【ポケモンGO】GOロケット団が襲撃開始 リーダー・サカキ登場

11月7日(木)午後11:00、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、アジア太平洋地域にGOロケット団のしたっぱとGOロケット団リーダー・サカキが出現しました。 GOロケット団の襲撃は、本日公式サイトで公開されたウィロー博士の調査レポートで予告されていました。公式サイトとゲーム内では「GOロケット団リーダーを探し出し、サカキに打ち勝とう」というタイトルで、襲撃に対抗するための詳細も解説されています。 https://www.youtube.com/watch?v=kL4SYFuSFxQ 公式サイトによれば、まずスペシャルリサーチ「影から迫る脅威」を開始し、GOロケット団のしたっぱを倒すことで「ふしぎなパーツを」獲得。同パーツを6つ集めれば、GOロケット団リーダーの位置を特定するための「ロケットレーダー」を製作できるとのこと。 GOロケット団リーダーを倒し優秀なトレーナーであると証明すると、ウィロー博士から「スーパーロケットレーダー」を受け取るためのスペシャルリサーチを託されます。このアイテムでサカキ(ロケット団のボス)を見つけ出せますが、公式サイトは、したっぱが扮した偽物が存在すると警告しています。 GOロケット団のしたっぱとGOロケット団リーダーの姿がアジア太平洋地域で報告されています! — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 今回のアップデートに関する詳細は、こちらから確認できます。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. これまでの経緯については下記に掲載されています 【ポケモンGO】GOロケット団リーダーたちが声明を発表 襲撃の可能性 MoguraVR 【ポケモンGO】新アプデのフラグか? ウィロー博士のレポートが続々公開 MoguraVR (参考)Twitter

マイクロソフト「Hololens 2」を出荷開始

2019年11月7日、マイクロソフトは、新型MRヘッドセット「HoloLens 2」の出荷を開始しました。価格は3,500ドル(約38万円)です。 一部地域限定のリリース 「HoloLens 2」は、マイクロソフトのMRヘッドセット「HoloLens」の次世代機。目の前の現実世界とCGを融合して体験できる「Mixed Reality(複合現実)」を実現するデバイスです。 「HoloLens 2」の販売は現在(11月7日)、地域限定で行われています。米メディアTechClunchによれば、日本、アメリカ、中国、ドイツ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オーストラリア、ニュージーランドでのみ購入が可能とのこと。同メディアは、これらの国々はすべて「HoloLens 2」の事前予約の対象国だったことを指摘しています。 日本では、日本ビジネスシステムズと大塚商会が認定リセラーとして販売を担当しています。 「HoloLens 2」発売は2019年9月か ロイターが報じる MoguraVR マイクロソフトの新型MRデバイス「HoloLens 2」最新情報まとめ MoguraVR (参考)マイクロソフト公式サイト

4K画質の一体型VRヘッドセット「SKYWORTH S1」12月発売

4K画質の一体型VRヘッドセット、「SKYWORTH S1」が2019年12月より国内販売されることが発表されました。11月11日(木)より体験会も実施されます。 「SKYWORTH S1」は、中国のテレビ・家電メーカーであるSKYWORTHグループが開発した一体型VRヘッドセットです。PCやスマートフォンを必要とせず、ヘッドセット単体でVRを体験できます。本体重量は320g、リフレッシュレートは72Hz、視野角度は105度です。 プロセッサにはサムスンのExynos 8895を採用。8K画質のVR映像(mp4形式)を外部ソフトウェアやアプリなどを使用せず、そのまま再生できます。コントローラーは、3DoF(デバイスの向き=頭の回転のみを認識するトラッキング)コントローラーが付属します。 本製品の日本正規販売代理店を務めるのは株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR分野の子会社である株式会社VR Japanとなります。同社は「SKYWORTH S1」の体験会を11月11日より実施予定、参加費は無料です。 体験会の申込みはこちら。 スペック概要 重量 320g ディスプレイ解像度 4K(3840×2160) リフレッシュレート 72Hz 視野角度 105度 プロセッサ Samsung Exynos 8895 8K映像ハードウェアデコーディング 対応 オーディオ 内蔵スピーカー・マイク搭載 ヘッドホン用3.5mmステレオミニジャック ストレージ RAM:4GB LPDDR4X | ROM:64GB UFS microSDカード 256GBまで対応 ワイヤレス Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth 4.1 BLE 電池 3500mAh Li 価格 オープン価格 製品ページ https://www.vr-japan.co.jp/wp/products1.html (参考)株式会社クリーク・アンド・リバー社 プレスリリース

東京大学、新たに「サービスVR」研究部門を設置

東京大学の連携研究機構であるバーチャルリアリティ教育研究センター(以下「VRセンター」)が、2019年10月1日付で新部門「サービスVR寄付研究部門」を設置しました。VRやARなどを用いた、対人サービスや空間サービスの研究を行います。設置期間は2019年10月1日から3年間となっています。 「対人サービス」に関しては、VR顧客アバターを含む接客サービスVRトレーナーの研究開発と、動機づけまでを含む新しい訓練方式を研究。「空間サービス」に関しては、サービス空間における顧客の行動誘発のための基礎的な方式研究と、AR技術を用いた空間の高付加価値化に向けた研究開発を行うとしています。 VR研究の新ジャンル「サービスVR」を確立 また同研究部門は、リリースの中で以下のように述べています。 これまでバーチャルリアリティ(VR)や拡張現実感(AR)の研究開発は,主としてものづくりの分野への応用が中心になって進められてきました。現在、産業のサービス化やソフト化が産業において大きなテーマとなりつつあります。今後、VRやARの技術をこうしたサービス業に対して活用しようという社会的要請はますます増加することになるでしょう。 今回のご寄付により実現した「サービスVR寄付研究部門」の活動により、学術的には「サービスVR」という新しいVR研究のジャンルを確立させることができ、さらなる技術発展につなげることができると考えています。 社会的には、冒頭に述べたように、今後の我が国において重要性を増していくサービス産業の競争力向上に貢献することが期待されます。 なお、同部門の設置は株式会社セブン&アイ・ホールディングス、東日本旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社ソリッドレイ研究所からの寄付が元になっています。 バーチャルリアリティ教育研究センター(VRセンター)とは VRセンターは東京大学の全学組織で、情報理工学系研究科・人文社会系研究科・工学系研究科・医学系研究科・新領域創成科学研究科・情報学環・先端科学技術研究センターが連携する「連携研究機構」として2018年2月に設置。VR研究における国際的なイニシアティブを確立するとともに、先端技術の普及と、VRを活用した先進的教育システムの導入を推進することを目的として活動しています。 VRは、この5年でど..

ナイアンティックのコンテスト、ARゲーム×フィットネス等が受賞

「ポケモンGO」や「Ingress Prime」の開発元であるナイアンティック(Niantic)は、同社による開発者向けコンテストの結果を公表しました。 ゲームと他分野を結ぶアイディア募集 このコンテストは”Niantic Beyond Reality Contest”。ゲームを中心としつつ、他の分野とゲームとを結びつけるようなアイデアを広く募集しました。 応募者から選出された10チームは、同社の「リアル・ワールド・プラットフォーム」を用いてコンテンツ開発を行いました。これは、複数人が同じAR空間を共有する等して、マルチプレイのコンテンツを実現するものです。 4ヶ月の開発期間を経て、賞を勝ち取ったプロジェクトを紹介します。 大賞アプリ 外を走って仲間を救出 大賞として30万ドルを獲得したのは、JC Softが開発した「Run to My Heart」です。フィットネスアプリとゲームを組み合わせたもので、屋外を走り回ってプレイします。実際に身体を動かして隠れたウィルスを探し出し、アプリはプレイヤーに走るペースを教えてくれます。 https://www.youtube.com/watch?v=bN2d9_BTbI0 参加コンテンツ紹介 この他、二つの作品を紹介します。 身近に潜むセキュリティ問題 Escalityの「CryptOS」は、ARハッキングゲームです。オフィスといった現実空間に潜む、サイバーセキュリティの問題に挑みます。 https://www.youtube.com/watch?v=gPj7fgTeY74 野生動物保護へ理解を Dibs Studioの「Wild SanctuARy」は、身近な場所に野生動物たちを出現させます。絶滅の危機に瀕した動物を守る場所作りを通して、環境問題への理解を深める内容です。 https://www.youtube.com/watch?v=MJsgv7k15Ig ナイアンティックの取組 AR開発支援を進めるナイアンティックの取組については、下記の記事でも取り上げています。 「未来の都市」を考える ポケGO開発企業がシンポジウムを開催した理由 MoguraVR ポケGOのNianticとambieが連携、現実とゲームの音を聞きながらAR体験 MoguraVR ナイア..

アメリカザリガニがバーチャル寄席を開催 横山たかし師匠がVRで復活!?

11月9日(土)、新宿角座にて、お笑いコンビの「アメリカザリガニ」による「アメリカザリガニの25周年企画~バーチャル寄席~」が開催されます。VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」が利用され、バーチャルキャストおよびニコニコ生放送での生配信も予定。 活動25周年となるアメリカザリガニが漫才とVTuber(バーチャルユーチューバー)をかけ合わせ、リアルとバーチャルの両方の世界で漫才を披露します。さらに2019年に亡くなられた横山たかし氏がバーチャルにて復活。横山ひろし氏も迎え、漫才コンビ「横山たかし・ひろし」としてゲスト出演。アメリカザリガニとの会話劇が繰り広げられるとのこと。 #アメザリ25周年 10/11(金)よりチケット発売となります‼️是非お越しください✌︎('ω')✌︎ アメリカザリガニ25周年企画 ~バーチャル寄席~ 2019/11/9(土) 19:00 開演@新宿角座 チケットはコチラhttps://t.co/Cmu07lWcM9#アメザリ #アメリカザリガニ pic.twitter.com/tsTe916OIL — アメリカザリガニ25周年YEAR@スタッフ (@amezari_amezari) October 9, 2019 アメリカザリガニは、これまでにもVR空間上での漫才ライブ「アメザリノライブイアール」 を定期的に開催しています。また、VTuberとして「NHKバーチャルのど自慢」やニコニコ超会議2019にも出演しています。 アメリカザリガニ 25周年企画 ~バーチャル寄席~ 概要 日時 2019 年 11 月 9 日(土) 開場 18:00 / 開演:19:00 場所 新宿角座 (新宿区新宿 3-20-8 WaMall トップスハウス 4 階) ニコニコ生放送 https://live.nicovideo.jp/watch/lv322734504 ※文化庁芸術祭参加作品 ※株式会社バーチャルキャスト協力 (参考)ニコニコ生放送 配信ページ

【ドラゴンクエストウォーク】試練の扉3週目が開始 報酬などの調整も

11月7日(木)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、期間限定チャレンジイベント「試練の扉」の3週目が開始しました。 「試練の扉」は、フィールド各地に出現した扉で連戦バトルを行うことで、活躍から算出されたスコアに応じた賞品(ドラゴンメダル、強化素材)を獲得できるイベント。扉には難易度が3つ(上級、中級、初級)存在しており、入るのには専用アイテム「試練のカギ」が必要です。 3週目「試練の扉」では、新モンスター「バトルレックス」「はしりとかげ」「コドラ」が登場し、確定でこころを手に入れることができます。また今週から、期間限定交換所に「空竜のかぶりもの」と「空竜のきぐるみ」が追加されました。 【 試練の扉 後半スタート! 更新情報その① 】 各地で強敵に挑むことができる「試練の扉」の3週目が開始いたしました。 今回の扉では、新モンスター「バトルレックス」「はしりとかげ」「コドラ」のこころが確定で手に入るので挑戦しよう。https://t.co/sDGInXgJq5#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/URB0bpd44z — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 各種調整も実施 「試練の扉」の3週目開始に伴い、同イベントに様々な調整が行われました。公式発表によれば、試練のカギの最大所持数が50個に増加し、各地の扉の難易度の再割り振りが行われたほか、「試練の扉」に挑戦できる距離を拡張した(バージョン1.1.3から)とのこと。 またハイスコア達成報酬にメダルが追加され、同報酬でドラゴンメダルを獲得可能になったこと。「試練の扉」上級の10位以内入賞時の報酬が、一部変更されました。 【 試練の扉 後半スタート! 更新情報その② 】 今回の試練の扉では場所ごとの扉の難易度変更を実施し、扉のタップ範囲を調整いたしました。 また、その他調整を行いましたので、詳しくはゲーム内お知らせをご確認ください。https://t.co/T3ESva95Wv#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/i7TaujwbkW — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 © 2019 ARMOR..

【ドラゴンクエストウォーク】新メガモンスター「ナウマンボーグ」登場!

11月7日(木)午後15:00、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」に、新モンスター「ナウマンボーグ」が実装されました。 「ナウマンボーグ」はフィールドに出現するメガモンスターです。複数のプレイヤーが協力するイベントで戦闘できます。時間内に討伐すれば「こころ」を獲得できます。 公式発表によれば、「ナウマンボーグ」は討伐時に★3アクセサリ「はやてのリング」を低確率でドロップするとのこと。ドロップ率は、討伐時の順位が上位であるほど上昇します。 手形の所持数が増加 「ナウマンボーグ」の実装と同時に、メガモンスターの討伐に必要な「とうばつ手形」の最大所持数が5枚(以前は1枚)に増加しました。「とうばつ手形」は、1日に1度だけ交換所の「ゴールド商品」で購入できます。 【 新メガモンスター襲来! 】 新メガモンスター「ナウマンボーグ」がフィールドにあらわれました。 また、メガモンスターバトルに参加しやすいよう「とうばつ手形の最大所持数」を5枚までに増加いたしました。準備を万全にして挑戦しよう。https://t.co/nT1gbvtR1X#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/uEyrWJF2PZ — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 7, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter

YouTuberハローキティの人生相談が書籍化! 名言を多数収録

11月29日(金)に扶桑社から、サンリオのキャラクター・ハローキティの書籍「YouTuberキティの人生相談」が発売されます。 書籍の内容は、YouTuberとしても活躍中のハローキティが、視聴者からのメッセージや質問、相談に答える企画「コメント返し」で発した名言を集めたもの。ハローキティならではの視点や考え方を文章で楽しめます。 また誌面には表情豊かなハローキティの写真も盛り込まれているそう。ハローキティは書籍化にあたり11月6日(水)に公開した動画で「またYouTubeを見ていないお友達にも(ハローキティのメッセージが)届いたらいいなあ」と、書籍化の喜びと想いを語っています。 なお、「YouTuberキティの人生相談」購入の予約は11月7日(木)からAmazonにて受付を開始しています。 https://www.youtube.com/watch?v=yBY8IgpmetQ YouTuberハローキティより書籍化へのコメント 「ハロー!キティです。キティのYouTubeチャンネル『HELLO KITTY CHANNEL(ハローキティチャンネル)』に、いつもたくさんのコメントをありがとうございます!いただいたコメントのなかには、キティへの質問やお悩み相談がたくさんあるんです。自信をなくしたり、ちょっと迷ってしまったり、そんなみんなにもっともっとキティの言葉を伝えたい、だからもっとたくさんの質問にお答えしたいなって思っていて。キティらしく、キティの言葉で綴る本をお届けしようと考えました。みんなが自分らしく生きるために。キティからのメッセージがほんの少しでも一歩を踏みだすきっかけになれたら、うれしいな。 」 「YouTuberキティの人生相談」概要 タイトル YouTuberキティの人生相談 発売日 2019年11月29日(金) 出版 扶桑社 価格 1,430円 予約 Amazon (c)’76, ’19 SANRIO 著作(株)サンリオ (参考)ハローキティYouTubeチャンネル、YouTuberキティの人生相談(Amazon)

中国南昌市のVTuberグループ「NAOISE(ノイシュ)」デビュー

11月5日(火)に中国南昌市出身のVTuberグループ「NAOISE(ノイシュ)」のメンバーRAZIA(ラスティナ)さんがデビューしました。 「NAOISE」は中国南昌市の文化代表VTuberとして、3人で南昌の「食」「伝統」「科学」の3つのテーマを中心に活動するとのこと。11月7日時点でRAZIAさん以外の2名はシルエットのみの発表となっており、後日のデビューが予想されます。 RAZIAさんはデビューにあたり「これからわが街の文化と未来が花開くために頑張ります!」と、ツイートで意気込みを表明しています。 はじめまして、新人vtuber「RAZIA」です! そして、こちらは新しいグループ『ノイシュ』です! 私たちは中国南昌市の文化代表vtuberとして、三人で南昌の「食」、「伝統」、「科学」方面から活動します! これからわが街の文化と未来が花開くために頑張ります! pic.twitter.com/lMD8Cgo3PX — RAZIA (@RAZIAMORI) 2019年11月5日 同日に中国南昌市のVTuber「寧々」もデビュー また同日11月5日(金)に、「NAOISE」と同じ中国南昌市出身のVTuber寧々さんがデビューしました。 寧々さんは江西省を広報するために活動をはじめたそうで、今後中国について聴きたいこと、知りたいことをできる限りシェアしていくとのことです。 皆さんこんいちは、南昌出身の新人VTuber寧々と申します。存在感が全然ない江西省を救うために活動を始めました。今後ともよろしくお願いいたしますね! 大家好!我是来自南昌的新人VTuber宁宁,为了拯救完全没有存在感的江西省而开始活动!请大家多多指教啦!#VTuber #DHGS2019VR pic.twitter.com/wSVvxfnmdF — 寧々·VTuber (@nene_nanchang) 2019年11月5日 (参考)RAZIA公式Twitter、寧々公式Twitter

【ポケモンGO】相棒とふれあえる新機能「Buddy Adventure(仮)」発表

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」などを手掛けるNiantic(ナイアンティック)は、同タイトルの新マルチプレイヤーAR機能「Buddy Adventure(相棒と冒険)(仮題)」(以下Buddy Adventure)を発表しました。 相棒ポケモンとのふれあいが可能に 「Buddy Adventure(仮)」は、2019年11月5日(火)にアメリカで開催されたNianticのイベント「AR Day」で発表されました。同機能の実装後、プレイヤーは相棒ポケモンと親密になる(仲良し度が進む)と、ベリーをあげたり、なでたりといったアクションを行えます。公式発表によれば、他のトレーナーと連携し、フレンドの相棒ポケモンを自分のスマートフォン画面に写しての撮影も可能になるとのこと。 2019年11月7日現在、「Buddy Adventure(仮)」の実装予定日は発表されていません。 ©2016–2019 Niantic, Inc. ©2016–2019 Pokémon. ©1995–2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

Live2Dクリエイター向けイベント開催 にじさんじのいちから社も登壇

11月25日(月)、株式会社Live2D主催のクリエイター向けイベント「alive 2019」が開催されます。アニメーション作成ソフト「Live2D」の活用事例のセッションなどが行われます。開催場所は東京・ベルサール神田。参加費はカンファレンスのみのチケットが1,000円、カンファレンスと懇親会込みのチケットが4,000円です。 「alive 2019」は、2D表現に関わるクリエイターたちが技術を共有し合うイベントで、「Live2D」最新情報のほか、2D業界で活躍する企業や個人ユーザーによる講演などが行われるカンファレンスイベントです。各社のブース展示や企業説明会、企業による採用相談なども実施されます。 にじさんじのいちから社が登壇 「alive 2019」のセッションには、バーチャルライバーグループ「にじさんじプロジェクト」を運営するいちから株式会社も登壇します。実際のライブ配信で使われている自社アプリでLive2Dモデルを魅力的に制作するノウハウや、モデリングでキャラクターの感情を分かりやすく伝えるための工夫などが語られます。また、同社のブース展示ではにじさんじ公式マスコットである「ゆがみん」の体験コーナーが設けられる予定です。 イベント概要 開催日時 2019年11月25日(月) カンファレンス……11:00~18:30(受付開始10:00) 懇親会……19:00~20:30 会場 東京都千代田区外神田3丁目12−8 住友不動産秋葉原ビル ベルサール神田 2F,3F 定員 約750名 チケット ・カンファレンスのみ…1,000円 ・カンファレンス + 懇親会 …4,000円 チケット購入ページはこちら 公式サイト https://alive2019.live2d.com/ (参考)alive 2019 公式サイト

静岡県とナイアンティックが連携 ARゲームのプレイ環境整備へ

AR位置ゲーム「ポケモンGO」などを配信するナイアンティックは静岡県とともに、観光振興・ 健康増進などを目的とした事業を進める声明を発表しました。 静岡県とナイアンティックでは、ARゲームのプレイ環境の整備を世界に先駆けて行うなど、双方の資源を有効に活用した連携を推進。まずは伊豆半島地域の特色ある風土や歴史を発信するツールとして活用し、多くの人に足を運んでもらえるような仕掛けを作ることを発表しました。また、観光スポットや避難経路、ウォーキングルートなどを示した周遊マップの作成などが予定されています。 今回のプレイ環境の整備に伴い、ゲーム内の「ポケストップ」や「ジム」などにあたるPOI(ポイントオブインタレスト)のデータを、静岡県がリードをしてNianticに提供。地方自治体のリードによる提供は、Nianticにとっても初めてとのこと。 ナイアンティック日本法人代表の村井説人氏は、11月5日(火)に静岡県の川勝平太知事との対談を行い、静岡県には歴史的価値や芸術作品、ストーリーのあるものが多くあることを語りました。知事は、作家井上靖氏の「しろばんば」の像といった地元の人のみに知られている観光スポットがあることを語ると、村井代表は、まさにそのようなものがPOIとなると説明しています。 (参考)ナイアンティック 公式サイト

【ポケモンGO】GOロケット団ファイルが一部解読 襲撃は本日か?

11月7日(木)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、ウィロー博士の調査レポートの最終章が公開。以前、博士が解読に失敗したGOロケット団の暗号ファイルの一部解読に成功したと報じられました。 暗号ファイルは、依然として大部分が暗号化状態ですが、解読できた箇所からは「時は来た」「11月7日」「サカキ」という単語が読み取れます。GOロケット団は、以前から襲撃を企てていることが調査レポートで示されていました。「11月7日」という日付は、ロケット団の襲撃日(実装日)と推測されます。 [ウィロー博士の調査レポート] 暗号化されていたファイルが解読されました!GOロケット団の侵略は近いようです。 トレーナーの皆さん、戦いに備えてください。『Pokémon GO』の世界にGOロケット団のリーダーたちが迫っています。https://t.co/nx5P9LhRX2 pic.twitter.com/7d5IUi8rSI — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 7, 2019 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. これまでの経緯については下記に掲載されています。 【ポケモンGO】GOロケット団リーダーたちが声明を発表 襲撃の可能性 MoguraVR 【ポケモンGO】新アプデのフラグか? ウィロー博士のレポートが続々公開 MoguraVR (参考)Twitter

キズナアイ×アベイルのコラボ商品が発売 デザインTシャツやパーカーなど

11月9日(土)から、VTuber(バーチャルユーチューバー)のキズナアイさんとファッションモール店アベイルのコラボ商品が、各店舗で発売されます。 販売されるのはパーカー、Tシャツ、マフラータオル。各アイテムにはおまけとして、オリジナルラバーキーホルダーが付属します。Tシャツとパーカーは合わせて1人2点、タオルは1点までの購入制限が設けられています。商品はなくなり次第終了です。 アベイルは以前から「推しコレ」シリーズと題し、アニメや漫画、ゲームなどの人気作とにコラボ商品を展開してきました。商品ラインナップの詳細はこちら。 【大発表!】 しまむらグループのアベイルと 私、キズナアイのコラボ商品が発売決定! 全国のアベイルで【11/9(土)】より発売開始 Tシャツとパーカは合わせてお一人2点まで! タオルはお一人1点まで! 詳しくはアベイルHPを要チェック!https://t.co/culJljVxBD ※お問い合わせは各店舗へ pic.twitter.com/TLc6Vu8j4K — Kizuna AI@10/30 『NEW GENE, inspired from Phoenix』 (@aichan_nel) 2019年11月6日 パーカー メンズレギュラーサイズM・L展開 2,800円(税込3,080円) ・キズナアイハイドーモPK ・キズナラインアイコンPK ・キズナインストールPK ・キズナアイゲームスPK パーカー メンズラージサイズ3L・4L展開 2,800円(税込3,080円) ・キズナアイアイコンPK ・キズナアイハイドーモPK ・キズナアイゲームスPK Tシャツ メンズM・L・3L・4L 1,800円(税込1,980円) ・キズナアイチャンネルハンT ・キズナアイゲームスハンT マフラータオル 4種類 1,200円(税込1,320円) ・MTキズナアイ ・MTキズナアイツインズ ・MTキズナアイロゴ ・MTキズナアイフェイス ©Kizuna AI (参考)キズナアイ公式Twitter、アベイル

VRアイドル「えのぐ」 高校生としてのラストライブを2020年開催

VRアイドルユニット「えのぐ」が、グループ結成2周年を記念したスペシャルワンマンライブ「enogu 2nd Anniversary Live -Colors-」を、2020年2月16日(日)に開催されます。 今回のライブは、2020年3月で高校卒業を迎えるえのぐメンバーが、高校生として立つ最後のステージ。公式サイトでは「特別な公演だからこそ、これまで支えてくださった多くの皆さまと共に、過去最高のライブを創りたい」との思いが語られています。なお現在休養中の栗原桜子さんの出演は、情報が公開された10月18日時点では未定とのこと。 えのぐは鈴木あんずさん、白藤環さん、夏目ハルさん、日向奈央さん、 栗原桜子さんの5名によるVRアイドルユニット。これまでにVR、ARを活用したライブパフォーマンスを行っており、アイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL2019」に出演したことでも話題となりました。 開催概要 日時 2020年2月16日(日) 時間 昼の部 14:30~(開場13:45~)予定 夜の部 18:45~(開場18:00~)予定 ※時間は状況により変更になる場合があります。 出演 えのぐ(鈴木あんず、白藤環、夏目ハル、日向奈央、栗原桜子) ※現在休養中の栗原桜子の出演は10月18日(金)時点では未定です。 チケット料金 SS席:8,800円 来場者特典付2点/ドリンク代別途必要 S席:6,800円 来場者特典付1点/ドリンク代別途必要 A席:4,800円 ドリンク代別途必要 ※予定枚数終了しだい発売終了。 チケット販売サイト 先行抽選は2019年11月11日(月)12:00より(チケットぴあは11:00より)。 一般発売は2019年12月7日(土) 10:00より。 以下の各販売サイトで順次チケット販売受付を行います。 詳細は各販売サイトにて確認ください。 チケットぴあ ローソンチケット e+(イープラス) 会場 ヒューリックホール東京 公式ページ 主催 パルス株式会社 企画制作 株式会社岩本町芸能社 運営 株式会社ハンズオン・エンタテインメント 会場内へのご案内について ・開場時間前の来場はNG。 ・会場内に取材カメラが入る場合があります。 (参考)えのぐ 公式サイト ニュース、公式Twitter

「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO」出展社紹介:第3回 ~インフォマティクス、Synamon、アルファコード 、Nangok R/Studios、ハニカムラボ、コミュニケーション・プランニング~

2019年12月4日(水)、株式会社MoguraおよびDBJキャピタル株式会社は、VR/AR/MRの展示会「VR/AR/MR ビジネスEXPO 2019 TOKYO(VR EXPO)」を東京・秋葉原にて共同開催します。 本イベントは、VR/AR/MRのビジネス活用に関心のある企業や投資家を対象に、B2B展開を行う企業の体験展示、およびビジネスマッチングの機会を提供します。 Mogura VR Newsでは、数日に分けてイベント参加企業の具体的な出展内容を紹介します。今回紹介するのは、VR/AR/MRビジネスEXPOに出展する企業32社のうち、「株式会社インフォマティクス」「株式会社Synamon」「株式会社アルファコード 」「Nangok R/Studios」「株式会社ハニカムラボ」「株式会社コミュニケーション・プランニング」の6社です。 株式会社インフォマティクス:現実空間に原寸大の図面データを表示できるシステム「GyroEye Holo」「GyroEye Holo TS+ 」他 株式会社インフォマティクスは、HoloLens対応のシステム「GyroEye Holo」やXR技術の開発販売を行う企業です。今回展示する「GyroEye Holo」は現実空間に原寸大の図面データを表示できるシステムです。設計CAD図面や3Dモデルデータなどをデータ変換し、HoloLensを通して1分の1スケールで実空間に投影することができます。これにより、施工前に工事のイメージを実物大で見たり、施工後に出来形を検査したりなどの活用が可能です。 新製品の「GyroEye Holo TS+」では、測量分野で広く使われているトプコン社製トータルステーション「LN-100」と連携し、GyroEye Holoアプリの表示位置をリアルタイムで補完します。「移動距離30メートルにおいて誤差 ±5mmの精度を安定して提供する」とし、建設・土木現場での運用を支援します。 https://www.youtube.com/watch?v=9YEU8M3NZVU 株式会社Synamon:ビジネス向けVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」 株式会社Synamonは、VR/AR/MR関連製品、コンテンツの企画・開発・運営を行う企業です。今回展示する「NEUTRANS BIZ」は、複..

VR体験施設のThe VOID、映画「ジュマンジ」題材の新コンテンツを発表

世界各地にVR体験施設を展開するThe VOID社は、映画「ジュマンジ」シリーズを題材にした新作VRコンテンツ「Jumanji: Reverse the Curse」を発表しました。本作は2019年11月27日から、一部のThe VOID社施設で提供が開始されます。 体験スペースにも仕掛けあり 「Jumanji: Reverse the Curse」は、The VOID社がSony Pictures Virtual Realityと提携して制作しました。両社(スタジオ)は、2016年に映画「ゴーストバスターズ」を題材にしたVRコンテンツ「Ghostbusters: Dimension」を共同で手掛けており、本作は2作目の合同制作コンテンツです。 米メディアRoad to VRによれば、「Jumanji: Reverse the Curse」はVRヘッドセットと触覚フィードバックベストを装着してプレイする形式で、体験スペースにはプロップ(小道具)の設置や没入感を高める仕掛けが行われているとのこと。 Jumanji: Reverse the Curseのあらすじ 「Jumanji: Reverse the Curse」は、(ジュマンジ)ファンの皆様に、スモルダー・ブレイブストーン博士、シェルドン・オベロン教授、ルビー・ラウンドハウス、フランクリン・“ムース”・フィンバーとして、新たな闇のヴィランからジュマンジを守る体験を提供します。 (Jumanji: Reverse the Curse)では、ファン(プレイヤー)は、ジュマンジのレッドジュエルを内包する「Scepter of Se’payu」を回収し、(同アイテムを)盗まれた寺院へと返還する任務に参加します。(任務中)プレイヤーは、映画で登場人物たちが体験した、人食い動物や不快な環境のような困難に遭遇します。(プレイヤーはこれらの困難を)生き抜き、現実世界に生還しなければなりません。 アベンジャーズの新VR作品、VR体験施設を展開するVoidが提供 MoguraVR スター・ウォーズなどのVR体験施設運営のThe VOID、世界25店舗展開へ MoguraVR VRアトラクション施設THE VOID、ニューヨークでゴーストバースターズの公式VR体験を公開へ Mog..

「Beat Saber」新DLC詳細がリーク、リリース日も判明

VRリズムゲーム「Beat Saber(ビートセイバー)」の新ダウンロードコンテンツ(DLC)が、「Rocket League × Monstercat Music Pack」であることが判明しました。発売日は2019年11月7日で、予定販売価格は8.99ドル(約980円)となっています。 PS Storeでフライング公開 「Beat Saber」の開発元Beat Gamesは、2019年11月7日に新DLCの正式発表(と発売)を行う予定でした。しかしPlayStation Storeが、予定日の前に誤ってストア上に「Rocket League × Monstercat Music Pack」を掲載(現在は削除済)。この情報をYouTuber、Get To Da Choppa VRさんが取り上げたことで、新DLCの詳細が「Beat Saber」コミュニティに拡散しました。 https://www.youtube.com/watch?v=RhR_Z5wVvJM (Tokyo Machineの「PLAY」。新DLCに含まれる楽曲のひとつ。) 「Rocket League × Monstercat Music Pack」には、6つの楽曲が含まれます。詳細な楽曲リストは、以下の通りです。 Rocket League × Monstercat Music Pack楽曲リスト ・Tokyo Machine – ‘PLAY’ ・Stephen Walking – ‘Glide’ ・Slushii – ‘LUV U NEED U’ ・Tokyo Machine – ‘ROCK IT’ ・Dion Timmer – ‘Shiawase’ ・Slushii & Dion Timmer – ‘Test Me’ 「Beat Saber」がグラミー賞ノミネート Twitterには応援の声多数 MoguraVR 「Beat Saber」徹底解説! 購入方法からMOD導入、PSVR版情報も紹介 MoguraVR (参考)UploadVR

Oculus創業者パルマー・ラッキー、軍事用ARソフトを開発中か

Oculusの創業者、パルマー・ラッキーが立ち上げたスタートアップ企業「Anduril Industries」が、戦場の兵士を支援する軍事用AR/VRソフトの開発に取り組んでいるようです。 パルマー・ラッキーは2017年に自身が立ち上げたOculusを退職後、Anduril Industriesを設立。最新技術を使った防衛システムを開発するスタートアップとして、現在は評価額10億ドル以上の“ユニコーン企業”に成長しています。 戦場の兵士が装備するヘッドセット向けソフトウェアか 米メディアBusiness Insiderの取材に対し、同社の共同創業者兼CEOであるBrian Schimpf氏は「我が社のソフトウェアはAR/VRヘッドセットを通じて、戦場の兵士が状況を判断したり、危険を回避するための警告や情報を提供します」と語りました。 ただし同社は今のところ、ヘッドセットを製造するビジネスにまでは着手していません。現時点では、戦場の兵士が的確な判断を下せるよう、必要な情報を収集・提示するための方法を模索しているようです。 またBrian Schimpf氏は「計画はまだ遠い将来の話」と語る一方、同社がVRに関する何らかのアイデアを持っていることもほのめかしています。 Anduril Industriesは「Lattice」と命名された防衛システムを開発・提供しており、同システムとAR/VRヘッドセットの組み合わせにより、戦場の兵士に情報を提供するようになるものと推測されます。 米軍のさらなる"VR訓練"推進、5億ドル超の契約締結 MoguraVR ARで武器照準をサポート ヘッドセットメーカーがアプリを提供 MoguraVR "VR内に人を登場させる" LIVが約1億円調達、Oculus創業者パルマ―・ラッキーも出資で注目 MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

名作ボードゲーム「カタン」が位置情報ゲーに。「CATAN – World Explorers」発表

CATAN GmbHは、ボードゲーム「カタン」を題材にしたスマートフォン向けゲーム「CATAN – World Explorers」を発表しました。「CATAN – World Explorers」は、2019年10月24日に開催されたドイツのボードゲームイベント「SPIEL’19」でお披露目となりました。 「カタン」こと「カタンの開拓者たち」は、1995年にドイツで発売されました。世界で最も遊ばれているボードゲームのひとつであり、国境や時代を超えて多くのプレイヤーに愛されています。2018年には、本作をVR化した「Catan VR(カタンVR)」がリリースされました。 『カタンVR』に感じた ボードゲームがVRで現実より手軽で面白くなる可能性 MoguraVR ドイツのイベントでお披露目 詳細なゲーム内容は不明ですが、公式サイトでは「位置ベースのマルチプレイヤーゲームで、トレードによる資源の過不足の調整などを行いながら、友人たちと道路や居住地を広げ、勝利ポイントを蓄積していく」と説明されています。サイトによれば、「CATAN – World Explorers」にはシーズン制が採用される予定で、勝利者は報酬を獲得できるとのこと。 ナイアンティックが開発に参加か 「CATAN – World Explorers」の開発には、ポケモンGOなどを手掛けるナイアンティックが関与していることが強く示唆されています。正式な発表は行われていないものの、同作公式サイトの利用規約ボタンを押すと、ナイアンティックのページにジャンプする仕様が確認されています。 仮にナイアンティックが開発を主導していた場合「CATAN – World Explorers」は、同社の作品(ポケモンGO、Ingressなど)に類似したゲーム性を有すると推測されます。 「カタンVR」がHTC ViveとWindows MRに対応、6月13日発売 MoguraVR 「ポケGO」のナイアンティックってどんな会社?新オフィスの込められたこだわり MoguraVR ARボードゲームが勢い止まらず、クラウドファンディングで1億円突破 MoguraVR (参考)カタン公式サイト

賞金総額300万円! ARスポーツ「HADO」世界一決定戦が開催

12月15日(日)、ARスポーツ「HADO」の世界王者を決める「HADO WORLD CUP 2019」が東京・渋谷ヒカリエにて開催されます。世界9つの国と地域から選抜された16チームが参加し、世界一の座と賞金総額300万円をかけて戦いを繰り広げます。 HADOは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、ARスポーツです。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使しながら、80秒の試合時間で点数を取り合います。2019年11月現在、HADOは世界26ヶ国65ヶ所に店舗を展開、延べ160万人以上が体験しています。 8月に開催された日本選手権では約400名が来場。今回はさらに規模を拡大して、700名以上の来場が見込まれているとのこと。 「HADO WORLD CUP 2019」のチケット料金は無料(申し込みが必要)です。また、最前エリアエリアで観戦できるプレミアムエリアパスも5,000円で販売中です。プレミアムエリアパスは、会場のHADOコンテンツ体験の優先権やオリジナルグッズなど複数特典も用意されています。また大会当日はYouTubeにて中継も実施されます。 ・HADO SUMMER CUP 2019 ダイジェスト https://www.youtube.com/watch?v=SQ8KD_tgs8c イベント開催 開催日 2019年12月15日(日) 開場/開演 開場:12:00、開演:13:00 会場 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1 渋谷ヒカリエ9F 渋谷ヒカリエ ヒカリエホール チケット料金 ・無料(申し込みページ) ・プレミアムエリアパス:5,000円(Peatixページ、ローソンチケットページ) プレミアムエリアパス特典 ・会場前方のプレミアムエリアでの観戦(エリア内自由席) ・大会終了後のステージでの選手との撮影会参加権 ・大会会場のHADOコンテンツ体験の優先権 ・HADO WORLD CUP 2019オリジナルグッズ(非売品)付き ・HADO WORLD CUP 2019シリコンバンド付き その他、随時特典の追加発表予定。 公式ページ https://hado-official.com/tournament/2019season/world-cup/ (参考)株式会社me..

AZKiが新曲のMV2作を公開 さめのぽき、ハムらがプロデュース

ホロライブ所属のバーチャルシンガーAZKi(アズキ)さんが、11月12日(火)発売のフルアルバム「without U」に収録されている「世界は巡り、やがて君のものになる」、「フロンティアローカス」のMVをYouTubeにて公開しました。 https://www.youtube.com/watch?v=EAQASQOWCX8 「世界は巡り、やがて君のものになる」は「エルセとさめのぽき」のさめのぽきさんが楽曲プロデュースを担当。ピアノサウンドにAZKiさんの歌声が合わさったバラードです。 https://www.youtube.com/watch?v=D_CJMc8flY8 「フロンティアローカス」は作曲家ハムさん、トラックメイカー・マルチクリエイターclocknote.さん共作のエレクトロポップソングです。MVではAZKiさんがデビューしてから、これまでの軌跡を辿れる内容になっています。 なお、Moguliveでは「【without Uリリース記念】Mogulive公開インタビュー」で、クリエイターのハムさん、clocknote.さんに曲についての解説をお聞きしています。 https://www.youtube.com/watch?v=5HOjU6_Zxno アルバム「without U」の収録曲「嘘嘘嘘嘘」のMVも、AZKiさんのYouTubeチャンネルで公開されています。詳細はこちら。 (参考)AZKi公式Twitter

【ドラゴンクエストウォーク】新ふくびきにドラゴンシールド登場か?

11月6日(水)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式Twitterで、新イベントと新装備ふくぶきの実装が予告されました。 11月6日現在、新イベントと新装備ふくぶきの詳細は不明ですが、期間限定の実装(開催)になると発表されています。具体的な実装時期は明かされていません。 実装告知と同時に公開された画像からは「ドラゴンシールド」と思われる盾と正体不明の新武器、「試練の扉」が確認できます。これらの武器防具は、新ふくびきで獲得可能なアイテムであると思われます。 近日、新イベントと新たな装備ふくびきが期間限定で登場予定です。続報をお待ちください。#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/Aluk4x44va — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 6, 2019 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter

宇宙ステーションからのライブ番組が2020年より配信  AR/VRも活用

2020年に国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオが開設され、世界初のライブ双方向番組が配信が始まると発表されました。さらに2021年頃には、AR / VRを活用した映像配信も予定されています。 今回発表されたのは、株式会社バスキュール、スカパーJSAT株式会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)による「宇宙メディア事業」の取り組みです。JAXAの共創型研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」として行われ、世界初の宇宙からの高画質なライブ配信を実施するとのこと。 2020年以降のフェーズ1では、ISSの日本実験棟「きぼう」船内に番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設。地球を観察できる丸窓をメインビューにして、タブレット端末2台を設置します。 これにより、無重力空間の中で、宇宙飛行士自らが放送できるようになります。長期滞在する宇宙飛行士と双方向なコミュニケーションができるライブ配信を予定しているそうです。 さらに2021年頃を想定しているフェーズ2では、XR(AR / VR)を活用し、“これまでにない”映像配信を目指すとしています。 (参考)スカパーJSAT株式会社 プレスリリース、公式サイト

【REALITY】アバター同士のコラボ機能リリース 最大4名まで

11月5日(火)、VTuber(バーチャルユーチューバー)専用配信アプリ「REALITY」が、アバター同士によるコラボ機能を正式リリースしました。 「REALITY」は、6月のアップデートでコラボ機能のβ版をリリースしていましたが、配信者とのやりとりは音声のみの対応でした。今回リリースされた正式版は、アバター同士のコラボが実現。「コラボ機能」をONにしている配信に視聴者や他の配信者がリクエストを送信すると、最大4名まで同時にアバターの登場できるようになりました。 【朗報】世界初スマホのみでコラボ配信できる「アバターコラボ」機能がリリースされる 最近のREALITYの進化スピードやばい。 15:00からコラボ凸待ち配信しちゃお! pic.twitter.com/Y4hkv4Y9t7 — いそら真実@REALITY公式VTuber (@_Isoramanami) November 5, 2019 配信に参加したゲスト1人目は、アバターを動かすことも可能。ゲスト2人目、3人目はアバターの表示のみが行われ、ゲスト1人目が退出すると入室順に繰り上がる仕組みです。 さらにコラボ機能の配信リリースを記念した新ギフトが追加。うきわやナイトプールなどの期間限定のコインギフトも用意され、11月18日(月)14:00まで、配信者にプレゼントできます。 REALITYアプリ配信先はこちら(iOS / Android) (参考)REALITY 公式サイト

空間に浮かぶ“芸術”を楽しむ 渋谷でVR/AR/MRアート展が開催

11月8日(金)より、XR(VR/AR/MR)を利用したアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」が東京・渋谷の複合施設「SHIBUYA CAST.」にて開催されます。 INVISIBLE ART IN PUBLICは、渋谷区観光協会、渋谷未来デザイン、KDDI株式会社による「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第3弾で「『見えない』を価値に。」をコンセプトとしたXR技術採用の作品が多数登場します。 期間中は敷地内に貼られたマーカーをアプリで読み込むと、空間上に浮かび上がるアートを観賞できるそうです。 参加アーティストはVRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2019」のファイナリスト、そして本展のキービジュアルに起用されているアーティストのKhayahさんが予定されています。INVISIBLE ART IN PUBLICは11月8日(金)から10日(日)まで開催されます。 https://www.youtube.com/watch?v=fwkriHdsoUA 5G時代の渋谷をアップデートする会議の第2弾も開催 11月1日(金)より開催されているWHITE NIGHT WEEK SHIBUYAに合わせて、11月7日(木)には、「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2」が開催されます。音楽やアートといったエンターテインメント領域を中心に活躍している人達を交え、渋谷の街をアップデートするためのアイディアを生み出すというイベントです。 渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2には、ライブストリーミングサイト「DOMMUNE」代表でアーティストの宇川直宏氏をはじめ、KDDIビジネスアグリゲーション本部アグリゲーション推進部 部長 繁田光平氏、Naohiro Yako氏、クリエイター集団のCEKAIが登壇。それぞれの立場から5G時代の渋谷についてのトークが繰り広げられます。 前回の「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.1」では、渋谷の街をミュージックプレーヤーにする、音のARサービス「Audio Scape」のアイデアが生まれ、渋谷の街に実装されました。今回のXRのアート展も同会議にて生まれたアイデアのひとつです。 イベント概要 INVISIBLE ART IN PUBLIC 場所 東京都渋谷区渋谷1丁目23−21 SHIB..

【キズナアイ】ハロウィン空間での180°VRライブ映像を公開

10月31日(木)に、VTuber(バーチャルユーチューバー)のキズナアイさんがハロウィン限定仕様のVRライブ映像「【VR】Kizuna AI – melty world ~Halloween Edition~【Special Music Video】」を公開しました。 MVではオリジナル楽曲「melty world(Prod. TeddyLoi d)」をキズナアイさんが熱唱。ジャック・オ・ランタンやドクロのダンサーがいるハロウィン舞台を180度のVRで体験できます。 https://www.youtube.com/watch?v=hXaxEBab1bs 公開直後からコメント欄では「歌もダンスも演出もかっこいいー!」「アイちゃんが近くに来た時は思わず手を伸ばしてしまったよ」といった感想が寄せられていました。 VRライブ映像はActiv8株式会社が現在開発中の「Spectacle(仮称)」が採用されているとのこと。本動画はブラウザやスマートフォンだけでなく、VRデバイスからも視聴可能です。 キズナアイさんはアーティストとしての活躍も多く、2019年にはコラボ楽曲としてW&W; ft. Kizuna AI「The Light」、中田ヤスタカさんとの「AIAIAI feat. 中田ヤスタカ」をリリース。さらにSUMMER SONIC 2019へ出演するなど、国内に留まらず海外からも注目を集めています。 【動画UPしました!】 ハッピーハロウィーーン! トリックオアトリートーーー!! メルティーワーーーーーーールド!!!!ლ(´ڡ`ლ)✨ (スマフォでも見れるVR180°SpecialなMV!)#KizunaAI #YouTube 動画はコチラ!https://t.co/1G4xbCjIuV pic.twitter.com/3GWTZUBNNC — Kizuna AI@10/30 『NEW GENE, inspired from Phoenix』 (@aichan_nel) 2019年10月31日 (参考)キズナアイ公式Twitter

ARアプリを使いながら渋谷をジョギング!「FUNJOG」が開催

スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店が、AR機能を活用したオリエンテーリングスポーツ「FUNJOG(ファンジョグ)in 渋谷」を11月16日(土)に開催します。 「FUN JOG in 渋谷」は、位置情報サービスとAR機能を組み合わせたアプリ「COCOAR(ココアル)」を活用し、制限時間内にイベントMAPに記載された渋谷のスポットを巡るイベントです。 「スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店」をスタート地点に、ゴール時間まで多くのスポットへ向かいます。スポットをARアプリで写真撮影すれば、ポイント獲得。得点合計によって、スーパースポーツゼビオで使用できるクーポン券などを、抽選会で獲得できるとのこと。 また受付開始からスタートまでの待ち時間には、足形から正しい足サイズや圧力、重心バランスなどが計測できる無料足形測定や、インソールやランニングシューズの試し履きもできるとのこと。装着したままイベントに参加でき、試し履きしたインソールやシューズの購入も可能です。 「FUNJOG(ファンジョグ)in 渋谷」実施概要 名称 FUNJOG(ファンジョグ)in 渋谷 主催 ゼビオコミュニケーションネットワークス株式会社 日程 11月16日(土) 時間 9:00受付 10:00スタート 集合場所 スーパースポーツゼビオ 渋谷公園通り店(東京都渋谷区宇田川町19-3 参加費用 500円(1人あたり) エントリー期間 11月16日(土)00:00までに下記URLより申し込み。 ※先着49名まで 詳細URL https://moshicom.com/35138/ (参考)ゼビオグループ プレスリリース

テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」にキズナアイ、YuNiらが出演

11月10日(日)の23時26分から、テレビ朝日系で放送される「関ジャム 完全燃SHOW」にVTuber(バーチャルユーチューバー)がゲストとして登場します。出演するのは、キズナアイさん、YuNiさん、かしこまりさん、ユニット「WHITEHOLE(ホワイトホール)」のナノさん&アストロさんです。 ミュージシャンのヒャダインさんが「教えて!関ジャム先生! 他人には聞けない音楽のギモン」という企画で、VTuberの魅力を紹介します。キズナアイさんは関ジャニ∞とトークを展開。さらにVTuberと関ジャニ∞がコラボし、楽曲「無責任ヒーロー」を披露するとのこと。 Twitterでは番組出演にあたって、各VTuberが意気込みを語っています。 11/10放送のテレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」に出演します! ご一緒したヒャダインさん、さかいゆうさん、新井恵理那さんとお写真撮ってもらいました! お楽しみにლ(´ڡ`ლ) pic.twitter.com/d9HhVVuQsm — Kizuna AI@10/30 『NEW GENE, inspired from Phoenix』 (@aichan_nel) 2019年11月3日 11月10日「関ジャム 完全燃SHOW」にYuNiも、アイちゃん,ちゃんまり,Whiteholeと一緒に出演させていただきますーーーッ!!!✨ ぜひともチェックしてくだせぇ(*Ü*)☘ https://t.co/2BbyiAs42J — YuNi@virtual singer (@yuni_vsinger) 2019年11月4日 予告にもちょっとうつったああ ということで 来週11/10の『関ジャム 完全燃SHOW』にキズナアイちゃん、YuNiちゃん、Whiteholeと共に出演します! みんなみてねみてねみてね!! 予約録画もいましてえええ!! 地域によって時間とか日程違うかもだから調べてみてね#かしこまり #関ジャム #Vtuber — かしこまりCFありがとう! (@kashikomari_ch) 2019年11月3日 来週の『関ジャム 完全燃SHOW』に出演させていただくことになりました。貴重な機会をありがとうございます。これを機に沢山の方に知ってもらえたら嬉しいな。是非見て下さいね。#関ジャム #Vtuber #WHITE..

おめがシスターズ“生前葬”を生放送!? 豪華ゲストがビデオレターを投稿

VTuberユニット「おめがシスターズ」が、11月5日(火)に誕生日を迎えたことを記念し、YouTubeチャンネルにて“生前葬”配信を行いました。誕生日企画として生前葬を行う珍しい取り組みに、配信では1万人以上ものリスナーが配信を見守り、話題となりました。 https://www.youtube.com/watch?v=MTEzcpOz1UU 配信開始早々、ニュースキャスターに扮した姉のおめがレイさんが登場すると、妹のおめがリオさんが崖から落ちて現在生死をさまよっていると発表しました。 場面は会場に変わり、礼服を着たおめがレイさんと、三角頭巾をつけ体が透けてしまっているおめがリオさんの2名が登場。勝手に生前葬が行われる状況に、納得のいかない様子のおめがリオさんを差し置き、葬儀屋VTuberのIcotsu(イコツ)さんが「生前葬とは何か」を解説しました。 その後、おめがリオさんメインの「名場面集ベスト5」VTRが公開。ランキングではおめがリオさんが2018年8月に会社をやめVTuber一本で活動するとの宣言や、初のオリジナル曲の発表配信で感動のあまり涙を流す姿などが放送され、ふたりは視聴者とともに過去の思い出を振り返りました。 後半にはゲストVTuberから寄せられた誕生日のお祝い兼生前葬へ寄せられたビデオレターが公開。オシャレになりたい!ピーナッツくんと甲賀流忍者ぽんぽこさんをはじめ、にじさんじ所属ライバーの剣持刀也さん、樋口楓さん、月ノ美兎さんのお祝いメッセージも公開されました。 月ノ美兎さんのメッセージでは「生前仲良くさせていただいていたおめがリオさんの友人です」と、まだ亡くなってはいない友人の死を悼んでいました。「このたびはご愁傷様でした」と締めた月ノ美兎さんに対し、IcotsuさんはTwitterで「生前葬じゃねぇよ!!それ弔事だよ」と指摘しています。 だからこれ生前葬じゃねぇよ!! そ れ 弔 事 だ よ!!!!!#おめシス生前葬 pic.twitter.com/thqhxyDYJr — Vtuber Icotsu毎週水曜日 #Vのホんネ (@Vtuber_Icotsu) 2019年11月5日 配信の結びでは、生死をさまよっていたおめがリオさんは無事生還し「おめがリオは死にません」と宣言。 「生前葬は楽しいうえ自分を振り返られるから、ぜ..

タウンワーク、 ミライアカリと話せる激レアバイトの募集を開始!

ENTUM所属のVTuber(バーチャルユーチューバー)ミライアカリさんが、求人情報サイト「タウンワーク」にて、アニソン系DJイベント「Re:animation」での出演サポートスタッフのアルバイトの募集を開始しました。 仕事内容は12月8日に開催されるDJイベント「Re:animation」の運営のサポートです。採用者はミライアカリさんのグッズ販売や動画撮影時のカメラのセッティング、効果音押し係などを担当するとのこと。 特別な資格や経験はなく、性別問わず応募できます。さらにミライアカリさんと話す機会もあるそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=0CV-mMlr2-k 「Re:animation」は、アニメソングを中心とした野外音楽フェスティバルで、12月8日(日)には「2020 Re:animation 10th Anniversary Project」が開催されます。VTuberからはミライアカリさんとAZKiさんが出演。ミライアカリさんはこれまでも「Re:animation」に参加しており、DJとして会場を沸かせました。 応募期間は11月4日(月)~11月18日(月)7:00まで。日給は30,000円(交通費支給)で、定員は2名。応募は下記のリンクから。 【激レアバイト】ミライアカリちゃんと喋れる!「Re:animation」運営サポートバイト! 募集概要 職種 ミライアカリのイベント出演サポートスタッフ☆音楽バイト☆ 給与 日給30,000円 交通費支給 勤務時間 12月8日(日) ※最大8時間 勤務地 東京都内 応募方法 タウンワーク応募フォームにて応募。(24h応募可)1次選考後、メールにて2次選考を行います。 掲載期間 2019年11月4日(月)~2019年11月18日(月)07:00 URL https://townwork.net/detail/clc_1942676009/joid_Y002YSEP/?vos=evtwgkr0005x1104001 (参考)タウンワーク 求人情報ページ、ミライアカリ 公式Twitter

【ドラゴンクエストウォーク】アカウント売買禁止やRMTを注意喚起

11月6日(水)、スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」のTwitterと公式サイトで、アカウント利用規約に関する注意喚起が行われました。 公式ページでは、アカウントの共有・譲渡・売買やチート(ツール)の使用、RMT(※)が、「ドラゴンクエストウォーク」の利用規約に違反することが改めて通知されました。 違反者には罰則として、アカウントの一時停止や永久停止が行われる場合があると併せて告知されています。 (RMT:リアルマネートレディング。現実の通貨でゲーム内アイテムやアカウントを売買する行為。) 「ドラゴンクエストウォーク」運営がこのタイミングで注意喚起を行った理由は不明ですが、現在SNSなどで本作のアカウント売買などを行うユーザーが確認されており、そういったユーザーに対する警告であると推測されます。 いつもドラゴンクエストウォークをお楽しみいただき、誠にありがとうございます。 本ゲームでは、お客様のアカウントに関する利用規約について、遵守をお願いしております。 詳しくは公式サイトのお知らせをご確認ください。https://t.co/jmLKYYrgKa#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/XDLMt3PIWn — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) November 6, 2019 注意喚起の詳細は、こちらから確認できます。 © 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)Twitter

【ポケモンGO】GOロケット団リーダーたちが声明を発表 襲撃の可能性

11月6日(水)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」のTwitterと公式サイトで、GOロケット団の3人のリーダーが発信したとされるメッセージが公開されました。 今回メッセージを発したのは、「クリフ」「シエラ」「アルロ」の3人。これらのキャラクターは2019年10月初頭に“登場予告”が行われていたほか、10月後半から公開が始まったウィロー博士の調査レポートで、名前と容姿が正式に明かされていました。 3人のメッセージは、チーム・ヴァーラー、チーム・ミスティック、チーム・インスティンクトの各チームリーダー(キャンデラ、ブランシェ、スパーク)のそれぞれに宛てられた内容のようです。 [GOロケット団のリーダー、クリフからのメッセージ] ブランシェ。お前は、単純なことを難しく考えすぎている。 世の中には、計算できないこともあるんだ。 リーダーの座に甘んじていられるのも、あと数日だろうよ!!! #TeamGORocket #ポケモンGO pic.twitter.com/hVkxGB9ibf — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 5, 2019 [GOロケット団のリーダー、シエラからのメッセージ] スパーク。坊やのその単純なプラス思考には笑っちゃうわ。そのうち後悔するだろうけど。 世の中は、キミが思っているよりずっと過酷なところだということを、わたしが思い知らせてあげる。#TeamGORocket #ポケモンGO pic.twitter.com/9XNtzej8lS — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 5, 2019 [GOロケット団のリーダー、アルロからのメッセージ] キャンデラ。あれから全く変わっていないようですね。 いいですか、炎とは移ろいやすいものです。制御できなければ、暖かさを超えて、人に火傷を負わす。 ボクから奪ったものを返せとは言いませんが、後悔はしてもらいます。 #TeamGORocket pic.twitter.com/dLJt1CECtO — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 6, 2019 公式サイトのウィロー博士の調査レポートによれば、GOロケット団は近々の襲..

Steamの月例ハードウェア調査、11月はHTC VIVEが増加

Valveのゲーム配信プラットフォームSteamが、月例のハードウェア利用状況調査を発表しました。2019年10月の調査結果では、最新VRヘッドセット「VIVE Cosmos」を発売したHTCが使用率を伸ばしています。 Steamでは毎月ユーザーへの調査を行い、ゲームを遊んでいるPCのグラフィックボードなどのハードウェア、またOSなどのソフトウェアに関する統計を発表しています。前回9月の調査では、Oculus製VRヘッドセットがシェア率50%超え、ハイエンドVRヘッドセットValve Indexの利用率大幅アップといった傾向が見られました。 SteamのVRユーザー、Oculus製品が半数を突破 MoguraVR (※調査はSteamでの利用に限るもので、任意参加となっています。他プラットフォームの公式ストアにおける利用数は含まれていないため、市場全体のシェア率を直接推定するには不十分なことに注意が必要です) OculusとIndex微減、シェア増はHTC 最新の調査によれば、Oculus Rift Sの使用率は13.03%から13.7%へと微増。前月までと比較して伸び幅が落ち着いた印象を与えます。一方でOculus系デバイスの利用率はトータルで49.99%と、2ヶ月連続の過半数越えとはなりませんでした。 一方、Valve社のIndexは、4.98%から4.92%とごくわずかにシェアを落としています。非常に小さい差異ですが、この調査にIndexが登場してから初のシェアダウンとなります。また、Windows MR(Mixed Reality)系ヘッドセットは、前月に続き利用率を落とし5.22%です。 今回の調査で最もシェアを伸ばしたのが、HTC (HTC VIVE及びVIVE Pro)。合計で34.78%から35.18%となっています。背景として考えられるのは、VIVEの後継機種「VIVE Cosmos」の存在。一部では「VIVE Cosmosの発売に伴い、既存のHTC VIVEが終売する」との見解があり、駆け込み需要があったと推測できそうです。 11月のポイントは? 次回11月の調査では、大規模セール「ブラックフライデー」や、「Oculus Link」のリリースがポイントとなります。「Oculus Link」は、Oculus Quest(..

VRで日本企業をアピール、ベトナムで2020年2月開催

株式会社ジョリーグッドは、様々な日本企業の技や文化をVRで一斉に体験展示する総合VRエキスポ「Japan VR World」(ジャパン・ブイアール・ワールド)を2020年2月22日(土)・23日(日)の2日間にわたって開催します。場所はベトナムのホーチミン市。エキスポ開催に合わせ、同イベントへの出展プランの案内と出展者の募集も開始しました。 Japan VR Worldとは Japan VR Worldは、同日程で開催される日越交流イベント「第7回ジャパンベトナムフェスティバル」内で同時開催されます。日本企業の就労や在留に興味があるベトナム人らが多数来場し、VRで日本の文化や企業の技術を体験します。 出展企業は、VR体験による企業や技術、就労環境アピールのほか、ステージ講演やアンケートになどのマーケティング調査、ネットワーキングパーティー、そして関連企業の視察ツアーに参加できます。 出展プラン 出展プランは以下の通りです。出展に関する問い合わせはこちらから。 プラン 内容 料金 おまかせライトプラン 現地同行不要で出展や調査を事務局にお任せできるプラン ・VR体験展示 ・アンケート調査 1,000,000円 スタンダードプラン 1名以上の同行者と出展立ち会い、ステージ講演、アンケート調査、現地交流ができるプラン ・VR体験展示 ・セミナー講演 ・アンケート調査 2,000,000円~ ※1名同行につき、旅費200,000円(航空券、ホテル) ・ネットワーキングパーティー ※会場近くのレストランにて、出展企業や現地法人と交流するパーティー 現地企業視察プラン 1名以上の同行者と出展立ち会い、ステージ講演、アンケート調査、現地交流ができるほか、現地の関連企業を紹介、視察できるプラン ・VR体験展示 ・セミナー講演 ・アンケート調査 2,500,000円~ ※1名同行につき、旅費200,000円(航空券、ホテル) ・ネットワーキングパーティー ・現地企業視察ツアー (※税抜き価格、VRコンテンツの新規制作は別途見積) (参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース、ジャパンベトナムフェスティバル

「ラブプラス EVERY」ゲームの不具合で緊急メンテナンスが長期化

10月31日に配信されたVRモード対応のスマートフォン向けアプリ「ラブプラス EVERY」。しかし、正常に遊べない問題が判明し、11月7日(木)までメンテナンス延長が発表される異例の事態が起きています。公式によれば、サービス再開は7日17:00を予定しているものの、変更になる場合もあると発表しています。 「ラブプラス EVERY」は、人気恋愛シミュレーション「ラブプラス」シリーズのスマホ版で、カノジョとの恋愛を楽しめるタイトルです。スマホを装着するタイプのVRゴーグルを利用する、VR体験モードも搭載されています。 本作は東京ゲームショウ2017の体験会では好評を博し、同年の冬に配信予定でしたが、クオリティアップを目指すため配信の延期を発表。その後も発売延期を重ねたものの、事前登録者数が30万人を突破するなど、ファンから高い期待が寄せられていました。 不具合発覚による緊急メンテナンスを実施 2019年10月31日にリリースされた「ラブプラス EVERY」。しかし不具合発覚により行われた緊急メンテナンスが、3度に渡って延期されることに。 現在見つかっている主な問題としては… ・リッチを使っても消費されない ・チャレンジのデータが正しくロードされない、クリアしても次のチャレンジが開かず、先へ進めない ・ログインボーナスが何度でも受け取れる これら問題の原因調査と再発防止のため、お時間を頂いております。 — ラブプラス公式 (@loveplusproject) November 2, 2019 今回公表された不具合は、「リッチを使っても消費されない」「チャレンジのデータが正しくロードされない、クリアしても次のチャレンジが開かず、先へ進めない」「ログインボーナスが何度でも受け取れる」というもの。 一週間近くプレイできない状況となったものの、以前ユーザーの注目度が高い本作。2020年夏に公開予定だったVRデート「ビーチでお昼寝」も先行公開が予定されており、今後の対応が期待されます。 ©2019 Konami Digital Entertainment (参考)ラブプラス EVERY 公式サイト、公式Twitter

アップルの「ARに干渉できる」新特許が公開

アップルが、米国特許商標庁に新型デバイスとARやVR、Augmented Virtuality(※)に関連すると思われる新特許を出願しました。 (※Augmented Virtuality/AV……仮想世界に現実の情報を重ねる技術) 今回出願が判明した特許の正式名称は「様々なヘッドセット環境下でのバーチャルオブジェクトの明白なビジュアライゼーション(Tangibility Visualization of Virtual Objects within Various Headset Environments)」です。2019年10月31日、特許公開が行われました。 10月末に特許公開 この特許は主に、ARやVR、AVといったComputer Generated Reality(CGR)環境下で、装着したディスプレイ上に、ユーザー自身が干渉できる仮想オブジェクトを表示するというもの。仕様書では「イメージを完全に投影するか、部分的に重ねることを選択できる」と説明されています。 特許技術はまた、CGR環境下で仮想オブジェクトが「仮想オブジェクトであること」を明確にできます。これにより、現実にある物体と仮想オブジェクトの区別がつきやすくなる、というわけです。 海外メディアPatently Appleは、今回公開された特許を「使用者の利便性を向上させるほか、オブジェクトの種類を明確化(=仮想オブジェクトと本物の物体を区別する)することで、使用者がより安全に体験できる」と説明しています。 現在開発が進められている製品に活用か 2019年11月現在、今回発表された特許がアップルの新製品に実際に導入されるかは判明していません。現在同社が開発を進めていると推測される「ARグラス」が候補になると考えられます。 アップルのARグラスは、数年前から同社が開発を進めていると噂されているデバイスです。詳細な仕様などの正式発表は行われていませんが、複数のメディアが2020年に発売される可能性が高いと報じています。 アップルは現在、ARグラス向けと思われる特許を多く取得・出願しているほか、同分野に関する求人を積極的に行うなど、ARに関する取り組みを本格化させています。2019年9月には、iOS 13に「Garta」と呼ばれるデバイスの名称が含まれていたことも判明しました。 ア..

ザッカーバーグが語るVR計画の将来、見通しはポジティブ

フェイスブックは2019年第3四半期の業績発表を行いました。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、VR/AR関連の計画達成について「予想よりも少し時間がかかっている」としつつも、将来に対するポジティブな見方を示しました。 大規模なユーザーベースは「数年先」だが…… ザッカーバーグ氏は、アナリストの質問に対して次のように説明しています。 VRとARについて、我々の予想よりも長い期間を要しているという指摘は間違っていません。それでも私は楽観的に見ています。VR/ARについては長期的な計画だと思っていますし、これらが重要で大きなものになる、と考える理由は変わりません。 多くの人が当社の製品(=OculusのVRヘッドセット)を使い、それを好きになっているのを目の当たりにしています。だから、我々は引き続き目標に向けて進んでいると考えています。 同氏によれば、数百万人単位のユーザーベース獲得は「数年先」かつ「さらなる開発費を要する」可能性もあるとのこと。そのうえで、投資を継続する意思を示しています。 Oculusブランドを確立していく Oculusはコンスタントに新たなVRヘッドセットをリリースしており、またフェイスブック自身も、ビデオ通話に特化したスマートディスプレイPortalの開発を進めています。にもかかわらず、「フェイスブックは元来ハードウェアやOSの企業ではない」とザッカーバーグ氏はコメント。今後数年をかけて、フェイスブックがOculusブランドを確立していく、としています。「VRが何億人もが使用するような、完全なメインストリームになった時、より業績を上げること」が可能だ、というのが同氏の主張です。 さらにザッカーバーグ氏によれば、この考え方を何より裏付けるのは、一体型VRヘッドセットOculus Quest(オキュラス クエスト)の発売です。「Oculus Questは完成と同時にリリースした」としつつ、次のように手応えを語りました。 需要は旺盛で、コンテンツも増えてきました。ハイクオリティのAAA級タイトルから、なかなか良いインディータイトルまで。私はこの様子に本当に、とてもわくわくしています。そして先行きに関しては非常にポジティブな見方です。 今後の展開も続々 フェイスブックは今後の計画として、Oculus QuestとPCをケーブルで接続し、P..

【ポケモンGO】ウィロー博士の調査レポートが公開、ファイルの中身は?

11月4日(月)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、ウィロー博士の新たな調査レポートが公開されました。 ウィロー博士の調査レポートは、「ポケモンGO」公式サイトで10月後半から継続的に公開が続けられています。内容は「GOロケット団」に関係するもので、詳細は不明ながら「ポケモンGO」の次期アップデートに関連していると思われます。 今回公開されたレポートは、ウィロー博士がGOロケット団の通信を傍受するも、ファイルが暗号化されていて開封できないというもの。博士はこのファイルには重要な情報が含まれると推測しており「予想していた以上に厄介な事態になるかもしれない」と警戒を強めています。 ⚠️[ウィロー博士の調査レポート]ファイルが開かない ⚠️ https://t.co/nx5P9LhRX2 pic.twitter.com/afDaqfiKVT — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 5, 2019 イベントにも関連 11月1日(金)には、今回のレポートに先立つ形で「スーパーロケットレーダー」に関するレポートが公開されました。「スーパーロケットレーダー」とは「ロケットレーダー」の改良版。信号を傍受することでGOロケット団の本部を探ることが可能なデバイスとされています。 ウィロー博士はレポートで、「スーパーロケットレーダー」の完成のためにトレーナ-(プレイヤー)に対して、スペシャルリサーチへの参加を呼びかけました(※)。なお、11月5日時点では、イベントがどのように「スーパーロケットレーダー」に影響を及ぼすのかは明らかになっていません。 (※:「ポケモンGO」では、11月2日(土)レジギガスが登場する、“巨大ポケモンの謎を解け”というスペシャルリサーチイベントが行われました) ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. 【ポケモンGO】新アプデのフラグか? ウィロー博士のレポートが続々公開 MoguraVR (参考)ポケモンGO 公式Twitter、ポケモンGO 公式サイト

ARカメラアプリ「Vismuth」がアプデ、動画撮影も可能に

スマートフォン向けARカメラアプリ「Vismuth(ビスマス)」が、Ver. 2.0の大幅アップデートを実施しました。動画機能の追加やモデルアップロードのβ版機能などが搭載されています。 Vismuthは3Dキャラクターを現実に重ね合わせ、好きなポーズやフィルターで撮影ができるARアプリケーションです。3Dモデルのファイル形式「VRM」を採用しており、自作のVRMモデルやVRoid Hubで共有されたモデルとの撮影を楽しむことができます。 専用Webアプリリリース、イベント向け利用機能も 今回のアップデートでは、動画の撮影やモデルアップロード用の専用WEBアプリがリリースされたほか、利便性を向上させるさまざまな改良、新機能などが加えられています。 さらに「イベントプロモーション機能」として、イベント会場やショッピングモールなど、特定の場所や特定の時間にのみ出会えるキャラクターを登場させることができるようになるとのこと。このイベントプロモーション機能を利用したいパートナーの募集も行われています。 アップデート概要 動画機能の追加(β版) ・写真だけでなく,動画も撮影できるようになりました。 モデルアップロード(β版) ・モデルアップロード用の専用WEBアプリ(https://vismuth.net)リリース。 UIの大幅改善 ・UIがこれまでよりも見やすく,わかりやすくなりました。 モデル管理機能の改良 ・VRoidHubのモデルと保存してあるモデルをまとめて管理できるようになりました。 アバターサイズの自由倍率選択 ・アバターのサイズは,これまで2通りしか選べませんでしたが,自由に大きさを変更できるようになりました。 ランダムポーズ機能 ・ポーズをランダムに切り替える機能を追加しました。意外性のあるポーズを楽しめます。 瞬き機能の追加 ・モデルが瞬きしてくれるようになりました。 影の操作の改良 ・影がより自由に操作できるようになりました。 アバターのジャギ感の修正 ・モデルの輪郭がより滑らかに表示されるようになりました。 アプリ概要 タイトル 「Vismuth」 価格 無料 アプリ配信先 iOS : https://apps.apple.com/app/vismuth/id1446117844 Android : https:/..

AR/VRを含む「人間拡張」領域を支援、スタートアップ支援ファンド設立

15th Rock Ventures有限責任事業組合は、AR/VR技術を含む「人間拡張」を投資テーマとした、スタートアップ支援を行うファンド「15th Rock Ventures Fund 1」を設立しました。 同ファンドが対象とする「人間拡張」は、AR/VRやAI、ロボティクス、エレクトロニクスなどの技術を複数組み合わせ、身体能力の向上やさまざまなスキル習得といった人間を拡張する技術を指します。 VR/ARも対象、「人間拡張」がテーマ 15th Rock Venturesは、連続起業家の孫泰蔵氏がファウンダーを務める起業支援会社である、Mistletoe株式会社の出身者らが設立した組織。今回発表された「15th Rock Ventures Fund 1」は「Human augmentation(人間拡張)」に関連したスタートアップを支援するファンドです。 同ファンドは既に運用を開始しており、運用総額は最終的に50億円規模を予定。現在は自動制御のパーソナルモビリティ「WHILL」を開発するWHILL株式会社をはじめ4社へ出資を行っています。 (参考)15th Rock Ventures 有限責任事業組合 プレスリリース

アップルの新型ARグラス、Steam運営のValveと共同開発か

アップルが、新型ARグラスの開発をValveと共同で行っているという噂が浮上しました。Valveは、世界最大規模のゲーム配信プラットフォーム・Steamを運営している企業。2019年6月にはPC向けのハイエンドVRヘッドセット「Valve Index」を発売し、注目を集めました。 超巨大ゲームプラットフォーマーと共同開発の噂、台湾メディアが報じる 今回のアップルとValveの共同開発の噂は、台湾系メディアのDigiTimesが報じました。同メディアは、2019年7月にサプライチェーン経由の情報として、ARヘッドセットの開発中断と担当チームの解散を伝えたメディアです。 アップルとValveの共同開発の詳細の詳細は不明ですが、ValveにはHTCとVRヘッドセット「HTC VIVE」の共同開発を行った過去があります。米メディアNext Realityはそれを踏まえた上で、「(仮に情報が事実であった場合)、両社の提携は納得できるパートナーシップである」と解説しています。 DigiTimesはまた、台湾のODMメーカー、PegatronとQuanta Computerが新型ARグラスに関連する事業に参加すると報じています。なお、両社の取り組みの詳細については明らかになっていません。 アップルの新型ARグラスについて:開発は進行中か アップルの新型ARグラスは、2017年頃から同社が開発中と報じられています。以前よりアップルはAR関連の求人を積極的に行っているほか、同分野のデバイス関連特許も多く出願しており、開発は目下進行中であると考えられます。 アップルの"ARグラス"登場は近い? これまでの特許や報道振り返り・まとめ MoguraVR アップルがAR/VR関連の求人を引き続き積極募集 MoguraVR アップルのARグラスは調光レンズ搭載? 新特許が明らかに MoguraVR (参考)Next Reality

プログラミング不要のAR制作ツール「Adobe Aero」リリース、アドビから

クリエイティブソフトウェアを提供するAdobe(アドビ)は、iPhoneおよびiPadでARコンテンツを制作できる「Adobe Aero」を発表、無料アプリとして提供を開始しました。 「Adobe Aero」は、現実空間に3Dオブジェクトを重ね合わせ、ARコンテンツを作り出せるツールです。オブジェクトの位置や大きさはを変えたり、オブジェクトを動かしたりといったことが可能。アプリには「スターターアセット」として、家具や植物などのオブジェクトが用意されています。 さらに「Adobe Aero」は同社の「Photoshop」「Illustrator」「Adobe Dimension」「Substance」などのクリエイティブツール、そして「Cinema 4D」などサードパーティー製アプリで作成した3Dモデルや2Dアセットを読み込んで自動的にARに最適化し、3Dオブジェクトを作成できます。 2019年11月5日現在、アドビは「Adobe Aero」モバイル版で制作したコンテンツをより複雑に編集できる「Adobe Aero」デスクトップ版のβ版を提供しています。 2018年よりARに注力、アップルとも協業 アドビは2018年3月にARに参入する旨が報じられ、同年6月にはARツール開発を本格的に進める「Project Aero」を発表しました。今回の「Adobe Aero」はその成果と思われます。 アドビ、AR事業を本格展開 クリエイターのARコンテンツ制作後押し MoguraVR (参考)Adobe Aero、Adobe公式ブログ

沖縄ご当地VTuber根間うい、「首里城」支援を募る動画を投稿

沖縄県のご当地VTuberの根間ういさんが、10月31日に火災に見舞われた「首里城」の再建支援を呼びかける動画を投稿しました。 「首里城」は沖縄県那覇市の観光名所で、琉球王国の文化・歴史を象徴する建造物です。しかし、10月31日の火災により正殿をはじめ、北殿や南殿など主要な建物が全焼。400点以上の資料や美術品も焼失しています。 https://www.youtube.com/watch?v=KMfLfS-LZIU 沖縄県の魅力を発信するために活動する根間ういさんは、今回の火災を受け、「おきなわ部より首里城支援金ご協力のお願い」と題した動画を投稿。沖縄の歴史と文化を象徴する建造物が失われたことに対し、那覇市で育った自身や住民の悲しみを伝え、首里城を再建するための支援方法を解説しています。 現在那覇市では、支援金の窓口を3種類開設。那覇市役所本庁および那覇市各支所に設置された募金箱、口座振込、ふるさと納税(クラウドファンディング)による寄附金募集が実施されています。クラウドファンディングはすでに目標額の1億円を達成し、3億円以上の支援が寄せられています。 各支援方法に関するリンクはこちら。 ・那覇市 首里城火災に対する支援金 ・沖縄のシンボル「首里城」再建支援プロジェクト(クラウドファンディング) (参考)根間うい YouTubeチャンネル、那覇市 首里城火災に対する支援金

【ポケモンGO】「コバルオン」が伝説レイドバトルに出現

2019年11月5日(火)、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の「伝説レイドバトル」に、てっしんポケモンの「コバルオン」が出現しました。「コバルオン」の出現期間は、11月5日(火)早朝から11月26日(火)までです。 「コバルオン」は、かくとう・はがねタイプのポケモン。公式発表では、ほのお、かくとう、じめんタイプのポケモンで戦うのが望ましいとされています。 「伝説レイドバトル」での「コバルオン」登場が発表された際、ポケモンGO公式サイトには、(コバルオンは)他の伝説のポケモン2匹と行動し、残りも(ゲーム内に)“すぐにやってくるはず”という文面が掲載されました。この2匹は、がんくつポケモン「テラキオン」とそうげんポケモン「ビリジオン」を指していると推測されます。 てっしんポケモンの「コバルオン」が「伝説レイドバトル」に登場!かくとう・はがねタイプのこの伝説のポケモンには、バトルの際は、かくとう、じめん、ほのおタイプのポケモンで挑みましょう。 #ポケモンGO pic.twitter.com/7J1YA0W82s — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) November 5, 2019 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式Twitter

中国伝統の劇をあなたの“手”で。グーグルがWebアプリ

Google Art&Cultureは、中国の伝統的な影絵劇「皮影戯(ピーインシー)」をスマートフォンで楽しめるWebアプリをリリースしました。ブラウザ上で動作し、スマホのカメラを通して体験することができます(アプリをスマホにダウンロードする必要はありません)。 アプリをスタートさせてカメラを起動すると、画面上に皮影戯となる手の形のシルエットが映し出されます。 ユーザーがシルエットと同じように手の形を作り、カメラでスキャン。繊細な線と色で描かれた影絵が浮かび上がります。 皮影戯のアニメーションが動き出しストーリーが進んでいきます。 ユーザーの手の形をカメラでスキャンし、インタラクティブに反応する技術には「TensorFlow(テンソルフロー/テンサーフロー)」が使用されています。TensorFlowはGoogleが開発したオープンソースの機械学習用ソフトウェアライブラリです。またTensorFlowは、Google LensやYouTuber向けのARフィルターにも活用されているツールです。 Googleと中国団体が共同制作 Webアプリの制作には、Google Arts&Culture、中央美術学院(the Central Academy of Fine Arts)、中国の無形文化遺産を保護するthe China Intangible Cultural Heritage Protection Alliance、アーティストのWu Jianan氏が協働しています。 (参考)RADⅡ

天開司主催「剣盾にじさんじ杯」が開催 ライバーたちがポケモンバトル!

にじさんじネットワーク所属の天開司さんが、11月23日(土)16:00より「ポケットモンスター 剣盾にじさんじ杯」を開催することを発表しました。 剣盾にじさんじ杯は、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」および「にじさんじネットワーク」所属のライバーが、Nintendo Switch向けソフト「ポケットモンスター ソード・シールド」をプレイし、育てたポケモンで対戦を行う大型企画です。月ノ美兎さん、本間ひまわりさんなど、20名以上のライバーが参加予定。今後、メンバーが増減する可能性もあるとのことです。 #剣盾にじさんじ杯 レギュレーションを更新・・・・! pic.twitter.com/MFmHt5kzUr — 天開司@にじさんじネットワーク (@tenkaitukasa) November 2, 2019 今回の大会では、ポケモン対戦に詳しいライバーだけでなく、好きなポケモンで対戦したいライバーにも気軽に参加してもらうため、いくつかのルール(レギュレーション)を設定。大会前日までに登録したパーティを参加ポケモンとし、トーナメント式で対戦を行います。 天開司さんは、これまでにもVTuberによるポケモン対戦企画「Vtuberピカブイエキシビショントーナメント」を開催。また、REALITYにて「Vtuber甲子園」を主催するなど、高い企画力で注目を集めています。 大会参加者(予定) ・月ノ美兎 ・樋口楓 ・エルフのえる ・森中花咲 ・叶 ・出雲霞 ・卯月コウ ・本間ひまわり ・魔界ノりりむ ・葛葉 ・舞元啓介 ・鷹宮リオン ・夢追翔 ・童田明治 ・ベルモンド・バンデラス ・小野町春香 ・愛園愛美 ・アルス・アルマル ・天宮こころ ・天開司 ※敬称略 (参考)天開司 公式Twitter

ユニティちゃんが2020年春公開予定の映画「踊ってミタ」に出演

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」のオリジナルキャラクターユニティちゃん(大鳥こはく)が、2020年春公開予定の映画「踊ってミタ」に出演決定しました。これに合わせ、ユニティちゃんの映画初出演を応援するクラウドファンディングも開始しています。 ユニティちゃんは2018年12月に「バーチャル女優宣言」をして以来、YouTubeチャンネル解説や地上波テレビ番組「バーチャルさんはみている」へのコーナーレギュラー出演など、活動の幅を広げてきました。 今回、2020年春に劇場公開予定の地方再生型ヒューマン・ダンスムービーの「踊ってミタ」で、映画初出演を果たしました。ユニティちゃんは架空のSNSサービスの人気VTuber「ハイドランちゃん」役として登場します。 なお映画「踊ってミタ」は、映画撮影地の群馬県中之条町で開催される「第19回伊参スタジオ映画祭」で、11月9日(土)にプレミア上映されます。 本日は重大発表があります! なんと……女優デビュー! きまりました!!! 映画「踊ってミタ」に出演させていただけることになりましたー! みんな応援よろしくお願いします!! pic.twitter.com/rLMgtjo0Vu — unity-chan!@公式 (@UnityChan_PR) 2019年11月3日 映画「踊ってミタ」の概要 出演 岡山天音 加藤小夏 武田玲奈 中村優一 横田真悠 ルー大柴 川原瑛都 えんどぅ 西村瑞樹 松浦祐也 ふせえり 早出明弘 森田想 白石優愛 小牧那凪 ゆってぃ 冨樫真 BOB りりり 霜月めあ 大鳥こはく(角元明日香) やついいちろう 山本匠馬 味岡ちえり 中島ひろ子 スタッフ 監督・脚本:飯塚俊光 音楽:40mP 振付:めろちん CGクリエイター:天野清之(面白法人カヤック) キャラクターモデリング:京野光平 a.k.a. ntny(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社) 制作協力:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 他 製作プロダクション:アークエンタテインメント 製作:東映ビデオ、Guild、テレビ東京メディアネット、東京メトロポリタンテレビジョン、TBSラジオ、アークエンタテインメント、ケトル、MOTION GALLERY STUDIO、エイガ・ドット・コム 配給:東映ビデオ 公式サ..

最も多く使われたARアプリやAR広告の浸透度は? 調査レポート

ゲーム業界のリサーチ会社Superdataは、AR利用に関する調査レポートを発行しました。調査レポート中では「AR広告はまだ消費者に行き届いていない」と報告される一方、「見込み顧客として有望なARユーザーの特徴」も見えつつあるようです。 (以下、画像の引用元は当該レポートより) AR体験の機会 トップはソーシャルメディア ARを使うアプリでは、Snapchatなどのソーシャルメディアがトップです。78%のARユーザーが「日常的に使用する」と回答しており、中でも6割以上が写真に重ねるARエフェクトを用いていることです。 2位のARゲームについては、リリースから3年が経つ現在でもナイアンティックの「ポケモン GO」が人気を集めています。同社の新作「ハリー・ポッター:魔法同盟」や、ロングセラー「Minecraft」のARゲームアプリ「Minecraft Earth」も、これに続くことが期待されています。 一方、エンターテイメント以外でのAR利用にも注目です。ARユーザーの3分の1近くは「何らかのツールとしてARを用いている」と答えました。上位から挙げると、翻訳が39%、ナビゲーションが34%、ものの長さを測るARメジャーが17%という結果でした。 AR活用進めるSnapchat、苦戦するFacebook 様々なモバイルアプリのユーザーに、当該アプリのAR要素をどの程度利用しているか、調査した結果が下記のグラフです。バッテリー消費の抑制やスムーズな動作のために、ゲーム中のAR機能をオフにする、というのは熱心なプレイヤーに見られる行動です。しかしARが必須要素である「ポケモンGO」や「ハリー・ポッター:魔法同盟」では、ユーザーがARを頻繁に体験していることがわかります。 またここでも目立つのがソーシャルメディアのSnapchatです。およそ8割のユーザーが、アプリ使用時間の半分以上でAR要素を使っていると回答。これは、写真にエフェクトを重ねるフィルターを指すと考えられます。 反対にAR利用者が少ないのはAmazonとFacebookのアプリです。例えばFacebookは2018年からAR広告を導入していますが、ユーザーへのリーチは限定的な様子です。いずれのアプリもまだARを中心に据えているとは言い難く、今後よりAR要素を強めていけば、利用時間を伸ばすことは期待で..
タイトルとURLをコピーしました