさんらが出演予定です。 クラウドファンディングのプロジェクトページはこちら。 (参考)ラシン株式会社 プレスリリース 「のりプロ」×MOLLY.ONLINE コラボ第二弾実施 VTuber事務所「のりプロ」とオンラインクレーンゲーム「MOLLY.ONLINE(モーリーオンライン)」のコラボ第二弾が、9月24日(土)18:00から開始します。 ダイカットクッション、タペストリー、BIG缶バッジ、イーゼル付きキャンパスボードの計4アイテム14種類の限定プライズが展開されるほか、ブースに撮り下ろし専用ボイスが実装されます。 (参考)株式会社イオンファンタジー プレスリリース にじさんじ「cresc. 4周年記念グッ..
未分類

「ディスクロニア:CA」は今世代の国産VRゲームのひとつの到達点だ エピソード1を徹底レビュー

今これを読んでいるあなたが、VRゲームに求めるものは何だろうか。短時間で爽快なプレイができるリズムアクション? 目の前に敵が押し寄せる、臨場感のあるシューティング? あるいは、想像を超えた恐怖が襲いかかるホラー? そんな小さなジャンルの話をしていない? 現実を超えたドラマチックな体験がしたい? それなら、ぜひ「DYSCHRONIA: Chronos Alternate (ディスクロニア: CA)」をオススメしたい。 「東京クロノス」「ALTDEUS: Beyond Chronos」に続く、MyDearestの手がけるVRゲーム「ディスクロニア:CA」エピソード1は、今世代の国産VRゲームとしてはひとつの到達点と言っていい。それほどの完成度だ。ゲームへの没入感、操作周りの快適性、盛り込まれた多くの遊び、そしてキャラクターへの感情移入と、どれをとってもVRでしか成し得ない圧倒的な体験が詰まっている。 本稿では重要なネタバレを避けつつ、本作の特徴や魅力を紹介していく。もちろんまっさらの状態でプレイしたい方は、読む前に即購入をオススメするが、まだ買うか悩んでいるという方はぜひ読んでいただきたい。それだけこのゲームには、多くのVRユーザーに届けたくなるほどの熱量が込められているからだ。 夢によって守られた都市で起きた、起きるはずのない殺人事件 本作の舞台は、犯罪発生率0.001%の海上都市「アストラム・クローズ」。この世界では粒子汚染が広まっており、常に危険が伴う。だが、外界から守られたアストラム・クローズでは、あらゆる不安が事前に排除されているそうだ。 その理由が、都市のシステム「拡張夢」の存在だ。ナノマシンを投入された市民は夢の中で魚のような姿となり、互いの夢を共有することで不安をなくし、犯罪を未然に防いでいる。拡張夢の中には数え切れないほどの光の魚たちが泳いでおり、その美しさは息を呑むほどだ。 ――しかし、人々がシステムに完全管理されたアストラム・クローズは、言ってしまえば“ディストピア”だ。市民に知られると都合が悪い情報が隠されるなど、平和と管理システムによる支配が表裏一体となっている。 そんな犯罪の起こるはずのない都市で、都市の創設者「アルバート・ラムファード」博士が殺されるところから事件が始まる。管理局に着任したばかりの特別監察官である主人公「ハル・..
未分類

【ピクミン ブルーム】「バスのペーパークラフト」デコピクミンが登場!

スマートフォン向けARゲーム「Pikmin Bloom(ピクミン ブルーム)」に、新たに「バスのペーパークラフト」デコピクミンが登場しています。 「バスのペーパークラフト」デコピクミンは、バス停付近で見つけた苗から育ちます。出現期間などは発表されておらず、今後は”常時”育てられると思われます。正常に表示させるためには、v53以降へのアップデートが必要です。 なお公式サポートページでは最新アップデート(v54)の詳細も発表されています。今回の更新内容は以下の通りです。 ・一日のふりかえりで、ピクミンが運んできた写真を拡大表示したり、写真枚数の追加ができるように。 ・ピクミンのなかよし度ハートがいっぱいになったときの表示を追加。 ・ポストカード一覧で任意のポストカードをお気に入り登録できるように。 新デコピクミン登場 今日は #バスの日 そんな日にぴったりな「バスのペーパークラフト」デコピクミンが登場 「バス停」付近で見つけた苗から育ちます 今週末は、バスに乗ってピクミンと一緒にお出かけしませんか? 詳しくは、アプリ内お知らせから#ピクミンブルーム pic.twitter.com/emHhsJ8mGp — Pikmin Bloom Japan (@PikminBloom_jp) September 20, 2022 Copyright © 2021 Niantic, Inc., Pikmin and Mii Characters / Artwork / Music Copyright © 2021 Nintendo. All Rights Reserved. (参考)ピクミンブルーム 公式サイト The post 【ピクミン ブルーム】「バスのペーパークラフト」デコピクミンが登場! appeared first on Mogura VR.
未分類

「ClusterGAMEJAM 2022 in AUTUMN」10~11月開催!エントリー受付中

メタバースプラットフォームのclusterにて、ゲーム/バーチャル空間制作コンテスト「ClusterGAMEJAM 2022 in AUTUMN」が2022年10月28日(金)~30日(日)に開催されます。 エントリーは公式サイトにて受付が始まっており、最終日の10月30日(日)まで受け付けられています。 「ClusterGAMEJAM 2022 in AUTUMN」10~11月開催 今年10月28日~30日の開催が発表された「ClusterGAMEJAM 2022 in AUTUMN」は、メタバースプラットフォームのclusterにて開催される、スマホからも参加可能なゲーム/バーチャル空間の制作コンテストです。 clusterではこれまでにゲーム制作ができる「Cluster Creator Kit」や、スマホからでもバーチャル空間が制作できる「ワールドクラフト機能」をリリースしており、それらの機能を使ったコンテストを計4回開催していて、これまでの総参加クリエイターは2,000人を超えています。 5回目の今回は、 ・開会式が10月28日(金)の20:30~21:00 ・制作期間が10月28日(金)の21:00~30日(日)の21:00 ・ワールドプレイウィークが10月31日(月)~11月12日(土) ・受賞作品発表が11月12日(土)の20:00~21:00 というスケジュールになっており、作品テーマは開会式内での発表になっています。 特設ページ ハッシュタグ:#ClusterGAMEJAM 今回の部門は3つ!エントリーも受付中 今回は ・Creator Kit部門 ・ワールドクラフト部門 ・総合部門 の3つの部門があり、それぞれの総合大賞として賞金50万円が用意されていて、賞金総額は100万円以上にもなっています。 現時点で公開されているテーマは、ワールドクラフト部門​が ・自然・冒険 ・お祭り・フェス ・​遺跡・城 ・景色・観光 Creator Kit 部門が ・エモーショナル ・乗り物 ・加速 ・​パワー ・デザイン 総合部門が ・イベント会場 ・アート ・アイデア ・バラエティ ・アスレチック となっていて、各部門へのエントリーは最終日の10月30日(日)21:00まで専用フォームにて受け付..
未分類

小型軽量な一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズ発表 価格は429ユーロから

2022年9月22日(木)、Picoはコンシューマー市場向けの新たな一体型VRヘッドセット「Pico 4」シリーズを発表しました。解像度は4K、視野角105度の性能ながら、295gの軽量さを実現しています。通常モデルとハイエンドモデル「Pico 4 Pro」の2つのラインナップ。「Pico 4 Pro」にはアイトラッキングと表情トラッキングが内蔵され、より豊かなアバター表現が可能になっています。 Pico 4はストレージ別に128GB版、256GB版の2モデルが展開。128GB版は429ユーロ(約59,500円)、256GB版は499ユーロ(約69,000円)と発表されており、日本では10月7日に発売。正確な価格は不明です。 画質は4Kクオリティで小型軽量化 Pico 4は片目2160×2160の解像度のLCD(液晶)パネルを2枚搭載しています。小型化に合わせ、1インチあたりのピクセル密度は1200ppiと高くなっています。 100%のSRGBを謳(うた)い、これまでPicoが販売してきたVRヘッドセットの中で最も発色が良いとのこと。リフレッシュレートは90Hz、視野角は対角105度です。 薄型化のためにレンズにはパンケーキレンズを採用。ヘッドセット前部の厚みは35.8mmです。ヘッドセット前部の4つのRGBカメラで空間を認識し、外部センサーを使わずに自由に動ける6DoFのVR体験が可能です。ヘッドストラップの後部にバッテリーを内蔵。側頭部にはスピーカーを内蔵しています。なお、両手に持つコントローラーはこれまでの機種で見られた形状とは異なるものです。 搭載されるOSは「PIco OS 5.0」と発表。スマートフォンのメッセージなどの通知が表示される機能や活動量を計測できるフィットネス機能などが発表されています。今後、複数のウィンドウを浮かべて表示できるマルチタスク機能の実装が予告されており、アップデートを繰り返す競合デバイス「Meta Quest 2」を強く意識していることが伺えます。 また、独自のアバター機能も発表サれました。アバターは話している言葉に応じたリップシンクに対応しているとのことです。 ついにPico独占タイトルも 対応VRゲームとして、Ubisoftから「Just Dance 2023」がPicoの独占タイトルとして発表されました。さら..
未分類

ローソン、コンビニでアバター接客を導入 人手不足や深夜の就労対策

9月22日、コンビニ大手の株式会社ローソンはアバター事業を手掛けるAVITA株式会社と、協業を発表しました。 両社は、人手不足や深夜の就労対策としてアバターを活用。時間、場所、年齢、性別、身体的ハンディキャップなどに制約されない新たな働き方や、リアル店舗でのアバター接客の実現を目指す、とのことです。同時にアバターワーカーの一般募集もスタートしています。 コンビニでアバター接客を導入。11月末都内店舗より開始 AVITAとローソンは、2022年4月よりアバター技術活用の連携において検証を開始し、本協業に至りました。協業の第1弾事業として、11月末に都内にオープン予定の未来型店舗「グリーンローソン」に、AVITAのアバター接客サービス「AVACOM」の導入を発表。アバターを活用した接客の実装や、VTuberとのコラボレーションなどを企画している、とのことです。 アバター接客の導入にあたり、ローソンはアバターワーカーの一般募集を開始しています。10~30名の採用を想定しており、合格者は研修を受講したのちに、11月末から「グリーンローソン」で勤務予定です。 今後両社は、2023年度中を目処に、東京と大阪のローソン10店舗で勤務するアバターワーカー50名の育成を計画しているようです。さらに2025年度中には、全国各地のローソン店舗で活躍するアバターワーカー1,000名の育成を目指す、としています。 「グリーンローソン」ローソンアバターオペレーター応募概要 応募期間 2022年9月22日(木)15時~10月7日(金)18時 応募方法 申し込みサイトより必要事項を入力し応募 選考スケジュール ・9月22日…募集・1次試験開始 ・10月上旬…1次試験合格者に対する書類審査(2次試験) ・10月中旬…2次試験合格者に対する実技・面接試験(最終試験) ・10月下旬…合格者発表(最終試験受験者に個別に結果をご連絡致します) ・11月上旬…ローソンアバターオペレータープログラム受講(1週間程度) ・11月中旬…ローソンアバターオペレーターとして認定 ・11月下旬~12月中旬…ローソンアバターオペレーターとして実務開始 業務内容 ローソン店舗に設置されたアバターを勤務地からパソコンで遠隔操作して接客・販売促進等の業務を担っていただきます 給与 時給1,100〜2..
未分類

【フォートナイト】Twitchの人気ストリーマーSypherPKとコラボした特別マップが登場!

人気バトルロイヤルTPS「フォートナイト」に、本作を主に取り扱うコンテンツクリエイターSypherPKさんに関連したコンテンツが実装されました。 SypherPKさんをモチーフにした島が登場しています。 関連アイテムの販売も予定 「SYPHERPK’S PIT島」は、 SypherPKさんが立ち上げたOni Studiosによって制作されたマップで、砂漠のオアシスを模したハブと、飛び入り参加可能形式のPvPゾーンがあります。 10月3日(月)午前9:00までに、この島でアイコンシリーズ – SypherPKクエストをクリアすると、XPに加えエモートアイコン「Sypherのマスク」とロード画面「鬼の即位」が入手できます。 9月23日(金)からは、 SypherPKさんのコスチュームもアイテムショップに登場。デフォルトのスタイルに加え、鬼の力を宿したスタイル「エンパワード」とリアクティブ機能付きのスタイル「ポゼスト」が付属するそうです。 「ポゼスト」は、マッチ開始時には「エンパワード」と変わらない見た目ですが、敵を撃破するたびに鬼化が進行。また、デフォルトを選択した場合には、クリムゾンマスクを装備可能で、別スタイルを選択した場合には、オニキスマスクを着けられます。 アイテムショップで9月23日(金)から配信される、その他のアクセサリーは以下の通りです。 ・バックアクセサリー「鬼の呪い」: さらに強くなるばかりだ。 (コスチューム「SypherPK」に付属) リアクティブ — マッチ内で撃破を達成すると、そのエネルギーが増大していく。 ・ツルハシ「Sypherのシミター」: 闇の力を秘めた曲刀。 リアクティブ — マッチ内で撃破を達成すると、そのエネルギーが増大していく。 ・エモート「Sypherの気取り歩き」: どうだ!!! ってね。 「SYPHERPK’S PIT島」の島コード:【2545-5795-5996】 SypherPK自身が立ち上げたOni Studiosによって制作された「SypherPK’s PIT島」を訪れよう! 10月3日午前9時までにこの島でアイコンシリーズ – SypherPKクエストをクリアすると、XPに加えエモートアイコン「Sypherのマスク」とロード画面「鬼の即位」が入手可能。 島のコード:2545-5795-..
未分類

バーチャルオフィスの米Spot、550万ドルを調達 アバターコミュニケーションを職場に

9月20日、バーチャルワークスペースプラットフォームを開発するSpotが、550万ドル(約8億円、2022年9月22日時点)の資金調達を実施しました。得られた資金は、同社の法人向け製品の技術開発や新規採用活動に使用される予定です。 本調達はFreestyleが主導し、Liquid 2 Ventures、Community Access Fund、Founder’s Co-opが参加しています。なお、Spotは2021年4月にも、170万ドルの資金調達を実施しています。 チャンネル、スレッドを仮想オフィスの一室に Spotは、2020年に創業した米シアトルに拠点を置くスタートアップ。仮想ワークスペースを手軽に作成できるアプリケーション「Spot」を開発、提供しています。 「Spot」は、専用アプリやウェブブラウザからアクセスできます。ユーザーはアバターを通じて、チャットやビデオ会議機能、画面共有などを通じてコミュニケーションを取るため、実際のオフィスにいるような感覚でリモートワークが可能としています。「Slackのチャンネルやスレッドを、没入感のあるバーチャルオフィスの一室に置き換える」ことを目指しています。Spotによると、ユーザーによって作成されたワークスペースは8,000を超え、GoogleやAmazon、Uberなどの大手IT企業が導入している、とのこと。 社内向けのコミュニケーションツールは、Slack、Microsoft Teams、Discordなど、テキストと通話をベースとしたサービスが多数提供されています。gatherやoViceなど、平面上に描き出されたオフィススペースでキャラクターなどを動かして擬似的なオフィス環境を作るツールも登場しています。日本でもoViceが2022年8月に45億円の資金調達を行うなど、バーチャルオフィスの利用が今後拡大することに期待が集まっています。 フェイスブックの法人向けVR活用サポート「Oculus for Business」全面展開へ Mogura VR News Teamsでアバターが利用可能に MSが「Mesh for Microsoft Teams」を発表 Mogura VR News (参考)Spot、GeekWire The ..
未分類

【ポケモンGO】2022年「ファッションウィーク」で「ヒドイデ」と「ドヒドイデ」初登場!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、2022年の「ファッションウィーク」の詳細が発表されています。 ファッショナブルなポケモンたちが登場 2022年の「ファッションウィーク」の開催期間は、9月27日(火)午前10:00から10月3日(月)午後20:00まで。期間中は、「ヒドイデ」と「ドヒドイデ」が「ポケモンGO」に初登場します。イベントの詳細は以下の通りです。 ・ヒトデナシポケモンの「ヒドイデ」と「ドヒドイデ」が初登場。 ・「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったダグトリオ」「サングラスをつけたアブソル」「後ろ向き帽子をかぶったドクロッグ」が出現。 ・イベント期間中、「ファッションウィーク」がテーマの「タイムチャレンジ」が実装。達成すれば、リワードとして道具が獲得できるほか、「シルクハットをかぶったディグダ」「サングラスをつけたアブソル」「後ろ向き帽子をかぶったドクロッグ」と出会えます。 ・イベント中に「GOスナップショット」を撮影すると、“ファッショナブルなポケモン”が出現します。 ・期間中は、以下の野生ポケモンがいつもより多く出現:「髪飾りをつけたバタフリー」「ヤミカラス」「ニャルマー」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」「首飾りをつけたシ ママ」「ゴチム」「プルリル(メス)」「トリミアン」「ヒドイデ」。 運が良ければ、「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったキルリア」「サングラスをつけたアブソル」とも出会えます。 ・以下のポケモンが「レイドバトル」に登場 1つ星レイド:「シルクハットをかぶったディグダ」「シルクハットをかぶったコリンク」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」 「ズルッグ」「トリミアン」 3つ星レイド:「髪飾りをつけたバタフリー」「シルクハットをかぶったキルリア」「サングラスをつけたアブソル」「ヒドイデ」 伝説レイドバトル:「イベルタル」 メガレイド:「メガミミロップ」 ・7kmタマゴから以下のポケモンが出現:「シルクハットをかぶったディグダ」「リボンをつけたムチュール」「シルクハットをかぶったコリンク」「後ろ向き帽子をかぶったグレッグル」 ・イベント限定の「フィールドリサーチ」のタスクをクリアすると、以下のポケモンと出会えます:「イーブイ」「ヤミカラス」「エネ..
未分類

3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン1.0が正式リリース

9月22日(木)、3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン1.0が正式リリースされました。9月23日(金)には、バージョン1.0の新機能を紹介する特別番組が配信されます。 「VRM」は、一般社団法人VRMコンソーシアムが提唱する、日本発の3Dアバターのファイル形式(.vrm)です。2018年の発表以来、「cluster」や「バーチャルキャスト」など様々なプラットフォームを横断できる3Dモデル形式として利用され、3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」の出力形式にも採用されています。 バージョン1.0では、旧来のバージョンの課題やエラーが修正され、必要な機能が追加されています。現時点で発表されている新機能は以下です。 ■Constraint機能が使えるようになりました ■SpringBoneのコライダとしてカプセルコライダを使用可能になりました ■標準ライセンスが明確になりました(VRMパブリック・ライセンス文書 1.0策定) ■あわせて、ライセンス条件フラグが細かくなりました ■ローカル軸の保持が可能になりました(正規化強制条件の撤廃) ■HDRに対応しました ■表情の標準定義が追加・整理されました 9月23日(金)には、バージョン1.0を紹介する番組「VRM1.0を使ってみよう!新しくなったVRMのポイント解説」が配信されます。「VRM」がバージョン1.0でどのように変わり、どのようにセットアップすればよいのかを解説する、オンラインワークショップ形式の番組になるとのことです。 番組はVRMコンソーシアムのYouTubeチャンネルにて配信予定です。 https://www.youtube.com/channel/UCXeHFuWJuWCgBrLxP2FJ8rw (参考)プレスリリース The post 3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン1.0が正式リリース appeared first on Mogura VR.
タイトルとURLをコピーしました