フェイスブック「Zoom」との提携発表 VR会議ツール「Horizon Workrooms」に通話システム導入

この記事は約2分で読めます。

9月13日(月)、フェイスブックはWeb会議サービス「Zoom」との提携を発表しました。2022年に、VRヘッドセットOculus Quest 2で、通話会議サービスやホワイトボードサービス(Zoom Whiteboard)を利用可能になります。

発表によれば、Zoomの通話サービスやホワイトボードサービスは、Oculusのミーティング向けツール「Horizon Workrooms」から利用可能になる予定です。現時点では“初代”QuestやOculus Rift Sは非対応のようです。

Oculus公式ブログによれば、「Zoom」が「Horizon Workrooms」に対応することで、PCやスマートフォンなどを利用する非VRユーザーとの協働をより円滑に行えるようになるとのこと。先日開催された、ユーザーカンファレンス「Zoomtopia 2021」では、「Horizon Workrooms」内から両サービスを使用する様子が公開されています。

Zoomtopia 2021 Keynote
The #Zoomtopia keynote is live! Join us to hear Zoom founder and CEO, Eric S. Yuan, share our vision for the future of communications.

Horizon Workroomsについて

「Horizon Workrooms」は、VR空間内でアバターの姿でミーティングができるサービスです。2021年9月現在、オープンベータテストが実施中。デスクの位置を現実と同期させる機能、ホワイトボード機能、リモートデスクトップと(現実の)キーボードを使ってPC画面を操作できる機能やビデオ通話機能なども搭載されています。

名称の頭についている「Horizon」は、フェイスブックが2019年に発表したVRSNSの名称です。こちらはオープンにコミュニケーションをとれるバーチャル空間を目指して現在米国でオープンベータテスト中です。

フェイスブックのVRコラボツール「Horizon Workrooms」を社内で試してみた | Mogura VR

フェイスブックのVRコラボツール「Horizon Workrooms」を社内で試してみた | Mogura VR

MoguraVR

VR・AR機器レンタルのアストネス、Oculus Quest 2の最新モデルを取り扱い開始 | Mogura VR

VR・AR機器レンタルのアストネス、Oculus Quest 2の最新モデルを取り扱い開始 | Mogura VR

MoguraVR

【Oculus Quest】v32アップデートが配信「Oculus Move」の機能が向上 | Mogura VR

【Oculus Quest】v32アップデートが配信「Oculus Move」の機能が向上 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Oculus

タイトルとURLをコピーしました