Vライバー事業のユニゾンライブがCAMPFIRE Angelsで株主募集を発表

未分類
この記事は約1分で読めます。

6月23日(水)株式会社CAMPFIRE Startupの運営する株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の第7号案件として、ユニゾンライブ株式会社の「Vライバー」事業が発表されました。同社はVライバー事業を軸にした知財をもとに中国やNFT等成長市場へ進出していくと説明しています。

「CAMPFIRE Angels」は、非上場会社がサイト上で自社株の株主募集を行うことで、個人投資家から少額ずつ資金調達ができる、株式投資型のクラウドファンディングサービスです。

今回株主募集が行われる「ユニゾンライブ株式会社」は、Vライバー事業を柱にするスタートアップ企業で、「ウタゴエ放送部」を運営しています。

同社は中国の動画配信サイト「bilibili動画」と直接契約を締結。公式「Vライバー」として登録者数1万人を獲得しています。すでに中国ライブコマース市場にも進出しているとのこと。

また「NFTアート」市場にもIPコンテンツを展開。「ウタゴエ放送部」のVRアートやミュージック・クリップなどを国内NFTマーケットプレイス「nanakusa」で販売予定です。

株主募集の詳細はこちらを確認ください。
https://angels.camp-fire.jp/projects/7

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました