Webブラウザでアバターを作れるサービスが登場 制作者に注文でQuest対応VRChatアバター購入も可能

この記事は約2分で読めます。

11月24日(水)Webブラウザでアバターをカスタマイズして制作できるサービス「ロポさんメーカー」がリリースされました。制作者はトハさん。作成したアバターはBOOTH経由で、VRヘッドセットOculus Quest版対応のVRChatアバターとして購入も可能です。

「ロポさんメーカー」は、モデルの素体に衣服や帽子を着せて自由にカスタマイズできるアバター制作サービスです。肌や目、髪などの色も選べ、パーツの組み合わせパターンは1900万ほどあるとのこと。制作したアバターはポーズなどを変更して、Twitterで完成品の姿をシェアできます。

またロポさんメーカーで作成したロポさんモデルを、Oculus Quest版のVRChatに対応したアバターにしてお届けするサービスも登場。制作者のトハさんに制作したアバターで、VRChatアバター化の依頼を行い、アバター制作完了後にBOOTHの限定URLと合言葉が送られます。その後、限定URLに合言葉を入れると、BOOTHでアバター購入&ダウンロードが可能になります。VRChat対応の料金は4,000円です。

依頼する際の注意点や利用規約についてはBOOTHの説明欄をよく確認ください。
https://tohawork.booth.pm/items/3422374

Webブラウザで1千9百万通りのロポさんが作れる!?

●ロポさんメーカー● https://t.co/EL8gPlj1p0

ついに公開~
作って遊んだりTwitterに投稿したり作ったロポさんをVRChatアバター化できたりもします!

スマホでも遊べますのでぜひ~!
(うまく動かんかったらパソコンで試してネ)#ロポさん pic.twitter.com/jWyyN0Izyz

— トハ@3DCG暮らし (@tohawork) November 24, 2021

(参考)BOOTH公式サイト

タイトルとURLをコピーしました