“イヤ~な音”を再現するVRアプリが配信 黒板を引っ掻く、歯をドリルで削るなど

鳥肌が立つような音の出るシチュエーションを再現するVRアプリ「自虐サウンズ」が、VRデバイス「Oculus Go」にて配信を開始しました。

「自虐サウンズ」はこれまでにiPhoneとAndroidに配信された、誰もが耳をふさぎたくなるイヤ~な音を再現したアプリです。Oculus Go版では、「黒板を爪で引っ掻く音」「白い皿をフォークで引っ掻く音」「歯医者さんが歯をドリルで削る音」を、仮想空間を歩きながら体感できます。

アプリではそれぞれが違う部屋につながる3つのドアが並び、部屋の中のイヤ~な音がしそうなものにコントローラを向けて、トリガーを引いたまま動かします。「大変イヤ~な音が出ますので、くれぐれも音量にはご注意ください」とのこと。

本アプリは無料で、iPhoneユーザーを招待して対戦も可能です。

自虐サウンズ 詳細

(参考)ヴァルアップテクノロジ株式会社 プレスリリースOculusStore 配信ページ

タイトルとURLをコピーしました