未分類

ソーシャルVRの「Rec Room」、月間アクティブVRユーザー数が100万人の大台突破

ソーシャルVRアプリ「Rec Room」の、VRヘッドセットを使用している月間アクティブユーザー数が100万人を突破しています。報告は開発を手がけるRec Room社により行われました。 「Rec Room」は、マルチプレイでミニゲームを遊べる、あるいは制作できるソーシャルVRアプリです。非VRモードも用意されており、アプリはPC版のほか、PlayStation 4やiOSなど複数のプラットフォームで配信中。2020年9月には月間アクセス数が4,000万回を突破するなど、非常に高い人気を獲得しています。 VRユーザーは「非常に熱心」 Rec Room社のデザイナーShawn Whiting氏は、「VRユーザーは全体からすれば少数に留まるものの、非常に熱心なユーザーである」と説明しています。VRユーザーの平均プレイ時間は1日あたり平均“2.7時間”とのこと。現在「Rec Room」で使用されているVRヘッドセットの約半数は「Oculus Quest 2」であるとも語りました。 さらに米メディアRoad to VRによれば、「Rec Room」の同時接続者数は最大45,000人に達し..
未分類

アバターによるVRボイスチャットアプリ「Connect Chat」詳細発表

DMM VR lab開発のVRコミュニケーションアプリ「Connect Chat」のSteamストアページが開設されました。2021年1月下旬に早期アクセス版として配信予定です。価格は無料。対応VRヘッドセットは現時点で不明です。 「Connect Chat」は、自分のなりたい姿で人と繋がれるボイスチャットアプリです。「DMM VR Connect」にアップロードしたアバターを用いて、他のユーザーとの音声を交えたコミュニケーションを楽しめます。 ハンドジェスチャーや表情、口の動きなどをコントロール可能です。パブリップルームとプライベートルームの2種類の会場が用意され、VR初心者でも簡単に利用できる「ワールド」もあります。 さらに3Dオーディオ機能も搭載。VR空間内での距離が近い人との会話もはっきりと聞ける仕組みとなっているようです。 早期アクセス版は入場できる人数が少数限定で、今後のアップデートで拡張を図っていくとのこと。ソーシャルVRアプリに慣れ親しんだユーザーからの積極的なフィードバックを求めているそうです。 また早期アクセス期間は数年を見込んでいる模様です。当面の目標と..
未分類

ソニーが本気のバーチャルコンサートを制作 今後PSVRなどで体験も計画か

ソニーは、2020年1月11日からオンライン開催されている「CES 2021」で、歌手のマディソン・ビアーが出演する、バーチャルコンサート「マディソン・ビアー イマーシブリアリティ・コンサート」を公開しました。 CESは、毎年ラスベガスで開催されている、世界最大規模のエレクトロニクス展示会。10万人以上(2019年は17万5,000人以上)が参加し、展示企業も数千社に達しますが、2021年は新型コロナウイルスの流行により、オンライン開催されることが決定しました。 公開されているメイキング映像では、マディソン・ビアーの3Dモデルが作成される様子や、VRヘッドセットを活用して、バーチャル空間内を確認しながら演技を調整する様子などが確認できます。米メディアVarietyによれば、将来的にPlayStation VRやOculus系のVRヘッドセットを使用して視聴可能になるほか、2D映像版も2021年冬頃に配信される予定とのこと。 https://www.youtube.com/watch?v=OV9GLMV0qUU 音に関しては、配信サービスの開始も予告 ソニーは、他にも自宅にいなが..
未分類

バーチャルシンガー花譜のなりすましアカウントが登場 公式が注意喚起

1月11日(火)の深夜、音声生配信サービス「SPOON」で、バーチャルシンガー花譜さんのなりすましアカウントが生放送を実施。これを受け、公式運営が花譜本人ではないことを明言し、周囲に注意喚起しました。 KAMITSUBAKIプロデューサーのPIEDPIPER氏はTwitterで、なりすましアカウントについて「色々酷すぎて怒ってますが一旦寝ます。(本人は)あんな饒舌じゃないです」とコメント。後日、配信が行われたSPOON運営に問い合わせると説明しています。 花譜のなりすまし、色々酷すぎて怒ってますが一旦寝ます。あんな饒舌じゃないです。 — PIEDPIPER/KAMITSUBAKI P (@PIEDPIPER2045) January 10, 2021 いくつかファンの方々からお問い合わせが有ったので深夜ですがお答えしますが、この方は花譜本人では無く「なりすまし」です。 気持ちは分かるのですがこういった行為はやめてください…。明日SPOONの運営に問い合わせはします。 ひとまずURLの公開はやめておきます。#花譜 pic.twitter.com/WeM44I8EVC — PI..
未分類

HoloLens 2対応の建設向けMRソリューション、小柳建設が開発

小柳建設株式会社は、MRを活用した建設業向けのMRソリューションソフトウェア 「Holostruction」の新バージョンの提供を開始しました。新バージョンは新たにHoloLens 2とAndroid端末に対応しています。 「Holostruction」は建造物の3Dモデルや写真・書類といったデジタルデータを現実空間に重ねて表示し、遠隔から複数人とコミュニケーションできるソリューション。建設業の施工検査の効率化や事業トレーサビリティ向上を目的としています。 小柳建設は、2017年から日本マイクロソフトと連携して「Holostruction」の開発を開始。2019年12月より法人向けに初代HoloLensに対応したバージョンをリリースしました。 今回の新バージョンではHoloLens 2とAndroid端末に対応。HoloLens 2では「目の前に手をかざすと空間上に操作パネルが現れ、パネル内のボタンを直接押すことで操作を進められる」など、初代HoloLensと比べて操作性が向上したとのこと。 またマルチデバイスにも対応し、HoloLens 2とAndroidで同じ場所や遠隔地か..
未分類

レノボ、ARグラス「ThinkReality A3」発表 空間認識ありの法人向け眼鏡型デバイス

1月10日、レノボは産業向けのスマートグラス「ThinkReality A3」を発表しました。PCやスマートフォンと有線接続で使う、サングラス型のARデバイスです。 ThinkReality A3は、ビジネス利用を想定して設計されたスマートグラスです。情報を視界に表示するだけでなく、ARを使用して3Dビジュアライゼーションを行うことでより直感的に作業者に情報を伝えます。 PCもしくはモトローラの特定のスマートフォンとUSB Type-Cで有線接続し使用します。プロセッサにはクアルコムのSnapdragon XR1を搭載、ディスプレイの解像度は片目1080p(1920×1080ピクセル)です。視野角は不明ですが、プレスリリースによると、「5つのバーチャルディスプレイ」を表示できるとのこと。 また、8メガピクセルのカメラを搭載(写真からは各レンズの左右に1基ずつ計2基を確認)。魚眼レンズを通して画像認識で自己位置を特定するSLAMを行うだけでなく、周囲の状況を遠隔にリアルタイムで1080pの高画質で見せることが可能です。 利用シーンに応じた2機種がラインナップ ThinkReali..
未分類

“賭けられる”VRスポーツ観戦サービスが米国で実験中

Verizon Mediaは、VRでスポーツ観戦およびスポーツギャンブルができるアプリのPoC(概念実証)中であることを発表しました。 FierceVideoによれば、Verizon傘下のコンテンツスタジオVerizon Mediaは、イギリスのスポーツ賭博企業Entain、ヤフースポーツと提携し、アプリの制作を行っているとのこと。 このアプリでは利用者がスポーツイベントに参加し、データをチェック。友人との交流を楽しむとともに、Entainのプラットフォーム「BetMGM」でギャンブルを行うことを可能にします。 Verizon MediaとEntainは、本アプリのほかにも5GやVR/ARなどを使った「没入的なコンテンツ」に取り組んでいます。両社によれば、これらの取り組みは、スポーツファンのためのリアルな体験を作り上げることが目標とのことです。 Snapと米通信Verizonが提携 ARの普及目指す | Mogura VR MoguraVR 米スミソニアン協会が"AR博物館"を無料公開、スマホやiPadから体験 | Mogura VR MoguraV..
未分類

TUBEOUT! vol.4開催、社築・加賀美ハヤトが100万円のMTG福袋開封【VTuberデイリーニュース 1/11号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 VTuberライブイベント「TUBEOUT! vol.4」開催 1月23日(土)、VTuberライブイベント「 TUBEOUT! vol.4 」がSPWNにて配信限定で開催されます。 本イベントには、ときのそらさん、銀河アリスさん、天神子兎音さんの3名が出演。過去の「TUBEOUT!」を振り返りつつ、ここでしか見られないコラボやパフォーマンスを交えた音楽ライブを実施するとのことです。 オンラインチケットは3,800円で、デジタルフラスタも1月17日(日)23:59まで募集されています。 (参考)TUBEOUT! Vol.4 SPWN 個人VTuberグループ「ぶいせん」オーディション開催 「朝ノ姉妹ぷろじぇくと」を運営するノリさんが、新規VTuberグループ「ぶいせん」を設立。詳細を説明する動画を公開しました。 「ぶいせん」では、VTuber活動にあたって必要なアバターや配信・動画投稿・編集を行う技術を提供。アバター..
未分類

ARメイク企業がGSから約51億円調達、「XR Kaigi 2020」基調講演レポ ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.急成長の「ARメイク」、ゴールドマン・サックスから約51億円調達(01.08) 2. 【全文書き起こし】XR Kaigi 2020基調講演「デジタルとフィジカルの融合した世界」への道をどうやって作るか?(01.07) 3.進化を遂げた傑作機 VRヘッドセット「HP Reverb G2」ハンズオン(12.31) 4.アップルが新たなVR関連特許取得、次は「グローブ型コントローラー」(01.06) 5.VR内の慣性や抵抗を体感、ドイツ企業が外骨格デバイスを開発中(01.04) 急成長の「ARメイク」、ゴールドマン・サックスから約51億円調達(01.08) ARメイクサービスを開発するPerfect Corp.は、ゴールドマン・サックスから5000万ドル(約51.6億円)を調達しました。PerfectはARメイクアプリ「YouCam」シリーズの開発、..
未分類

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート 解像度5K、6DoF、PCとスマホ両接続に

パナソニックはCES2021にて、開発中の眼鏡型VRデバイスのプロトタイプのアップデートを発表しました。 この眼鏡型VRデバイスは1年前のCES2020で開発が明らかになったもの。HDR1にも対応した高精細な有機ELパネルを使って高い解像度を実現。Technicsブランドのイヤホンを組み合わせて音にもこだわり、眼鏡型の小型軽量を実現しながら、同時に非常に高品質なVR体験を追求したデバイスになっていました。 パナソニックはVR市場に殴り込めるか? 眼鏡型VRデバイスから感じた期待と課題【CES2020】 | Mogura VR MoguraVR 5K、6DoF(インサイドアウト)、スピーカー内蔵に CES2021では、眼鏡型の形状を維持しながら、様々な点をアップデート。2020年には4K相当(片目2048×2048)だったパネルを5K(公式サイトより)に更新。引き続きHDRにも対応し、さらなる高画質に挑戦しています。他にも、頭を回すだけの3DoFだったトラッキングが、6DoFにアップグレード。製品写真を見る限りでは、前面に搭載された2基のカメラをベースに、インサイドア..
未分類

今週の気になるVRゲームニュースまとめ(12月27日~1月9日)

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今週は2020年12月27日~2021年1月9日間の関連ニュースが対象です。 目次 1. VRパズルFPS「Boneworks」最新無料アプデ実施、次回作の予告も 2. 人間集団シミュレーター「HUMANITY」発売は2021年内を予定? 3. インディ・ジョーンズ的VRパズル「Eye of the Temple」2021年春発売 4. VRタクティカルFPS「Alvo」2021年3月にPSVR版発売 5. VRFPS「Pavlov VR」第二次世界大戦時の武器、戦車を追加するアプデ実施 VRパズルFPS「Boneworks」最新無料アプデ実施、次回作の予告も 物理法則を忠実に再現したVRFPS「Boneworks」の最新無料アップデートが2020年12月30日に実施されました。このアップデートで新たに空飛ぶ船こと「Hover Junker ship」が追加され、広大なフィールド上を自由に飛び回れるようになりました。 https:..
未分類

AIで写真やイラストに立体感 2D画像を3Dに変換するサービスが準備中

2021年1月7日、裸眼立体視ディスプレイを手掛けるLooking Glass Factoryは、同社ソフト「HoloPlay Studio」を使用することで、2Dイメージを奥行きのある3Dイメージに変換可能になったことを発表しました。同社は3Dイメージをホログラフィックフォト(holographic photo)と呼称しています。 奥行き感のある3Dイメージでは、裸眼立体視ディスプレイなど立体視の可能なデバイスを使うことで、立体感を表現することができ、2Dと比べ没入感が上がります。2Dから3Dへの変換はFacebook等も研究開発に取り組んでいます。 この変換は、現在行われている個人向け裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass Portrait」のクラウドファンディングページで告知されました。Looking Glass Factoryは、3Dイメージへの変換の実現にこれまで苦戦たものの、パートナーとの協働が大きな進歩をもたらしたと説明しています 3Dイメージへの変換は、通常の写真ほか、コミックイラストや、ウェブ上の画像でも行えるとのこと。変換用の機能は「Looking..
未分類

有人飛行計画の発射台をVR見学 NASAが360度映像を公開

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、ケネディ宇宙センターに存在する、有人宇宙飛行計画「アルテミス計画」で使用される予定の、移動式発射プラットフォームと発射台39Bなどについて知ることができる、360度映像をYouTubeで公開しました。 「アルテミス計画」は、2024年までに「最初の女性と、次の男性を」月面着陸させることを目標としているプロジェクト。NASAの他にも複数の組織が計画に加わっており、日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) も参画しています。 映像は、移動式発射プラットフォームの“屋上”から始まります。ナレーションも設定されており、動画が進むと、同プラットフォームが自由の女神より大きいことや、ロケットがプラットフォームに配置された際の予想図などを見ることが可能。アンビリカルケーブルや、オリオン(有人宇宙船)への搭乗スペースも登場します。 https://www.youtube.com/watch?v=UbndtdZT_4U NASAと米海軍が共同開発する「宇宙服向けARシステム」発表 | Mogura VR MoguraVR (参考)YouTube
未分類

ヒメヒナのライブが無観客開催、存在しないVTuberグループのHPが公開【週間VTuberニュースまとめ】

「週間VTuberニュースまとめ」では、MoguLiveで掲載したVTuberニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VTuberの最新情報をまとめてお届けします。 目次 1.新規音楽レーベル「MOTTO MUSIC」の作品にBOOGEY VOXXらVsinger参加(1.7) 2.生バンドVTuberライブ「VTuBandFest」クラファン開始(1.5) 3.VTuber主演ノベルゲーム「ルリイロデイズ」年内にスマホアプリ版をリリース!(1.7) 4.ヒメヒナ ライブ「藍の華」無観客開催へ(1.7) 5.「存在しない」VTuberグループのHPが公開! SNSで話題に(1.8) 新規音楽レーベル「MOTTO MUSIC」の作品にBOOGEY VOXXらVsinger参加(1.7) トラックメイカー・音楽プロデューサーのKakeruさんが主催する新規音楽レーベル「MOTTO MUSIC」が発足。レーベル作品への参加アーティストとして、柚子花さん、星宮ととさん、BOOGEY VOXX、紡音れいさん、式部めぐりさん、メトロミューさんといったバーチャルシンガ..
未分類

【VR映画ガイド第32回】宇宙飛行士が夢見たものとは? 東欧発のVRアニメ

フレームアニメーションの有名スタジオがVRアニメに挑戦 「Aripi -Wings-」は、子供の頃に空を自由に飛べることを夢見ていた宇宙飛行士の話です。ある日、ささいな事件が大きなトラブルにつながって宇宙船は制御不能に陥り、地球に墜落してしまいます。 墜落した宇宙飛行士は”夢の翼”を広げ、子供時代に戻りたいと願います。”Aripi”はルーマニア語で”翼”を意味しています。翼は自由と想像力の飛躍を表現していますが、別の深い意味も隠されています。 制作を手掛けたのは、東ヨーロッパのモルドバ共和国にあるアニメーションスタジオSimpals Studio。今回が初のVRアニメーション作品です。 Simpals Studioはこれまでフレームアニメーション作品で数々の国際映画祭で評価を得ていましたが、VRアニメーションを制作するためには、今までのアニメーションの制作の考え方を変えなければならず、かなり苦労したそうです。 制作期間は18ヶ月にも渡り、約30人の専門スタッフがこのプロジェクトに関わって完成しました。Dmitri Voloshin監督は、空を自由に飛ぶ体験ができるこの作品を多く..
未分類

中国で新たなVRテーマパークがオープン。5Gも活用

中国南部、ベトナムとの国境沿いに位置す広西チワン族自治区に、次世代通信規格5Gを活用したVRテーマパークがオープンしました。 今回オープンしたテーマパークを手掛けたのは、VRエンターテイメント企業Sky Limit Entertainment。施設は広西チワン族自治区の柳州市に位置しています。海外メディアIOLによれば、パーク内では様々なXR体験が楽しめるほか、新たな方法で柳州の文化を知ることもできるとのこと。 Sky Limit EntertainmentのCEO、Qi Xiao氏はVRテーマパークについて「ARグラスを装着すると、目の前に広がる柳州の文化を見ることができます。我々は、中国文化を世界に発信するために、5GとXRのような技術が必要だったのです」とコメントしています。 https://www.youtube.com/watch?v=f33owYh0hfY (参考)IOL
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(1月2日~1月8日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら 【S&B】国産蒸し生姜パウダーを頂いたので自家製チャイで試してみた!【#エスプレキッチン】 https://www.youtube.com/watch?v=MstOJo1L7yQ バーチャル料理人エスプレッソマキアートが今回アップしたのは、蒸し生姜パウダーを味わうために自家製チャイをつくるというもの。蒸し生姜パウダーのレポートではあるんですが、そのために作るチャイがものすごく本格的で見応えあり。 撮影や編集、解説もわかりやすい。スターアニスやシナモンスティックなどを使う本格的なものですが、材料さえあればすぐできるようわかりやすい映像になっています。じっくりおいしいものを作る、時間を使う楽しさが詰まった動画です。 https://www.youtube.com/watch?v=dK68hyPtVl8 https://ww..
未分類

【ポケモンGO】シンオウ地方テーマのイベント詳細が発表

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、シンオウ地方がテーマのイベントが開催されます。期間は、1月12日(火)午前10:00から1月17日(日)午後20:00まで。 イベント詳細 ・「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ビッパ」「ズガイドス」「タテトプス」「ミツハニー」「ブニャット」「フワンテ」「ニャルマー」「ブイゼル」「ヒポポタス」「ユキカブリ」「スコルピ」が多く出現。色違いの「ブイゼル」に会える可能性あり。 ・5kmタマゴから「コロボーシ」「スボミー」「ウソハチ」「グレッグル」「ドーミラー」「ズガイドス」「タテトプス」「ヒポポタス」が登場。 ・「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ズガイドス」「タテトプス」「ブイゼル」などのポケモンが出現。ほしのすななどのリワードをもらえる、イベント限定の「フィールドリサーチ」が登場。 各種「レイドバトル」に以下のポケモンが出現。 ・1つ星レイド→「コリンク」「フカマル」「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」「ブイゼル」。 ・3つ星レイド→「ネオラント」「カバルドン」「ドクロッグ」「ミミロップ」。 ・「伝説レイドバ..
未分類

【Oculus Quest/Quest 2】1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

1月第2週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ1個、無料アプリ1個の計2個がリリースされました。 今週のピックアップ Mare https://www.youtube.com/watch?v=0k8aLYAbCQ8 「Mare」は3人称視点で展開されるVRパズルアドベンチャーゲーム。プレイヤーは、機械仕掛けの鳥へと姿を変えていた主人公になり、非力な少女を導きながら、不思議で広大な土地を探検していきます。本作は日本語に対応しています。 新作一覧 「Holofit by Holodia」 開発:Holodia 日本語対応:あり ジャンル:スポーツ 価格:無料 評価:星4.4(26件) Oculus Store 「Mare」 開発:Visiontrick Media 日本語対応:あり ジャンル:アドベンチャー 価格:1,990円 評価:星4(7件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。 便利なOculus Quest用カバーも Moguraでは、化粧や汚れの付着を防ぐ「VRカバー」を販売中です。Ocu..
未分類

ソニー「360 Reality Audio」の新企画発表 ビデオコンテンツサービスを年内配信

1月8日(金)ソニーが立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」の新たな取り組みを発表しました。今後、立体的な音場に映像を組み合わせたビデオコンテンツの配信や、対応楽曲制作ツール「360 Reality Audio Creative Suite」の共同開発などが行われます。 アーティストと一緒の場所にいるかのような体験ができる配信サービス 取り組みの目玉は「360 Reality Audio」と音楽配信サービスを組み合わせたビデオコンテンツ配信サービスです。リスナーはアーティストによるパフォーマンスをあたかも実際のライブ空間にいるかのような臨場感をもって体験できるそうです。 サービス開始に先立ち、テクノロジーイベント「CES 2021」で、シンガーのザラ・ラーソンによるパフォーマンスが披露されます。1月12日の午前7時より楽曲配信アプリ「Artist Connection」で配信される予定です。 360度の立体的な音楽体験を制作できるツールが登場 ソニーは音楽ソフトウェア開発会社Virtual Sonics社と共同で、対応楽曲制作ツール「360 Rea..
未分類

【ドラクエウォーク】レアモン確変中!グレムリンとデザートゴーストが出現

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、イベント「レアモン確変!」が開催中です。期間は、1月11日(月)午後14:59まで。 対象モンスターは「グレムリン」と「デザートゴースト」。期間中は、両モンスターのレアモンチャンスが出現。倒した際は、必ず“こころ”をドロップします。1回の開催期間で、「レアモンチャンス」に挑戦できる回数は、モンスター1種類につき50回が上限です。 また、「レアモン確変中!」クエストの受注中は、両モンスターの出現率がアップします。 週末メタルダンジョンも開催中 週末メタルダンジョンも開催されています。同ダンジョンは「初級」「中級」「上級」の3つが用意されており、いずれか1回のみ挑戦可能。メタル系のモンスターは動きが俊敏で、よく逃げるのが特徴。しかし、倒すと多くの経験値を獲得できます。 メタルダンジョンの「上級」には、倒すとメタルスライムの約3倍の経験を獲得できる「ドラゴメタル」が登場。また「中級」には、メタルホイミンが出現するようになっています。 出現モンスターの変更に伴い、推奨レベルにも変更が加えられました..
未分類

ホロライブ×ファミリーマートコラボ、にじさんじ叶「ロトグッズ」発売【VTuberデイリーニュース 1/8号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 ホロライブ×ファミリーマートコラボ 1月12日(火)7:00から、全国のファミリーマートでホロライブとのコラボキャンペーンが開始。オリジナルグッズが展開されます。 1月12日(火)7:00〜1月25日(月)の期間中、対象商品を3品購入するとA5サイズのオリジナルクリアファイルがもらえるキャンペーンが実施。描き下ろしイラストが使用されており、白上フブキさん、戌神ころねさん、兎田ぺこらさんの3名が掲載されています(景品はなくなり次第終了)。 1月20日(水)13:00からは、ファミリーマート一部店舗にて全11種のオリジナルアクリルスタンドが発売予定。描き下ろしイラストを使用した限定デザインで、価格は1個850円(税抜)。なお、販売はランダムとなり、絵柄は選べないとのことです。 予告 1/12(火)朝7時から全国の #ファミマ で『#ホロライブ キャンペーン』 #ホロマート がスタート 対象商品3品購入で『描きおろしA5サイズク..
未分類

VTuberピンキーポップヘップバーンが引退を発表 「最高の2年間でした」

1月8日(金)VTuberのピンキーポップヘップバーンさんが引退を発表しました。チャンネルメンバーシップやBOOTHでのグッズ販売は1月末で終了予定です。 引退理由は自身にやりたいことができ、VTuber活動との両立が難しくなったからとのこと。最後はファンに向けて「わたしはこれから活動を辞めて、新しい活動に進むけど、みんんなはこれからも好きなVTuber、好きなアニメ、好きなマンガ、好きな歌、好きな人をどんどん好きって言っていこうね!」とコメントしています。 https://www.youtube.com/watch?v=slUFHTJCA18 ピンキーポップヘップバーンさんは、2018年12月30日に活動を開始。2020年9月に1stALBUM「P-POP」を発表するなど精力的に活動を続けていました。また同じVTuberの輝夜月さんを「パイセン」と呼んだり、アイドル部のもこ田めめめさんと積極的に交流したりと、さまざまなVTuberとの交流も行っていました。 今まで応援ありがとうございました PPH先生の次回作にご期待ください!!https://t.co/UVrGXFXRvX ..
未分類

2021年に発売予定のVRゲーム38選 注目タイトルがズラリ!

「The Game Awards 2020」で「BEST VR/AR」を受賞した「Half-Life:Alyx」を始めとして、様々なVRゲームがリリースされた2020年。今年2021年も、そんな同年に引き続き、バリエーション豊かなVRタイトルのリリースが予定されています。 本記事では、米メディアUploadVRが作成したリストをベースに、今年発売されるタイトルから特に期待や注目度の高い38作品を紹介します。 After The Fall https://www.youtube.com/watch?v=2hGvWDfvOaY 「After The Fall」は、VRゾンビシューター「アリゾナ・サンシャイン」で知られるオランダのVRゲームスタジオVertigo Gamesが開発中のVRFPS。PCVR(Steam、Oculus Store)、PlayStation VR向けに発売が予定されています。 舞台となるのは文明が崩壊し、氷と雪に覆われたアメリカ・ロサンゼルスの地。プレイヤーは「スノーブリード」と呼ばれる異形の存在との熾烈な戦いを繰り広げていきます。電撃メリケンサック、カ..
未分類

「中国のNetflix」iQIYIが数億元単位の資金調達、2020年の中国VR業界では最高額

中国の映像配信企業iQIYI(アイチーイー)は、シリーズBラウンドにおける数億元(※1億元は約16億円)の資金調達を発表しました。この資金は、全額が同社傘下でVR事業を担うiQIYI Intelligentに向けたものです。 iQIYIの調達金額は「2020年に中国のVR産業で行われた資金調達の中で、単独では最大」となる見通し。VR技術の研究開発や製品開発、VRコンテンツのエコシステムへの継続的な投資を進めます。 2016年から一体型ヘッドセット開発 iQIYIは百度(バイドゥ)の子会社で、主に中国国内でNetflixに類似した動画配信サービスを行っています。iQIYI Intelligentは、独立したiQIYIの社内ベンチャー。2016年からVRデバイスの開発を開始し、これまで4K解像度の一体型VRヘッドセット「Qiyu 2S」や「iQUT 2Pro」をリリースしました。 "中国のNetflix"が一体型VRヘッドセットを発売。4K対応で約6万円 | Mogura VR MoguraVR 2020年11月に中国で行われた「独身の日」にちなむセールでは、新規顧客..
未分類

ZARD バーチャル空間で花火ショーを開催! 坂井泉水のバースデーをお祝い

ボーカル・坂井泉水さんの誕生日である2月6日、バーチャル空間でZARDのVR花火ショー「ZARD 30th Anniversary ONLINE HANABI SHOW」が開催されます。 配信プラットホームはStreamPass、FanStream、VR MODE(FanStream以外はスマホVRゴーグル対応)。見逃し配信も行われます。 (※画像はイメージです) 当日は、バーチャル空間の大型ドームでZARDの名曲の数々と艶やかな花火とのコラボレーションを楽しめます。ライブ映像と打ち上げ花火が合成されており、新感覚のエンターテインメントが見られるとのこと。 またライブの合間にはZARDゆかりのアーティストやスタッフによるエピソードトークや質問コーナーなども予定。ZARDのデビュー30周年と坂井泉水のバースデーを参加者全員でお祝いします。 またオリジナルのVRゴーグル視聴券も用意されています。イベントの詳細やチケットの購入方法はこちら。 ZARDデビュー30周年記念配信イベント タイトル 「ZARD 30th Anniversary ONLINE HANABI SHOW ..
未分類

2020年、XR市場はどう動いたか? VRゲームと一体型デバイスの成長に注目

ゲーム業界のリサーチ会社Superdataは、2020年のデジタルゲーム・インタラクティブメディア市場に関するレポートを発行しました。調査対象市場の売上約1,400億ドルのうち、67億ドルを占めるXR市場。この1年はどう動いたのでしょうか。 大ヒットタイトルで売上25%成長 2020年、VRゲーム市場の規模は5億8,900万ドル(約612億ドル)。前年比で25%の成長を遂げています。 売上増の主要因は、VRゲーム「Half-Life: Alyx」のリリースです。「Half-Life:Alyx」は名作FPS「Half-Life」シリーズ12年ぶりの完全最新作となるVRゲーム。2020年3月に発売され、瞬く間に売上本数上位タイトルへランクインしました。その後もヒットを続け、「The Game Awards 2020」での「BEST VR/AR」、「Steamアワード2020」の「VRゲームオブザイヤー」などを受賞しています。 レポートによれば、発売後6か月間の売上本数は190万本。これは2019年の、全てのPC向けVRゲーム売上の総数を凌ぐということです。 「Half-Life:..
未分類

【PSVR】「HITMAN 3」トレイラーが公開 VRで暗殺アクションを発揮

暗殺ステルスアクションゲーム「HITMAN 3(ヒットマン3)」のPlayStation VR(PSVR)版トレイラー「HITMAN 3 – SANDBOX VR」が公開されました。(※YouTubeトレイラーは年齢制限あり) HITMAN 3 takes immersion to the next level with PSVR. HITMAN has always been about immersing yourself in a living, breathing world. But you’ve never experienced it like this… Pre-Order HITMAN 3 now: https://t.co/XYtWCY2p2H pic.twitter.com/6lonD3RVA0 — IO Interactive (@IOInteractive) January 7, 2021 トレイラーは約2分と短めですが、ターゲットの暗殺や銃撃戦といったおなじみの要素が、VRでどのように表現されているのかが分かります。 操作はPlayStation..
未分類

急成長の「ARメイク」、ゴールドマン・サックスから約51億円調達

ARメイクサービスを展開するPerfect Corp.(パーフェクト株式会社)は、シリーズCでゴールドマン・サックスより5000万ドル(約51.6億円)を資金調達しました。調達をもとに、AIを活用した開発や改良を行い、事業の拡大を目指します。 Perfect Corp.は、AI・AR技術を応用したブランドや小売店の消費者コミュニケーションの支援サービスを展開。ARメイクアプリ「YouCam」シリーズの開発・提供を行っています。直近ではグーグルと共同で、グーグル検索のARメイク機能を開発しました。 多くの企業が取り組む「ARメイク」グーグル検索にも | Mogura VR MoguraVR AR技術を活用した「YouCam」は、スマートフォンのカメラで自分の顔を写しながら、実際にメイクをしているような体験ができるアプリです。1月7日には動画加工アプリ「YouCam Video」をリリースしています。 自撮り動画の顔をバーチャルメイクできる動画加工アプリが発表 | Mogura VR MoguraVR ARメイク技術は資生堂なども活用 Perfect ..
未分類

TikTokもついにARフィルター導入 iPhoneのLiDARに対応

2021年1月7日、動画プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、LiDARに対応した新年を記念するARレンズ(フィルター)をリリースしました。iPhone 12 Proシリーズで使用可能です。 LiDARはリモートセンシング技術のひとつ。iPhone 12 Pro(Pro Max)には、LiDARスキャナーが搭載されており、ARに重要な空間認識の精度を向上させています。 Twitterで公開された“LiDARレンズ”の紹介映像からは、くす玉が割れ、そこから紙吹雪と2021という数字が出現する様子が確認できます。米メディアTechCrunchは、紙吹雪がソファーや絨毯の上に、実物のように舞い落ちている点にLiDARが活かされていると説明しています。 To ring in 2021 we released our first AR effect on the new iPhone 12 Pro, using LiDAR technology which allows us to create effects that interact with your environ..
未分類

新規音楽レーベルにBOOGEY VOXXら参加、ヒメヒナライブ「藍の華」無観客開催へ【VTuberデイリーニュース 1/7号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 新規音楽レーベル「MOTTO MUSIC」BOOGEY VOXXらVsinger参加 トラックメイカー・音楽プロデューサーのKakeruさんが主催する新規音楽レーベル「MOTTO MUSIC」が発足。レーベル作品への参加アーティストとして、柚子花さん、星宮ととさん、BOOGEY VOXX、紡音れいさん、式部めぐりさん、メトロミューさんといったバーチャルシンガーが発表されました。 「MOTTO MUSIC」はインターネットでの活動を中心とするアーティストや、バーチャルシンガーによるクラブサウンドを中心とした音楽レーベル。コンピレーションアルバムの制作、ライブイベントの運営、アーティストのサポートといった活動を行います。また、活動資金を募るクラウドファンディングも実施とのことです。 (参考)MOTTO MUSIC Twitter 黄ノ星つくり VARK LIGHT STAGE活用のVRライブ開催 ZEROProject所属V..
未分類

バーチャル自転車ソフト「ONELAP」とは? 新春イベントが開催

1月11日(月)、サイクリスト女子チーム「ONELAP ANGEL」によるバーチャル自転車イベント「ONELAP ANGEL 新春ライド!!」が開催されます。 バーチャル自転車ソフト「ONELAP」日本版(ONELAP JAPAN)とスマートローラー(ソフトと接続可能な自転車ローラー)を接続すれば、無料で参加可能です。 当日はANGELメンバーと一緒に特設の専用コースをライド。成人の日に合わせ、コース内看板にANGELメンバーの成人式当時の画像などが表示されるとのこと。大会の模様はYouTubeでも配信されます。 バーチャル自転車ソフト「ONELAP」とは? バーチャル自転車ソフト「ONELAP」(日本版)は、株式会社METRAより2020年11月3日にリリースされたもの。ユーザーが現実の自転車を漕いだ距離だけ、画面内のアバターがバーチャルコースを走ります。コース種類のによって身体への負荷が変化し、丘陵や山岳などの地形をリアルな感覚で体験できるそうです。 また本⼈に最も適したトレーニングメニューを組み⽴てる機能や音楽に合わせたトレーニング機能も用意されています。 2020年1..
未分類

Quest 2の月間ユーザー数、“初代”Questを発売後7週間で上回る

フェイスブックは、2020年10月13日に発売された、Oculus Quest 2の月間アクティブ利用者数が、発売から7週間未満で、“初代”Questを上回ったことを報告しました。 報告は、フェイスブックのAR/VR担当副社長Andrew Bosworth氏が、同社のブログ「Technology at Facebook」で行いました。同氏によれば、Quest2ユーザーは、Questの所有者と比較して、ヘッドセットの利用時間も長いとのこと。 また同氏は、発表時に議論を呼んだ「Facebook」アカウントとの連携についてもコメントしています。 我々は、より良く、安全なVR体験のため複数の変更を導入しました。そのひとつが、Oculusに「Facebook」アカウントを使用してログインするシステムで、(ユーザーが)VR内でフレンドと繋がり遊ぶことを、より容易にします。 このシステムは、マルチプレイヤーやソーシャル体験を皆様にお届けすると共に、より強固なプライバシー保護とセキュリティー対策を我々が行うことを可能にします。2021年には、我々はぺルソナやプライバシーコントロールを含め、VR..
未分類

落とし物トラッカーのTile、ARを活用したトラッカーを開発中か

Bluetoothを活用した落とし物トラッカーで知られるTileが、ARとUWB(Ultra Wideband)通信を利用する、新型トラッカーの開発を進めていることが報じられました。 UWB通信は超広帯域無線通信の略称。高周波を使用します。空間や方角の認識に使用される技術で、アップルのiPhoneシリーズ(11、12)やサムスンの一部デバイスに、対応するチップが搭載されています。コンセプトアートからは、新型デバイスが、Tileが過去にリリースしてきた商品と類似した外観を有していることが確認できます。 米メディアTechCrunchによれば、UWBは落とし物を特定するためのプロセスをより簡単にするために使用されるとのこと。同メディアは、トラッカーからの通知音を確認できないタイミングや、落とし物が何かに埋もれている状況などで有効であると説明しています。 ARによる誘導機能は、専用アプリから使用します。同機能を使用すると、トラッカーの現在地まで、矢印などが利用者を誘導します。 関係筋によれば、新型トラッカーは2021年後半に発売予定。iOSとAndroid、どちらのOSでも使用可能な..
未分類

VRで寿司を食いまくるゲーム「No Sushi, No Life」発表

1月8日(金)、DMM VR labからVRゲーム「No Sushi, No Life」がリリースされました。Steamで500円で販売中です。 「No Sushi, No Life」のジャンルは「寿司食いアクション」。西暦20XX年の「ネオ・トーキョー・シティ」一画にある「スシ・バー」に訪れた客になり、コンベアから流れてくる寿司をひたすら食べまくります。 寿司はエンドレス形式で流れてきます。寿司の乗った皿が床に落ちてしまうと即刻出禁(ゲーム終了)。加速し続けるコンベアにどこまで耐えて、寿司を食いつくせるかがポイントになるとのこと。 自分の好きなアバターをアプリやゲーム内に持ち込める「DMM VR Connect」にも対応。自分の好きな姿で寿司を食べられます。ゲームの詳細はこちら。 「No Sushi, No Life」概要 タイトル No Sushi, No Life ジャンル 寿司食いアクション 価格 500円 プラットフォーム Steam (参考)プレスリリース
未分類

スタートアップはどのように資金を獲得すべきか? あるMR開発企業が見出した活路

スタートアップにとって、ベンチャーキャピタルや企業からの出資を受けることは、一般的な資金調達手法です。しかし米国のBadVRが選んだのは、ベンチャーキャピタルに頼らない道でした。新型コロナウィルスの流行でプラットフォーム企業が打撃を受ける中、事業を拡大する同社の資金調達手法に迫ります。 パートナー企業の業績悪化、その時 ロサンゼルスのスタートアップBadVRは、MRデバイス「Magic Leap 1」向けにデータを立体的に可視化するアプリケーション等を開発しています。主力製品は通信“視認”アプリ「SeeSignal」。地理空間情報を用いた公的・商用のソリューションを手掛けており、5G通信の普及や講習安全の分野でも活用されています。 電波の強さが目で見える、手でつかめるアプリ「SeeSignal」 | Mogura VR MoguraVR 同社の経営を左右するのが、MRデバイス企業であるMagic Leapの動向です。2020年、Magic Leapは新型コロナウィルス流行を受けた大規模レイオフの計画(※その後撤回)、CEO退任など、激しく揺れ動きました。 しかし、B..
未分類

「存在しない」VTuberグループのHPが公開! SNSで話題に

1月6日(水)フォロライブというVTuberの公式サイトが公開されました。サイトには8名のVTuberそれぞれのプロフィールとデザイン担当者の名前などが掲載されています。 しかし、VTuber活動に必須の動画サイトやSNSのリンクが貼られていません。それもそのはず。このサイトでは「存在しない」VTuberが掲載されていました。 現在この企画を立ち上げ、さまざまな仕込みを行ったクリエイター・湯花さんのnote記事「存在しないVtuberの作り方」が話題となっています。 noteの記事によれば、湯花さんは親しいフォロワーの「バーチャルの身体が欲しい」というツイートがきっかけで、キャラクターデザインを開始。SNSで関係者たちと「もし、フォロワーがVTuberデビューしたら?」という妄想を共有し、デザインしたVTuberが本当に実在しているかのようなツイートを投稿し合い、楽しんでいたそうです。 その後、話は発展していき、湯花さんはVTuberの2Dアバター作成まで実践することに。試行錯誤の結果、Live2Dを駆使したモーションの追加に成功しました。そして、2020年12月25日に関係者..
未分類

インディーズゲームのVR展示会が開催決定 関連企業とのコラボも予定

4月29日(木)から5月5日(水)まで、バーチャル空間でインディーズゲームの展示会「GameVketZero」が開催されます。2月7日より、ゲームクリエイターへの出展を呼びかける予定です。 「GameVketZero」は、インディーズゲームクリエイターへの発表の場を増やしたいという思いから、株式会社HIKKYが発案したもの。 MoguLive編集部が担当者に企画の詳細を質問したところ、今回の会場はVRChatと他のプラットフォームを組み合わせたマルチプラットフォーム形式を想定。現地でのゲームの試遊は実装されない予定ですが「VRの良いところを最大限に生かせるイベントを目指します」とのこと。 また今回のイベントでは、出展するクリエイターが3Dモデルを用意していなくても、簡単に入稿できるシステムを導入するそうです。さらに、関連企業とのコラボも予定しています。 HIKKIYはこれまで「バーチャルマーケット」をはじめ、VR同人誌即売会「ComicVket」や音楽VR展示即売会「MusicVket」などを開催しています。現在、イベントの運営協力者(会場制作・広報など)を募集中。最新情報はT..
未分類

VTuber主演ノベルゲーム「ルリイロデイズ」年内にスマホアプリ版をリリース!

1月7日(水)VTuber主演のノベルゲーム「ルリイロデイズ」がiPhoneとandroidのスマホアプリに対応すると発表されました。2021年内に配信予定とのこと。 また登場人物のひとり朝ノ茜さんのアペンドストーリーの公開も発表。2月上旬にリリースされる予定です。 「ルリイロデイズ」は、VTuber×NobelGameの「VNobel」ジャンルの確立を目指して制作された作品です。プレイヤーは入学後に朝ノ瑠璃さんとペアを組み、さまざまなVTuberたちと交流しながら学園の模範となる「筆頭」を目指します。昨年、11月22日(日)にPC版が発売されました。 最新情報は「ルリイロデイズ」の公式Twitterまで。 (参考)プレスリリース
未分類

【ポケモンGO】「GOバトルリーグ」シーズン6の最新情報が公開

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、現在開催中の「GOバトルリーグ」シーズン6の、スケジュールを含む最新情報が公開されました。 2021年1月以降のスケジュールは以下の通りです。 ・「スーパーリーグ」は、2021年1月12日(火)早朝から2021年1月25日(月)まで開催。 ・「ハイパーリーグ」とその「プレミアカップ」は、2021年1月26日(火)早朝から2021年2月8日(月)まで開催。 ・「マスターリーグ」とその「プレミアカップ」、「マスターリーグクラシック」と予定されているカップは、2021年2月9日(火)早朝から2021年2月15日(月)まで開催。このカップの詳細は、後日告知されます。 ・3つすべてのリーグと「ハイパーリーグ」の「プレミアカップ」は、2021年2月16日(火)早朝から2021年2月22日(月)まで開催。 ・「カントーカップ」は、2021年2月23日(火)早朝から2021年3月1日(月)まで開催。本カップのCP上限は1500で、ポケモン図鑑の番号が1~151のポケモンのみ出場可能。この期間中、レーティングは換算されません。 ラ..
未分類

【ドラクエウォーク】レアモン確変が8日から開催 対象はグレムリンとデザートゴースト

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、イベント「レアモン確変!」が開催されます。1回目の期間は、1月8日(金)から1月11日(月)午後14:59まで。 出会いにくいモンスターと会うチャンス 対象モンスターは「グレムリン」と「デザートゴースト」。期間中は、両モンスターのレアモンチャンスが出現。倒した際は、必ず“こころ”をドロップします。また、「レアモン確変中!」クエストの受注中は、両モンスターの出現率がアップします。 新春2021装備ふくびき 「はぐれメタルの剣」や「はぐれメタルヘルム」などがピックアップで登場する「新春2021装備ふくびき」も実施中。期間は1月28日(木)午後14:59まで。 有償ジェム1,500個で期間中に1度引ける「★5装備1枠確定 新春2021装備ふくびき」も開催されています。 ジェムを使用して10連ふくびきを行うと、「ふくびきスタンプ」をひとつ獲得できます。プレイヤーは、スタンプを押された数に応じてさまざまな報酬を得られます。 ・6個目:★5装備1枠確定 ・10個目:★5装備ピックアップ1枠確定 ・16..
未分類

尾丸ポルカ3Dお披露目配信決定、長野県のVTuberが名前募集【VTuberデイリーニュース 1/6号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 尾丸ポルカ 3Dお披露目配信決定 ホロライブ所属VTuberの尾丸ポルカさんが、1月10日(日)20:00から3Dお披露目配信を実施することを発表しました。 ホロライブでは5期生メンバーである尾丸ポルカさん、獅白ぼたんさん、雪花ラミィさんの重大告知を毎週解禁すると発表されていました。今後もそれぞれの3Dお披露目の告知が行われると予想されます。 2020年12月24日には、「hololive IDOL PROJECT」の9週連続楽曲第1弾として、ホロライブ5期生の雪花ラミィさん、桃鈴ねねさん、獅白ぼたんさん、尾丸ポルカさんの4名が参加する楽曲「BLUE CLAPPER」がリリースされています。 今日は配信おつかれさまでしただだだ!!! そして凸きてくださった心優しい方々・・・すくわれました!またやる!!!!!五期生成分吸ってお礼ツイ忘れてた。。。 そしてこれが告知した画像だヴァーーーーーン!!!!!#ポルカ公演中#尾丸ポル..
未分類

スマートグラス向けレンズ開発のLetinAR、日本国内のVCから資金調達

スマートグラス向け光学ソリューションを開発するLetinARが、日本国内のVCより資金調達を実施したことが明らかになりました。独自開発のスマートグラス/ARグラス向けレンズの量産を2021年より進めていく予定です。 同社に出資を行ったたのはグローバル・ブレイン株式会社が運営するEP-GB投資事業有限責任組合(EP-GB) とKDDI Open Innovation Fund3号です。 LetinARは、独自開発のスマートグラス/ARグラス向けレンズ「PinMR(Pin Mirror)」を開発する韓国のスタートアップ。名前のとおり、ピンホールが空いたレンズを通して高精細な光学系を実現しています。スマートグラス普及に必要なサイズや画質、視野角などを向上させるべく研究開発を進めています。 今回出資したグローバル・ブレインは、LetinARの事業展開の支援を行うとしています。 アップルやグーグルもレンズを開発 スマートグラスやARグラス向けレンズの開発は、アップルやグーグルといった企業も取り組んでいます。これまでスマートグラス向けレンズの特許や試作品の制作などが報じられています。 ..
未分類

【全文書き起こし】XR Kaigi 2020基調講演「デジタルとフィジカルの融合した世界」への道をどうやって作るか?(前編)

2020年12月8日・9日・10日の3日間に渡り、国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が完全オンラインにて開催されました。初日の8日には、基調講演“XR作戦会議「デジタルとフィジカルの融合した世界」への道をどうやって作るか”が行われました。 cluster上の特設会場に、建築家の豊田啓介氏、クラスターCEOの加藤直人氏、本誌編集長の久保田瞬が登壇。新型コロナウイルスの感染拡大によって社会のデジタル化が急加速した2020年の情勢を背景に、「デジタルとフィジカルの融合した世界」のあり方と、XRの未来について語り合いました。 目次 1. 2回目のXRKaigiにして初の完全オンライン開催に至る葛藤 2. 社会が突然、バーチャルについて考えざるをえなくなった2020年 3. 「僕は昔から建築になってみたかった」 2回目のXRKaigiにして初の完全オンライン開催に至る葛藤 久保田瞬(以下、すんくぼ): 皆さんお集まりいただいてありがとうごさいます。XR Kaigi 2020がスタートします。2019年12月ですね、第1回のXR Kaigiを開催しまして、非常..
未分類

片岡愛之助が目の前に! AR歌舞伎コンテンツがリリース決定

1月15日(金)未来の観劇体験をテーマにしたARアプリ 「INTO by Shochiku」がリリースされます。アプリ内では歌舞伎俳優・片岡愛之助さんが登場するAR歌舞伎コンテンツ「Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~」を視聴できる予定です。 本アプリのコンテンツでは、スマートフォンやタブレットのカメラ越しに、片岡愛之助扮する獅子が現れ、約6分間の舞踊を披露。体験者のいる場所が“舞台”となり、目の前で片岡愛之助さんの演技や、蝶・牡丹が舞う空間演出を楽しめるとのこと。 歌舞伎舞踊のひとつ「石橋(しゃっきょう)」が題材となっており、獅子が毛を大きく振る場面が見どころになっているそうです。歌舞伎俳優の表現には、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成。360度の自由な視点で視聴可能です。 また1月中旬には、PC やタブレットで配信される特別な背景映像と合わせた観劇方法も提供されるとのこと。アプリの詳細は公式サイトまで。 主演:片岡愛之助コメント 歌舞伎をはじめ、演劇業界は新型コロナウイルスの感染拡大により大ダメージを受..
未分類

【全文書き起こし】XR Kaigi 2020基調講演「デジタルとフィジカルの融合した世界」への道をどうやって作るか?(後編)

2020年12月8日・9日・10日の3日間に渡り、国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が完全オンラインにて開催されました。初日の8日には、基調講演“XR作戦会議「デジタルとフィジカルの融合した世界」への道をどうやって作るか”が行われました。 cluster上の特設会場に、建築家の豊田啓介氏、クラスターCEOの加藤直人氏、本誌編集長の久保田瞬が登壇。新型コロナウイルスの感染拡大によって社会のデジタル化が急加速した2020年の情勢を背景に、「デジタルとフィジカルの融合した世界」のあり方と、XRの未来について語り合いました。 前編の記事はこちら Nothing found for Xr Kaigi 2020 Keynote Lecture 1 www.moguravr.com 目次 1. バーチャル時代の“建築”とは? 2. 「人間中心のデザイン」によって、デジタルとフィジカルを使い分けていく 3. バーチャル空間での活動は「カッコイイ」という価値観を根づかせたい 4. オープンに共有し合うカルチャーを大事に バーチャル時代の“建築”とは? ..
未分類

自撮り動画の顔をバーチャルメイクできる動画加工アプリが発表

バーチャルメイク機能搭載のアプリ「YouCam」シリーズから、新しい動画加工アプリ「YouCam Video」が発表されました。このアプリで、ユーザーが撮影した自撮り動画の顔部分にバーチャルメイクや美顔加工を施し、フィルターを追加できるとのこと。 「YouCam Video」はAR技術でユーザー個々の顔の特徴を細かく検出して、再現性の高いバーチャルメイクを実現できるそうです。リップやアイシャドー、眉毛など、数百以上のバリエーション豊富なバーチャルメイク加工機能が用意され、美肌加工やヘアカラー機能なども搭載されています。加工した動画はSNS (SnapchatやTiktokなど)に共有可能です。 有料サブスクリプションプランとなる「YouCam Video」プレミアム版では、アプリ上の全ての加工機能が利用でき、動画の長さも無制限になります。 このアプリを発表したPERFECT Corp.CEOのアリス・チャン氏は「沢山のユーザーが『YouCam Video』を使って加工した動画で、自分の個性を表現し発信できるようになることを願っています」とコメントしています。アプリの概要や機能の詳..
未分類

KDDIとアットコスメ、コスメのバーチャル店舗をオープン

KDDI株式会社と株式会社アイスタイルは、コスメのバーチャル店舗「@cosme TOKYO -virtual store-」の提供を1月8日より開始します。バーチャル店舗では、商品のテスターしている様子の視聴や商品の購入が可能です。 「@cosme TOKYO -virtual store-」は、化粧品コミュニティサイト「@cosme」の企画・ 運営を行うアイスタイルが2020年1月に東京・JR原宿駅前にオープンしたコスメショップ「@cosme TOKYO」のバーチャル店舗です。 バーチャル店舗では、花王の化粧品ブランド「KANEBO」「KATE」「SOFINA iP」の商品がオープン日から販売されます。また「@cosme」の口コミアワードの受賞商品がディスプレイされるスポットも登場します。 バーチャル店舗へは、KDDIのXR(VR/AR/MR)を活用したスマートフォン向けアプリ「au XR Door」を通じてアクセスします。アクセス後は店舗内を360度見回しながら商品を使用している様子を視聴したり、商品を購入したりできます。店舗の内観やテスターを高画質で閲覧できる機能も搭載され..
未分類

コロナで中止になった成人式をバーチャルで開催する企画が登場

1月11日(月)バーチャルプラットフォームclusterで、バーチャル成人式が開催されます。会場は「VR札幌」。札幌の新成人だけではなく、全国の20歳を迎えた新成人やお祝いした人が参加可能です。clusterアプリを利用すれば、スマホやPCで参加できます。 (画像は公式アカウントのTwitterより引用) このイベントは、コロナウイルスの自粛による影響で札幌の新成人式典が無くなったことから、有志がオンラインでの開催を企画したもの。当日は合唱動画の公開やバーチャル会場での花火打ち上げ、参加者による振袖衣装披露などが行われる予定です。現在、イベントを一緒に盛り上げる新成人の仲間を募集中とのこと。詳細はこちら。 新成人による「バーチャル成人式」2021札幌を1月11日クラスターで開催! 第一弾トレーラー作ってみたよ!! VR未体験の新成人をVR民でお祝いしつつ、VR世界に引き込みましょ!!★彡 開催はスマホで遊べるクラスターで♪https://t.co/3LjNsLmmbp#バーチャル成人式 #cluster pic.twitter.com/qsWz6lwbJp — バーチャル成人..
未分類

アップルが新たなVR関連特許取得、次は「グローブ型コントローラー」

アップルが、指や手の動きを認識するVR向けグローブの特許を取得しました。特許の正式名称は「IMU-Based Glove」。これは2018年に米国特許商標庁(USPTO)に出願されていたもので、2020年12月29日に特許付与となりました。 手の動きを認識、触覚フィードバックや温度センサーも 特許によれば、この「VR向けグローブ」には動きの認識用に慣性計測装置(IMU)が搭載されているほか、指先の状態を検知するための電極が組み込まれているとのこと。図からはフォースセンサー(力センサー)や触覚フィードバックのためのアクチュエーター、温度センサーなども確認できます。 アップルは製品化の有無に関わらず、数多くの特許を出願・保有していることで知られています。このタイミングでの特許取得が、同社の戦略にどのような影響を及ぼすのか注視したいところです。 アップル、VRアトラクションの開発元を買収か | Mogura VR MoguraVR アップルが「AR体験共有アプリ」の特許取得。将来のインタラクティブARゲームなどを視野に | Mogura VR MoguraV..
タイトルとURLをコピーしました