世界最小サイズで8K撮影可能 360度VRカメラ「QooCam 8K」

未分類
この記事は約3分で読めます。

中国の360度カメラメーカーKANDAOの「QooCam 8K(クーカム)」が12月に発売予定です。11月13日から15日まで幕張メッセで開催されていた「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」でも展示されていた同製品の特徴と魅力を紹介します。

8K画質のコンシューマー向け360度カメラ「Qoocam 8K」

8K画質のコンシューマー向け360度カメラ「Qoocam 8K」

MoguraVR

世界最小を謳う360度VRカメラ

「世界最小の360度VRカメラ」を謳うQooCam 8Kは、片手に持てる大きさながら8K/30fpsと4K/120fpsの映像を撮影できるほか、4K/120fpsから最大8倍となる4K/960fpsのスローモーション動画を生成することもできます。

撮影はタッチスクリーンで


(画像:公式サイト)

同製品は2.4インチのタッチスクリーンを備えており、スマートフォンを使わずに撮影が行えます。スクリーン上で撮影時のプレビューの確認はもちろん、FOVやISOなどといったパラメーター調整も可能。また、手ブレ補正機能「Super Steady」の搭載により、撮影時の手ブレを抑えています。

撮影した動画はアプリひとつで編集可能


(画像:公式サイト)

スマートフォン用のQooCamアプリを使うことで、撮影後した映像をその場ですぐに編集可能。Kandao独自のSmartClip機能には10種類以上のスマートクリップテンプレートも用意されているので、初心者でも簡単に360度映像が編集できます。

また、PC用の編集ツール「QooCam Studio」も提供(Windows/Mac対応、無償)。映像のバッチ編集やAIスローモーション動画の生成など、より高度な動画編集が行えます。

発売予定は12月、価格は6万7100円


(画像:公式サイト)

QooCam 8Kの発売予定は12月で、価格は6万7100円(税込)。予約専用商品で、注文は公式サイトから行えます。また、2019年12月11日までに予約すると無料で自撮り棒も付いてきます。

製品スペック

動画(360°)

7680×3840(30fps)、10bit/3840×1920(30fps/60fps/120fps)、10bit

静止画(360°

7680×3840、12bit DNG(RAW)/リアルタイムRAW+(16bit DNG 出力)

センサー

1/1.7、2000万画素

デイスプレイ

2.4インチタッチスクリーン

動画ファイル

H.264/H.265

音声ファイルフォーマット

PCM

記録メディア

64GB EMMC内蔵、外部SDカードも対応可(最大256GB)

USB接続タイプ

USB Type-C

Wi-Fi

2.4G / 5G、有効距離15m

バッテリー

3000mAhリチウムポリマーPD急速充電

IMU

6軸ジャイロスコープ

スピーカー

内蔵

マイク

内蔵、3.5mm外部マイクも対応可

Meet QooCam 8K from Kandao
Meet QooCam 8K, the smallest 8K 360 camera in the world that extends your creativity even further. Able to capture stunning 8K 30fps and 4K 120fps footage th...

個性が光る 変形する360度・3D180度VRカメラ「QooCam」レビュー

個性が光る 変形する360度・3D180度VRカメラ「QooCam」レビュー

MoguraVR

360度&180度カメラQooCam、Facebookへ3D写真投稿が可能に

360度&180度カメラQooCam、Facebookへ3D写真投稿が可能に

MoguraVR

次世代360度カメラ、Kickstarterで目標額の10倍に到達

次世代360度カメラ、Kickstarterで目標額の10倍に到達

MoguraVR

(参考)QooCam 8K 商品公式サイト

タイトルとURLをコピーしました