VRやARなどの表現を使ったクリエイターたちのコミュニティ活動がYouTubeで公開

この記事は約1分で読めます。

9月7日(火)VRやARなどの表現を使ったクリエイターたちのコミュニティ活動「NEWVIEW CYPHER」シーズン1がYouTubeで公開されました。

「NEWVIEW CYPHER」は、VRなどの技術を利用してフリースタイルに表現することをコンセプトとしたコミュニティ活動で「Break the Border」を合言葉に、平面、立体、VR、AR、MRといった表現スタイルを積極的に取り入れています。

今回公開されるのは、制作から披露まで約1ヶ月の短いサイクルで制作されたもので、総勢11名の次世代アーティストが参加。VR/AR制作・配信のプラットフォーム「STYLY」を使用して、実験的な作品群を公開しています。


VR作品「Shrink」by TOMORO KINOSHITA


AR作品「spins AR view」by YUSUKE WASHIMI

動画は下記のチャンネルからご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UC8u4W7UVmnk3eyciiAoDqzg

また今回の作品は下記のURLから体験可能です(※VRヘッドセットかアプリ対応スマートフォンが必要、詳細はこちら)。
https://gallery.styly.cc/search?q=%23cypher2021

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました