インドのVR×インテリアデザイン企業が約2億円調達、事業拡大を進める

この記事は約2分で読めます。

VRでデザインを確認できるインテリアデザイン企業Flipspacesが、プレシリーズBラウンドで200万ドル(約2億円)を調達しました。今回の資金調達は、アメリカでの事業拡大と、新たに立ち上げたSaaS事業の拡大を目的としています。

VR技術を用いるインテリアデザイン企業・Flipspaces

インドのムンバイを拠点とするFlipspacesは2015年に設立。商業スペースのインテリアデザインとプロジェクト構築を行っています。VRを用いてデザインを確認することができる点が特徴で、adidasやReebok、NIVEAなどの企業が顧客として掲載されています。

同社が立ち上げたB2BのSaaS事業「VIZSTORE」は、インテリア製品のオーナーがVR技術を用いて製品を展示できるようにするバーチャルストアです。VIZSTOREにより、店舗賃料を抑えられるだけでなく、顧客データの不足やカタログの手動更新などの課題が解決できるとしています。

VIZSTORE Powered by Flipspaces
Flipspaces launches Vizstore- a virtual store which allows furniture and furnishing retailers to digitize the product display, visualisation & selection expe...

今回の資金調達について

今回の資金調達は、インドに特化したグローバルな資金運用会社のIIFL AMCの元CEOであるPrashasta Seth氏が主導しました。同社は2019年12月にも、115万ドル(当時約1.2億円)の資金調達を実施しています。

今回の資金調達についてFlipspacesの共同設立者兼CEOのKunal Sharma氏は、今後6ヶ月の間にインドとアメリカで事業を拡大し、1,000万ドル(約11億円)規模のビジネスを展開することを目指しているとInc42に対して述べています。

インドでも不動産×VR、スタートアップ企業が115万ドル調達 | Mogura VR

インドでも不動産×VR、スタートアップ企業が115万ドル調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Inc42

タイトルとURLをコピーしました