未分類

8K画質のコンシューマー向け360度カメラ「Qoocam 8K」

11月13日(水)より、コンシューマー向け8K画質の360度カメラ「QooCam 8K」が、千葉の幕張メッセで開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」にて国内初展示されます。 「QooCam 8K」は、8K/30fpsと4K/120fpsの映像を撮影できるタッチスクリーン付きのコンシューマー向け360度カメラです。4K/120fpsから最大8倍となる4K/960fpsのスローモーション動画を生成することもできます。本製品の手ブレ補正機能「Super Steady」は、6軸ジャイロスコープ、内蔵のIMUセンサーや独自のアルゴリズムを使用し、撮影時の手ブレを抑えています。 QooCam 8Kの撮影はスマートフォンを使わずにタッチスクリーンで行えます。スクリーン上で撮影時のプレビューの確認はもちろん、FOVやISOなどといったパラメーター調整も可能です。ポケットにも収まるサイズで、スポーツや日常の撮影などにも利用できるとのこと。 https://www.youtube.com/watch?v=gbqbN7EUHl8 展示概要 会期 2019年11月13日(水)~15日(金) 会場 千葉市美浜区中瀬2-1 幕張メッセ 展示ホール1~8 Kandao出展エリア 映像表現/プロライティング部門 Kandao小間番号 ホール8 / 8212 公式サイト http://www.inter-bee.com/ja/ (参考)Kandao Technology Co. LTD プレスリリース
未分類

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

2019年11月13日、Looking Glass Factory社は世界最大かつ高解像度の3D裸眼立体視ディスプレイとなる、32インチサイズの「Looking Glass 8K Immersive Display」を発表しました。本製品は、11月13日~15日に幕張メッセで開催される「デジタルコンテンツEXPO2019(DCEXPO2019)」の同社ブースで、世界初公開されます。 (提供: Looking Glass Factory. ©2019 All Rights Reserved) 「Looking Glass 8K Immersive Display」の発表に先立って、Looking Glass Factory社の共同創立者兼CEOのShawn Frayne(ショーン・フレイン)氏が来日。自らプレゼンテーションを行いました。 従来の「Looking Glass」から約4倍に画面が拡大。発色なども最高レベルに 「Looking Glass」は3D映像を裸眼で立体的に見ることのできるディスプレイです。2018年後半に最初のモデルとして、スタンダード(8.9インチ)とラージ(15.6インチ)の2機種が、開発キットの形で登場。現在までに数千セットが販売されています。また2019年5月には、PCを内蔵したオールインワンモデルの「Looking Glass Pro」も発売されました。 今回発表された「Looking Glass 8K Immersive Display」は、画面サイズが32インチ、最大表示画素数は7680×4320ピクセルと、既存モデルのラージサイズ(15.6インチ)から画面が約4倍に大型化。加えて画面がより明るく、発色もより鮮やかになっており、2Dのモニターと比べても映像のクオリティにほとんど違和感がありません。リフレッシュレート60Hzでの色域は16億色を超えており、「現在市場に存在している3D裸眼立体視ディスプレイの中で、忠実度も最高レベルに達している」とのこと。 (提供: Looking Glass Factory. ©2019 All Rights Reserved.) また、従来のLooking Glassではディスプレイ部分にかなりの厚みがありましたが、「Looking Glass 8K」では2Dディスプレイとあまり変わらない..
未分類

期待のVR脱出アドベンチャー「Last Labyrinth」、開発スタッフ直撃インタビュー

2016年開催の「東京ゲームショウ」で初お披露目され、大きな注目を集めたあまた株式会社制作のVR専用アドベンチャーゲーム「Last Labyrinth(ラストラビリンス)」。いよいよ11月13日より、PlayStation VR(PSVR)、Oculus RiftやRift S、HTC VIVE、Windows Mixed Realityヘッドセット、そしてOculus Quest向けにリリースされます。 このたび東京・新宿のあまた東京スタジオにて、製品版の体験と、プロデューサー兼ディレクターの高橋宏典氏およびリードアニメーターの福山敦子氏へのインタビューを行う機会を得られましたので、その模様をお伝えしてまいります。 「Last Labyrinth」とは まず、改めて「Last Labyrinth」の紹介を。本作は「VR時代の新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトとした、VRならではの世界観とパズル(謎解き)、仮想キャラクターとのコミュニケーションが楽しめる脱出アドベンチャーゲームです。 https://www.youtube.com/watch?v=PzZNwjAo-SA ジャンル名が表す通り、プレイヤーの目的は館からの脱出。ですが、分身たる主人公は手首も含めた全身を拘束具で固定されて車椅子に座らされているため、身動きが取れません。唯一、自由に動かせるのは頭と指先。また、頭にはレーザーポインターが装着されていて、手に持った装置のスイッチを押すと作動。そのまま頭を動かせば、気になるものを指し示すことができます。 この動作を用い、謎の少女「カティア」に気になるものを調べてもらったり、仕掛けを動かしてもらいながら、行く手を阻む謎を解いていく形になります。ただ、単にポインターで示せばカティアがその通り行動してくれる訳ではありません。主に仕掛けを動かす時には「これを動かすの?」と、こちらの判断を仰ぐ仕草を見せます。 もし、そのまま動かして欲しい場合は頭(首)を縦に振って肯定。やめて欲しいのなら、頭を横に振って否定。いずれかの素振りをすることで、カティアがそれに沿った行動を取ってくれます。このようなやり取りも都度、行いながら、二人三脚で謎に挑んでいくのです。 ちなみにカティアは声を発してこちらに話かけてきますが、その言語は日本語でも英語でもない本作独自のもの。..
未分類

「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会、決勝戦でARコンサートが実施

世界的に人気の高いゲーム「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」(以下LoL)の世界大会、League of Legends World Championship 2019の決勝戦開会式で、ARを活用した音楽コンサートが行われました。 大会のオープニングセレモニー League of Legends World Championship 2019は11月10日、パリのAccorHotels Arenaで開催されました。ARコンサートは同大会のオープニングセレモニーとして実施。「Awaken」「GIANTS」「Phonix」の3曲が披露されました。 https://www.youtube.com/watch?v=JZ2FtM39WpI 「Awaken」は、音楽アーティストのValerie Broussardさんが2019年前半にリリースした曲です。公開された映像からは、曲の最後に半球型のARエフェクトがBroussardさんに投射される様子が確認できます。 https://www.youtube.com/watch?v=WFkZjTCxVPc 「GIANTS」は、「LoL」内のチャンピオン(=キャラクター)で構成されるという設定のユニット、「TRUE DAMAGE」のデビューシングルです。YouTubeでは、今回のARコンサートに先駆けてMVが公開されており、2019年11月12日時点で。約730万回の再生回数を記録しています。 ARコンサートでは、TRUE DAMAGEの各キャラクターを担当するアーティストたちがライブを行いました。「GIANTS」のパフォーマンスでは「Awaken」と比較して、さらに多くのARエフェクトが使用されました。 TRUE DAMAGEメンバー表 ・アカリ:ソヨン((G)I-DLEメンバー) ・エコー:Thutmose, Duckwrth ・キヤナ:Becky G ・セナ:キキ・パーマー https://www.youtube.com/watch?v=dpdWuM4SZdc オープニングセレモニーの“締め”を飾ったのは、Cailin RussoさんとChrissy Costanzaさんの「Phonix」です。「GIANTS」と比較すると、より幻想的なARエフェクトが使用されています。 ..
未分類

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

11月22日より、MRグラス「NrealLight(エンリアルライト)」を使用したARアート展示が、東京・渋谷PARCO内の常設型ショールームストア「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」にて開催されます。 「NrealLight」は、中国のスタートアップNreal Ltd.が開発している、スリムな形状と88gという軽量さが特徴のMRグラスです。視野角は52度、音は内蔵スピーカーから聞こえる仕組みです 今回の展示はVRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2019」のファイナリストの作品をNrealLightを用いて体験できるというもの。体験できる作品は、XR(VR/AR/MR)を利用したアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」にて展示されたARアート作品の一部をNrealLight向けに最適化したものです。展示期間は11月22日(金)から24日(日)までです。 「NrealLight」の最新まとめはこちらです。 メガネ型MRグラス「NrealLight」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 MoguraVR 展示概要 展示期間 2019年11月22日(金)〜2019年11月24日(日) 場所 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE内 営業時間 10:00~21:00 (参考)株式会社Psychic VR Lab プレスリリース
未分類

「FF」シリーズのe-sports大会でVRライブ配信が実施

秋葉原のeスポーツ専用施設「e-sports SQUARE」が、11月16日(土)に開催される「DISSIDIA FINALFANTASY NT」のe-sports大会の準決勝・決勝戦を、VRでライブ配信することを発表しました。 今回のイベントは「DISSIDIA FINAL FANTASY NT VRライブストリーミングバトルイベント」と題し、ファイナルファンタジーシリーズの対戦型アクション「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」の大会を開催。入場特典として称号シリアルコードが、大会参加者にはアイコンアイテムコードが、大会優勝者には表彰盾が贈られます。 大会では3対3に別れたプレイヤーの周りを観客が取り囲み、中央には11Kで撮影できるVRカメラを設置。視聴者はプレイヤーの手元や表情、会場の熱気など、自分が見たい場所を自由に選択して楽しむことができるとのこと。 また、バトル画面や試合結果、使用キャラクターをリアルタイムでVR空間に表示させる取り組みも実施。さらに、大会がVRでどのように配信されているのか、来場者もVRヘッドセットで体験できるブースも設けます。 VRライブストリーミングバトルイベント 大会概要 開催日程 2019年11月16日(土) Open 12:00 Start 13:00 Close 19:00 会場 e-sports SQUARE AKIHABARA 東京都千代田区外神田3-2-12 Box’R AKIBAビル2F TEL 03-3525-8151 入場料金 参加者、観戦者 1,000円 参加方法 当日現地受付 (受付時間後も入場は可能) ※トーナメント参加希望者は受付時間にお越しください。 出演者 ランズベリー・アーサー(DFF AC公式プレイヤー) 芦澤佳純(DFF AC公式プレイヤー) 主催 株式会社アルファコード、企画 AKATUNA 開催協力 株式会社スクウェア・エニックス、株式会社RIZeST 東京デザインテクノロジーセンター専門学校 イベントページ http://e-sports-square.com/event/dissidia-final-fantasy-nt (参考)e-sports SQUARE 公式Twitter、イベントページ
未分類

Magic Leap、特許資産をJPモルガンに譲渡 資金調達の一環か

MRヘッドセット「Magic Leap One」のMagic Leap(マジックリープ)社が、特許資産の大半を銀行へ譲渡していたことが判明しました。 JPモルガン・チェースに資産譲渡 2019年8月22日付で米国特許商標庁に提出された資料によると、Magic Leapは所有する1,903の特許を、米国の銀行持株会社JPモルガン・チェースに譲渡。背景は明らかでありませんが、資金調達の担保として用いられた可能性がありそうです。 なお、JPモルガン・チェースは2018年に行われたシリーズDの資金調達に参加しており、Magic Leapへの出資者の1つです。 (米国特許商標庁にて公開されていた当該ページより。Magic LeapなどからJPモルガン・チェースが特許を受け取っていることが分かる) Magic Leapは2018年8月のデバイス発売に至るまで、巨額の資金調達を繰り返したことで知られていました。2019年に入ってからは、株式会社NTTドコモと資本・業務提携を締結し、2.8億ドル(約312億円)の出資を受けています。 資金調達、新デバイス開発が進行中か 今回の特許資産譲渡の背景についてメディアNext RealityがMagic Leapに問い合わせたところ、次のようなコメントが得られました。 Magic Leapは大きな資金調達ラウンドの最中で、完了すればシリーズEに相当します。すでに大部分がクローズしており、新株発行や転換社債も含みます。出資には既存の出資者、新たな投資家、そして戦略的パートナーが参加しています Magic Leapは世界的に事業を拡大してきており、米国とアジアに販売網を持っています。そして他の地域もすぐに続く予定です。市場シェアの拡大に加え、現在第2世代のデバイス開発やMagicverseに取り組んでいます。 こうして、我々のコンテンツや開発者のエコシステムを成長させています。 このように質問への明確な回答はないものの、同社が新製品を計画していること、そのためにさらなる資金が必要であることは事実と言えそうです。 Magic Leapの動向やMRデバイスMagic Leap Oneについては、下記の記事で紹介しています。 Magic Leapが新開発ツールを発表。「Magicverse」構築目指す MoguraV..
未分類

VR泥棒体験ゲーム「Thief Simulator VR」早期アクセス版がリリース

他人の家に忍び込み、金目の物を盗み取るVR泥棒シミュレーション「Thief Simulator VR」のアーリーアクセス版が、2019年11月13日にリリースされます。対応VRヘッドセットは、Oculus Rift、HTC VIVE、Valve Index、Windows Mixed Reality系ヘッドセットです。 2018年発売タイトルのVR版 「Thief Simulator VR」は、サンドボックス形式で作られた住宅街を舞台に、ハイテク機器を活用して他人の家に侵入し、高価な物や貴重品(現金、宝石、など)を盗む作品。2018年にリリースされた「Thief Simulator」のVR版です。米メディアVRScoutによれば、オリジナル版の所有者は、「Thief Simulator VR」を割引価格で購入可能とのこと。 https://www.youtube.com/watch?v=hLHLeMv1GIY 本作は当初、2019年10月にアーリーアクセス版が発売される予定でした。開発元のGameBoom VRは、10月末にSteamで行われたハロウィンセールに被らないようにする(セール中は新作を見る人が少なくなる)ために延期したと説明しています。 ゲームプレイの流れ 「Thief Simulator VR」では盗みを始めるにあたり、まず、ターゲットの生活リズムを把握するところから始めることが推奨されます。家主がどのタイミング(時間帯)に外出するかを確認したあとは、ターゲット宅のセキュリティレベルや近隣住民の存在など、犯行に必要な要素を併せて収集します。 必要な準備が完了した後は、ターゲット宅への侵入をスタートします。盗品を回収するためのバックパックには収納限界が存在するため、盗むものは慎重に選ぶ必要があります。VRScoutは、現金や宝石、電子機器などが“効率が良い”と推奨しています。 ターゲット宅への侵入中、警察が通報でやってきた場合、プレイヤーは速やかに盗みを中断し、逃走する必要があります。ターゲット宅内で誰かに発見されたケースでは、急いで家の中のどこかに隠れるか、盗んだものを捨てて脱出しなければなりません。 無事盗品を確保した状態で脱出に成功したあとは、それらのアイテムを追跡不能の状態にする(GPS追跡装置の破壊など)必要があります。車を盗んだ..
未分類

国内初、栃木・那須ハイランドパークにアーケード版「Beat Saber」が常設導入

那須ハイランドパークが、11月16日(土)よりVR筐体「Beat Saber Arcade(ビートセイバー アーケード)」を導入することを発表しました。 「ビートセイバー アーケード」は、OculusやSteamVR、PlayStation VRに配信されるVRリズムゲーム「Beat Saber(ビートセイバー)」のアーケード版。両手に光る剣を持ち、奥から迫るオブジェクトをリズムに合わせて斬っていき、ハイスコアを狙います。これまでアメリカや韓国などの海外で稼働していましたが、国内で常設されるのは初とのこと。 同筐体が導入される那須ハイランドパークは、今年40周年を迎えた北関東最大級の遊園地です。2019年春には、既存のアトラクション「スカイサイクル」をリノベーションした「VRスカイサイクル」が稼働する予定で、他にもVRライドシアターを導入しています。 ビートセイバー アーケードは「ウーピーズキングダム」の2Fに設置され、利用料金は1回500円です。 ビートセイバー アーケード 概要 オープン日 11月16日(土)9:30~ 場所 ウーピーズキングダム2F 利用料金 1回500円 ※ファンタジーパス利用不可 (参考)藤和那須リゾート株式会社 プレスリリース
未分類

バーチャルシンガーAZKiの1stアルバム「without U」発売

ホロライブの音楽レーベル「イノナカミュージック」に所属するバーチャルシンガーのAZKiさんが、初のフルアルバム「without U」をリリースしました。 (ジャケット TYPE-A) (ジャケット TYPE-B) 今回のアルバムでは、幅広いシーンを横断的につなぐ楽曲ラインナップを1枚に集約。BiS/BiSHなどのサウンドプロデュースを手がけるSCRAMBLESのユニット「T.S.I」をはじめ、トラックメイカーや同人・ボカロカルチャーの人気作家、VTuberなど、さまざまなサウンドクリエイターが参加しています。 また、特設サイトでは約80名のレビュアーによる企画「それぞれのwithout U」を公開。本作に携わったサウンドクリエイターの他、VTuberや各種クリエイター、イベントオーガナイザー、ライターなど、それぞれの想いが込められたレビューが掲載されています。 さらに、AZKiさんが活動開始から1周年を迎える11月15日(金)には、YouTubeチャンネルにて記念生放送を配信するとのこと。加えて同日21:00より、12月29日(日)開催のAZKi 4thワンマンライブ「REPEAT THiS LiFE WiTH U」のチケットの一般発売が開始されます。 アルバム特設サイトはこちら。 収録楽曲 1.without U / 作詞・作曲・編曲 : RD-Sounds 2.コトノハ / 作詞・作曲 : 佐藤カズキ / 編曲 : SCRAMBLES / プロデュース : T.S.I(SCRAMBLES) 3.嘘嘘嘘嘘 / 作詞・作曲 : 井口イチロウ / 編曲 : SCRAMBLES / プロデュース : T.S.I(SCRAMBLES) 4.自己アレルギー / 作詞・作曲 : 豊住サトシ / 編曲 : SCRAMBLES / プロデュース : T.S.I(SCRAMBLES) 5.虹を駆け抜けて / 作詞・作曲 : 井口イチロウ / 編曲 : SCRAMBLES / プロデュース : T.S.I(SCRAMBLES) 6.ちいさな心が決めたこと / 作詞・作曲 : AZKi / 編曲 : SCRAMBLES / プロデュース : T.S.I(SCRAMBLES) 7.世界は巡り、やがて君のものになる / 作詞・作曲・編曲 : さめのぽき 8.Midnight ..
未分類

白上フブキさん特別出演!兎鞠まりさんら登場の新企画も…!?【週刊MoguLive! 11/12放送予告】

MoguLiveが運営する、VTuber界の最新情報を伝えるニュースバラエティ番組「週刊MoguLive!」。毎週1時間・生放送で、VTuber界の情報や注目の動画情報をギュッとまとめてお届けする番組です。 現役VTuberとして活動している佐藤ホームズさん・虹乃まほろさんをキャスターに迎え、VTuber情報に詳しい有識者・たまごまごさんもコメンテーターとして参加します。 次回は本日11月12日(火)21時に放送、特別ゲストとしてホロライブ所属VTuber・白上フブキさんが登場!初のソロイベント直前に色々とお話を伺うほか、好きなゲームなどのお話も掘り下げます!詳細は下記にてご紹介。 【番組視聴URL】 ・REALITY https://app.adjust.com/w8hg4d6_ok7d8tz ・YouTube https://www.youtube.com/watch?v=mvJKc-hF9bU 白上フブキ・初のソロイベント特集! 11月16日に開催される白上フブキさんのソロイベント「Congratulations!! FUBUKI BIRTHDAY PARTY.2019」。開催直前のいま、見どころや意気込みなどお話し頂きます!また、数多くのゲーム実況を行っており、周囲も認めるほどのゲーム好きVTuberであるフブキさんに、好きなゲームやTRPGのことについて語って頂きます。 白上フブキさんへの質問コーナーも! 放送では、白上フブキさんへの質問コーナーも実施予定!コーナー中に視聴者から書き込まれた質問をピックアップし、白上フブキさんに回答してもらいます。質問はREALITY上でのコメントのみ有効となりますので、ぜひ事前にダウンロードしてください! 注目の週刊VTuberニュース 直近でVTuber界に起こった注目ニュースを紹介する定例コーナーも!こちらのニュースへのコメントも白上フブキにご参加いただきます。 YouTuberハローキティ「人生相談」が書籍化! おめがシスターズが“生前葬”を生放送!? 天開司主催「剣盾にじさんじ杯」が開催 アメリカザリガニが“バーチャル寄席”を開催! そして…「週刊MoguLive!」新企画も複数発表!本日の放送で先出しも…!? 「週刊MoguLive!」番組内で始動する新規コーナー企画を複数発表します..
未分類

フェイスブック、退役軍人向けプログラムでAR/VR人材育成へ

フェイスブックは、退役軍人向けのAR/VR教育プログラムを開始します。今後必要とされる技術習得をうながし、再就職の支援を行います。 12ヶ月間のプログラムでキャリア開発 フェイスブックはこのほど、退役軍人向けの人材サービスMilitary and Veterans Hubをリリースしました。再就職先を探したり、オンラインで研修を受けたり、起業のためのハウツーを学んだりすることができるものです。 この中で同社は、12ヶ月間のVR/ARエンジニアリング研修プログラムを設けます。電気、機械工学、コンピューターサイエンスの知識を持つ退役軍人を対象としており、キャリア開発を助けます。 世界的な課題に挑む フェイスブックによると、このサービスは「当社が世界的な課題に挑む助けとなる」ために企画されたとのこと。退役軍人の中には科学技術分野でスキルを持つ人も多くいます。今後必要となるデジタル技術を学ぶことで、従軍後の人生が大きく変わる可能性があります。 (参考)Engadget
未分類

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

2019年12月3日・4日に開催予定の「XR Kaigi」は、XR(VR/AR/MR/VTuber)をテーマにした開発者・クリエイター向けカンファレンスです。1日目夕方のビジョナリー・トークからスタートし、2日目には30以上のセッションや展示エリアが用意されます。 セッションでは国内外で実績のある開発者・クリエイターによる「XRの体験をデザイン・開発するための考え方、ノウハウ」の講演を予定しています。また、開発者が自主的に運営しているMeetupなどとタイアップし、ミニセッションを行うコミュニティオーガナイズドセッションも実施します。 本記事では、執筆時点で公開されているセッションから、「AR/MR」「産業利用」「キャラクター/アバター表現」「VRのストーリーテリング」の4つのテーマに沿って紹介します。 なお、XR Kaigiの講演は、後日動画にて無料配信予定です(※1ヶ月を目処、全ての講演を配信するかは未定)。英語講演は日本語への同時翻訳が行われます。 AR/MR 5GxXRの未来 登壇者: 上月 勝博氏(KDDI株式会社 パーソナル事業本部 サービス本部 プロダクト開発1部 副部長) Joshua Yeo氏(Nreal LTD.) 講演内容: KDDIでの5G導入に向けたXR、スペーシャルコンピューティング分野への取り組みのご紹介。具体的にはNreal Ltd.とのMRグラス「NrealLight」、Sturfee Inc.のVPS(Visual Positioning Service)を利用したAR Cloudサービス、デジタルヒューマン、さらに5G MEC(Mobile Edge Computing)技術の活用等、「5G」+「デジタルツイン」時代を見据えた取り組み状況について実例を交えてご紹介いたします。 講演日時:2019年12月4日(水) 10:15〜11:00 ARクラウドが呼ぶ「ARのゴールドラッシュ」とは 登壇者: 牛尾 湧氏(プレティア・テクノロジーズ株式会社 代表取締役) 講演内容: Pretiaが開発中のARクラウドで出来るようになること、それを使ったプロジェクトの例、この技術を使ってどのように顧客やビジネスの課題を解決するか。 講演日時:2019年12月4日(水)13:00〜13:45 ARの没入度向上手法としての深..
未分類

音楽イベント「VIRTUAFREAK Vol.5」出演者全12組発表

12月27日(金)に開催される、VTuberフリークが集う音楽イベント「VIRTUAFREAK Vol.5」の追加出演者が発表されました。出演アーティストが出揃い、全12組、総勢16名となっています。 「VIRTUAFREAK」は、VTuberやVTuberに魅せられたさまざまなクリエイターが集うナイトイベントです。1周年を迎える今回は秋葉原エンタスとMOGRAの2拠点で開催され、11月29日(金)までの期間中、CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施。開始から3時間で目標額となる80万円を達成しています。 最終となる第三弾出演者として、新たにヒゲドライバー、KOTONOHOUSE feat. 江戸レナ、somunia × gaburyuが登場。また、第一弾ではTeddyLoid、PSYQUI、エハラミオリ、バーチャルねこ、第二弾ではAvec Avec、Oblongar、TAKUYA the bringer、nyankobrq & 中村さんそ、ワニとコウモリ(ワニのヤカ高坂はしやん)が発表されています。(敬称略) クラウドファンディングのページはこちら。 「VIRTUAFREAK Vol.5」概要 「DAY SIDE」概要 日付 2019年12月27日(金) 時間 開場16:30 開演17:00 閉演22:00 場所 秋葉原エンタス 料金 前売り 3,200円 当日 3,500円 1ドリンク500円 「ALL NIGHT SIDE」概要 日付 2019年12月27日(金) 時間 開場/開演23:00 閉演5:00 場所 秋葉原 MOGRA 料金 前売り 3,200円 当日 3,500円 1ドリンク500円 ・1DAYPASS(前売りのみ):5,000円 ※前売り販売のみ、数量限定、各会場で1Drink別途500円が必要です。 (参考)VIRTUAFREAK 公式Twitter、CAMPFIRE プロジェクトページ
未分類

ジョイサウンド、スマホ向けにカラオケ機能のSDKを提供開始

ジョイサウンドによるスマートフォンアプリに導入することで、カラオケ機能を搭載できるソフトウェア開発キット(SDK)、「JOYSOUND Smartphone Library」の提供が開始されました。動画共有やVTuber(バーチャルユーチューバー)による“歌ってみた”などのライブ配信にも活用可能です。 本SDKでは、JOYSOUNDの業務用カラオケで培った採点ノウハウをスマホアプリ向けに最適化することで、スマートなアプリ開発を実現。カラオケ音源の再生、歌詞テロップ表示、キー変更などのカラオケ基本機能だけでなく、独自開発が難しいカラオケの採点機能の搭載も可能となり、開発工数、費用ともに大幅に圧縮できる、としています。 アイデア次第では、カラオケの練習や採点を利用したキャンペーンやプロモーションなどのサービスや企画はもちろん、動画共有やVTuberによる“歌ってみた”などのLIVE配信まで活用できると明かされています。 契約などの詳細や問い合わせは、こちらから。 (参考)株式会社エクシング プレスリリース
未分類

返品80%減、米百貨店のVR家具購入サービスが好評

米百貨店のメイシーズは、VRを使った家具の購入サービスを導入しています。同社によれば、このVRサービスを通して家具を購入した顧客は“多くの家具や装飾品を購入し、さらに返品率は80%減”とのこと。このサービスを実現するのは、VR企業Marxentが開発したツールです。 VRで自宅を再現、家具を置いて確認 メイシーズのサービスでは、店舗を訪れた来店客が、自分の居住空間をVR内にデザインします。その後VRヘッドセットを装着し、商品の家具を置いて確認できる、という内容です。 これにより、来店者は家具を自宅に置いたときのイメージを把握することができます。また店舗にとっては「多くの在庫を抱える必要がない」「手元にない商品も紹介できる」といったメリットが挙げられます。 ユーザーは、来店前にメイシーズのウェブサイトを通じて自宅のデザインを行うことや、店頭で作成してもらうことも可能です。Marxent社はリアルな家具のオブジェクトを多数取り揃えており、店員がタブレットを使いVR内で提案します。 購入数増、返品減の効果も Marxent社のCEO、Beck Besecker氏によれば、VRは単に集客に役立つのみではありません。VRサービスを用いて購入した来店客は、予定以上の家具や装飾品を購入し、さらに通常よりも返品率が80%低いということです。 「当社のサービスは、自信をつけるためのツールのようなものだと考えています。よりよく見て、体験して、試してみることで、返却の可能性はより低くなります」とBesecker氏はコメントしました。 日本では伊勢丹が導入 こうしたAR/VRを用いて家具の試し置きを行うサービスは、日本でも伊勢丹新宿店等が導入しています。事例は以下のリンクから。 VRで家具を"試し置き"、伊勢丹新宿店にVRサービス導入 MoguraVR 家具やインテリアを試し置き、オンライン通販「ロウヤ」にAR機能 MoguraVR ニトリの家具をARでおためし設置、広がる「買う前にARで確認」 MoguraVR (参考)Tampa Bay Times
未分類

【佐藤ホームズ】今週のVTuber“3分”レポ(11月3日~11月9日)

日々VTuber界隈の情報を追いかけるバーチャル名探偵、佐藤ホームズ。彼がVTuberに関わる1週間の主な出来事を3分で振り返ります。果たして今週の重要なトピックは? (※動画は佐藤ホームズさんからの提供です) https://www.youtube.com/watch?v=Gph7ausPM4Y また、彼がMCを担当するVTuber情報番組「週間MoguLive!」が、REALITY・YouTubeで毎週放送されています。こちらも要チェックです!(REALITY、YouTube) 佐藤ホームズさんのYouTube・Twitterアカウントはこちら。 ・YouTubeチャンネル ・Twitterアカウント
未分類

Gear VR向けアプリの開発サポートが終了、時代はスマホVRから一体型へ

2019年11月7日、Oculusは、スマートフォン向けVRヘッドセット「Gear VR」向けアプリ開発のサポート終了を発表しました。最新のSDK以降は、Gear VRアプリの開発はサポートされなくなります。 なお、この更新により、Gear VRの開発者向けサポートがすべて終了するわけではなく、またGear VRユーザーはこれまで通りデバイスを使用できます。 新規アップデートは対応せず Gear VRは韓国サムスンとOculusが共同開発した、スマホを使用するタイプのVRデバイス。ハイエンド機であるサムスンのGalaxyシリーズにのみ対応していましたが、2019年8月、Galaxyシリーズの次世代スマートフォン「Galaxy Note 10」がGear VRに対応しないことが明らかになり、存続が危ぶまれていました。 発表によれば、Unity/Unreal Engine開発向けのOculus SDK Suite 1.42及びOculusネイティブのMobile SDK 1.27.0.以降は、Gear VR向けのアプリ開発に対応しないとのこと。開発者向けサポートがすべて終了するわけではなく、Gear VRユーザーはこれまで通りデバイスの使用を継続できます。 なお、OculusのCTOであるジョン・カーマック氏は、同年9月のOculus Connect 6にてソフトウェアサポートの終息をほのめかしていました。今後さらに対応が変わる可能性は残されています。 開発者向けQ&A; 以下、Oculusが掲載した開発者向けQ&A;を紹介します。 Q:現在開発中のGear VR向けアプリはどうなるのか? A:Oculus Mobile SDK 1.26.0またはOculus SDK Suite 1.41以前を使っている場合は、特に影響がありません。 Q:Oculus Go向けのアプリをリリースした場合、Gear VRユーザーも使えるのか? A:Oculus Mobile SDK 1.26.0またはOculus SDK Suite 1.41以前を使っている場合は、Gear VRでも動作します。しかしそれ以降の場合は、Oculus Goのストアでしか扱われません。 Q:リリース済みのGear VR向けアプリ・ゲームはどうなるのか? A:Gear VR向けゲーム、アプリのサ..
未分類

「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは? 東京国際映画祭イベントレポ

10月28日(月)から開催中の第32回東京国際映画祭。世界各国の有名映画が集合するこの祭典で、高速通信「5G」とVRを組み合わせたイベントが実施されていました。「Virtual×Real×Techライブ~featuring 直感×アルゴリズム♪~」です。 11月2日(土)と3日(日)の2日間、テレビ朝日側の野外会場「六本木ヒルズアリーナ」で行われたイベントでは、老若男女さまざまな参加者が訪れ、大きな盛り上がりを見せていました。一体どのような取り組みが行われていたのか、現地の様子をレポートします。 そもそも生放送アニメ「直感アルゴリズム♪」とは? 今回のイベントのメインを飾るのは、生放送アニメ「直感×アルゴリズム♪」に登場するバーチャルアイドル・キリン(Kilin)さん&シー(Xi)さんです。当日は彼女たち2人が、トークや歌、ダンスなどのパフォーマンスを披露する流れとなっていました。 (キリンとシー。キリンは日本サーバー、シーは中国サーバーの出身だ) そもそも「直感×アルゴリズム♪」とは、ユーザーがバーチャルな世界の物語にリアルタイムに参加できるというコンセプトのアニメ作品。視聴者の反応によって物語が変化していく点が特徴です。キリンさんとシーさんは、どちらも日本語と中国語両方を話し、放送時には国内外の視聴者と広く交流しています。 https://www.youtube.com/watch?v=nYNkBSEW4lU 気分屋で負けず嫌いのキリンさんとおっとりマイペースな性格のシーさん。対象的なふたりの掛け合いも魅力のひとつで、放送では力を合わせてさまざまなミッションに挑戦しています。MVでは混沌とした近未来的な舞台で彼女たちが軽やかにパフォーマンスを披露する姿が見られ、不思議な世界観に惹きつけられるファンも多い様子。そんな彼女たちが今回どのようなパフォーマンスを披露するのかが、事前の大きな注目ポイントでした。 ステージ横に立てられた高速3Dスキャナーの正体は? 当日、記者が取材に訪れると、そこにあったのは来場者による長蛇の列。よくよく見てみるとステージ横に白いテントが設営され、皆そのテントの入口へと並んでいるようです。 スタッフに話をうかがうと、ライブがはじまる直前まで高速3Dスキャナー「ANATOMe」による3Dスキャンする体験会を実施しているとのこと..
未分類

「スラムダンク」公式アプリが配信、現実で桜木花道のシュート練習が見れる

バスケットボール漫画「スラムダンク」を題材としたアプリ「SLAM DUNK Talkin’ to the Rim」が、iOS / Androidにて配信を開始しました。AR機能が搭載されており、主人公・桜木花道が現実世界でシュート練習をしている姿を見ることもできます。 現実に桜木花道がやってくる 本アプリでは漫画「スラムダンク」の主人公、桜木花道がひたすらシュート練習をしている姿を見ることができるアプリです。AR MODE、PARK MODE、ALBUM MODEが用意され、AR MODEで床面を認識すると、7.5m先にバスケットゴールが出現。現実世界で桜木花道のシュート練習を、好きなアングルで見ることができます。 また、PARK MODEでは漫画の中の公園で花道が練習する姿を好きなアングルで見ることができ、AR機能のない機種にも対応しています。さらにALBUM MODEでは、AR MODEで好きな瞬間を撮影し保存できます。撮影した画像のシェアも可能です。 【お知らせ】木の肌に触れる、空を見上げる、ベンチに座る… 忙しい日常をしばし脇に置かせてくれるようなものの一つになったらいいなと思い、「桜木のシュート練習を見る」というアプリをつくりました。#sdrhttps://t.co/e7Q19jPyn3 — 井上雄彦 Inoue Takehiko (@inouetake) November 9, 2019 ARはiPhone SE・iOS11以降のiPhoneやiPad、または最新のARCoreに対応したAndroid7以降のAndroidが対応機種となっており、価格は250円です。配信先はこちら。 ・iOS ・Android (参考)SLAM DUNK Talkin’ to the Rim 公式サイト、井上雄彦 公式Twitter
未分類

「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO」出展社紹介:第4回 ~日本ノーベル、博報堂プロダクツ、ビーライズ、パソナ・パナソニック ビジネスサービス、日本経済新聞社、SB C&S~

2019年12月4日(水)、株式会社MoguraおよびDBJキャピタル株式会社は、VR/AR/MRの展示会「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO(VR EXPO)」を東京・秋葉原にて共同開催します。 本イベントは、VR/AR/MRのビジネス活用に関心のある企業や投資家を対象に、B2B展開を行う企業の体験展示、およびビジネスマッチングの機会を提供します。 Mogura VR Newsでは、数回に分けてイベント参加企業の具体的な出展内容を紹介します。今回紹介するのは、VR/AR/MR ビジネスEXPOに出展する企業32社のうち、「日本ノーベル株式会社」「株式会社博報堂プロダクツ」「株式会社ビーライズ」「パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社」「株式会社日本経済新聞社」「SB C&S株式会社」の6社です。 日本ノーベル株式会社:VR空間でコラボレートワークできる「VR付箋」 日本ノーベル株式会社は、ソフトやシステムの開発、販売を行う企業です。これまでにも現実空間をリアルタイムにバーチャル空間に再現する「デジタルツイン」を作成できるソフトウェアを開発しており、今回はVR空間に付箋でコメントを残すことができる機能「VR付箋」の展示を行います。 「VR付箋」では、場所や時間にとらわれずに付箋を共有してコラボレートワークできます。付箋の文字入力は音声で行い、作成した付箋は手に持って任意の空間に張り付けられます。また、VRだけでなくARでも付箋を表示することが可能です。 株式会社博報堂プロダクツ:国宝をMRで学べる「MRミュージアムin京都」 株式会社博報堂の子会社である株式会社博報堂プロダクツは、これまでに国宝とMR技術を組み合わせたプロジェクトに取り組んでいます。今回展示する「MRミュージアム in 京都」は、国宝「風神雷神図屏風」を題材にした新しい体験学習です。 https://www.youtube.com/watch?v=pWh0LbiQVhk 「MRミュージアム in 京都」では、「風神雷神図屏風」を描いた俵屋宗達の意図や作品に込められた願い、 題材となった「風神雷神」の由来、そして後世への影響などが表現されています。 「MRミュージアム in 京都」の体験レポートはこちら。 最新技術で「体験する」国宝 風神雷神図..
未分類

Oculus Questで一番高評価のVRアプリは? ランキング発表

好調な売行となっている一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」。米メディアRoad to VRは、Oculus StoreのデータからQuest向けアプリの評価や価格を集計し、その結果を発表しました。 Oculusは、各アプリのダウンロード数等を公表していません。そこでRoad to VRは、ストアで公開されているデータから、アプリの評価点、評価件数、価格の集計、ランキングを行いました。評価件数は、当該コンテンツをプレイした人数などの参考になると考えられます。 以下はこの調査における留意事項です。 ・有料、無料アプリは分けて考察しています。 ・100件以上の評価がついたアプリのみを取り上げています。 ・評価が同値のものもありますが、順位は正しく並んでいます。 ・データはすべて2019年11月9日時点のものです。 高評価の有料アプリトップ20 タイトル 評価(評価件数) 価格 The Thrill of the Fight 4.91 (789) $10 Moss 4.86 (907) $30 Kingspray Graffiti 4.84 (321) $15 I Expect You To Die 4.79 (546) $25 Racket: Nx 4.79 (585) $20 SculptrVR 4.79 (132) $10 SUPERHOT VR 4.77 (2,390) $25 Keep Talking and Nobody Explodes 4.77 (108) $15 Space Pirate Trainer 4.77 (767) $15 Pistol Whip 4.76 (438) $25 Gadgeteer 4.73 (155) $15 Red Matter 4.71 (760) $25 Real VR Fishing 4.70 (310) $20 Job Simulator 4.67 (839) $20 Shadow Point 4.67 (312) $20 Virtual Virtual Reality 4.66 (295) $15 Journey of the Gods 4.62 (346) $30 ..
未分類

藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?

前回は、わたしたちの現実というものは脳がつくりあげたもので、主観的世界の中の環境と他者はもともと一体だったのかもしれない、という話をしました。 藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト MoguraVR ヒトは環境を改変してニッチ(生存可能な領域)を拡大することができる生き物ですから、わたしたちは環境をテクノロジーで改変することができるということになります。 テクノロジーと環世界 ヒトによる環境の改変は、いろいろな形で行われてきました。遺伝子操作で作られた野菜や果物、遺伝的に同一のクローン生物、治水・発電のための巨大ダム。ヒトの作ったテクノロジーはとにかくあらゆるところに広がっています。 (世界初のクローン羊「ドリー」。体細胞のクローンを使って生み出された) 20世紀中頃から利用されるようになった電子式計算機の出現以降、テクノロジーは「情報」へと影響を強く及ぼすようになりました。もちろんそれ以前も、ヒトが作る情報は絵画や書籍という形で一般に流布・蓄積され続けてきました。ですが「書籍の中身は情報であり、そのコンテンツはどのような形で利用されても同じ意味をもっている」という感覚を、多くの人々が(実感として)持つようになったのは、21世紀に入って以降かもしれません。少なくとも今年54歳のぼくは、クラウドデータをあらゆるプラットフォームで同じように扱えるようになるまで、理屈では分かっていても、腹の底から実感することはできていませんでした。 書籍や音楽、絵画などは全てデジタル化することが可能で、再生環境によって多少の体験の質の変化はするかもしれませんが、コンテンツとしての意味や価値が変わることはあまりありません。「そんなことはない、ライブの臨場感は現場じゃないと味わえないじゃないか」と言われたりしますが、それは単純に「ライブ会場の情報すべてを情報化できていない(例えば振動や音響など)」か、「記録された情報が正しく再生ができていない」というだけのことです。 抽象的なデータとしてのコンテンツは、放置しておいても基本的に劣化しません。劣化するとしたら紙やCDといったメディアのほうです。このような「劣化しない情報」は多様な形で私達の日常に溢れていて、もはや環境の一部になってきました。そして、ヒトの五感を操作できるテクノロジーは、情報の意味や、現実の..
未分類

VR製品が寄与か? フェイスブックの非広告収入が43%増

10月30日、フェイスブックは2019年第3四半期の決算を発表しました。売上構成において広告収入が主であることは変わりませんが、非広告収入が増加しつつあり、VR関連デバイスやVRコンテンツの存在感は一段と高まっているようです。 非広告収入が43%増、Oculus Questが寄与か 決算発表によれば、第3四半期の非広告収入は2億6,900万ドル(約290億円)。前年比43%の増加となりました。フェイスブックは広告収入の割合が98%と、引き続き収益の大半を占めています。しかし、その他の事業分野の伸長も見て取れます。中でも注目されるのが、一体型VRヘッドセットOculus Questの順調な売上です。 この四半期について見ると、VR関連の売上が非広告収入を押し上げたと言えそうです。ゲーム業界のリサーチ会社SuperDataは、第3四半期のOculus Quest(以下Quest)販売台数を18万台(売上高約7,200万ドルに相当)、累計販売台数を約40万台と推計しています。これは、Oculus Go、Oculus Rift Sの合計売上台数の2倍に近い数字だといいます。 Questは「非常に良い状況」 フェイスブックのVR事業に関しては「計画に対して遅れている」という指摘も存在します。しかし同社CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、これを認めつつも、先行きを「楽観的に見ている」とコメント。特にQuestは「成長しており、非常に良い状況」だと説明しています。 なおQuestについてはコンテンツ側からも好調さが推測できるものとなっています。Mogura VRでは下記の記事にて取り上げています。 ザッカーバーグが語るVR計画の将来、見通しはポジティブ MoguraVR Oculus QuestのVRゲームは"他を圧倒"、複数スタジオ回答 MoguraVR 売上は好調?Quest向けコンテンツ、各開発スタジオが語る状況 MoguraVR Oculus Quest、好調なスタートか 発売2週間でソフト売上が5億円突破 MoguraVR (参考)Quartz
未分類

アップルの“ARに干渉する”特許、新型ARグラスは共同開発か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開(11.06) 2. アップルの新型ARグラス、Steam運営のValveと共同開発か(11.05) 3.プログラミング不要のAR制作ツール「Adobe Aero」リリース、アドビから(11.05) 4.ザッカーバーグが語るVR計画の将来、見通しはポジティブ(11.06) 5.“VR手術訓練”企業が560万ドル調達、医療機関やVCから注目集まる(11.01) 6.【Sponsored】藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト(10.28) 7.【Sponsored】目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏(10.15) アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開(11.06) アップルが米国特許商標庁に出願した、新特許が公開されました。同特許は、AR/VR/AV(Augmented Virtuality)デバイスなどのディスプレイに表示された仮想オブジェクトを、ユーザーが(触るなど)干渉でき、現実にある物体と仮想オブジェクトの区別がつきやすくなるものです。 今特許がアップルのARグラスに搭載されるかは不明(2019年11月現在)となっています。 【Topics】 ・「イメージを完全に投影するか、部分的に重ねることを選択できる」と解説 ・メディアPatently Appleは「利便性向上。オブジェクトの種類を明確化でき、より安全」と説明 アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開 MoguraVR アップルのARグラス開発、特許関連の記事はこちらにまとめています。 アップルのARグラスは調光レンズ搭載? 新特許が明らかに MoguraVR アップルの"ARグラス"登場は近い? これまでの特許や報道振り返り・まとめ MoguraVR アップルの新型ARグラス、Steam運営のValveと共同開発か(11.05) 「アップルがゲーム配信プラットフォームSteam運営のValveと、新..
未分類

【Oculus Quest】11月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

11月第2週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ1個がリリースされました。 今週のピックアップ Pistol Whip https://www.youtube.com/watch?v=KUwzpaReU5g 「Pistol Whip」は、リズムゲームとシューターを組み合わせたようなゲームシステムのVRゲームです。プレイヤーは次々と現れる敵の攻撃を避けつつ、銃を使って反撃し、場合によっては近接攻撃で相手を倒します。本作にはApashe、 HVDES、Black Tiger Sex MachineといったEDM系バンドの楽曲が収録されています。 新作一覧 「Pistol Whip」 開発:Cloudhead Games, Ltd. 日本語対応:なし ジャンル:シューティング 価格:2,740円 評価:星1.9(320件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。
未分類

【VTuberデータ分析】「ゲーム実況」最もプレイされているゲームを調べてみた

myrmecoleonと申します。今回は自分の収集しているVTuberの動画・配信アーカイブのリストより、VTuberがこれらでよくプレイしているゲームとその変遷について紹介します。 VTuberの動画や配信は各種の企画や雑談、歌などさまざまですが、ゲームは中でも定番のひとつ。個人で攻略、一般のプレイヤーや視聴者とネット対戦、VTuber同士でコラボなどプレイもさまざまです。今回はその中でよくプレイされてるタイトルとプレイのされ方について紹介します。 VTuberのデビューが増加した2018年から前月10月までに投稿されたVTuberの動画・配信アーカイブからプレイされたゲームを集計。その結果が以下のグラフです。抽出は動画のタグおよびタイトルから行いました。ある程度の漏れや不足があり、正確ではないことをご了承ください。 定番のマインクラフト(Minecraft)がトップ。PUBGやAPEX LEGENDS(APEX)、Fortniteとバトルロイヤル方式のFPS・TPSシューティングゲームも人気があります。ほか主なタイトルとしては協力プレイ要素のあるモンスターハンター:ワールド(MHW)、オンライン対戦アクションのスプラトゥーン2やデッドバイデイライト(DbD)が挙げられます。 上位6タイトルを月別に見たのが以下のグラフです。APEX・MHW以外は2017年以前から人気の高いゲームで、2018年はじめからいくつかのVTuberにプレイされていました。VTuberが増加していく中でそれぞれのプレイ動画・配信も増えていきますが、ヒットの時期やプレイのされ方はそれぞれ異なります。今回はこちらについて代表的な動画・配信を挙げて紹介します。 VTuberのインフラとなったマイクラ VTuberでもっとも投稿が多いゲームは「Minecraft」、通称マイクラです。投稿チャンネルも2000チャンネル以上で最多でした。土地を切り開いて資材をあつめ、自由に建物などを作れるのが魅力のゲーム。2011年よりリリースされ、バージョンアップを重ねながら長くプレイされています。 定番ゲームのためエイレーンやキズナアイ、電脳少女シロなど初期からよくプレイされています。シロちゃんの関連でアイドル部でよくプレイされたほか、ハニーストラップの島村シャルロットなどマイクラを継続的にプレイする..
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月2日~11月7日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 町内の『ふれあい祭り』でギターを弾いたよ https://www.youtube.com/watch?v=w0gTi0PSlgA ARu子が披露したのは、町内ふれあい祭りでギターを弾いて歌った時の様子を撮影したもの。確かになんかお祭りっぽいところでデビューしているっぽい。 だが待てよ、これは果たして本当にお祭りなのか? ここがバーチャル。実際にお祭りをしていたか否かは問題ではない。そもそも音だけでギターを弾いて歌っている映像はない。嘘か真かは、フィクションとリアルの中間にいるバーチャルには意味がない。 これは「ふれあい祭りでARu子がギターを弾いた映像」です。 女性向けAVって何?!AV男優の一徹さんに聞いてみた【しくじり性教育】 https://www.youtube.com/watch?v=W2QO3Xcb5j8 花魁由宇霧は性教育を真剣に考えるVTuber。今回は「女性向けAV」ジャンルで男優をやっている一徹氏にインタビューをしています。 そもそも「女性向けAV」はそこまで認知されているほどではなく、あまり一般には出回っていないジャンル。女性向け雑誌で取り上げられ、じわじわ人気になってきたメディアかもしれません。 女性向けの性的娯楽物を知れば、男性の考える性的快楽との差が如実に出ます。これは男女ともに相互理解に役立つはず。 例えば男性向けAVでは女優の身体をフォーカスして撮影するようにしている。しかし女性向けAVだと、絡みの際のコミュニケーションが重視されている。 現場で活躍している人の話には性を知るヒントが大量に含まれており、新しい価値観を与えてくれます。 【妄想】うちなーダンジョンクエスト実況プレイ! https://www.youtube.com/watch?v=Ovzn9SuaA5s 沖縄のご当地VTuber根間うい。今回は沖縄にある名物建造物巡りを行っています。といってもただ紹介するわけじゃない。彼女がプレイするゲーム「うちなーダンジョンクエスト」で探索する、というユニークなスタイルになっています。武器はパイナップルとかゴーヤー..
未分類

【にじさんじを追う!】10月後半の出来事まとめ

にじさんじの動向を半月ごとに振り返る「にじさんじを追う!」10月後半分(10月16日~30日)。今回は新人デビューやVICON導入、卒業など多くの出来事が起きた。 10月23日(土)にはよみうりランドでホールイベントもあり、大いに盛り上がったのも印象的だ。それでは、それぞれのトピックを振り返ろう。 【後半のトピック】10月17日(木)~19日(土)にじさんじ新人ライバー3名デビュー 今回デビューしたのは神様・フミ、カラス天狗・山神カルタ、日英ハーフの星川サラの3名。それぞれのキャラクターイメージから「織姫星」というユニット名がつけられた。 https://youtu.be/n4Y5er7pkBw 【初配信】フミ/にじさんじ 初配信だぞ【にじさんじ】 これまでにじさんじ公開オーディションで名前は挙がっていたものの、中々デビューすることのなかったライバーが遂に登場した。50年間ほど引きこもっていた神様で、本人曰く狐らしい。尖った耳に、ふさふさの尻尾と巫女風衣装が特徴的だ。 配信セッティングの都合で開始が遅れ30分ほどの配信になってしまったが、自己紹介で「趣味:Vチューバー、ガンダム」と明かし、ガンダム好きリスナーがにわかにざわめいた。本人曰く「好きなガンダムシリーズはゼータで、好きなモビルスーツはメタス(※Zガンダムに登場する)」。 「メタスを描きます」と宣言してから描かれたのはメタスの股関節部分で、「ここが好きだ」と熱弁。VTuberに対する熱意も強く、また時間があるときに語りたいとのことだった。 https://www.youtube.com/watch?v=PTvvTLzhdgg 【初配信】はじめまして、山神カルタです!【にじさんじ】 山神カルタは見習いのカラス天狗。神通力を身に付ける(=煩悩を減らす)ことを目的に修行しているそうだ。頭に乗っているのは頭襟(ときん)ちゃんで、本人の目の動きで開閉する。のんびりとした口調で、朗読配信などでは心地よい声を聞かせてくれる。 修行中の身であるため、他者との接触を練習するためにマッチングアプリで100人にチャットを送ったり、脳内イマジナリー彼氏を作り出したりして、気分を紛らわしているそうだ。さらに夢女子を自称しており、共依存が性癖と語っていた。 https://www.youtube.com/watch?..
未分類

スパチャやBOOTH、クラファンなど VTuberを支援する方法まとめ

VTuber(バーチャルユーチューバー)への応援のかたちはさまざまですが、そのひとつが活動に対する金銭的な支援です。投げ銭やクラウドファンディングなど、ファンが応援するVTuberを金銭的に支援する手段は多く存在します。 本記事ではそのようなファンの参考になるよう、主だった各支援方法の仕組みやメリット・デメリットを紹介します。 YouTubeスーパーチャット、メンバーシップ制度 YouTubeでは広告収入の他にもいくつかの収益受け取り方法があります。スーパーチャット(通称スパチャ)は配信やプレミア公開のチャット欄で使用できる特別なコメント方法です。視聴者は100円~50,000円の範囲で支払う金額を指定し、色付きの特別なコメントを送れます。 支払われた分はそのチャンネルの収益になります。メッセージとともに直接送れるため、配信者に反応してもらえる確率が高まる点がメリットといえます。 また、チャンネルによってはYouTubeのメンバーシップ制度を利用できることも。視聴者は月額の設定料金を払うと、そのチャンネルの「メンバー」となり、専用の絵文字の使用や限定コンテンツの閲覧などの特典が利用できます。 チャット欄でユーザー名に特別なバッヂが付くのもメンバーシップの特典です。比較的安価な費用で定期的に応援できるため、手軽に利用しやすい方法といえます。 ただし、これらのシステムを使用できるのはYouTubeによる収益化の審査を通ったチャンネルに限られます。そのため登録者数などの面でハードルが存在し、どのVTuberも自由に使えるわけではないのが難点。またスーパーチャットの一部はYouTube側にも入る仕組みとなっています。 pixivのBOOTH&FANBOX 「BOOTH」はpixivが運営するネットショップサービス。クリエイターがグッズやダウンロードデータを出品できるサイトであり、VTuber業界でもグッズ等の販売に広く使われています。 BOOTHでは支払い時「上乗せ」(BOOST)を行えるのが特徴。BOOTHの購入画面には「金額を上乗せして応援」というボタンがあり、単に購入するだけでなく買う側が任意に金額を上乗せすることができます。基本3.6%(倉庫から発送された商品の場合は3.6%+26円)と手数料が安いことも相まって、還元率を考えると支援方法としては非常..
未分類

Steam VRゲーム・アプリ週間ランキング【2019年11月第1週】

MoguLiveでは、毎週Steamで販売されているVRゲーム・アプリランキングから、売上トップ15タイトルを紹介します。 今週は、音楽に乗ってアクション映画のように戦うリズムシューティング「Pistol Whip」が1位タイトルとなりました。そのほか、宝を求めて冒険するシューティングRPG「Borderlands 2 VR」、様々な能力を持った海賊のキャプテンとして争う海戦アクション「Battlewake」などがランクインしています。 Steam VRタイトル売上ランキング(11月8日調べ) 1位 「Pistol Whip」 ↑ 前週圏外 開発:Cloudhead Games ltd. ジャンル:リズムFPS 価格:2,570円 2位 「Borderlands 2 VR」 ↑ 前週圏外 開発:Gearbox Software ジャンル:シューティングRPG 価格:5,500円 日本語対応あり 3位 「Blade and Sorcery」 ↑ 前週圏外 開発:WarpFrog ジャンル:ソード&マジックアクション 価格:2,050円 4位 「Arizona Sunshine」 ↑ 前週5位 開発:Vertigo Games, Jaywalkers Interactive ジャンル:ゾンビFPS 価格:3,980円 日本語対応あり 5位 「Battlewake」 ↑ 前週圏外 開発:Survios ジャンル:海賊アクション 価格:3,090円 6位 「Pistol Whip + Soundtrack Vol. 1」 ↑ 前週圏外 開発:Cloudhead Games ltd. ジャンル:リズムFPS 価格:3,411円 ゲーム本編+サウンドトラックのバンドル(10%割引) 7位 「BOXVR」 ↑ 前週11位 開発:FitXR ジャンル:リズムボクシング 価格:3,090円 日本語対応あり 8位 「OVR Toolkit」 ↑ 前週圏外 開発:Curtis English ジャンル:VRデスクトップビューアー 価格:1,220円 日本語対応あり 9位 「Hop Step Sing! 気ままに☆サマーバケーション (HQ Edition)」 ↑ 前週圏外 開発:講談社, Polygon Pictures Inc., ランティス ジ..
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】週末イベントミッションが今週も開催 12日まで

11月9日(土)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、週末イベントミッションが開始されました。 今週の週末イベントミッションは、先週に引き続き、現在行われている期間限定のチャレンジイベント「試練の扉」に挑戦すると様々な報酬(ドラゴンメダル、ゴールドなど)が獲得できるというもの。開催期間は、11月9日(土)午前3:00から、11月12日(火)午前2:59までです。 【 週末イベントミッション開催中! 】 期間限定で、試練の扉に挑むとドラゴンメダルなどが手に入るミッションが開催しております。 メダルを集めに、試練の扉に挑戦しよう。https://t.co/TqYi5tz9It#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/SdCb7oVjQ2 — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 10, 2019    © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter
未分類

エミー賞受賞のVR作品「The Wolves in the Walls」最終章がリリース

エミー賞受賞のVR映像作品「The Wolves in the Walls」の最終章が、Oculus Storeでリリースされました。対応VRヘッドセットはOculus Rift(Rift S)。ダウンロードは無料です。 8歳の女の子の物語 「The Wolves in the Walls」は、Oculus Story Studio(※閉鎖された同社の映像部門)の元メンバーが創業した企業、Fable Studioが制作した全3部作構成の作品です。 物語の主人公は想像力豊かな8才の少女ルーシー。部屋の壁の中に凶暴なオオカミがいるはずだ、と強く疑っています。果たして本当にオオカミがいるのか、プレイヤーはルーシーと一緒になって物語を進めます。 https://www.youtube.com/watch?v=Qsp22z1I1m4 キャラクターとの一体感 Fable Studioによれば、物語の傍観者ではなく、8才の少女と同じ目線で物語を一緒に体験し、キャラクターとの一体感が感じられることが「The Wolves in the Walls」の特長であるとのこと。決してルーシーは筋書き通りにふるまうだけの登場人物ではありません。プレイヤーがどのようにルーシーと接するかによって、彼女の反応も変化します。 前エピソード(を体験したRoad to VRの記者は、ルーシーを「ある部分では、これまでVR作品で見た中でも、一番本物の人間に近いと感じた」と評しています。 ソフトウェア概要 タイトル The Wolves in the Walls 開発元・パブリッシャー Fable Studio 対応VRヘッドセット Oculus Rift(Rift S) 価格 無料 プレイ人数 1人 公式サイト https://fable-studio.com/wolves-in-the-walls バーチャルキャラクターとの一体感が特長のVR作品、エミー賞受賞 MoguraVR 高品質なVRアニメ制作チーム再結集 元Oculusのメンバーが新会社 MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
未分類

【ドラゴンクエストウォーク】週末メタルダンジョンが開催 月曜日まで

11月8日(金)から、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、週末メタルダンジョンが開催中です。同ダンジョンの開催期間は、11月8日(金)から11月11日(月)午後14:59までです。 週末メタルダンジョンは、メタル系モンスターが登場するイベントクエストです。登場モンスターが違う「初級」「中級」「上級」の3つの難易度があります。メタル系のモンスターは動きが俊敏なため、よく逃げるモンスターですが、倒すと多くの経験値を獲得できます。ただし、いずれかの難易度を1回クリアすると翌週までプレイはできません。 【 メタルスライムがあらわれた!11月11日(月) 14:59まで! 】 今週末はメタル系モンスターと戦える「メタルダンジョン」が開催中です。 はぐれメタルが出現する「上級」も追加されているので、準備を万全にして挑戦しよう。https://t.co/r4K9kHIsAG#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/RlS6vkTt1D — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 9, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter、ドラゴンクエストウォーク公式サイト
未分類

ARでエルモをかぶろう! 「セサミストリート」のアプリが配信開始

アメリカの人気子供向け番組「セサミストリート」を題材としたスマートフォン向けARアプリ「Sesame Street Yourself」がApp Storeでリリースされました。対応デバイスは、 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR。2019年モデルのiPadでも利用可能です。ダウンロードは無料で行えます。 ARKit 3の新機能を活用 「Sesame Street Yourself」は、主に3歳から5歳までの子供を想定して制作されたARアプリです。使用者は、スマートフォンのカメラに顔を認識させることで、アプリ内で「セサミストリート」の被り物を装着したり、キャラクター本人に変身したりできます。米メディアNext Realityによれば、背面カメラを使用し、クッキーモンスターがクッキーを焼く手助けなどもできるとのこと。 本アプリには、アップルのARプラットフォーム「ARKit 3」の新機能、マルチフェイストラッキングが活用されています。この機能によって「Sesame Street Yourself」は、カメラが複数の顔を同時認識し、それぞれに別の被り物を表示させトラッキングすることが可能としました。 「Sesame Street Yourself」について、同タイトルの制作スタジオWeyoの共同創業者Baz Palmer氏は以下のようにコメントしています。 我々は「ARKit 3」を単純に素晴らしい技術的ツールボックスと捉えました。我々は、この技術(ARKit)を使用して、どれほどの子供向けコンテンツを制作できるか、試してみたいと考えました。 ARKit 3の一部機能は実装を断念 「Sesame Street Yourself」には開発当初、「モーションキャプチャ」と「ヒューマン・オクルージョン」(いずれも「ARKit 3」の新機能)が導入される予定でした。しかし実装した場合、アプリの処理が重くなることから。最終的にオミットが決定されたたとのこと。Palmer氏と開発チームは現在、これらの機能を将来的に、アドオンとして追加することを検討しているそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=8DnCHGFKa7s アップル、ARKit3を発表 モーションキャプチャなど人を認識するように ..
未分類

ついに登場、VR謎解きADV「星の欠片の物語。」2020年春発売

VR謎解きアドベンチャー「星の欠片の物語。」が2020年春に発売されることが発表されました。2018年1月に発売したプロローグ「星の欠片の物語、ひとかけら版」が累計販売1万本を達成、今回本編の発売となります。対応機種はPlayStation VR(PSVR)、Oculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed Realityです。 「星の欠片の物語。」はPCにおいて独特なシステムのノベルゲームの制作を行ってきた「自転車創業」によるVR作品。本作の物語は、VRを通して見える「平行世界」にいる少女と、視線(アイコンタクト)によるコミュニケーションを取ることで「平行世界」の謎に挑むものとなっています。 「星の欠片の物語。」本編では、基本的設定はそのままに謎解きを一新。ゲームにスキップと方向転換を導入してテンポと操作性を向上、新たなラストも追加されるなど、プロローグ版をプレイした人も新鮮な気持ちでゲームを楽しめるようになっているとのこと。 ■2:『星の欠片の物語。』本篇の発売が決定しました! 2020年春発売予定。 謎解きは全刷新でお送りします。 プログラムも再構築で動作スキップと方向転換を導入し快適プレイ。 そしてその果にある新たなラストを御覧ください。https://t.co/KC1ilUEyFf#星の欠片の物語 pic.twitter.com/XXB09SALkr — kazami@星の欠片の物語 (@kazamimi) 2019年11月8日 なお、11月17日(日)に秋葉原で開催される「デジゲー博 2019」にて、自転車創業はフライヤー配布と本作を含むグッズ販売を行う予定です。 PSVR版「星の欠片の物語、ひとかけら版」のレビューはこちら。 【PSVRレビュー】 『星の欠片の物語、ひとかけら版』VRによるVRの為の謎解きアドベンチャー MoguraVR (参考)kazami Twitter
未分類

ディズニーが「アナ雪2」のVR映像作品を発表

ディズニーは、映画「アナと雪の女王2」を題材とした新作VR短編映像「Myth: A Frozen Tale」を発表しました。プレミア公開は、太平洋時間の11月7日夜、ハリウッドのドルビー・シアターで行われます。 映画スタッフが制作に関与 「Myth: A Frozen Tale」の発表はディズニー・アニメーションの公式Twitterで行われました。本作のアートディレクションは「アナと雪の女王」シリーズに参加したBrittney Lee氏が担当します。2019年11月8日現在、「Myth: A Frozen Tale」の詳細は不明ですが、ディズニーによれば、「最新のVR技術を使用して」体験するコンテンツであるとのこと。一般向けの公開日や配信プラットフォームの情報などは、明らかになっていません。 米メディアVenture Beatは、“最新技術”の一部として、PositronのVR向けモーションチェア「Voyager」が使用されると説明しています。「Voyager」には、360度の水平回転機能や香りや風を噴出する機能、振動システムなどが搭載されており、利用者をより深くVRに没入させることを実現します。 Just announced: Our new VR Short, Myth: A Frozen Tale, will debut at the World Premiere of #Frozen2. Directed by Jeff Gipson, the short is inspired by the world of Frozen 2 and utilizes the latest VR technology, an original music score, and stylized art direction by Brittney Lee. pic.twitter.com/9l6suwQPRI — Disney Animation (@DisneyAnimation) November 7, 2019 精力的にVRに取り組む ディズニーは現在VRに関する取り組みを各方面で進めています。2019年6月には新作VRアニメーション作品「A Kite’s Tale」を発表。CGとインタラクティブ技術を扱う世界最大のイベントSIGGRAPH 2019で、プレ..
未分類

DQウォークでぶらり旅 高難易度な宮古島おみやげ集めに挑戦!

10月16日に累計ダウンロード数が800万を超えた、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」。日本中のドラクエファンたちに愛されているゲームです。 そんなドラクエウォークが人気を集めているゲーム要素のひとつが「全国おみやげずかん」。全国47都道府県それぞれに4つずつおみやげが設定されており、現地に出向いてひとつずつコレクションしていく機能です。 おみやげは観光名所に設定されているので「観光をしながら、おみやげ集めをしよう」と遠方に足を運ぶドラクエウォークユーザーも多く見られます。 なかには離島など、簡単には行けない場所におみやげが設定されているスポットも。特に集めるのが難しいとされているのが、沖縄県のおみやげです。沖縄本島にある「首里城」「美ら海水族館」「平和祈念公園」、そして離島・宮古島の「伊良部大橋」にあります。 今回は離島・宮古島でうつくしい景色を堪能しながら、伊良部大橋のおみやげをゲットしてきました。それでは早速、現地からレポートしていきましょう! 透き通った海がきれい!人気の離島「宮古島」 宮古島は、沖縄本島から南西に290kmほどの位置にある、55,000人ほどが暮らす島。宮古島の透き通った海は「宮古ブルー」と呼ばれ、あざやかなサンゴ礁が見られる島として知られています。 宮古島から橋を渡って行けるのは「伊良部島」「池間島」「来間島」の3つの離島です。そのうちのひとつ、伊良部島へと続く「伊良部大橋」に、ドラクエウォークのおみやげがあります。 伊良部大橋は全長3,540mで、無料で渡れる橋としては全国で一番の長さ。コバルトブルーの景色が一面に広がっていて、海の上を走っているような爽快感が味わえます。ドライブスポットとしても人気がありますよ。 「どんな景色が見られるんだろう」と期待に胸を弾ませながら車に乗り、いざ伊良部大橋へ! 伊良部大橋のイベントクエストは「駐車場」で開放可能 伊良部大橋に到着!ドラクエウォークのAR機能を利用して、スライムと記念撮影をします。青い空にブルーのスライムが映えていますね。スライムも観光できてうれしそう(かっかわいい……!)。 おみやげを入手するために、まずはイベントクエストを開放しましょう。おみやげの入手手順は以下の通りです。 おみやげの入手手順 現地でイベ..
未分類

【独占インタビュー】「ガリベンガーV」を支えるバーチャルAD「ブイ子」の生態に迫る!

電脳少女シロさんを筆頭に、人気VTuberが続々と出演する番組「超人女子戦士 ガリベンガーV」。11月7日に放送30回目を迎えたいまもなお、目が離せない新企画を続々と展開する話題の番組です。 2019年の夏に番組初のリアルイベントを開催した際には、2,700人を動員と大盛況。さらに、もはや番組の看板キャラ(?)の一人になった「小峠教官(バイきんぐ・小峠英二さん)」がプロデュースするバーチャルファッションブランドの発表や、番組YouTubeチャンネル登録者77,777人突破記念の特番生配信なども実施しました。 「超人女子戦士 ガリベンガーV」番組バーチャルAD(アシスタント・ディレクター)・ブイ子さん 今回、MoguLive編集部では、番組が作られているテレビ朝日の放送現場に突撃取材!番組を裏で支える“名物バーチャルAD”「ブイ子」さんにインタビューを敢行しました。 これまで語られることのなかったブイ子さん本人の生態から、「ガリベンガーV」収録現場のウラバナシ、ブイ子さんから見た小峠教官、新企画の紹介、今後の展望……などなど、様々に語って頂きました! ①そもそもブイ子さんって!? ――ブイ子さんのプロフィールをお聞かせください。 サンダーボルト型VTuberのブイ子です!テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」のアシスタントディレクター(AD)としてがんばってます~!エンドロールにちゃんと名前も載ってるんですよ! サンダーボルトっていうのは……水木一郎さんの「サンダーボルト・イーン!」ってナレーションが流れると、誰でも中に入れたりしていろんなモードになれるって感じです!こないだは小峠教官がサンダーボルトインしてました! ――ブイ子さんがADのお仕事をしていて「これまでで一番楽しかったこと」はなんですか? シロさんの楽屋にタカマツDと訪問したときです!シロさんと直接しゃべるのは実はほぼ初めてで、すっごく緊張していたんですが、シロさんが会いたかったー!っと言ってくれたことで、心からほっとしたことを覚えています…。シロさんとってもやさしくて、い~っぱい楽しくおしゃべりできました!番組スタッフとしては毎回お会いしてたんですが、同じ出演者として隣に並ぶと、シロちゃんの偉大さと優しさに改めてすごいなぁ……って思います。 https://www.youtub..
未分類

VTuberユニット「まりなす」、全曲オリジナルのワンマンライブ明日開催!

バーチャルアーティストユニット「まりなす(仮)」のワンマンライブが、11月9日(土)18時に開催されます。バーチャルライブとして、スマートフォンにてVRライブが楽しめるアプリ「INSPIX」にて実施します。 本ライブは9月末に発表された2ヶ月連続ライブの第一弾。12月14日(土)には第二弾として、東京都内のリアル会場にて行われる予定です。ライブは全曲オリジナル楽曲となります。 #えのぐとまりなす#えのぐ #まりなす pic.twitter.com/DWeQIzV753 — 奏天まひろ@明日11/9はINSPIXでVRライブ!まりなす(仮)の”ま”担当! (@KanameMahiro) November 8, 2019 また、ライブ直前の11月8日の夜には、VRアイドルグループ「えのぐ」とのコラボレーションとなる特別動画も投稿されました。上記の奏天まひろさんの投稿のほか、Twitterにてハッシュタグ「#えのぐとまりなす」でそれぞれのメンバーが動画を投稿しています。 まりなす ワンマンライブチケット購入はこちら! https://inspix-live.com/events/40
未分類

“世界最小のMRヘッドセット”? ThirdEyeの「X2」に注目

法人向けMRヘッドセット「X2」の開発・販売を行うアメリカの企業ThirdEye Gen(ThirdEye)は、11月1日、2日(現地時間)にカナダのバンクーバーで開催された「VR/AR Global Summit」に参加し、同製品のプロモーションを行いました。 重さ約170gのMRデバイス「X2」 ThirdEyeは「X2」を“世界最小サイズのMRデバイス”と謳っており、重さ約170gながら、熱・光センサー、2つの広角カメラ(グレースケール)、1,300万画素のRGBカメラ、3軸ジャイロスコープ、加速度計、コンパス、ノイズキャンセリングマイクなどを備えています。 ディスプレイ解像度は720pで60FPS、FOV(視野角)は42度。これは3メートルの距離から90インチのモニタを見るのと同じだとしています。 同製品はSnapdragon xR1 Qualcommプロセッサーを搭載し、Android 8.1で動作。また、BluetoothやWi-Fi経由でコンピューターや他のデバイスとワイヤレス通信も可能。バッテリー容量は1,750mAhで、駆動時間は2時間としています。専用のアプリはThirdEye App Storeから入手できます。 法人向けARヘッドセット「X2」発売、価格は約21万円 MoguraVR ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供 MoguraVR (参考)New Atlas、ThirdEye
未分類

スマートグラス「Vuzix Blade」、セキュリティ企業から1万台以上受注

AR技術やスマートグラスを扱うVuzix Corporationは、自社のスマートグラス「Blade」に関し、710万ドル(約7.8億円)規模、1万台以上の発注を受けたことを明らかにしました。発注を行ったSWORD社は、モバイルベースのセキュリティソリューションを提供する企業。 今回の発注に加え、テストなどのために、2020年初頭にBladeを購入する予定とのことです。 Vuzixの「Blade」は、視界に情報を表示することのできるスマートグラスです。スマホを介したデータの送受信と表示が可能で、メールや画像、テキストメッセージなどのデータを空中に表示して閲覧したり、道案内を受けるといったことが可能です。 スマートグラスを活用、ハンズフリーで効率化 SWORD社は、隠された武器検出や顔認識、銃声検出のための多層技術を備えたモバイルベースの脅威検出ソリューションを提供しています。エンタープライズセキュリティ製品のグローバル展開に先立ち、今回「Blade」を1万台以上発注しました。 同社は「Blade」を利用することで、セキュリティ担当者はさまざまな環境をナビゲートしながらハンズフリーでスキャンをデバイス、リアルタイムで重要な脅威通知を迅速かつ目立たずに受信可能になるとのことです。 より"メガネに近い"スマートグラス 米AR企業Vuzixが特許申請 MoguraVR (参考)Vuzix Corporation プレスリリース

「ガリベンガーV」初の生配信 5大発表速報!イベントの舞台裏映像やVRランウェイデビュー

人気VTuberが集合するバラエティ番組、テレビ朝日「超人女子戦士 ガリベンガーV」。その公式YouTubeチャンネル登録者77,777人を記念して、11月8日(金)21:00より、番組初のYouTube生配信が実施されます。 メインMCを務めるのは、番組のAD(アシスタント・ディレクター)として日々番組づくりに励んでいる番組オリジナルVTuber「ブイ子」。夏のイベント「超人女子戦士 ガリベンガーV 激突!スーパーヒロイン知能大戦」での前説出演や、先日リリースされたコラボ企画「VRoid WEAR × EIJI KOTOUGE」などで話題になりました。 さらに生配信では「ガリベンガーV 5大発表」として、番組からのサプライズ発表&スペシャルVTRの配信を予定しています。 ①夏に行われたイベントの舞台裏VTR大公開! ②○○○の○○○○決定! ③EIJI KOTOUGEスペシャルVTR公開! ④VRランウェイ モデルデビュー! ⑤そして… MoguLiveによる「○○○○タビュー」企画も!? MoguLive編集部が、テレビ朝日のガリベンガーV撮影スタジオに突撃…?!ご期待ください! 「ガリベンガーV」特番情報 ▼開催日時 2019年11月8日(金) 21:00~ ▼配信会場 https://www.youtube.com/watch?v=8zcupnWBguQ (ガリベンガーV 公式YouTubeチャンネル) ▼公式ハッシュタグ #ガリベンガーV放送局 (配信の感想をツイートすると、○○が起こる…!?) ▼配信公式サイト https://www.tv-asahi.co.jp/garibenv/youtube_namahaishin.html#/

バーチャルキャストがアップデート、ボイスチャットの3D機能が追加

11月7日(金)、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」が、ver1.8.0aのアップデートを実施しました。ボイスチャットの3D機能などが新たに追加されています。 バーチャルキャストは、ニコニコ生放送などの配信サービスを介して、誰でも好きなバーチャルキャラクターになりきって交流ができるVRサービスです。 今回のアップデートでは、ボイスシステムが全面的に改修され、新たにボイスチャットの3D機能が追加されました。スタジオ設定から、スタジオ内の立体音響に変更できるほか(現在は声のみ適応)、声の距離減衰を指定できます。また、ボイスシステム改修に伴い、ボイスの設定項目が増加しています。 本日のアップデートから3D音声が選択できるようになりました! どう変わったのかは…この動画をヘッドフォンを着けてご覧ください。#バーチャルキャスト pic.twitter.com/woVbtL2tUZ — バーチャルキャスト@VirtualCast (@virtual_cast) 2019年11月7日 そのほか、タイトル画面でのクイックスタート機能の追加や、アイテムに触れた際のハイライト表示、コメントに含まれる絵文字も降ってくるようになる機能の追加などのアップデートが行われています。 (参考)バーチャルキャスト 公式ブログ

鳥取県公認のポケモンイベント開催 「ポケモンGO」のフォトコンテストも

「ポケットモンスター」の県公認コラボレーションイベント「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」が、鳥取県で開催されます。開催期間は2019年11月16日(土)から2020年1月13日(月・祝)までです。 鳥取県は以前から「ポケットモンスター(ポケモンGO)」とコラボレーションを行っており、2017年には鳥取砂丘で、「Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」を開催。2018年には同県のふるさと大使として、ねずみポケモンの「サンド」が任命されました。 ポケモンGO関連のコンテストも実施 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」では、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のフォトコンテスト「湯けむりARフォトコンテスト」も行われます。 「湯けむりARフォトコンテスト」は、「ポケモンGO」のGOスナップショット機能を使用して、鳥取県内の温泉地で撮影を行うイベント。SNS(Twitter、インスタグラム)の鳥取県公式アカウントをフォローした上で、撮影した写真にハッシュタグ #ポケモンGO と#yukemurisandを付け、どちらかのSNSに投稿すれば参加できます。 温泉地でキミだけのベストショットに挑戦♨️ 11月16日(土)から「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」キャンペーンのひとつ「湯けむりARフォトコンテスト」が始まるよ。https://t.co/ruheKwCDwP#ポケモンGO の #GOスナップショット を使って、県内の温泉地で写真を撮って投稿!特製サンドグッズを当てよう! pic.twitter.com/OrxFqAJXtS — トリピー@鳥取県マスコットキャラクター (@tottoripref) November 8, 2019 「湯けむりARフォトコンテスト」の参加作品(写真)は、鳥取県及び関係者等で組織する審査会が選定を行い、最優秀者にはサンド(アローラのすがた)の砂像フィギュアと商品券1万円分が、優秀賞(20名)には、サンドのレターセットと商品券3,000円分が授与されます。 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」の詳細は、こちらから確認できます。 始まる!サンドの3度(サンド)目のキャンペーン‼️今回は身体も心もぽっかぽかに♨️#ポケモン「サンド」と #鳥取県 のコラボ。11月16日(土)から「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」開催! ..

【ポケモンGO】ポケモン生息環境が変化 色違いニャースが低確率で出現

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のポケモン生息環境が、GOロケット団リーダーの出現に伴い、期間限定で変化しました。生息環境の変化期間は、11月8日(金)早朝から、11月14日(木)までです。 生息環境の変化によって、「ニャース」「アーボ」「ドガース」が通常より多く出現するようになりました。公式発表によれば、野生とレイドで色違いの「ニャース」が低確率で出現するほか、GOロケット団とサカキに関係のあるポケモンが出現するレイドバトルも行われるとのこと。 発表ではまた、GOロケット団が「コイル」「マダツボミ」「サンド」「ポリゴン」「ソーナンス」のシャドウポケモンを新たに連れていること。GOロケット団リーダーが「ニャース」「ストライク」「ニューラ」を連れていることが報告されています。 GOロケット団リーダーが現れたことで、ポケモンの生息環境が変化しています。「ニャース」「アーボ」「ドガース」がいつもより多く出現しています!#ポケモンGO #TeamGoRockethttps://t.co/kYntiRb6KG pic.twitter.com/A2c0bShjbM — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 (参考)Twitter

ビアニストまらしぃ×ときのそら音楽セッション! コラボ生放送決定

11月21日(木)20:00から、ピアニストのまらしぃさんと、ホロライブ所属VTuberのときのそらさんによる初のコラボがニコニコ生放送で行われます。 まらしぃさんはYouTubeの動画再生総数6億回を誇るピアニスト。番組では、まらしぃさんとときのそらさんによるバーチャル空間での初の音楽セッションが行われます。さらに、まらしぃさんのバーチャル美少女化企画やピアノレッスンなど、バーチャルの特徴を活かした企画も用意されているとのことです。 本番組は計3パート構成で、第1部はニコニコ公式生放送(無料)、第2部は「まらしぃチャンネル」会員限定配信、第3部は「ときのそらオフィシャルファンクラブ」チャンネル会員限定配信です。また、第2部・第3部は、有料チャンネル会員限定放送のため、各チャンネルへの入会が必要です。 【まらしぃ×ときのそら】バーチャルセッション&トークコラボ生放送の概要 放送日 2019年11月21日(木)20:00~22:30 出演者 ときのそら、まらしぃ タイムスケジュール 20:00 ~ 21:00 ニコニコ公式生放送で無料配信 21:00 ~ 「まらしぃチャンネル」会員限定配信 21:45 ~ 「ときのそらオフィシャルファンクラブ」チャンネル会員限定配信 視聴URL 第一部【まらしぃ×ときのそら】バーチャルセッション&トークコラボ生放送 第二部 まらしぃチャンネル 第三部 ときのそらオフィシャルファンクラブ (参考)ときのそら 公式Twitter、まらしぃ 公式Twitter

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

2019年11月7日、マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」の出荷が開始されました。複数の国や地域(日本を含む)において法人向けに展開をスタートしています。デバイスの国内向け単体価格は383,800円(税別)です。 「HoloLens 2」は、2016年に発売されたMRデバイス「HoloLens」の次世代機。目の前の現実世界とCGを融合して体験できる「Mixed Reality(複合現実)」を実現するデバイスです。HoloLensから2倍以上の視野角・解像度の実現、ハンドトラッキングの改善、視線追跡機能の追加などさまざまな点で改良が行われています。 HoloLens 2の解説はこちらの記事で読むことができます。 マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ MoguraVR HoloLens2は単体とリモートアシスタントツール入りの2種類 HoloLens 2の販売はデバイス単体、およびリモートアシスタントツールがセットがなった月額パッケージ「Dynamics 365 Remote Assist with HoloLens 2」の2種類で展開されます。 デバイス単体は383,800円(税別)で、マイクロソフト ストアの法人サポート窓口、および認定リセラー(日本ビジネスシステムズ株式会社、株式会社大塚商会)から購入可能。「Dynamics 365 Remote Assist with HoloLens 2」は、1ユーザーにつき月額125ドル~(※)となっており、認定リセラーから購入が可能となる予定です。 (※米国における参考価格。また、リース型ではなく割賦型の支払い方法となっている。価格や支払い方法、期間などの詳細は現在準備中) HoloLens 2の体験レポートはこちらから。 【体験レポ】HoloLens 2は"正統進化"だ——性能は大幅強化、操作性は驚くほど自然に MoguraVR HoloLens 2のセミナーも開催 日本マイクロソフトは、HoloLens 2の出荷開始に伴い、HoloLens 2や再sンのMRテクノロジーである、Dynamics 365ビジネスアプリケーション、Azure Mixed Reality Servicesを紹介するセミナーを開催します。 本セ..

VRで南極や世界遺産を探検しよう。ナショジオのVRゲームがアップデート

2019年5月にリリースされたVRゲーム「National Geographic Explore VR」に、世界遺産マチュ・ピチュを題材としたコンテンツが追加されます。 VRで世界遺産・マチュピチュを探索 「National Geographic Explore VR」は、Oculus Quest(オキュラス クエスト)向けのコンテンツ。現行バージョンでは南極大陸をカヤックで探検し、棚氷をよじ登り、コウテイペンギンのコロニー探しなどが楽しめます。 追加コンテンツの詳細は、ロケーションがマチュ・ピチュであること以外明らかになっていませんが、公開された予告動画からは遺跡の建造物が“復活”する様子や撮影機能、ラマの登場などが確認できます。 https://www.youtube.com/watch?v=3EiY9Thf3fk 数週間以内にリリース? 2019年11月7日現在、追加コンテンツの正式な配信日は判明していません。「National Geographic Explore VR」の商品ページには「数週間以内に次の目的地が登場します!」との告知が掲載されていることから、遅くても12月上旬までにはリリースされると推測されます。 タイトル National Geographic Explore VR 開発元 Force Field パブリッシャー Oculus Studios 対応VRヘッドセット Oculus Quest 価格(税込) 990円 プレイ人数 1人 公式サイト https://forcefieldxr.com/ 限定公開の世界遺産をVRで再現 ウォークスルーで見学 MoguraVR ハコスコの「VRで世界文化遺産ツアー」PCブラウザ対応や音声再生機能を追加しより使いやすく MoguraVR ナショジオ、南極大陸を冒険するVR体験をQuest向けに配信へ MoguraVR (参考)UploadVR

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

株式会社エルザ ジャパンは、フィンランドVarjo社の新型VRヘッドセット「VR-2」の国内販売を11月8日(金)より開始します。VR-2は海外でも販売が開始されており、海外向け価格は端末単体で4,995ドル(約54万円)。国内での製品購入や納期については、要問合せとなります。 “人の目”レベルの超高解像度VR、第二弾 「VR-2」は、2019年2月に発売した“人の目”レベルの高解像度VRヘッドセット「VR-1」に続く、Varjo社の新製品です。VR-1の性能をさらに向上させ、より滑らかな合成や人の目レベルの映像領域を広げるなど、主に映像面でのクオリティを改良しています。 VR-2はSteamVRにも対応しており、SteamVRのVRコンテンツを体験することができます。なお、今後はVR-1もSteamVRに対応予定とのこと。 圧倒的な超高解像度VR、ライバルは"意外な巨人"? Varjo体験レポ&CEOインタビュー MoguraVR 海外向けにはVR-2の上位機種となる「VR-2 Pro」も同時発売されていますが、執筆時点で国内での販売情報は未定です。 Varjo社のVRヘッドセットに関する記事は、以下のリンクより読むことができます。 日本初の超高精細VRデバイス展示も行われた「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」レポート MoguraVR VRとARが切り替わる衝撃、Varjo「XR-1」体験レポート MoguraVR (参考)VR-2 製品ページ
タイトルとURLをコピーしました