【N高S高】バーチャル空間で英会話をトレーニングできるソフトを提供開始

未分類
この記事は約1分で読めます。

6月10日(木)より、学校法人角川ドワンゴ学園N高・S高等学校の「普通科プレミアム」で、VR英会話トレーニングソフト「Smart Tutor(スマート・チューター)」オリジナルスクリプト搭載版が導入されました。

「スマート・チューター」は、米PlusOne, Inc.が提供するソフトで、株式会社ドワンゴが開発した高校生向けの12種類の会話文が搭載され、普通科プレミアムの生徒は追加費用なしで利用できます。

このソフトを利用すれば、VRヘッドセットOculus Quest 向けのアプリ配信システムを介して、バーチャル空間の「Holosapiens(ホロ・サピエンス)」と英語で会話をしながら、コミュニケーション力を高めるられます。

ホロ・サピエンスに搭載されている人工知能(AI)は、利用者の発音や話す速度、アイコンタクト、姿勢のポジティブさなどのコミュニケーションレベルも評価し、スコアで表示します。 これにより、英会話の弱点の克服などの練習が可能だそうです。AIキャラクターが練習相手のため、気恥ずかしさを感じずに練習できるとのこと。

(随時)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました