東京タワーにesportsパーク「RED° TOKYO TOWER」が来春オープン! XR映像システムを常設

この記事は約2分で読めます。

2022年2月に、東京タワーに、esportsを軸としたエンタメ施設「RED° TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」がプレオープンすると発表されました。正式オープンは来年4月の予定。東京タワー直下にあるフットタウン内で展開されます。


この施設は、最新ゲームタイトルの体験エリアをはじめ、esportsの大会、音楽ライブ、ファッションショーなど、さまざまなライブエンターテインメントが体験できる施設となっています。配信スタジオやショップなども常設される予定です。


(※館内イメージは変更になる場合があります)

5階のメインアリーナでは、次世代エンターテインメントを発信する拠点「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」が設置。大型4面LEDパネルとリアルタイムで合成できるXR映像システム「Vizrt(リアルタイム3Dグラフィックスシステム)」が常設され、リアルイベントとXR映像配信を行うハイブリッド型アリーナになるとのこと。このスタジアムで、さまざまなエンターテイメントが展開されると発表されています。

esportsイベントでは、従来のゲーム画面と選手映像の発信だけではなく、XR技術を取り入れて、ライブ配信視聴ファンの映像を空間上に投影するといった演出も可能で、より臨場感と没入感を体験できるとのこと。

また館内では世界的なゲームタイトルとのコラボレーションも計画中と発表。今後の続報が気になるところです。

公式サイトはこちら。
https://red-esports.jp/

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました