Unityの「Oculus Integration SDK」がアップデート。三人称視点でのプレイ動画キャスティングに対応

未分類
この記事は約2分で読めます。

ゲームエンジン「Unity」上でのOculus系ヘッドセット向けアプリ開発をサポートする「Oculus Integration SDK for Unity」に、Oculus Quest(オキュラス クエスト)のキャスト機能を、三人称視点でキャスト可能にするシステムがベータ版として導入されました。

三人称視点でより“安定した”映像キャストを実現

これまでのQuestのキャスト機能は、同デバイスを使用中のプレイヤーが見ている映像(=一人称)をスマートフォンやテレビに表示する仕組みでした。臨場感ある映像をキャストできる一方で、プレイヤーの視点のブレなどが映像にも反映されるため、人によっては「酔いやすい」「状況を把握しづらいケースがある」という課題がありました。今回の三人称視点への対応で、細かい視点移動による画面のブレなどが反映されない、より安定した映像のキャスティングが可能になるものと思われます。

公開されたサンプル映像は、スマートフォンへのキャスティングを例にしており、移動するキャラクターを、操作可能な見下ろし型視点で眺める様子が確認できます。フェイスブックの公式Webサイトでは、一人称と三人称の切り替え機能も設定可能と解説されています。

米メディアRoad to VRは、今回導入されたシステムを、PCゲームに存在する“観戦モード”
のように運用をすることで、安定した1人称視点のキャスティングを実現できる可能性もあると説明。なおフェイスブックによれば、「3人称視点でのキャスティングは、アプリに通常よりも高い負荷をかける」とのことです。

Oculus Questのカメラで"別の"VR内で物理キーボードを出す機能が確認される。パススルーカメラを使った力技 | Mogura VR

Oculus Questのカメラで"別の"VR内で物理キーボードを出す機能が確認される。パススルーカメラを使った力技 | Mogura VR

MoguraVR

Oculus Questのカメラで"別の"VR内で物理キーボードを出す機能が確認される。パススルーカメラを使った力技 | Mogura VR

Oculus Questのカメラで"別の"VR内で物理キーボードを出す機能が確認される。パススルーカメラを使った力技 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました