VRゲーム「Vacation Simulator」日本語含む多言語対応 2進数表示も可能に

VRゲームスタジオOwlchemy Labsの最新作「Vacation Simulator」のPC(VR)版に、日本語を含む複数の言語に対応した字幕機能が実装されました。 Simulatorシリーズについて Owlchemy Labsは、VRゲームのヒット作「Job Simulator」を手掛けたことで知られています。同作は、仕事というものに馴染みがなくなった人類(プレイヤー)が、ロボットに手ほどきを受けながら職場を体験するというゲームでした。 「Vacation Simulator」は、「Job Simulator」と類似したストーリーを有する作品で、バカンスでは何をするべきなのかを、ロボットに教えてもらいながら体験するというアイロニカルな世界観のゲームです。 世界観にフィットする字幕 今回実装された字幕機能は日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、韓国語、2進数(0と1で会話が表示)に対応しています。Owlchemy Labsの公式ブログによれば、字幕が「Vacation Simulator」の世界観に“馴染む”ように製作では注意が払われたとのこと。 Owlchemy LabsのデベロッパーPeter Galbraith氏は、字幕機能の実装について以下のようにコメントしています。 VR(ゲーム)に字幕機能を実装するには、(作品の)大幅なオーバーホールが必要になります。しかし我々は“VRをすべての人に”という理念を信じており、今回のアップデートによって新たな顧客の皆様をVRに呼び込めることを誇りに思っています。 ろう者(失聴者)や聴覚に困難を抱える方々を含む世界のプレイヤーの皆様には、バカンスを楽しむ資格があるのです。 ソフトウェア概要 タイトル Vacation Simulator 開発元 Owlchemy Labs パブリッシャー Owlchemy Labs 対応VRヘッドセット Oculus Rift(Rift S)、Valve Index、HTC VIVE、Windows MR、PlatStation VR、Oculus Quest(オキュラス クエスト)(2019年内発売予定) プレイ人数 1人(シングルプレイヤー) 価格(税込) 3,090円(Steam)、2,990円(Oculus Store) 公式サ..

離れた場所にリアルタイム転送、米企業の“ホロポーテーション・マシン”

アメリカのPORTL Hologram Company(以下PORTL)は、ホロポーテーション(holoportation)マシン「HOLOPORTL」を発表しました。「HOLOPORTL」は、高さ7フィート(約213cm)、幅5フィート(約152cm)のデバイス。同社はネットワーク接続された「HOLOPORTL」を活用した重要人物(政治家、CEO、エンターティナーなど)の世界規模の同時表示や転送、各種コンテンツの再生などを提唱しています。 PORTL社はVR/AR関連の技術を手掛けている企業です。「HOLOPORTL」を使用することで、利用者は自身を4K解像度で“転送(Beam)”し、転送先の観客と交流することができます。PORTL社によれば、同デバイスではリアルタイム転送のほかに「コンテンツの撮影や編集、再生も行える」とのこと。リリースでは「ペッパーズ・ゴースト(※)技術は使っていない」とコメントしており、技術面の開示なども待たれるところです。 (※ペッパーズ・ゴースト……ハーフミラーの性質を持つスクリーンなどを利用して映像を投影し、その映像に登場する人物があたかも舞台や床の上など、特定の場所に実在しているかのように表示する技術のことを指す。DMM VR THEATERなどでこの方式が利用されている) 意外と知らない「ホログラフィック・ディスプレイ」カンタン解説 MoguraVR 3Dホログラムを遠隔で投影 5G・Kinect・HoloLens活用 MoguraVR (参考)プレスリリース

Wright Flyer Live Entertainment、「REALITY Studio」の法人向けソリューションを開始

VTuberライブ視聴・配信アプリ「REALITY」を手がける株式会社Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)は、バーチャルキャラクターのライブや番組制作チーム「REALITY Studio」の法人向けソリューションサービスを提供開始しました。 同チームはこれまでも一部の法人向けにサービスを提供していましたが、「バーチャルキャラクターに対するさまざまなニーズの高まりを受け、今回、ソリューション事業として正式に提供開始することになった」とのこと。 「REALITY Studio」は、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」において累計500回を超えるライブ番組を配信、ホールやクラブなどでのイベントなど幅広い企画制作を行ってきた、制作チームです。 このソリューションサービスはバーチャルキャラクターのコンテンツ企画・制作・配信までワンストップで手がけます。3Dアバター制作、モーションキャプチャ収録、生番組配信など「REALITY」で培った技術を駆使して最適なソリューションを提供する、としています。 特にモーションキャプチャ収録を行うスタジオについては、全3ルーム同時稼働が可能な「REALITY Studio Tokyo」と、高品質のキャプチャーシステム「Vicon」を導入した「REALITY Studio Roppongi」を所有し、ライトな用途から高精度なモーションキャプチャーを必要とするケースまで、幅広い用途で利用できるとのこと。 ■活用事例 ・既存IPを活用したバーチャルキャラクターの制作・運用 ・企業広報向けバーチャルキャラクターのプロデュース ・バーチャルキャラクターによる商品・サービスプロモーション ・バーチャルキャラクターのライブイベントの企画・運営 ・「REALITY」でのタイアップ番組制作 ■主な実績 ・KMNZをはじめとした自社・他社様と共同でのVTuberを多数プロデュース ・テレビ東京がつくる動画配信サービス「あにてれ」にて、バーチャルキャラクター番組「ニパてれ~地球でしてみたあんなこと~」の収録・編集を担当 ・2019年8月24日・25日に開催された西日本最大級のビーチフェス「MUSIC CIRCUS’19」にて、会場に設置されたau特設ブースでREALITY公式番組とのタイアップ番組の生配信を実..

【ハニーストラップ】コスモプラネタリウム渋谷で堰代ミコのソロイベント

ハニーストラップ所属のVTuber(バーチャルユーチューバー)堰代ミコさんによる初のソロイベント「夜色の目 for Mico -Responsive-」が、12月8日(日)にコスモプラネタリウム渋谷で開催されます。 イベントは同日に2公演が予定されており、チケット販売は11月3日(日)12:00から。会場のコスモプラネタリウム渋谷は渋谷区文化総合センター大和田内にある施設で、通常営業時にはドームに投影される約26万5000個の星空を観賞できます。 人間!ソロイベの詳細だよー!♆(⃔ ・-・♆)⃕↝♥️ イベントタイトルは 「夜色の目for Mico-Responsive-」 予告動画がなんと現実に!? 開催日時は12/8(日) 15:30〜 17:30〜の同日二回公演だよ! チケット販売は11/3(日)12:00から! 明日また詳しく配信でお話しするねー!♥️#夜色の目#ハニスト pic.twitter.com/vkJOZq8nWy — 堰代ミコハニスト (@Mico_HNST) October 30, 2019 堰代ミコさんは、「初めてのソロイベントでドキドキするけど、人間たちに普段よりちょっと特別なぼくとの時間を過ごしてもらえたら嬉しいな。人間たちとぼくの大切な記憶になりますように。先に流れ星にお願いしておいたよ、へへ。」とコメント。また、10月31日(木)の配信でイベントの詳細を発表するとのこと。 チケット販売先はこちら。 イベント概要 会場 コスモプラネタリウム渋谷 日時 2019年12月8日(日) 1部 15:00開場 / 15:30開演 2部 17:00開場 / 17:30開演 チケット価格 【1部】特典付きチケット 7,800円 【2部】特典付きチケット 7,800円 チケット販売 1月3日(日)12:00 先着順 販売先・詳細 SPWN (参考)SPWN イベントページ、堰代ミコ 公式Twitter

NVIDIAがVR対応の新GPU「GTX SUPER 1660」など発表

NVIDIAは新GPU「GeForce GTX SUPER」シリーズを発表、「GTX 1660 SUPER」「GTX 1650 SUPER」の2モデルを公開しました。うち、GTX 1660 SUPERは海外向けに複数メーカーを通じて229ドルから発売を開始しています。GeForce GTX 1650 SUPERは全世界で11月22日に発売予定、価格は後日発表されるとのこと(※日本での提供開始時期や国内価格は、2019年10月30日現在不明です)。 GTX 1660 SUPERおよびGeForce 1650 SUPERは、2019年7月発表の「GeForce RTX SUPER」に続くものです。処理速度においてGTX 1660 SUPERはGTX 1660を最大20%、GeForce 1650 SUPERはGTX 1650を最大50%上回るとのこと。 両モデルは次世代コアアーキテクチャ「Turing」を採用しています。RTX 20シリーズやRTX SUPERシリーズと同様に浮動小数点演算と整数演算の並列処理が可能となっていますが、リアルタイムレイトレーシング、VRの共通規格であるVirtualLink等には非対応です。 (参考)NVIDIA

VR専用ブラウザ「Supermedium」開発終了、新しい方向性を模索

Supermedium社のVR専用ブラウザ「Supermedium」が、すでに開発を中止したことが明らかになりました。 SupermediumはSuper XYZの名前でも知られ、過去には簡単なコードでVR対応サイトを作れる「A-Frame」を制作。2018年7月にはシードラウンドで110万ドル(約1.2億円)の資金調達にも成功しました。 SupermediumはOculus RiftやHTC VIVE、Valve Indexなど、さまざまなVRヘッドセットで利用できるブラウザで、現在もSteamとOculus Storeでダウンロードすることができます。 米メディアRoad to VRがドイツのVR専門メディアMIXEDに取材したところによると、同社は「現在、Supermediumの開発には取り組んでいない」とし、「人々がもっと使いたいと思う別のプロジェクトを引き続き検討・開発していくつもりです」と述べています。 https://www.youtube.com/watch?v=QZVSVW5_taw 同ブラウザに今後アップデートの予定があるかについて、開発者は「あったとしても、それはおそらくWebブラウザの形ではないと思う」とコメント。同社広報も「Supermediumは現在も引き続き利用はできますが、我々は(ブラウザではなく)、人々が毎日VRを使いたいと思うものを作る方法を模索しているところです」と語りました。 1つ1つのページが世界になるVR専用ブラウザ MoguraVR VR専用ブラウザSupermedium、110万ドル調達 MoguraVR 1行のコードでWebサイトにVRを。Mozillaより、Web VRライブラリ「A-Frame」がリリース MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

東京国際映画祭に「直感×アルゴリズム♪」のキリン&シーが登場!【本人インタビューあり】

10月28日(月)から開催される第32回東京国際映画祭に、生放送アニメ「直感xアルゴリズム♪」のバーチャルアイドル・キリン(Kilin)さん&シー(Xi)さんが登場します。イベント開催期間は、11月2日(土)と3日(日)の2日間で、各日16:00~(1部)、18:00~(2部)に行われる予定。会場は六本木ヒルズアリーナです。 今回のイベントタイトルは「第32回東京国際映画祭 Virtual×Real×Techライブ~featuring 直感×アルゴリズム♪~」。当日はイベント会場に高速3Dスキャナー「ANATOMe」が設置され、来場者の全身をそのまま3Dスキャンする体験会が行われます。(「ANATOMe」の受付時間は 10:00~15:00の予定です) https://www.youtube.com/watch?v=CyZ0cL1CNlI スキャンされた身体は、アバターとなってスクリーンに投影。アバターが「直感×アルゴリズム♪」の音楽にあわせて踊るライブが観られるとのこと。 またメインステージでは“バーチャルとリアルを繋ぐ”ライブイベントも開催されます。次世代ネットワークである「5G」を利用し、VR空間の中でキリンさん&シーさんの舞台を体験できます。 さらにスペシャルサポーターとしてお笑い芸人のピコ太郎氏(※2日1部のみ出演)と漫才コンビ・アメリカザリガニの平井 善之氏(MC役)も出演予定。平井氏はさっそく「ANATOMe」体験をTwitterで公開しています。 3D平井のその後、、、#tiff #5G #直感アルゴリズム #アメザリ #アメリカザリガニ pic.twitter.com/KrF2VbFvly — アメリカザリガニ25周年YEAR@スタッフ (@amezari_amezari) October 30, 2019 またMoguLive編集部は「直感×アルゴリズム♪」のキリンさん&シーさんにイベントへの意気込みをインタビューしました。 「直感×アルゴリズム♪」キリン&シーインタビュー ——今回、東京国際映画祭でのイベントが決定しましたが、おふたりは当日どのようなパフォーマンスを行う予定ですか? キリン:「Tacitly」の歌も歌いたいし、あとはどうしたらみんなと盛り上がれるが考えています! シー:まだ内緒なんですけど、この日のために用意..
未分類

バーチャルシンガーAZKiの1stフルアルバムがリリース MVも公開

バーチャルシンガーAZKiさんの1stフルアルバム「without U」が11月12日(金)にリリースされます。それにともない、「without U」に収録される「嘘嘘嘘嘘(らいらいらいらい)」のMVがYouTubeチャンネルにて公開されました。 「嘘嘘嘘嘘」は、ベースの重低音を押し出したロックサウンド。MVでは目まぐるしく切り替わるエモーショナルなリリックも注目ポイントだそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=re2rwAWZGjg また10月30日(水)20:00からは、ラジオ企画「アズラジ」がYouTubeチャンネルで放送。ゲストにバーチャルシンガーユニット「 エルセとさめのぽき」が出演します。続いて放送後の22:00には、さめのぽきさんが手がけた「without U」収録曲「世界は巡り、やがて君のものになる」も公開予定です。 1stフルアルバム「without U」のリリース情報 ジャケットType-A ジャケットTypeB リリース日 2019年11月12日(月) 価格 Type-A・B(ジャケット違い) 3,000円 収録曲 1.without U 2.コトノハ 3.嘘嘘嘘嘘 4.自己アレルギー 5.虹を駆け抜けて 6.ちいさな心が決めたこと 7.世界は巡り、やがて君のものになる 8.Midnight Song 9.Reflection 10.のんびりと、 11.フロンティアローカス 12.リアルメランコリー 13.Starry Regrets 店舗別特典 タワーレコード : A4クリアファイルA Amazon: A4クリアファイルB アニメイト : 缶バッジA(2個セット) とらのあな : 缶バッジB(2個セット) ゲーマーズ : 缶バッジC(2個セット) その他チェーン展開 : ジャケットアートワークステッカー2枚 詳細 1stフルアルバム「without U」特設サイト AZKi 4th LiVE 「REPEAT THiS LiFE WiTH U」の概要 また2019年12月29日(日)池袋harevutaiにて、AZKiさんの4thワンマンライブ「REPEAT THiS LiFE WiTH U」#AZ輪廻が開催されます。 現在、チケット二次先行(先着)がイープラスにて受付中で..
未分類

VR空間の物体を触れる、Oculus Quest向け触覚グローブが登場

米企業BeBop Sensorsは、一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」のコントローラーと組み合わせて使う、触覚グローブを発表しました。同製品を使うことで、VR空間内にある物体に“触れる”ようになります。 BeBop Sensorsは、2018年1月に触覚グローブ「Forte Data Gloves」を発表。以降も同製品の開発を続けてきました。 今回発表されたのは、そのForte Data GlovesとOculus Questコントローラーを組み合わせて使うシステム。これにより、VR空間内で物体の大きさや重さを感じ取ったり、物体を曲げたりひねったりする感覚などを体験できます。 https://www.youtube.com/watch?v=UBakV63xi64 同社によると、現実世界とVR空間とのズレは6ミリ秒以下であり、ほぼ遅延がないとのこと。これは160Hzで動作する高速センサーと計6つの触覚装置によるものです。VR空間で湖面を指ではじくと即座に波紋が生まれ、ギターの弦を弾けばすぐに音が鳴ります。 同製品はブルートゥースまたはUSBで接続し、バッテリー駆動時間は15時間。また、内部センサーは防水性も備えているとのこと。 BeBop Sensorsは「Forte Data Glovesの主目的は、企業での作業研修のありかた変える」ことだと言います。ますます多くの企業が従業員研修にVR/ARの活用を模索する中、仮想空間での学習に対する期待が高まっています。 同製品はすでにフォーチュン500(米フォーチュン誌が毎年発表する、全米上位500社のランキング)の複数の企業に導入されており、研修、医療試験やリハビリ、ロボット・ドローンの操作、VRでのCAD設計・レビューなどに使われています。 Varjoの超高解像度VRヘッドセットに新型「VR-2」登場 ハンドトラッキング搭載モデルも MoguraVR Oculus Questにハンドトラッキング、PC接続など新発表まとめ MoguraVR ハンドトラッキングのLeap Motionが「Ultraleap」に。 "大きな前進を象徴" MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
未分類

Oculus QuestとPCをつなぐ「Oculus Link」、専用ケーブルは他メーカーも製造可能に?

フェイスブックは、一体型VRヘッドセットOculus Quest(オキュラス クエスト)用の新機能「Oculus Link」用ケーブルのスペックを、サードパーティー向けに開示します。これにより、Oculus Linkに対応するケーブルの製造を他企業が行えるようになるものとみられます。 「Oculus Link」とは、Oculus QuestとをPCとケーブルで接続詞、PC向けVRコンテンツを遊べるようにする機能。Oculusの年次開発者会議「Oculus Connect6(OC6)」で発表されました。2019年11月にベータ版がリリース予定です。 【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし MoguraVR Redditで発表 このサードパーティーへのスペック開示の発表は、海外掲示板Redditで、Oculusのプロダクトマネージャーu/HiFiPotato氏(ハンドルネーム)が行いました。同氏の発表は以下の通りです。 Oculus Link用のケーブルは、通常のUSB3.0(=USB Type-C)ケーブルよりも柔軟かつスリムです。USBケーブルの長さ、データインテグリティ、フレキシビリティ、人間工学的要素、重さといった要素は、すべて重要です。 また我々はOculus Link用のケーブルの仕様を公開します。もしサードパーティーがケーブルを製造・販売したいと考える場合、我々はそれを歓迎します。 今回のスペック開示によって、「Oculus Link」向けのUSB Type-Cケーブルの製造を構想する企業は、同機能に確実に適合するケーブルの製作が可能になります。OC6での発表時、Oculusは「Oculus Link」の使用には高品質なUSBケーブルが必要と告知し、専用のケーブルを発売する旨も発表していました。 https://www.youtube.com/watch?v=neoNVnnIaPQ 無線化計画も構想中 Oculusは、「Oculus Link」の開発と並行して、同機能を無線(ワイアレス)化する計画を構想しています。この構想はOC6でOculusのCTOジョン・カーマック氏が発表しました。同氏によれば、現段階では技術的な障壁はあるものの、問題は改善可能であるとのことです。 【2..
未分類

手塚治虫生誕90周年記念の「火の鳥」コンピアルバムにキズナアイが参加

10月30日(水)、VTuber(バーチャルユーチューバー)のキズナアイさんが参加する、手塚治虫生誕90周年を記念した「火の鳥」コンピレーションアルバム「NEWGENE, inspired from Phoenix」が発売されました。 このアルバムは、さまざまなアーティストたちが手塚治虫の漫画「火の鳥」にインスピレーションを得て制作した楽曲が収められたものです。今回キズナアイさんは、TeddyLoid (テディロイド)× Kizuna AIの楽曲「Fireburst」に参加。TeddyLoid氏は、数々のアーティストに楽曲を提供する作曲家・プロデューサーで、柴咲コウさん、DECO*27氏とともにユニット「galaxias!」を組む他、アニメ「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」のサウンドトラックなども担当しています。 https://www.youtube.com/watch?v=du3kd8SzopE&t;=130 TeddyLoid氏によれば、35世紀の世界が描かれ、電子頭脳がひとつのキーワードとなる「未来編」にインスピレーションを得たとのこと。キズナアイさんとはこれまでにもコラボレーションをしており、「Kizuna AI 1st Live ”hello, world”」や「SUMMER SONIC 2019」といったライブで共演しています。 アルバムには他にも、浅井健一氏、やくしまるえつこ氏、森山直太朗氏など、著名なアーティストが多数参加しています。 アルバム概要 収録楽曲 1.「HONESTY GOBLIN」浅井健一 Lyric, Music & Arrangement : 浅井健一 2.「Circle Of Time」 GLIM SPANKY Lyric : 松尾レミ Music : GLIM SPANKY Arrangement : 亀本寛貴 3.「賢者のダンスフロア」佐藤タイジ Lyric , Music & Arrangement : 佐藤泰司 4.「藝術編 (The Artist) 」/ Shing02 & Sauce81 Lyric : Shing02 Music : Sauce81, Yousuke Yabuuchi Arrangement : Sauce81 5「Fireburst」TeddyLoid × Kizu..
未分類

香港デモのVRゲームを学生が制作、配信目指す

2019年、香港では若年層を中心とする大規模デモが継続しています。このデモに参加する学生達が、「最前線の抵抗者」の視点からデモを体験するVRゲームを制作、オンラインでの公開配信を目指しています。 催涙ガス、警官から逃れ抵抗 英国のメディアロイターは、寂れた高層ビルの一室で開発者への取材を行いました。ゲームは短いながらも作り込まれたファーストパーソンシューティングで、プレイヤーは催涙ガスをかわしたり、身を潜め、警官の追跡から逃げるといったアクションを取ります。 VRヘッドセットを装着すれば、360度の没入感と共に体験が可能。”自由のために戦え”、”五大要求、一つも欠けてはならない”、等の現実に使われるスローガンが書かれた、色とりどりのポストイットメモをスキャンするインタラクティブな要素もあります。 「最前線の抵抗者たちが、どのような危機に直面しているか体験できます」Lamと名乗る30歳の開発者は、顔をマスクで覆ったまま取材に応じました。「ゲームをプレイした後、外に出て(=デモに参加)行かなければならない、という意味ではありません。我々は、自由のために戦う人々が外に出れば良いと思っています」 暴力や違法行為を容認はしない 二人の同級生とともにゲームを制作したLamは、ゲームはデモ参加者に暴力や違法行為を容認するものではないと話します。そのような意図は、ゲームのオンラインでの公開を阻害するものだ、と彼女は説明しました。しかし一方で、確かに「デモ参加者を支持」する立場だということは認めています。このゲームこそが、一つの抵抗方法なのです。 香港のデモを巡っては10月上旬、デモ参加者を取り扱ったモバイル向けRPGが、グーグルのアプリストアから削除されました。またeスポーツの大会で、デモを支持する発言をしたプレイヤーが出場停止処分を受けるという出来事も起きています。学生は、既にゲームを配信会社に提供したとのこと。11月のリリースを希望しているといいます。 (参考)Reuters
未分類

「ココツキ」ファーストVRライブ&オリジナル楽曲制作が決定!

バーチャルシンガーユニット「ココツキ(Coco Tsuki)」が、2020年1月18日(土)にファーストVRライブの開催を発表しました。さらにボカロP・DECO*27氏プロデュースによるオリジナル楽曲の制作も決定しました。 「ココツキ」は今年の9月からオリジナル曲制作とファーストライブ開催を目指したクラウドファンディングを実施し、10月29日(月)に目標金額の200万円を突破しました。10月31日(木)には「ココツキ」のYouTubeチャンネルで、クラウドファンディング達成報告の生放送を予定しているそう。 クラウドファンディングは引き続き、11月8日(金)まで実施。追加の支援金は、さらなるオリジナル曲制作などの活動に使用するとのこと。 「ココツキ」は鈴代ここねさん、鈴代つきねさんの姉妹によるバーチャルシンガーユニットです。2019年2月から活動を開始し、人気曲のカバーを中心とした歌ってみた動画を投稿してきました。 また10月には謎の新メンバー「響かさね」さんが動画に登場し、新たな活動の展開を見せています。 #ウタオウヨ おつかれさまでした!!ココツキの記念すべき初番組出演、そしてまさかのクラファン100%達成をリアルタイムでみんなにお祝いしてもらって本当に嬉しいです。゚(゚´ω`゚)゚。!✨✨ YuNiちゃんもAZKiちゃんも優しくて可愛くてここね限界オタクした みんなありがとおおお — 鈴代ここねココツキ@CFはじまた! (@CT_Cocone) 2019年10月28日 #ウタオウヨ ありがとーーー緊張しすぎてもう、心臓破裂した・・・でもYuNiちゃんも、AZKiちゃんも優しくて面白くて、すーーっごく楽しかった そしてクラウドファンディングも達成したって・・・( т৹т )ねえ、ねえ。みんなありがとう、本当に嬉しい。大好き。生放送も楽しみにしててね — 鈴代つきねココツキ (@CT_Tsukine) 2019年10月28日 (参考)鈴代ここね公式Twitter、鈴代つきね公式Twitter
未分類

アップルのARグラスは調光レンズ搭載? 新特許が明らかに

アップルが開発を進めていると報じられている新型ARグラスに、“周囲の明るさに対応して不透明度を調節できるレンズ”が搭載される可能性が浮上しました。この情報は米メディアTechRadarが報じたもので、同メディアによれば、2019年10月24日に公開されたアップルの特許(米国特許商標庁に出願)から判明したとのこと。 (画像:アップルの特許資料より) このアップルの特許の正式名称は「不透明度を調整できるシステムを搭載したヘッドマウントディスプレイ(Head-Mounted Device with an Adjustable Opacity System)」です。特許では「コンピューターが作り出したコンテンツを、現実のオブジェクトの指定された場所に表示する」という文面があることから、新型ARグラスに関連する特許である可能性が高いと考えられます。 TechRadarは、正式名称に含まれる「不透明度を調整できるシステム」が、使用されているレンズの不透明度を必要に応じて調節できる機能と説明。同機能をフォトクロミックレンズ(※)に類似したものと解説しています。 (※フォトクロミックレンズ:紫外線に晒されると黒くなり、光が当たらないと色が元に戻るレンズ) 新型ARグラスについて 2019年10月時点では、アップルの新型ARグラスについて判明している事実はほとんどありません。複数のメディアは、ARグラスは2019年より量産開始され、2020年にリリースされることを報じていますが、同社からの正式な発表はありません。 アップルは現在、ARグラス向けと思われる特許を多く取得(出願)しているほか、同分野に関する求人を積極的するなど、ARに関する取り組みを積極的に行っています。2019年9月には、iOS 13に「Garta」と呼ばれるARデバイスの名称が含まれていたことも判明しました。 ただし、これまでに判明している他の特許と同じく、今回の特許も必ずしも実際の製品に採用されるとは限りません。アップルがARグラスに関する正式な発表をいつ行うのか、注目が集まります。 アップルのARグラス、新たな関連特許が明らかに MoguraVR アップルの次期iOSにARデバイスと思われる名称 開発は進行中か MoguraVR アップルの"ARグラス"登場は近..
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】期間限定「秋の行楽イベント」がスタート

10月29日(火)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク」で、期間限定「秋の行楽イベント」が実施されます。期間は11月1日(金)午後15:00から12月6日(金)午後14:59までです。 「秋の行楽イベント」では、イベント限定モンスター「もみじこぞう」が出現。同モンスターを倒した数に応じて、イベント限定家具やアクセサリーが獲得できます。ジェムが100個もらえるイベント限定クエストも実装されるとのこと。 「もみじこぞう」は、ストーリークエストの「2章1話」をクリアすると出現します。同モンスターの出現期間は、各地方ごとに異なります。出現期間の詳細は以下の通りです。 もみじこぞうのブロック別出現期間 ・北海道・東北ブロック:11月1日(金)午後15:00から11月15日(金)午後14:59まで。 ・関東・中部ブロック:11月8日(金)午後15:00から11月22日(金)午後14:59まで。 ・近畿・中四国ブロック:11月15日(金)午後15:00から11月29日(金)午後14:59まで。 ・九州・沖縄ブロック:11月22日(金)午後15:00から12月6日(金)午後14:59まで。 【秋の行楽イベント開催!】 全国各地、特定のスポットの周辺に限定モンスターの「もみじこぞう」が出現する『秋の行楽イベント』を11月1日より全国で順次開催いたします。 出現スポットやイベントの詳細は特設サイトよりご確認ください。https://t.co/nl5rjRWJbc#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/SerN6lhMSa — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) October 29, 2019 公式発表によれば「もみじこぞう」は、特定のスポットの周辺に出現するとのこと。同モンスターが出現する場所の詳細は、こちらから確認できます。 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter
未分類

ARプラットフォーム「Vuforia」のPTC、CAD企業を買収

AR開発ツール「Vuforia」を提供する米国のソフトウェア企業PTCは、クラウドCADソフトのスタートアップ企業Onshapeを買収しました。PTCは今回の買収に際し、「3Dコンテンツ×ARのサービスにおいて、シナジーを期待している」と述べています。一部の情報筋によれば、今回の買収金額は4,700万ドル(約51億円)に上るとのこと。 マルチユーザーのCADソフトウェア Onshapeは2012年に設立。累計で1,500万ドル(約16億円)の資金調達に成功しており、5,000人以上の利用者を抱えています。今後はPTCの1ビジネスユニットとして、事業を継続することとなります。 Onshapeはいわゆる「SaaS(Software as a Service)」を提供しており、デスクトップPC、スマートフォン等のモバイル機器いずれからもCADの編集に参加できます。さらにデータ管理・編集を複数人で同時に行うことができ、設計者や開発者が互いの編集履歴を見ながら並行作業ができるため、効率的な3Dモデル制作が可能です。 https://www.youtube.com/watch?v=8KWr3pTxna0 PTCのCEO、Jim Heppelmann氏は「業界唯一の実績と拡張性を持ち、純粋なSaaSプラットフォーム企業Onshapeの買収により、当社のオンプレミスビジネスが補完されます。そして新たなCADとPLMの成長機会を得ることを、期待しています」「これは同時に、PTCがSaaS型サービスへと向かう市場の転換において、リーダーとなる後押しをします」とコメントしました。 Vuforiaとのシナジー Onshape獲得により、PTCはAR開発ツールVuforiaに加え、マルチユーザー向け・CADベースの3Dデザインソフトウェアの供給が可能になりました。「Vuforiaの重要な核となるのが、3Dデータのオーサリング及びデータ管理、コラボレーション、それらを行うプロセスです。データ管理とコラボレーションが必要な3DアプリケーションVuforia。そしてデータ管理とコラボレーションに長ける3DアプリケーションOnshape。この二つには、非常に大きなシナジーがあります」とHeppelmann氏は説明します。 「当社はVuforiaとOnshapeを合わせて提供し、即時の効果..
未分類

フランスで話題の“ミツバチ・インフルエンサー”、意外な運営元とその理由

Instagram(インスタグラム)で、ミツバチのインフルエンサー「B.」が活躍しています。この小さなインフルエンサーは2019年4月28日に初投稿を行い、その後半年で12万3,000人ものフォロワーを獲得。パリのモンマルトルの丘やエッフェル塔など、“インスタ映え”するスポットの写真や、アプリで加工したセルフィーをアップロードしています。 この投稿をInstagramで見る Je vois la vie en rose Maybe I should think about painting my hive in pink What's your favorite place? #bee #bees #beefund #beenfluencer #savethebees #beesofinstagram #buzzforbees #beekeeping #followme #picoftheday #weeklyfluff #parismaville #parisianlifestyle #pariscartepostale #parisgram #parisview #paris_focus_on #montmartre #montmartreaddic #pinkhouse #lamaisonrose #strikeapose B.(@bee_nfluencer)がシェアした投稿 – 2019年10月月14日午前8時08分PDT 50年の歴史を持つ行政機関が発信元、その理由は? この「B.」の発信元はフランス財団(Fondation de France)。フランス政府によって設立された、50年の歴史を持つ独立行政機関です。彼らがバーチャルインフルエンサーをスタートしたのはなぜなのでしょうか? そのカギは、ミツバチの大量死にあります。 この投稿をInstagramで見る If you love to eat, you have to celebrate World Food Day! My sisters and I are behind most of the food you eat everyday. Are you wondering which ones? Comment with a food emoji ( …) an..
未分類

グーグルの「Pixel 4」、外箱にこっそり“隠し要素”

2019年10月24日にリリースされたグーグルの新型スマートフォン「Pixel 4」の外箱に、ARを活用したイースターエッグ(隠し要素)が発見されました。 Google Lensでスキャンして再生 今回発見されたイースターエッグは、「Pixel 4」の外箱を「Google Lens」でスキャンすることで、#teampixel(ハッシュタグ)が添えられた2Dアニメーションが再生されるというもの。アニメーションには「Pixel」シリーズのインスタグラム公式アカウントのアカウント名が含まれているほか、 インスタグラム上に投稿されている写真を見ることができます。 米メディアVRScoutは、今回のARイースターエッグの実装について「グーグルのAR普及のためのコミットメントである」としています。 https://www.youtube.com/watch?v=JTZ8oSavBDA 今後はARを重視か グーグルは現在、ARに関する取り組みをより重視しています。同社は、ARプラットフォーム「ARCore」のアップデートを継続して行っているほか、「Google Lens」やGoogle検索にARを活用した新機能の追加など、AR分野の拡充を積極的に実施しています。 一方で、これまでARと並行して進められてきたVR関連のプロジェクトの縮小が開始されました。グーグルはVRゴーグル「Daydream View」の販売終了を決定。「Pixel 4」も(以前のモデルとは異なり)VRプラットフォーム「Daydream」には、非対応となること発表されています。 グーグル、Pixel 4はDaydream VR未対応 ゴーグルの販売も終了 MoguraVR 画面に触れず操作 Googleの新型Pixel4には新型センサー搭載 MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
未分類

白上フブキのソロイベントに中国会場が追加 日中同時開催を実現へ

11月16日(土)に開催される、ホロライブ所属のVTuber白上フブキさんによる初のソロイベント「Congratulations!!FUBUKI BIRTHDAY PARTY.2019」が、中国上海会場で追加開催されます。 同イベントは、白上フブキさんのお誕生日をお祝いする内容で、これまでに東京・名古屋・大阪・福岡の4都市での同時開催が発表されていました。一方、白上フブキさんは中国動画配信サイト「bilibili」において約70万人のチャンネル登録を獲得しており、現地のファンからの熱い要望に応え、中国上海のライブハウス「VAPOLLO THEATER(ヴァポロシアター)」を上海会場として追加したとのことです。 VAPOLLO THEATERは、中国初のARライブシステム常設のライブハウスです。⽇中間で映像と⾳声データを送受信し合うことにより、VTuberやスタッフが日本にいながら、遠隔での中国ライブ公演や⽇中同時開催が可能だと明かされています。 VAPOLLO THEATERに関する記事はこちら。 上海にARライブハウスがオープン 日本から遠隔でライブ公演できる MoguraVR #FBKBK2019 なんと! 上海でもイベント開催しちゃいますよおおおお!!!!!(^・ω・^§)ノ✨✨ いつも応援してくれる中国の方も参加してほしいです 「白上フブキ」初ソロイベント中国上海会場追加決定!! https://t.co/LOVOmJHVpA — ⛩白上フブキ⛩ローラン (@shirakamifubuki) October 28, 2019 イベント内容 イベントタイトル Congratulations!!FUBUKI BIRTHDAY PARTY.2019 公演日 2019年11月16日(土) 開場 18:30 / 開演 19:00 2019年11月16日(土) 開場 17:30 / 開演 18:00(中国時間) 公演会場(日本) ・東京 会場:池袋HUMAXシネマズ 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目22−10ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り ・大阪 会場:109シネマズ大阪エキスポシティ 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2−1 大型複合施設 エキスポシティ ・名古屋 会場:伏見ミ..
未分類

賞品総額は100万ドル相当、AR「モノポリー」イベントが全米で開催

米Ally Bankが全米6つの都市にて、ボードゲーム「モノポリー」を題材としたイベントを開催しました。このイベントはARで表現された案内に沿って、街中に散りばめられた課題を解決していくというものもの。現金5万ドルや車などの景品も含め、合計100万ドル相当の賞金・賞品が用意されました。 このイベントには、ARプラットフォームの開発を行う8th Wallが技術面で協力。資金面では、AnomalyやMediaComといった広告代理店が協賛を行っています。 ゲーミフィケーションを活用したリテラシー向上 このイベントは単なるARを活用したゲームではなく、金融やお金に関するリテラシーの向上を図るものです。Ally Bankの広報担当者によれば、「アメリカ人の約40%が、お金に関する知識が十分に身につけられていないと回答している」とのこと。いわゆる“ゲーミフィケーション”を取り入れることで、まずはお金に関するリテラシーの向上に興味を持ってもらえるだろうと想定しています。 実際、同社が18歳以上の2,000人を超える人々を対象に行った調査では、遊びを通して知識を高めることが効果的であることを示唆するものとなっています。調査結果では、81%の人々が「お金に関するボードゲームを遊ぶことは、実際のお金に関する知識の拡充に役立つ」と答えました。さらに、子供の時にこのようなゲームを遊んだことのある人々の71%が、「その体験が現在のお金に関するリテラシーに貢献している」とも述べています。 担当者は「今回のキャンペーンを通して、節約、投資、物件購入や、資金繰りの回復方法などについて、身につける機会になるだろう」とも語りました。 教育活動への寄付も合わせて実施 イベントでは、原作のモノポリーのボードにある「共同基金のマス」も用意されました。本来は資金を獲得する(あるいは失う)マスですが、今回のイベントでは、教育活動を支援するジュニア・アチーブメントへの募金ができるものとなっていました。参加者らは任意で募金することができるようになっています。 イベントは10月21日から28日までの間、シャーロット(ノースカロライナ州)、シカゴ、ダラス、デトロイト、ニューヨーク、シアトルの6都市で開催されました。25日金曜日までの時点で、少なくとも24万人を超える人々がイベントに参加しており、この試みは..
未分類

【早割10/31まで】「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO」出展社紹介:第2回 ~エルザ ジャパン、QDレーザ、ジャパンディスプレイ、Pico Technology Japan、モーションリブ~

2019年12月4日(水)、株式会社MoguraおよびDBJキャピタル株式会社は、VR/AR/MRの展示会「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 TOKYO(VR EXPO)」を東京・秋葉原にて共同開催します。 本イベントは、VR/AR/MRのビジネス活用に関心のある企業や投資家を対象に、B2B展開を行う企業の体験展示、およびビジネスマッチングの機会を提供します。 Mogura VR Newsでは、数回に分けてイベント参加企業の具体的な出展内容を紹介します。今回紹介するのは、VR/AR/MRビジネスEXPOに出展する企業32社のうち、「株式会社エルザ ジャパン」「株式会社QDレーザ」「株式会社ジャパンディスプレイ」「Pico Technology Japan株式会社」「モーションリブ株式会社」の5社です。 10月31日まで 早割チケットも販売中 なお、本イベントでは早割チケットを販売中です。【10月31日】まで購入可能なチケットですので、こちらもぜひご参照ください。 VR/AR/MR ビジネスEXPO チケット購入ページ 株式会社エルザ ジャパン:人の目レベルのVRヘッドセット「VR-2」、VR/ARヘッドセット「XR-1」 株式会社エルザ ジャパンは、コンピュータ周辺機器の開発・販売ならびにサポート業務を行っています。今回はフィンランドのVarjo社による産業向け超高解像度VRヘッドセット「VR-2」、VR/ARヘッドセット「XR-1」のデモ展示を行います。 超高解像度の新型VRヘッドセット「VR-2」 「VR-2」は2019年2月発売の「VR-1」の性能をさらに向上させ、“人の目レベル”の超高解像度で表示できる領域を広げるなど、主に映像面でのクオリティを改良した産業向けVRヘッドセットです。VR-2はSteamVRに対応。VR-2と同時発売の「VR-2 Pro」はUltraleap社(旧Leap Motion社)のハンドトラッキング機能を搭載しています。 Varjoの超高解像度VRヘッドセットに新型「VR-2」登場 ハンドトラッキング搭載モデルも MoguraVR VRとARを切り替え可能なヘッドセット「XR-1」 「XR-1」は、「VR-1」のアップデート版となる、前面の高性能カメラを使用して風景を内側のディスプレ..
未分類

新たなVRライブ開催? VARKが謎の画像を再び投稿

VRライブプラットフォーム「VARK」の公式Twitterアカウントが、10月28日より大きな「V」マークと「NEXT>>>10/31」の文字列が表示された画像を投稿しました。画像は7月に投稿されたVRライブ「Vサマ!」の告知画像に類似しています。 以前は、樋口楓さん、燦鳥ノムさん、AZKiさん、まりなす(仮)など、音楽活動を行っているVTuber・VTuberグループが、「V」マークと「NEXT>>>7/4」の文字列が表示された画像を一斉に投稿。そして7月4日(木)当日には、「Vサマ!」の開催が正式に発表されました。 「Vサマ!」は、8月24日と25日にそれぞれ昼公演・夜公演が開催されたVR夏フェス。ニコニコ生放送の他、スタンドアローン型のVRデバイス「Oculus Go」、「Oculus Quest」にて視聴でき、バーチャル空間ならではの演出がライブを盛り上げました。また、VTuber以外にもボーカロイド・バーチャルシンガーの初音ミクが出演し、同じくKEI氏がデザインを手がけたミライアカリさんと共演したことも話題となりました。 pic.twitter.com/7o3bLRCwG0 — 「VARK」公式アカウント (@VarkOfficial) October 28, 2019 今回の告知が「Vサマ!」に続くVRライブイベントの開催を告知するものなのか、10月29日(火)の時点では不明。10月31日(木)に何が発表されるのか、注目が集まります。 前回の告知や「Vサマ!」に関する記事はこちら。 VTuberが一斉に"謎の画像"を投稿? 7月4日に発表か MoguraVR 2019年の夏を振り返り! VTuberライブイベントまとめ MoguraVR (参考)VARK 公式Twitterアカウント
未分類

音楽イベント「VIRTUAFREAK」第5回開催 クラファンも実施

12月27日(金)にVTuberフリークが集う音楽イベント「VIRTUAFREAK Vol.5」が開催されます。今回は秋葉原エンタスとMOGRAの2拠点で実施されることが決定しました。 「VIRTUAFREAK」は、VTuberやVTuberに魅せられたさまざまなクリエイターが集うナイトイベント。1周年を迎える今回は秋葉原エンタスとMOGRAの2拠点で開催されます。第一弾出演者として、TeddyLoidさん、PSYQUIさん、エハラミオリさん、バーチャルねこさんの参加が発表されました。 また、10月28日(月)~11月29日(金)の期間中、クラウドファンディングが実施されます。クラウドファンディング開催によって「『VIRTUAFREAK Vol.5』を成功させ、バーチャルシーンを更に盛り上げるべく、音楽イベントからカルチャープロジェクトへとアップデートしたい」とのことです。支援金はウェブサイトのリニューアルオープンや、プロジェクトの運用に使用されます。 クラウドファンディングのリターンとして、「VIRTUAFREAK Vol.5」の入場券つきプラン、限定TシャツがついたVIP入場券プランなどが用意されています。また、支援総額100万円突破でオリジナルグッズ、130万円突破でコンピレーションアルバム、180万円を超えた場合オリジナルブックレット制作といったストレッチゴールが発表。10月29日(火)11時時点で支援総額は110万円以上と、目標金額の80万円を突破しています。 【お知らせ】12/27(金)「VIRTUAFREAK Vol.5」エンタスとMOGRAの2拠点開催第一弾出演者発表はTeddyLoid、PSYQUI、エハラミオリ、バーチャルねこhttps://t.co/ISyiiDHdUs そして、入場券付リターンプランを含むクラウドファンディングもスタート! #バーチャフリークhttps://t.co/8ciZ3rJHzV pic.twitter.com/FJl11N2maz — VIRTUAFREAK (@VIRTUAFREAK_jp) 2019年10月28日 「VIRTUAFREAK Vol.5」概要 「DAY SIDE」概要 日付 2019年12月27日(金) 時間 開場16:30 開演17:00 閉演22:00 場所 秋葉原エン..
未分類

“バーチャル”は、建築・建設の現場を劇的に変える

(※本記事は「Redshift 日本版」とのライセンス契約を結んだ転載記事であり、ザック・モーティス氏執筆の原稿を翻訳したものを、オートデスク株式会社の許諾を得て転載しています) 建築設計をコンセプトから形にするまでには、大変な労力が必要とされる。そして、そのデザインが現実世界でどう展開されるかを設計者や建築家、エンジニア、クライアントがそれぞれの視点で実感するには、最も洗練されたデジタルモデルであっても深みに欠けることがある。 (ARアプリを使って現場に建築モデルをオーバーレイするSHoP Architectsのスタッフ。提供:SHoP Architects) ハイパーリアルなバーチャル世界は、昔からゲーム業界の領域だった。「グランド・セフト・オート」や「コール オブ デューティ」を徹夜でプレイしたことがあれば、誰もがそう断言するだろう。だが、いまだにスローで紙ベースのプロセスに押し込められている建設業界では、没入型VRモデリングツールの活用は困難かつ時間を要するものであり、最終製品にマーケティング的な魅力を加えるためだけに適用されることも多い。 しかし、ゲームのテクノロジーから転用されたツールによって、それも変わりつつある。プロジェクト関係者が早い段階で適切なデザイン決定に到達できるよう支援する、本物さながらのインタラクティブ体験を、設計者がその技術スキルを問わず生み出せるようになったのだ。 (Unityの新しいロンドンオフィスのインテリアはリアルタイムコラボレーションを行うビジュアライゼーションを活用して開発された。提供:Unity) XR(VR/AR/MRの総称)は建築や土木、エンジニアリングのすべてに関連するものだ。プロジェクトへ入札する建築事務所は、リアルなVR環境を作成することで、クライアントを建設予定の空間の内部へと案内できる。クライアントはデザインの向上へ積極的に関わることができ、その変更はバーチャルモデルへ即座に反映。デベロッパーは関係者を現地に案内して、ビルを完成前に販売可能だ。プロジェクトの完成後には、エンジニアがARを活用してビルの保守や機器の交換を行うことができる。 ゲームの世界からバーチャル・ビルへ ジュリアン・フォーレ氏は、ゲーム業界をルーツに持つソフトウェア会社Unityのプロダクトマーケティングディレクター。同社のミ..
未分類

PS4の「Horizon Zero Dawn」、PSVR向け作品が開発中か?

PlayStation 4用タイトルとして発売され、好評を博したオープンワールドアクションゲーム「Horizon Zero Dawn」。本作に関連したPlayStation VR(PSVR)向けのゲームが開発中である、との噂が囁かれています。 「Horizon Zero Dawn」は、厄災に見舞われた後、動物の姿を模した機械に支配された地球が舞台。プレイヤーはハンターとなって、機械たちと戦いながら各地の建造物などを探検します。昨今、普及してきたオープンワールドのアクションゲームの中でも、高い評価を得ており、売上は世界累計で1,000万本を超えています。 リメイクか、それともスピンオフか? 噂の発端は、かつてOculusに所属し、現在はDigital Pivot 360に勤めるCallum Hurley氏のツイート(※ただし、彼自身は「直接作品を見たわけではなく、あくまで人づてに聞いた情報である」と後に釈明しています)。PSVR用ゲームの「Blood & Truth」を手掛けたSIEのロンドンスタジオにて、「Horizon Zero Dawn」に関連したVR作品の開発が進められている、としています。 なお、本作がVR版としてリメイクされた作品であるのか、スピンオフ作品のような形をとるのか、あるいは続編という位置づけになるのかは未だ明らかではありません。PSVRにおいて、原作ゲームの後に発売されたVRゲームとしては、「Until Dawn」のようにスピンオフ作品「Until Dawn: Rush of Blood and The Inpatient」がリリースされた例もあります。 現時点では噂の域を出ない状態であるため、今後のニュースに期待です。 (参考)Forbes
未分類

未来のトヨタ・レクサスはAR機能搭載? 最新コンセプトカーがお披露目

トヨタ自動車の高級車ブランドであるレクサスは、ARに対応した「インタラクティブ・グラスルーフ」が搭載されたコンセプトカー「Lexus’ LF-30 Electrified Concept(LF-30)」を発表しました。 30周年由来のコンセプトカー 「LF-30」は、2019年10月24日から開催されている東京モーターショー2019でお披露目されました。同車はEV(電気自動車)で、“LF-30”という名称は、レクサスの創業30周年を意味しています。 公開された映像からは、「LF-30」のフロントウィンドウにレクサスのロゴが表示される様子や、後部座席の同乗者がARで操作を行う様子が確認できます。 https://www.youtube.com/watch?v=zYpPTQT2NNE 様々な新技術を搭載 AR技術のほかにも、「LF-30」には、様々な先進的なコンセプトが盛り込まれています。そのひとつが自動運転です。ハンドジェスチャーの認識機能も実装されており、映像には、運転手のハンドジェスチャーによって、自動運転モードが解除される様子が収められています。 また、「LF-30」には「Lexus Airporter」という専用のアシスタント・ドローンが用意されています。このドローンは搭乗者をサポートするように設計されており、カバンなど各種荷物類を運ぶことが可能とのこと。 将来に期待高まる 「LF-30」はコンセプトカーであり、レクサスが実際に同車(に近いモデル)を発売する予定なのかは不明です。今すぐには実現が難しい技術も含まれていることでしょう。しかし「LF-30」は、同ブランドが検討している未来の自動車のビジョンを示すものであり、そこにARが存在することは注目に値します。 現在、自動車業界ではVR/ARを車両に実装する動きが加速しています。ドイツの自動車メーカー、アウディやポルシェは、同乗者が移動中に楽しめるVRコンテンツを導入する計画を進めています。2019年1月には、アメリカで大きなシェアを有する配車アプリのLyftが、VRに加えてARコンテンツの提供するための特許を出願したことが報じられました。 トヨタ自動車(レクサス)が、この流れにどのように対応していくのか、期待が高まります。 自動車産業×AR/VRの将来は? 2027年までの分析レポートが..
未分類

VIVE Cosmosの新アップデートが告知、トラッキングが大幅改善か

HTCは、新型PC向けVRヘッドセット「VIVE Cosmos」を対象としたソフトウェア・アップデートの配信を告知しました。今回のアップデート(ベータ版)では、主にVIVE Cosmosの低光量条件下でのトラッキングが改善されます。アップデートは、2019年10月中に配信予定です。 発売当初からの問題が解決か? 2019年10月22日現在、「VIVE Cosmos」は、低光量(とヘッドセットが認識した)環境でのトラッキングに問題を抱えています。同ヘッドセットを暗い場所で使うと「トラッキングを正確に行うには、現在の環境は暗すぎます」というエラーメッセージが表示され、VR体験に支障が出ます。 (光量が低いとVIVE Cosmosが認識した際に表示される警告) 米メディアRoad to VRの記者によれば、「センサーの許容範囲の狭さは深刻で、夜間に室内の各種照明をすべてオンにしてもトラッキングは機能しなかった」との意見もあります。HTC側もこの問題を認識しており、先日「VIVE Cosmos」のトラッキングが、より幅広い環境(暗い場所)でも機能する修整パッチをリリースしました。しかしRoad to VRは、「この更新でも、改善は十分ではなかった」と説明しています。 今回のさらなるアップデートでトラッキングの問題が改善するかどうか、慎重に見守る必要がありそうです。 コントローラーのトラッキングも改善 また、今回発表されたアップデートでは、「VIVE Cosmos」本体のトラッキングと同時に、同VRヘッドセットのハンドコントローラーのトラッキングも改善され、より幅広い環境(低光量、高光量)でのトラッキングが可能になります。また「VIVE Cosmos」本体の視野からハンドコントローラーが外れた際の予測モデルの改良され、コントローラーが範囲内に復帰した際のリカバリー速度が向上します。 このほかに、「VIVE Cosmos」本体にハンドコントローラーを近づけた際のトラッキングが改善されます。Road to VRによれば、トラッキングの際に生じる“ジッター(Jitter)”も減少するとのことです。 VIVE Cosmosの無線化キット、10月末に発売予定 MoguraVR インサイドアウトの真価はいかに 「VIVE Cosmos」ハンズオン ..
未分類

VTuberになって恋愛マッチング!? 日テレで番組が放送

11月2日(土)13:30から、日本テレビにて恋愛マッチング番組「バーチャルLOVE~デジタル彼氏はリアル彼氏になれるのか?」が放送されます。 「バーチャルLOVE~デジタル彼氏はリアル彼氏になれるのか?」は、芸能人がVTuberに変身し、バーチャル空間で理想の相手を選ぶ新しい恋愛マッチング番組。 番組では、姫役として岡副麻希さんと、王子役としてイケメン起業家や人気芸人などの3人が集結。4人ともVTuberになって正体を隠すことで、見た目の先入観に惑わされず、姫と王子の性格の相性だけで理想の相手を探します。 番組ではバーチャルスタジオで4人が集まって、恋愛観トークや1対1のバーチャルデートを繰り広げるとのこと。そしてデートを終えた姫が最後に3人の王子の中から、気になる1人を選んで対面します。はたしてバーチャルで出会った男性はリアル彼氏になれるのか、番組の結果に注目です。 「バーチャルLOVE~デジタル彼氏はリアル彼氏になれるのか?」の概要 放送日時 11月2日(土)13:30~14:00 放送局 日本テレビ 出演者 姫:岡副麻希 天の声:いとうあさこ 王子A 王子B 王子C 公式サイト 「バーチャルLOVE~デジタル彼氏はリアル彼氏になれるのか?~」 (参考)サタデーネクスト 番組ページ
未分類

KAMITSUBAKI STUDIO、限定ショップや「花譜展」を開催

バーチャルシンガー花譜さんなどが所属するクリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」は、フラッグシップスペース「3.5D by KAMITSUBAKI STUDIO×PARCO」を11月22日(金)にオープンすることを発表しました。 「3.5D by KAMITSUBAKI STUDIO×PARCO」は、渋谷PARCO GALLERY X跡地に1年限定でオープン。「KAMITSUBAKI STUDIO」の情報発信基地という位置付けをベースに、アートの展覧やイベントなどを行う多目的スペースとして稼働するとのことです。 さらに、展覧会グッズや「3.5D」でしか手に入らない限定グッズ、花譜オリジナルブランド「TPNN by KAF」などの商品も取り扱うショップとしての役目も兼ね備えており、「KAMITSUBAKI STUDIO」の世界観を1年間を通して発信し続ける唯一のリアルスペースとして展開していくと明かされました。 「KAMITSUBAKI STUDIO」は、前身となる「神椿レコード」を内包したクリエイティブレーベル。花譜さんに加え、春猿火さん、ヰ世界情緒さん、理芽さんといったバーチャルシンガーが所属する他、音楽家、イラストレーターなどさまざまなクリエイターが所属することが発表されています。 「KAMITSUBAKI STUDIO」の詳細はこちら。 スタジオ発足やVシンガー3名デビュー、花譜特別番組の初公開情報まとめ MoguraVR 展示・販売内容 展示 第一弾『花譜展』 デビュー1周年を迎えた花譜さんの展覧会が開催されます。会場では、川サキ ケンジ氏、PALOW氏など、花譜さんに関わるクリエイタ一たちの作品を新作を織り交ぜて展示。8月1日に開催されたライブ「不可解」で発表した公式ファンアートや、一般公募から選ばれたファンアート(花譜美術部)も展示されます。さらに、この場所でしか聴けない花譜さん×カンザキイオリ氏の新しいオリジナルソング「私論理」が、本展覧会のテーマソングとして制作。花譜展オリジナルグッズも販売予定です。 開催期間 2019年11月22日(金)〜12月31日(火) 営業時間 10:00~21:00 ※最終日 12月31日(金)は15:00でクローズ 参加アーティスト 一色、orie、川サキ..
未分類

【佐藤ホームズ】今週のVTuber“3分”レポ(10月20日~10月26日)

日々VTuber界隈の情報を追いかけるバーチャル名探偵、佐藤ホームズ。彼がVTuberに関わる1週間の主な出来事を3分で振り返ります。果たして今週の重要なトピックは? (※動画は佐藤ホームズさんからの提供です) https://www.youtube.com/watch?v=m9cA4YpF14o また、彼がMCを担当するVTuber情報番組「週間MoguLive!」が、REALITY・YouTubeで毎週放送されています。こちらも要チェックです!(REALITY、YouTube) 佐藤ホームズさんのYouTube・Twitterアカウントはこちら。 ・YouTubeチャンネル ・Twitterアカウント
未分類

フェイスブックのARグラス サムスンが専用チップ製造か?

フェイスブックはARグラスの開発を進めています。そのグラスに組み込むトラッキング専用のチップを、韓国のサムスン電子が製造する計画だと、メディアETNewsが報じています。 消費電力抑制のカギを握るチップ? フェイスブックは9月に開催されたOculus Connect 6(OC6)の基調講演にて、ARグラスを開発していると認めました。PC等に接続されていないARグラスにとって、大きな課題の1つとなるのがバッテリー寿命です。そしてバッテリー消費に大きな影響を与えるのが、カメラを常時使用する位置トラッキングと空間認識と言えます。 同社は一体型ヘッドセットOculus Quest開発について明かしたコメントでも、開発時はトラッキング精度に加えて消費電力にも配慮したと述べています。 Oculus Questが生む「快適なVR体験」の正体、フェイスブック自ら解説 MoguraVR なおOculus Questは、モバイル機器用のプロセッサーSnapdragon 835を搭載しています。一般的なCPUに比較すれば効率は良いと言えますが、「Oculus Insight(※)」専用のチップを搭載すれば、さらにバッテリー消費を減らせる可能性もあります。 ※Oculus Insight:インサイドアウト形式で体験者やコントローラーの場所・位置を把握するシステム。VRヘッドセットに内蔵されたカメラを使用し、コンピュータビジョンによりプレイヤーの位置を推定します。 サムスンはコメントせず 今回の報道の英訳版によれば、サムスンのチップは「フェイスブックのARはグラスに関する多様な情報を収集し、処理する」とのこと。用途が明記されていませんが、OC6で公開された「LiveMaps」に用いることは間違いないと考えられます。LiveMapsは、現実空間を3Dマッピングして自身の位置情報を把握。複数人のARを同期させるシステムです。 https://www.youtube.com/watch?v=JTa8zn0RNVM フェイスブック・サムスンの連携に関するニュースは、その筋に詳しい業界関係者の話によるとのこと。サムスン電子は報道について、顧客に関する情報は開示できないとコメントを控えています。 (参考)Upload VR
未分類

藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト

前回(連載第一回)は、科学とヒトの関係について簡単にまとめてみました。かなり荒削りな議論でしたが、みなさんが確実だと信じていることの中にも多くの落とし穴があり、気がつかないうちにその穴にハマっている可能性があることを覚えていてください。 藤井直敬の「現実を科学する」 第一回:そもそも、科学とはなんだろう? MoguraVR それでは、前回を踏まえて、わたしたちを取り巻く環境はどのようにできあがっているのでしょうか? 別の言葉で言い直すと、わたしたちが現実だと思っている現実というのは本当に確かなのでしょうか? 現実とはなんだろう? 僕はここ10年くらいの間、現実というのは一体なんなのだろうとずっと考えてきました。目の前に見えているものは本当に存在するのか、では遠くにそびえるビルはどうなのか、目に見えているものは全て存在するのだろうか、存在するとはどういうことなのか……。いくら考えても明確な答えにたどり着きません。 (あのビルや川、建物、この街は本当に存在するのだろうか? そもそも、私は?) 太古の時代から、哲学者たちも同じような問題に頭を悩ませてきました。目の前に広がっている世界は本当に確かなのか、確かさとは何によって確実なものとなるのか、世界の真理とは何か。古代ギリシャのとある哲学者は「世界の根源は水である」と考え、別の哲学者は「世界の根源は火である」だと考えました。現代に至るまで様々な仮説が提唱され、それに対する検証が行われてきましたが、いずれの問いにも明確な答えは得られていません。数千年に渡る世界最高峰の知性が寄ってたかって考え抜いても答えが出ないのです。 そんな歴史の中に、デカルトという人がいました。彼は数学者であり、哲学者でした。彼は本当に確かなものを何とか見つけたいと考えた結果、「この現実を疑っている自分自身は疑いようがない」という結論に到達しました。それが「我考えるゆえに我あり」という有名な言葉です。デカルトは世界全てを疑うことはできても、「世界全てを疑っている自分自身が存在すること」は疑いようのないことではないか、と考えたのです。 (ルネ・デカルト。近代哲学の祖であり、「方法序説」や「省察」などを著した。「我考えるゆえに我あり(“我思う、ゆえに我あり”とも)」は有名) みなさんも、同じように考えたことがあるかもしれません。..
未分類

モビリティ×VRの取り組み続く、アウディがEVプロモーションに活用

ドイツの自動車メーカーであるアウディは、電気自動車e-tronのプロモーションに“hyper-reality”を導入します。体験者はHTCのPC向けハイエンドVRヘッドセット「VIVE Pro」を使い、等身大のアバターの姿を借りて“未来”を目指します。 モーションキャプチャーシステムが生む没入感 アウディが提供するのは”The e-tron room: the Future Paradox”(以下The e-tron room)。ユーザーはVRヘッドセット「VIVE Pro」を装着、モーションセンサーをつけて、SF世界のようなシーンを体験します。時を超え、様々な課題をクリアし、目指すのは“未来”です。 この体験の特長は、モーションキャプチャーシステムです。36のカメラと28のセンサーを用い、プレイヤーの動き、空間内の物の位置等をVRの世界に反映します。さらにユーザーの動きとリアルタイムに同期した等身大のアバターを生成。自身がThe e-tron roomの世界に入り込んでいるような没入感を生み出しています。 目的はAudiのビジョンを知らせること アウディのマーケティング・マネジャーCaita Montserrat氏は、The e-tron roomの意義について次のように話しています。「約1時間の体験で、プレイヤーは超現実の世界を旅し、未来に到達するまでに色々な場所を通過します。当社は、世界で唯一のマルチプレイヤー・エンターテイメントを作るべく努力してきました。目的は、未来のモビリティに対するAudiのビジョンを広く周知することです」 The e-tron room”は2019年10月24日から11月13日まで、スペイン・マドリードにて公開されます。その後バルセロナに場所を移し、1月27日から2月16日まで公開予定です。参加者は公式サイトにて登録が必要となります。 アウディのAR/VRへの取組 アウディはこれまでにもVRやARに注力しており、2018年12月には全世界の1,000店舗のディーラーに「VRショールーム」の正式な設置が決定しました。またARアプリの配信や、自動車内での使用を目的としたVRコンテンツの開発も行っています。 アウディ、全世界1,000店舗で「VRショールーム」本格展開 MoguraVR ミニチュアサイズのアウ..
未分類

データで見る2019年のVR/AR市場 目立つ企業向け売上

ゲーム業界のリサーチ会社Superdataが、2019年第3四半期の最新のXR市場動向についてレポートを発行しました。前年と比較し、企業向けのVRデバイス売上が7割近い増加を見込むなど、上昇傾向が強く出ています。 企業向けや施設型の盛り上がり 2019年、コンシューマー向けのVRヘッドセット売上は前年比16%の伸長を見込みます。一方エンタープライズ向けデバイス売上は、これを遥かに上回る69%増の予測。従業員教育や自動車の設計といった幅広い分野で、企業が積極的にVRを採用していることがうかがわれます。 またコンシューマー向けのVRソフトウェアに関しても、初めて売上が10億ドルの大台に到達しそうです。この中ではロケーションベースVRが47%と約5割を占めており、存在感が高まっていることが分かります。 Index、Oculus Questは好調なスタート 2019年のデバイス関連の話題としては、ValveのハイエンドVRヘッドセットIndex、フェイスブックの一体型ヘッドセットOculus Quest(以下Quest)の発売がありました。SuperDataによれば第3四半期だけで、Indexは4万6,000台、Questは18万台の販売台数を記録しています。 特にQuestについては、Oculus Go、Oculus Rift Sの合計売上台数の2倍に近い数字を叩き出しているということです。同年5月の発売以降、累計出荷台数は40万台に届く勢いを見せています。 過去、Oculus GoやPlayStation VR(PSVR)といったヒット製品も、最初のクリスマス商戦で売上を大きく伸ばしました。Questも第4四半期に、さらに出荷数を重ねることが期待されます。 これに対しIndexの4万6,000台は小さい印象を与えます。しかしコントローラー等を含むフルセットの価格が999ドル(※)というハイエンドモデルとしての位置付けを考えれば、健闘していると言えそうです。 ※約10万8,000円。但し原稿執筆時点、日本では未発売。なおQuestは49,800円~。 Oculus Quest、今後はどうなる? 期待の新要素まとめ MoguraVR 大注目のVRヘッドセット「Valve Index」体験レポ。徹底的なこだわりが生む"至高のVR体験" ..
未分類

バーチャルシンガー奏MiMi、リアル店舗でグッズ販売 初のイベントも

バーチャルキャラクターシンガー奏MiMi(かなでみみ)さんが、11月7日(木)からキデイランド原宿店にて限定グッズの販売を開始。あわせて11月7日(木)・11月9日(土)・11月10日(日)に、奏MiMiさん初のトークイベントの開催が決定しました。 今回のトークイベントは、フリートークタイムとプレミアムトークタイムの2種類で構成されています。フリートークタイムでは来場者とお話ができる他、プレミアムトークタイムではグッズを税別1,000円以上購入した方が、1対1で直接お話できる内容となっています。 https://www.youtube.com/watch?v=zB9ShWjWSfI 「歌って踊れるぽっちゃり猫」をコンセプトに活動する奏MiMiさんは、世界で活躍するキャットアーティストを目指してTikTok、YouTube、Twitterを中心に活動しています。ハスキーな歌声で洋楽を中心とした楽曲カバーを行っており、これまでにリアルアーティストとのコラボも実施しました。 奏MiMi×キデイランド原宿店 限定グッズ ※販売期間は11月7日(木)~11月11日(月) ①手帳型スマホケース 販売価格:3,000円(税別) サイズ:80mm×15mm×1mm 多機種対応Mサイズ(最大装着75mm×140mm×11mm) ②Tシャツ 販売価格:3,000円(税別) サイズ:メンズMサイズ ③帆布トートバック 販売価格:2,800円(税別) サイズ:380mm×290mm×110mm(マチ) ④アクリルキーホルダー 販売価格:600円(税別) サイズ:35mm×50mm 「奏MiMi×キデイランド原宿店 コラボイベント」開催概要 開催日程 2019年11月7日(木)、11月9日(土)、11月10日(日) 開催会場 キデイランド原宿店(HP:https://www.kiddyland.co.jp/harajuku/) 所在地:東京都渋谷区神宮前6-1-9 営業時間:月~金 11:00~21:00、土・日・祝 10:30~21:00 開催時間 各日30分間x4回実施いたします。 <11月7日(木)> 12:30-13:00 フリートークタイム 14:00-14:30 フリートークタイム 15:30-16:00 フリートークタイム 17:00-17:30..
未分類

アップルが“指輪型デバイス”で特許、サムスンが新ARヘッドセット特許出願 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.アップルが“指輪型デバイス”で特許、VR/MR操作や触覚フィードバックも(10.18) 2.VRからARへ転換? サムスン、新ARヘッドセットを特許出願(10.23) 3.アップルが新特許を大量取得、AR機能などに活用か(10.18) 4.NVIDIA、「CloudXR」を発表。クラウドと5G経由でAR/VRコンテンツ配信(10.23) 5.メガネ型MRグラスのNreal、中国の国営通信事業者と提携 展開加速へ(10.23) 6.いまだCEOと接触できず Magic LeapとNreal、訴訟の行く末は(10.21) アップルが“指輪型デバイス”で特許、VR/MR操作や触覚フィードバックも(10.18) アップルが米国特許商標庁に提出した、「指先に装着するデバイス」の特許が公開されました。これは指輪型のデバイスで、超音波センサーを用いて腕の動きや運動をとらえ、指と物の距離なども計測します。またVR/MRデバイスの操作や、触覚フィードバックを備えており、アップルが新たなデバイスの実現を目指していると予測されます。 【Topics】 ・2018年9月特許出願 ・マウスやスマホのタッチパネルと同じ役割を果たす、新たなデバイスを開発 ・「バーチャルな物体に触れる際、実際の物に触れたように感じる」触覚デバイスを搭載 アップルが"指輪型デバイス"で特許、VR/MR操作や触覚フィードバックも MoguraVR VRからARへ転換? サムスン、新ARヘッドセットを特許出願(10.23) 米メディアThe Vergeは、韓国サムスン電子が新たなARヘッドセットを特許出願中であると報じました。スマホVRが下火となる中、Gear VRを開発していたサムスンがVRからARヘッドセット開発へと舵を切ったことが予想されます。特許内容からサムスンでも複数のAR/VR製品を開発中であると伺えますが、現在製品化については不明です。 【Topics】 ・新ヘッドセットは各レンズに1つ、計2つのスクリーンが搭載 ・フレームの右側にケーブル..
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】「試練の扉」に挑戦する週末イベントが開催

10月26日(土)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク」で、週末イベントミッションが開始されました。 今週の週末イベントミッションは、現在行われている期間限定のチャレンジイベント「試練の扉」に挑戦すると様々な報酬(ドラゴンメダル、ゴールドなど)が獲得できるというもの。開催期間は、10月26日(土)午前3:00から、10月29日(火)午前2:59までです。 【 週末イベントミッション開催中! 】 期間限定で、試練の扉に挑むとドラゴンメダルなどが手に入るミッションが開催しております。 メダルを集めに、試練の扉に挑戦しよう。https://t.co/TqYi5tz9It#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/LBUJDag6eg — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) October 26, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter
未分類

【Oculus Quest】10月第4週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

10月第4週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ2個がリリースされました。 今週のピックアップ Gadgeteer https://www.youtube.com/watch?v=H4EMqut_9ls 「Gadgeteer」は、さまざまなパズルをVRで体験できるVR物理演算パズルゲームです。テレビ番組「ピタゴラスイッチ」に登場する「ピタゴラ装置」のような仕掛けを楽しむことができます。60のパズルが収録されたストーリーモードに加え、ドミノや転がる玉などのギミックを組み合わせ、自由にコースを作れるサンドボックスモードも用意されています。 The Thrill of the Fight https://www.youtube.com/watch?v=Ejzd5cTOm_k ボクシングジムでのトレーニングやリング上での試合を体験できるVRボクシングゲーム。本作は顔やボディにパンチを打ち分けたり、相手の隙を付いてカウンター攻撃したりなど白熱した試合を繰り広げることができます。 米サンフランシスコの調査チームThe Virtual Reality Institute of Health and Excerciseによれば、本作における1分間の消費カロリー数は15で、ランニングに匹敵するエクササイズであることが分かっています。 運動になるVRゲーム ランニング並のカロリー消費量も MoguraVR 新作一覧 「Gadgeteer」 開発:Metanaut 日本語対応:なし ジャンル:シミュレーション 価格:1,490円 評価:星4.9(37件) Oculus Store 「The Thrill of the Fight」 開発:Ian Fitz 日本語対応:なし ジャンル:アクション 価格:990円 評価:星4.9(137件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。
未分類

【PSVR】今後発売予定の注目ソフト6選(2019年10月版)

PlayStation 4と接続してVRを手軽に体験できるPlayStation VR(PSVR)。発売から3年が経ち、専用タイトルやPC向けタイトルの移植版など多数のVRゲーム・アプリがリリースされました。MoguLiveでは、PSVRで遊びたいおすすめVRゲームを紹介しています。 今回は今後発売予定のPSVR対応/専用タイトルから、チェックしておきたい6作品をまとめて紹介します。 目次 マーベルアイアンマン VR DEEMO -Reborn- Last Labyrinth スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー HUMANITY AFTER THE FALL マーベルアイアンマン VR 「マーベルアイアンマン VR」は、コミックや映画で人気の「アイアンマン」を題材としたVR専用タイトルです。本作はオリジナルストーリーを体験できるアクションアドベンチャー。プレイヤーは、アイアンマンの主人公トニー・スタークとなり、スターク・インダストリーズを潰そうと世界中のスターク支社を攻撃する謎の存在「ゴースト」との戦いに挑みます。 本作では、PlayStation Moveコントローラー(PS Move)を2本使用。アイアンマンのスーツに搭載されている武器で攻撃したり、リパルサー・ジェットで大空を飛行したりして、歴代の敵とのバトルが楽しめます。また、トニー・スタークのガレージにてアイアンマンのスーツとスキルをカスタマイズすることが可能です。 「マーベルアイアンマン VR」の発売日は2020年2月28日。全国のPlayStation取扱店およびPlayStation Storeでは予約受付を開始しています。パッケージ版初回生産特典・ダウンロード版早期購入特典として、4つのカスタムアーマーやPS4用テーマが用意されています。さらにデジタルデラックス版では、4つのデラックス版アーマーやデジタルサウンドトラックなど、さまざまな特典が付いています。 https://www.youtube.com/watch?v=ZXFDk23o3U0 タイトル マーベルアイアンマン VR VR専用/対応 VR専用 発売日 2020年2月28日 ジャンル アクションアドベンチャー 価格 ・パッケージ版:4,900円(税別) ・ダウンロード版 通常版:5,3..
未分類

Steam VRゲーム・アプリ週間ランキング【2019年10月第4週】

MoguLiveでは毎週、Steamで販売されているVRゲーム・アプリのランキングから、売上トップ15タイトルを紹介します。 今週は、両手の光剣で音楽に合わせてブロックを斬っていくリズムアクション「Beat Saber」が1位タイトルとなりました。そのほか、プロのダンサーが振り付けを手掛けるダンスゲーム「Audio Trip」、全身運動でフィットネスを行えるリズムボクシング「BOXVR」などがランクインしています。 Steam VRタイトル売上ランキング(10月25日調べ) 1位 『Beat Saber』 → 前週1位 開発:Beat Games ジャンル:スラッシュ・リズムアクション 価格:3,090円 2位 『狼と香辛料VR』 ↑ 前週圏外 開発:SpicyTails ジャンル:VRアニメ 価格:2,570円(-20%セール中) 日本語対応あり 3位 『Fallout 4 VR』 ↑ 前週圏外 開発:Bethesda Game Studios ジャンル:オープンワールドRPG 価格:7,980円(-70%セール中) 日本語対応あり 4位 『VRカノジョ』 ↓ 前週3位 開発:ILLUSION ジャンル:ガールフレンドシミュレーション 価格:4,980円 日本語対応あり 5位 『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』 ↑ 前週圏外 開発:Bethesda Game Studios ジャンル:オープンワールドRPG 価格:7,980円 日本語対応あり 6位 『Audio Trip』 ↑ 前週圏外 開発:Kinemotik Studios ジャンル:ダンスゲーム 価格:2,050円 7位 『Pavlov VR』 ↑ 前週圏外 開発:Vankrupt Games ジャンル:マルチプレイFPS 価格:980円 8位 『Zero Caliber VR』 → 前週8位 開発:XREAL Games ジャンル:マルチプレイ協力FPS 価格:2,980円 9位 『BOXVR』 ↑ 前週圏外 開発:FitXR ジャンル:リズムボクシング 価格:3,090円 日本語対応あり 10位 『3DMark』 ↑ 前週圏外 開発:UL ジャンル:ベンチマークソフトウェア 価格:3,090円 日本語対応あり 11位 『Bud..
未分類

インスタグラム、美容整形関連のARフィルターを削除へ

SNS「インスタグラム」で、美容整形手術を連想するARフィルターが将来的に削除されることが明らかになりました。 整形関連フィルターの承認も中断 今回の発表はフェイスブックが提供する「Spark AR」に関する告知として行われました。「Spark AR」は、同社が開発したARエフェクトツールです。2019年8月にインスタグラム向けのオープンベータ版がリリースされました。 フェイスブックの発表 インスタグラムのエフェクトギャラリーから、美容整形手術を連想するエフェクト(ARフィルター)が将来的に削除されます。整形手術に関連する(ARエフェクト)の承認は延期されるほか、規約違反の(AR)エフェクトの削除も続行されます。 この投稿をInstagramで見る fix me filter just out – come live your plastic surgery fantasy DANIEL MOONEYさん(@danielmooney)がシェアした投稿 – 2019年 5月月24日午前7時58分PDT 人気フィルターも削除されるか 2019年10月24日時点では、フェイスブックは、美容整形手術関連のARフィルター削除に関する具体的な手順や削除日時などは発表していません。削除の基準や、フィルターの製作者に前もって通知が行われるのかも不明です。 現在、インスタグラムでは「Plastica」や「Bad Botox」、「Fix Me」など美容整形手術に関連するARフィルターが広く流行しています。米メディアMicによれば、「Bad Botox」は、同SNSユーザーによって累計1億回使用されているとのこと。仮にフェイスブックが厳格に削除を行った場合、これらのフィルターもインスタグラムから取り除かれると推測されます。 この投稿をInstagramで見る Probably the best use case for beauty3000 filter with @sheidlina #nofilterwithoutyou Johanna Jaskowskaさん(@johwska)がシェアした投稿 – 2019年 1月月5日午前9時52分PST スナップチャット、インスタグラム……「顔のAR」は市場を変える? MoguraVR 1..
未分類

手で動かす“360度プロジェクター” 子供もVRデバイスなしで没入体験

ロシアのスタートアップCINEMOODは、VRヘッドセットを着用しなくても360度動画とゲームを楽しめるポータブルプロジェクター「CINEMOOD 360」を発表しました。 CINEMOODは、2014年に創業された企業です。ポータブルプロジェクターの開発を主に手掛けており、同社の「CINEMOOD Portable Cinema Projector」はAmazonでベストセラーになりました。 「CINEMOOD 360」は、ポケットサイズのプロジェクターです。暗闇と薄明環境下で、最大12ft(約3.65m)の大きさで、プロジェクターを手に持って動かすことで360度映像を映写することができます。同デバイスは2019年12月の発売が予定されています。販売価格は499ドル(約54,000円)ですが、現在早期予約割引が実施されており、299ドル(約32,000円)で購入可能です。割引の終了予定日は告知されていません。 https://www.youtube.com/watch?v=WHr0cNF95Ok ストリーミングサイトの視聴も可能 「CINEMOOD 360」は、子供が使用することを想定されている製品です。ディズニーの教育プログラムが初期コンテンツとしてインストールされているほか、ペアレンタルコントロールが有効なストリーミングサイト(YouTube、Netflix)も視聴可能です。ミラーリングにも対応しています。 米メディアVRScoutによれば、「CINEMOOD 360」では、ホラーテイストの子供向けかくれんぼ風ゲーム「Ghost Hunt」や、“On Nom’s”という小さなクリーチャーの360度ビデオストーリー「Om Nom」、アルファベット教育プログラム「Uniword」などのタイトルが体験可能とのこと。 関係者のコメント 「CINEMOOD 360」について、CINEMOODの共同創業者兼マネージングディレクターのPaul Zhuravlev氏は、以下のようにコメントしています。 父親の1人として、私は、子供たちがテレビやビデオゲームに釘付けにならずアクティブであることが重要と考えています。我々が作り上げた「CINEMOOD 360」は、視聴中の安全性(の高さ)と、子供たちがコンテンツを学び、その一部として参加するモチベーションを高めること..
未分類

続々登場「AR/MRグラス・スマートグラス」まとめ(2019年10月版)

昨今、AR(拡張現実/Augmented Reality)やMR(複合現実/Mixed Reality)技術が進歩し、さまざまな企業が「AR/MRグラス」や「スマートグラス」として開発・発表しています。海外イベントでは、デバイスの展示が多く行われるなど、盛り上がりを見せています。 本記事では「AR/MRグラス」と「スマートグラス」の違いや、2019年10月時点で各企業が発表・開発しているデバイスを紹介します。 目次 1.「AR/MRグラス」と「スマートグラス」の違いは? 2.AR/MRグラス 2-1.HoloLens 2 2-2.Magic Leap One 2-3.NrealLight 2-4.GLOW 2-5.ThinkReality A6 2-6.Facebook/AppleもARグラスを開発中 3.スマートグラス(ディスプレイで表示するもの) 3-1.Google Glass 3-2.Vuzix社製スマートグラス 3-3.Moverio 3-4.DigiLens Crystal 3-5.AceReal One 3-6.Focals 4.スマートグラス(音声中心) 4-1.Echo Frames 4-2.Bose Frames 「AR/MRグラス」と「スマートグラス」の違いは? 最初に本記事で使う用語を整理します。「AR/MRグラス」と「スマートグラス」は、どちらも頭に装着し、ディスプレイを通して現実にデジタル情報を表示するメガネ型のデバイスです。この2種類の大きな違いは「現実空間を認識する機能が備わっているか・いないか」です。 ARグラス/MRグラスは、現実空間にある壁や床などをカメラやセンサーで認識し、デジタル情報を重ねて表示します。周囲の環境を認識するため、3Dオブジェクトを床や机の上に配置したり、壁に貼り付けたりといったことが可能で、物体がまるでそこにあるかのように見ることができます。ARグラス/MRグラスの中にはコンシューマー向け展開も予定されているデバイスもありますが、現在は業務用途での利用が多いです。空間を認識するためのカメラやセンサーが複数搭載されていることが多いです。 一方、スマートグラスは現実を認識する機能を備えておらず、視界の一部に情報を出すものがほとんどです。外見はカメラやセンサーを搭載していない分、デザインが洗練されて..
未分類

【VTuber音楽特集】オリジナル楽曲20選まとめて紹介その6

このまとめはVTuberのオリジナル曲を集めたものです。一般的なアーティストとはちがい、キャラクターソング的な雰囲気の曲が多く、MVではリアルアーティストにはできないような表現も見られます。どれも魅力的な曲ばかりですが、VTuberの数が増え続けるのと比例してオリジナル曲も増加。全体を把握するのは難しくなっているのが現状でしょう。 だからこそこの連載を通して、読者により多くの楽曲を知ってくれるとうれしいです。きっとあなた好みの曲が見つかるはずだから。それでは今回の20名を見ていきましょう! ※この記事は「VTuber オリジナル楽曲まとめ⑥」を元に再構成しています。 目次 1. 周防パトラ 2. かしこまり 3. にじさんじjk組 4. おめがシスターズ 5. さくらみこ 6. アザミ 7. 香坂美充 8. 陽菜 9. 青猫しゃみなん 10. 瀬川もあ 11. 馬越健太郎 12. アメノセイ 13. 雛乃木まや 14. レオタードブタとヤギ・ハイレグ 15. キツネDJ 16. エルフのえる 17. 天羽よつは 18. 手ノ平くるり 19. 蒼月エリ 20. ルキロキ 1.周防パトラ https://www.youtube.com/watch?v=ApgNam7rFMU ハニーストラップの作詞・作曲担当であり、ASMRガチ勢のパトラさん。各種配信サービスにてフル版を聴くことできるのですが、この「シュガーホリック」と「ぶいちゅっばの歌」のパトラさんソロでのフル版は「周防パトラ」名義で、「Honey Daze」と「星降るメモリー」などの全体曲は「ハニーストラップ」名義です(「ハニーストラップ」名義の作詞作曲は「音猫ななし」さんとなっています。こちら参照)。多くのVTuberたちが挑戦した「イヤイヤちゃんのうた」などの曲も手掛けています。どんな曲があるか気になった方はこちらがオススメです。歌ってみたもネタが凝っていてこちらもよいのです。 2.かしこまり https://www.youtube.com/watch?v=TW3pCgeNckY これまでバーチャルYouTuber&シンガーとして活動を続け、50本近く「歌ってみた」を投稿しています。「ちゃんまり」の相性で親しまれた彼女のオリジナル楽曲。作詞作曲も彼女自身が行ったこの曲は、彼女自身について歌って..
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月19日~10月25日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! オートマ限定免許はダサい?って話【レーサーVTuber】 https://www.youtube.com/watch?v=DjZiMpLJChY 花香琴音はレーサーVTuber。自動車の話題を専門的に扱うことで人気のVTuber。初心者向けの疑問から慣れた人まで楽しめる、実写映像を交えた解説と、レースゲーム実況を行っています。この回では多くの人が迷いがちな、オートマ免許とマニュアル免許について、ズバッと解決しています。 他にも「セミバケとフルバケどっちが買い!?」や、車を使う上で無駄遣いしない方法など、題材が非常に具体的で、かなり役立ちます。 編集動画のクオリティの高さ、わかりやすく具体性のある解説力もさることながら、更新頻度がめちゃくちゃ高い。 自動車にあまり興味がない人でも、聞きやすい花香琴音のトーク目当てに見始めたら、車が気になること間違い無しのチャンネルです。短くきっちりまとまっているのも魅力で、再生数の多さも納得。 【視聴者投稿企画】日本各地の珍百景まとめ https://www.youtube.com/watch?v=azYk-7mrp34 キズナアイが時々行う視聴者参加型の企画は、キズナアイのツッコミと、ファンの投稿クオリティの高さで非常に面白いものが多いので、是非チェックしてみてください。今回は日本の珍百景まとめ。かつての「VOW」のノリで、小さな発見も含めて、楽しいネタが集結しています。 https://www.youtube.com/watch?v=oPwW624ZJ68 ファンメイドのキズナアイ作品をまとめた動画も、全てクオリティが高くて面白い。キズナアイネイルや、立体キズナアイマイクラ建造物など、大作ぞろい。中でもキズナアイの「AIAIAI」を実写映像化し、レトロ和風なノリでまとめた動画は圧巻。 https://www.youtube.com/watch?v=02cgc4EVNKc 二次創作は、VTuberという曖昧で自由な存在を、視聴者の中に生まれた像で形にしたもの。VTuber本人の意図とは違うかもしれないけれども..
未分類

イギリスの世界最長寿ドラマ「ドクター・フー」VRゲームが11月配信

イギリスの人気SFドラマ「ドクター・フー」を題材にしたVRゲーム「Doctor Who: The Edge of Time」のリリース日が2019年11月12日に決定しました。 「Doctor Who: The Edge of Time」対応VRヘッドセットは、HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Quest(オキュラス クエスト)、PlayStation VRです。2019年10月現在、各バージョンの販売価格は発表されていません。 https://www.youtube.com/watch?v=V7AXrBXuTQ8 「Doctor Who: The Edge of Time」は、ドラマ「ドクター・フー」の主人公ドクターの新たなコンパニオンを操作します。プレイヤーは、時空の端( the edge of time)に閉じ込められた彼女をサポートし、全宇宙の脅威である Reality Virusとの戦いを助けます。本作に登場するドクターは13代目で、ドラマで同キャラクターを演じるジョディ・ウィテカー氏が声優を担当します。 米メディアUploadVRによれば、「Doctor Who: The Edge of Time」には、「ダーレク」や「嘆きの天使」といったシリーズでお馴染みの敵が登場するほか、新たな敵モンスターも現れるとのこと。 タイトル Doctor Who: The Edge of Time 開発元 Maze Theory パブリッシャー PlayStack 対応VRヘッドセット HTC VIVE、Oculus Rift、Oculus Quest、PlayStation VR プレイ人数 1人 公式サイト https://www.maze-theory.com/doctorwho 世界的な映画祭で注目を集める、VR映像作品たち MoguraVR 英BBCのVRスタジオ「VR Hub」終了、VR制作は継続 MoguraVR (参考)UploadVR
タイトルとURLをコピーしました