Vtuberハロウィンパレード

#ホロの試練

バーチャルシンガーユニット「ココツキ」第3弾オリジナル楽曲公開

4月3日(金)22:00に、バーチャルシンガーユニット「ココツキ」のオリジナル楽曲「Intersect」が公開されます。 「Intersect」は「ココツキ」オリジナル楽曲第3弾で、作詞作曲を蝶々Pが手掛けています。交錯する「ココツキ」の想いを初となるバラード曲に乗せた楽曲とのこと。「ココツキ」はオリジナル曲第1弾「KEYS」を2020年1月に、3月に3人の新体制となったオリジナル楽曲第2弾「Wishing」を公開しています。 ハイ注目!!!!!! 明日22:00に、第三弾オリジナル曲『Intersect』を公開するよっ 蝶々Pによる、さいつよなバラード曲です。 とっっってもお気に入りなので、みんなチェックよろしく!!!!!!!!やばいど https://t.co/XhumtFl5kR — 鈴代ここねココツキ (@CT_Cocone) 2020年4月2日 作詞作曲を手掛けた蝶々Pは、楽曲についてコメントを寄せています。 「こんにちは、蝶々Pです。 この度ココツキプロジェクトさんに楽曲提供をさせて頂きました! 様々な角度の視点で捉える事が出来るようなバラードに仕上がりました。 歌詞の裏にある物語も含めて、是非楽しんで頂けたら幸いです!」 「ココツキ」は鈴代ここねさん、鈴代つきねさん、響かさねさんによる3人のガールズボーカルユニット。人気のアニメソングやボーカロイド楽曲のカバーのほかに、オリジナル楽曲の発表やVRライブの開催など、音楽活動を中心に展開しています。さらに、「ココツキ」の世界観を描いたオリジナル小説「月ノ心ニ音、累ナル。」も連載中。3人の物語を楽曲と合わせて楽しめる作品になっています。オリジナル小説についての詳細はこちら。 (参考)ココツキ 公式サイト
#ホロの試練

アパートの雨漏りに耐えろ! VRゲーム「雨漏り人生」リリース

4月3日、株式会社H.O SOFTより新作VRゲーム「雨漏り人生」がOculus Storeにてリリースされました。対応ヘッドセットはOculus Go、価格は税込390円です。 https://www.youtube.com/watch?v=Ecf9wd8vMQk 「雨漏り人生 – Rain Leak Life」は、雨漏りする古い四畳半アパートを舞台に、どれだけ長時間雨漏りに耐えられるかを競うアクションゲームです。 天井のあちこちから降り注ぐ雨をタライや鍋、コップでキャッチ。満タンになったら水を流しに捨てて、再び雨漏りしている場所に容器を設置しましょう。 容器に溜まった水を捨てずいると溢れてしまうので注意。うっかり雨漏りを放置してしまうと、下の階に被害が…! 住民を怒らせ、部屋に突撃されるとゲームオーバーです。 容器に溜まった水を流しに捨てる際にはコントローラを傾ける必要があるなど、操作にも現実味があるのが特徴です。雨漏りを防ぐ容器が増えれば増えるほど慎重な見極めが試されるなど、マルチタスク特有の慌ただしさとスリルを味わえるそうです。 短時間で遊べる手軽なゲームですが、雨漏りに耐えた時間は成績として記録され、オンラインランキングへと登録できます。世界中の他のプレイヤーと競い合えるのもポイント。簡単に遊べて深みもある、古き良き時代のゲームをお求めの方には注目の1本です。 ソフトウェア概要 タイトル 雨漏り人生 – Rain Leak Life 発売・開発元 株式会社H.O SOFT 対応ヘッドセット Oculus Go プレイ人数 1人 価格(税込) 390円(Oculus Store) (参考)株式会社H.O SOFT公式サイト © 2019-2020 H.O SOFT Inc.
#ホロの試練

「DUSTCELL」1stフルアルバム・1stワンマンライブ発表

5月20日(水)、音楽ユニット「DUSTCELL」による1stフルアルバム「SUMMIT」がリリースされます。また、7月31日(日)に、渋谷WWWにて1stワンマンライブの開催も決定しました。 「DUSTCELL」はボーカルのEMAさん、コンポーザーのMisumiさんによる2人組の音楽ユニット。クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」に所属しています。Misumiさんは、同じくKAMITSUBAKI STUDIOに所属するバーチャルシンガー理芽さんの楽曲制作や、VTuberのピンキーポップヘップバーンさんのオリジナル楽曲のリミックスなどを手掛けています。 https://www.youtube.com/watch?v=1w1GntqI70M YouTubeに発表されているオリジナル楽曲のほか、MisumiさんのボカロP時代の人気楽曲「狂う獣」のカバーなどを含む全12曲が収録されています。YouTubeでは全曲視聴動画が公開されました。現在BOOTHにて、購入予約を受け付けています。CDにはアートブックやアクリルキーホルダー、缶バッジとステッカーの特典が付属します。 DUSTCELL 1st FULL ALBUM「SUMMIT」リリース決定 2020.05.20(Wed) XFD: https://t.co/IAQeAtg901 予約:https://t.co/zqwJEtpJ0n pic.twitter.com/qZpoP2gdo7 — DUSTCELL (@DUST_CELL) 2020年4月2日 「SUMMIT」の概要 発売日 2020年5月20日(水) 価格 5,000円 収録曲 1. CULT 2. アネモネ 3. SOIREE 4. DOMINATION 5. 狂う獣 6. Heaven and Hell 7. SOPPY 8. LAZY 9. LILAC 10. ONE 11. STIGMA 12. 終点 特典 MVなどで使用したイラストを集めたアートブック(全32P) アクリルキーホルダー 缶バッジセット(3個) ステッカーセット(4枚) 予約 https://kamitsubaki.booth.pm/items/1939293 「DUSTCELL」1stワンマンライブが開催決定 さらに、「..
#ホロの試練

NVIDIA、「RTX SUPER 2070 SUPER・2080 SUPER」搭載の新ノートPC発表

NVIDIAは、GeForce RTX SUPER搭載モデルを含む新ノートPCのラインナップを発表しました。ノート向けのGPUとして、「GeForce RTX 2070 SUPER」と「GeForce RTX 2080 SUPER」が追加され、全てのモデルには第10世代インテル Coreプロセッサーが搭載されています。 新ラインナップのノートPCは、GPUにRTX 2070 SUPER・RTX 2080 SUPERを搭載。従来のRTX 20シリーズより最大25%の高パフォーマンスを実現し、同シリーズ同様、VRおよび様々なゲームなどにおいて、実写並みのリアルタイムCGを実現する「リアルタイムレイトレーシング」を可能としています。 また、薄型デザイン「Max-Qテクノロジー」が採用されており、さらに高パフォーマンスと長時間の稼働を実現する新機能が導入されています。 新ラインナップのノートPCは4月15日から複数メーカーより順次発売が開始されます。 「GeForce RTX」に関する解説記事はこちら。 NVIDIAの新世代グラボ「GeForce RTX」とは? 情報まとめ | Mogura VR MoguraVR (参考)NVIDIA
#ホロの試練

花譜 アニメED担当、区議会議員 VTuberデビュー【週間VTuberニュースまとめ】

「週間VTuberニュースまとめ」では、MoguLiveで掲載したVTuberニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VTuberの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.花譜がTVアニメ「ブラッククローバー」EDテーマを担当(4.3) 2.バーチャルシンガープロダクション「ライブユニオン」発足(3.30) 3.大田区議会議員おぎの稔 ケモミミ議員系VTuberとしてデビュー(4.1) 4.マシーナリーとも子、今酒ハクノが参加 Z級映画Webメディア開始(4.1) 5.VTuber40名が勢ぞろい、「コミケPlus Vol.14」4月11日発売(4.2) 花譜がTVアニメ「ブラッククローバー」EDテーマを担当(4.3) バーチャルシンガーの花譜さんが、テレビ東京のアニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマを担当します。エンディングテーマの曲名は「アンサー」、放映されるのは4月7日(火)回からです。 作詞作曲は花譜さんのオリジナル楽曲の制作を行っているカンザキイオリさんが担当しています。 花譜がTVアニメ「ブラッククローバー」EDテーマを担当 | Mogura VR MoguraVR バーチャルシンガープロダクション「ライブユニオン」発足(3.30) バーチャルシンガープロダクション「ライブユニオン」が発足され、個人バーチャルシンガーの焔魔るりさん、HACHIさんの所属が発表されました。 「ライブユニオン」は、VTuberによるコンピレーションアルバム「IMAGINATION」を配信した株式会社RK Musicが発足。ライブ配信を中心として音楽活動を行っているバーチャルシンガーやバーチャルアーティストとエージェント契約を結び、活動のサポートの他、楽曲・映像・オリジナルデザイン/3Dモデル制作の協力を行います。 バーチャルシンガープロダクション「ライブユニオン」発足 | Mogura VR MoguraVR 大田区議会議員おぎの稔 ケモミミ議員系VTuberとしてデビュー(4.1) 東京都大田区議会議員のおぎの稔さんが、予告編動画にてVTuber(バーチャルユーチューバー)としてデビューしました。大田区に召喚されたケモ耳を生やした議員系VTuberとして、4月中に本格始動するとの..
#ホロの試練

【PSVR】注目の新作ゲーム・アプリ(2020年3月版)

PlayStation VR向けに2020年3月にリリースされた新作ソフトの中から評価が高いもの、注目度の高いものをピックアップしてお送りします。 ピックアップタイトル VARK Live Platform VR空間で行われるライブイベントを自宅から体験できるVRライブプラットフォーム。これまでにも多くのバーチャルYouTuberたちによるライブ配信が行われてきましたが、ついにPSVRでも視聴が可能になりました。公式サイトでは今後の公演予定をチェックすることができます。 『VARK Live Platform』 パブリッシャー:株式会社ActEvolve ジャンル:VRライブサービス 価格:無料 評価:星4.0(41件) PlayStation Store Tilt Brush 3D空間内で自由自在に絵を描くことができるペイントアプリ。立体的な線を引いて思うがままの形を作れるほか、きらめくエフェクトや炎のブラシといった様々な演出を使って、幻想的な世界を描き出すことも可能です。世界中のユーザーが制作したイラストに飛び込んでみたり、逆に自身の描いた作品をアップロードしてシェアすることもできます。 https://www.youtube.com/watch?v=pc8dPHpFNQc 『Tilt Brush』 パブリッシャー:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント ジャンル:ドローイングアプリ 価格:2,189円 評価:星4.0(3件) PlayStation Store ※評価・セール情報は3月31日時点。
#ホロの試練

「社会的距離」をARで確保 スナップチャットがWHOと提携して配信

スマートフォン向けカメラアプリ「スナップチャット(Snapchat)」で、新型コロナウイルスの流行する今、重要視されている「社会的距離(Social distancing)」を保つことを補助するARレンズ(フィルター)「My Social Distance」がリリースされました。 「社会的距離」とは、他人との距離を一定以上開けることで、コロナウイルスへの感染リスクを抑える概念。記事執筆時点(2020年4月)では、統一されたガイドラインなどは存在しませんが、世界各国では、他者との間隔を1m以上は保つことなどが呼びかけられています。 「My Social Distance」は、「スナップチャット」の運営元Snap Incと世界保健機関(WHO)が提携して制作されました。同ARレンズでは、WHOが推奨する間隔(1m)を、スマートフォンを中心に円形のエフェクト(緑色)で表示。範囲内に誰かが侵入した場合、距離に応じてエフェクトの色が緑から赤に変化して警告を行います。 Snap Incは、「My Social Distance」の1mという設定はWHOの指針を基にしたもので、国ごとの安全基準とは異なる場合があると警告。米メディアVRScoutは、一例として、イギリスの「社会的距離」の推奨距離(2m以上)を例示しています。 ARをコロナ対策に活用する試みは、徐々に広まりを見せつつまります。先日にはUSA TODAYが、「Flatten the Curve」(直訳:「曲線を平らにする」)という名のARコンテンツを公開しました。同コンテンツでは、「社会的距離」を保つための方法を学ぶことができます。 Coronavirus-themed AR filters flood Instagram https://t.co/wFZFuEigMH pic.twitter.com/hnCoEg2PoW — Rouut (@rouutnews) March 9, 2020 コロナ対策に積極的に取り組み Snap Incは、新型コロナウイルスに対して積極的な取り組みを行っています。今回のARフィルターのリリースのほかにも、2020年3月には、メンタルヘルスや鬱、ストレスなどを検索するユーザーを対象にした新コンテンツ「Here For You」を含む、プログラムやパートナーシップなどを発表..
#ホロの試練

VIVEトラッカーを使って全身トラッキング 新たなソフトウェアが登場

ManusVRは、「Polygon」という新たなソフトウェア製品を発表しました。Manus社はPrimeシリーズなど指の動きを再現するグローブ型デバイスの開発で知られています。 Polygonは、全身の動きをトラッキング可能にするソフトウェアです。特殊なデバイスは使用せず、VRヘッドセットとViveトラッカーを5つ使用することにより、自然な全身の動きをトラッキングします。指の動きを追跡する同社のグローブ型デバイスを加えることで、仮想空間内でのユーザーの全身認識がこれまで以上に強化される、としています。 (編集を一切加えていないリアルタイムトラッキングの様子) Polygonの特徴的な要素の一つとして、簡単にユーザーがPolygonを自己調整できることだと公式リリースに記載されています。必要なViveトラッカーは5つのみ(公式動画によれば、両手足、腰の5点)。キャリブレーションを行うだけでハードウェアの設定がしやすく、専門的な知識が無くても使用することが出来るとのこと。 Polygonのもう一つの重要な機能とされているのは、マルチプレイ機能です。公開されている動画では、Polygonを使って全身をトラッキングしている複数人を同一のVR空間内に反映できるとのこと。この機能により、複数のユーザーがお互いに接続することで、仮想のワークスペースを共有できます。 ポリゴンは2020年6月に発売予定です。発売時はUnityに対応しており、Unreal Engine 4向けのプラグインは2020年後半リリース予定。公式サイトには、HTC VIVEだけでなくSteamVRに対応したあらゆるヘッドセットに対応とあります。Steam VRのベースステーションを使ったトラッキングシステム以外には発売以降対応していくとのことです。。 https://www.youtube.com/watch?v=r3GvNkSafAw (参考)ManusVR
#ホロの試練

【PSVR】PSストアで「SPRING SALE」開催 PSVRタイトルも10本以上が対象

4月1日(水)より、PlayStation Storeで「SPRING SALE」が始まりました。期間は4月1日から4月28日(火)の午後11時59分まで。PlayStation VR(PSVR)タイトルも10タイトル以上が対象で、PlayStation Plus(PS Plus)会員の場合、一部タイトルはさらに10%OFFになります。 また、4月15日(水)からは第2弾として新タイトルがラインナップ入りすることになっています。(※PSVRタイトルの第2弾ラインナップに関して、執筆時点では発表されていません) 注目は「バットマン:アーカム VR」と「Airtone」 今回のセールにおける注目タイトルは「バットマン:アーカム VR」と「Airtone」の2本。 「バットマン:アーカム VR」は、全世界で高評価を獲得した「バットマン:アーカム」シリーズ三部作の開発元「Rocksteadu Studios」によるVRアドベンチャー。プレイヤーはバットマンことブルース・ウェインとなり、「ゴッサム・シティ」で起きた事件の捜査に挑みます。アーカムシリーズ三部作と異なり、戦闘要素はありませんが、謎解きではバットマンお馴染みのガジェットを駆使する場面が豊富。「バットケイブ」を始めとする、VR空間内で再現されたお馴染みのロケーションの数々も必見です。価格は15%OFFの税込2,318円。PS Plus会員であれば、さらに15%OFFの税込1,908円で購入できます。 「バットマン:アーカム VR」 発売元:ワーナー ブラザース ジャパン合同会社 ジャンル:アドベンチャー セール価格:2,318円(15%OFF:PS Plus会員でさらに15%OFF) PlayStation Store © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Rocksteady Studios. BATMAN and all characters, their distinctive likenesses, and related elements are trademarks of DC Comics © 2016. All Rights Reserved. WB GAMES LOGO, WB SHIELD: & © Warner B..
#ホロの試練

【Oculus Quest】4月第1週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

4月第1週はOculus Quest(オキュラス クエスト)向けに有料アプリ3つがリリースされました。 今週のピックアップ Lies Beneath https://www.youtube.com/watch?v=D8BYXnqJeF8 「Lies Beneath」は、コミックスタイルのグラフィックが特徴的なVRサバイバルホラー・アドベンチャーです。大学生「メイ」が、故郷であるアラスカ州架空の街「スランバー」に溢れる謎の怪物たちから、父親を救出するため孤軍奮闘するストーリーが描かれます。 【Oculus Quest】コミック調のVRサバイバルホラー「Lies Beneath」リリース日発表 | Mogura VR MoguraVR The Room VR: A Dark Matter https://www.youtube.com/watch?v=VwOUXeRczQI 「The Room VR: A Dark Matter」は、パズル&アドベンチャーゲーム「The Room」シリーズ最新作のVRタイトルです。1908年のイギリス・ロンドンで起きた古代エジプト研究関係者の失踪事件の真相を突き止めるため、事件との繋がりがあるとされる大英博物館深部を探索していきます。 パズルゲーム「The Room」シリーズ最新作のリリース日が決定 | Mogura VR MoguraVR 新作一覧 「The Room VR: A Dark Matter」 開発:Fireproof Games 日本語対応:なし ジャンル:パズル 価格:2,990円 評価:星4.9(549件) Oculus Store 「B-Team」 開発:Twisted Pixel Games 日本語対応:あり ジャンル:アクション 価格:1,490円 評価:星3.8(9件) Oculus Store 「Lies Beneath」 開発:Drifter 日本語対応:あり ジャンル:ホラー 価格:2,990円 評価:星4.9(155件) Oculus Store ※評価は執筆時点のOculus Storeでの評価です。 便利なOculus Quest用カバーも Moguraでは、化粧や汚れの付着を防ぐ「VRカバー」を販売中です。Oculus Questの接顔パー..
#ホロの試練

【PSVR】「マーベルアイアンマン VR」無期限発売延期を発表

5月15日に発売予定となっていた、PlayStation VR専用タイトル「マーベルアイアンマン VR」の発売延期がソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より発表されました。新たな発売日は未定とのことです。 SIEは『The Last of Us Part II』および『マーベルアイアンマン VR』の発売を延期することをお知らせいたします。 非常に難しい決断でしたが、現在の世界情勢において、ユーザーの皆様が期待されるゲーム体験を発売日までにお届けすることはロジスティクス等上難しいと判断いたしました。 — プレイステーション公式 (@PlayStation_jp) April 2, 2020 今回の延期を決断した理由は、現在の新型コロナウィルスに関する世界情勢において生産・販売双方に大きな影響が及んでおり、発売日までにユーザーが期待するゲーム体験を届けるのが困難になったためとのこと。 また、これと合わせて、5月29日発売が予定されていたPlayStation 4専用タイトル「The Last of Us Part II」も無期限発売延期が発表されています。 このほか、「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」を始めとする6月以降の新作に関しては、現時点で延期の予定はありません。しかしながら、今後の情勢に応じ、最新の情報をプレイステーション公式Twitterにて伝えていくとのことです。 「マーベルアイアンマン VR」は、人気コミック「アイアンマン」を原作としたVRアクションアドベンチャー。プレイヤーは主人公のトニー・スターク(アイアンマン)となり、彼が過去に製造した兵器を使い回すハッカーであり反企業主義者「ゴースト」との熾烈な戦いに挑むオリジナルストーリーが展開されます。ゲームの操作にはPlayStation Moveコントローラーを2本用い、アイアンマンの「リパルサー・ジェット」を発動しながら飛行します。また、トニー・スタークのガレージでは、アイアンマンのスーツとスキルをカスタマイズし、プレイヤー好みの強化を図ることもできます。 Nothing found for Marvels Iron Man Vr www.moguravr.com 当初は2月28日の発売を予定していましたが、よりよいゲーム体験を届け..
#ホロの試練

にじさんじ社築・笹木咲によるゲーム実況レギュラー番組開始

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」が、所属ライバー社築(やしろきずく)さん、笹木咲さんによる3Dゲーム実況番組「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」を4月10日(金)19:00から放送します。 「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」は、AbemaTVで放送していたにじさんじライバーによるバラエティ番組「にじさんじのくじじゅうじ」の制作を行っていた、共同テレビジョンと再びタッグを組んだ本格的な3Dゲーム実況番組です。放送チャンネルは「にじさんじ公式YouTubeチャンネル」で、毎週金曜日の19:00からプレミア公開されます。 毎週豪華ゲストを迎えてのゲームあり、トークありの30分番組とのこと。なお、初回放送にはゲストの御伽原江良さん、剣持刀也さんが社築さんの家に訪れ「スーパーボンバーマンR」に挑戦するとのことです。 「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」の概要 放送日 2020年4月10日(金)19:00〜 (毎週金曜19:00のレギュラー放送) 放送チャンネル にじさんじYouTube公式チャンネル 出演者 社築 笹木咲 番組ハッシュタグ #にじさんじレバガチャ 【3Dゲーム実況レギュラー番組始動!!】 「ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン」 4/10(金)よる7時より毎週金曜日放送決定! 「社築」と「笹木咲」が、豪華ゲストとともに毎週3Dで登場!? にじさんじYouTube公式CHにて放送! 詳細はこちら!▽https://t.co/E3pjHEfvtj#にじさんじレバガチャ pic.twitter.com/5QAo0sa3uu — にじさんじ公式 (@nijisanji_app) 2020年4月3日 (参考)いちから株式会社 プレスリリース
#ホロの試練

「Luppet Cafe」一般席を休止 投げ銭システム「推寿司」導入

東京・秋葉原のバーチャルカフェ&バー「Luppet Cafe(ラペットカフェ)」が、新型コロナウイルス感染拡大にともない、4月3日(金)から営業形態の変更を発表しました。 「Luppet Cafe」によると、東京都の自粛要請による「人が密に集まって過ごすような空間」を避けるため、新型コロナウイルスが収束するまでチケットなしで来店できる一般席を閉鎖します。また、スタッフも通常営業時の半数の1~2名で営業を行うと発表しました。 同時に店舗の売上減少により、Vテンダーへのドリング代の還元を休止。代替案として、ICチップが組み込まれたスーパーチャットシステム「推寿司(おすし)」を導入し、ダイレクトに来客がVテンダーへ投げ銭できるような仕組みを導入しています。またチケットの売上の50%還元は継続。推寿司についても50%が還元となるとのこと。 「Luppet Cafe」は、バーチャルキャラクターがバーテンダーを務めるカフェ&バー。通称「Vテンダー(バーチャルバーテンダー)」と1対1で会話をしたりお酒を飲んだりできます。また、バーチャルの肉体を持つ人はVテンダーとして出勤も可能。ファンとの密な交流ができ、Vテンダーが自宅にいながら出勤できる新しい形のカフェ&バーとして、2020年4月に本格オープンしました。今回の営業形態変更の詳細はこちら。 「Luppet Cafe」概要 営業時間 土・日 15:00〜23:30 月〜金 18:00〜23:30 (22:00閉店の場合もあり) 場所 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1丁目16−1 大橋ビル 702 公式サイト https://luppetcafe.com/ (参考)Luppet Cafe 公式サイト
#ホロの試練

拡大する“VRトレーニング” 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上

VRを利用したトレーニングシステムを開発するStrivrは、シリーズBラウンドで3,000万ドル(約32億円)の資金調達を行いました。これにより、同社の総投資額は5,100万ドル(約55億円)に。今後も、企業でのVRトレーニング採用の拡大を狙います。 スポーツ訓練から企業研修へ Strivrは、教育や研修に用いるVRプログラムを開発しています。同社は当初、スポーツ訓練向けの技術を手掛けていました。例えば2018年韓国平昌での冬季オリンピックに際し、アメリカのスキー&スノーボード全国団体のハイパフォーマンス部門と提携を結んでいます。その後、近年は企業での従業員教育向けVRプログラムに注力。ウォルマートやVerizon、Fedexのグループ子会社等、幅広い業界にソリューションを提供してきました。 世界最大の輸送会社FedEx、研修にVRを活用 学習効率や離職率改善に効果 | Mogura VR MoguraVR ウォルマートCEO、銃乱射事件に対するVR訓練の有用性を認める | Mogura VR MoguraVR 150万セッション以上のVR訓練実施 今回の出資には複数のベンチャーキャピタルが参加し、Strivrの累計調達額は5,100万ドル(約55.1億円)にのぼります。 同社CEOのDerek Belch氏は、以下のように述べています。 当社の顧客ではこれまでに、150万以上のVRトレーニングセッションが行われ、2万2,000台以上のヘッドセットが導入されてきました。Strivrは世界で唯一の、従業員教育とパフォーマンス改善に効果のあるエンドツーエンドソフトウェアプラットフォームを開発しています。 (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
#ホロの試練

【ポケモンGO】くさタイプのわざが一部アップデート。覚えるわざが増えたポケモンも

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、「トレーナーバトル」のくさタイプのわざと、くさタイプのポケモンに対して複数の調整が行われました。 わざの調整 今回のアップデートで調整されたわざとその詳細は以下の通りです。 ・タネマシンガン – このくさタイプのノーマルアタックは、スペシャルアタックを放つためのメーターがチャージされやすくなります。 ・エナジーボール – このくさタイプのスペシャルアタックは、アタックを放つためのメーターがチャージされやすくなります。また、相手のぼうぎょが1段階下がる可能性があるようになりました。 ・グラスミキサー – このくさタイプのスペシャルアタックは、相手のこうげきが1~2段階下がることがあるようになりました。 ・げんしのちから – このいわタイプのスペシャルアタックがトレーナーバトルで与えるダメージが小さくなります。 ・ぎんいろのかぜ – このむしタイプのスペシャルアタックがトレーナーバトルで与えるダメージが小さくなります。 ・あやしいかぜ – このゴーストタイプのスペシャルアタックがトレーナーバトルで与えるダメージが小さくなります。また、アタックを打つためのメーターがチャージされにくくなります。 公式発表によれば、「げんしのちから」「ぎんいろのかぜ」「あやしいかぜ」は、今回の変更で、ステータスを上げる他のわざに近くなった一方、よりハイリスク・ハイリターンになったとのこと。 一部ポケモンの覚えるわざが増加 アップデートによって、「チェリム(ポジフォルム)」が、ほのおタイプの「ウェザーボール」を覚えたり、「ユレイドル」は「タネマシンガン」を習得可能になるなど、一部のくさポケモンが覚える技が追加されました。詳細はこちらから確認できます。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式サイト
#ホロの試練

【ドラクエウォーク】「ドラクエ3」イベント調整 「カンダタ」がプレイヤー付近に出現

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式Twitterで、現在開催中の「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」(以下ドラクエ3)イベントに、複数の調整が行われたことが告知されました。 「ドラクエ3」イベントでは、専用のイベントストーリークエストを進めることで、各要素が解放されます。公式発表によれば、第1章1話をクリアすることで「ルイーダの酒場」の依頼掲示板、3話をクリアで「冒険者紹介所」、4話をクリアすると「商人の街」が解放されるとのこと。5話をクリアすることで強敵モンスター「カンダタ」も登場します。 今回の調整では、「カンダタ」が一定時間(討伐成功後は約1時間後)ごとにプレイヤーの近くに出現するようになったほか、「商人の町」のタップ範囲が拡大され、メガモンスター参加可能な範囲もより広く設定されました。 『ドラゴンクエスト III』イベントのゲーム内各機能に関しまして、調整対応を実施いたしました。 詳しくはゲーム内お知らせをご確認ください。https://t.co/1nisGFXIQY#DQウォーク #ドラクエウォーク pic.twitter.com/YOFqQ8gj4I — ドラゴンクエストウォーク公式 (@DQWalk) April 3, 2020 © 2019,2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. 「ドラクエ3」イベントの詳細はこちらから。 【ドラクエウォーク】「ドラクエ3」イベント開催 ボーナス実施期間の延長も告知 | Mogura VR MoguraVR (参考)ドラゴンクエストウォーク 公式Twitter
#ホロの試練

コンバットレースゲーム「GRIP: Combat Racing」VR対応アップデート実施

4月1日、Steamで配信中のレースゲーム「GRIP: Combat Racing」に、VRモードを追加する無料アップデートが実施されました。「GRIP: Combat Racing」はWired Productionsが制作した、Windows PC用コンバットレースゲーム。日本語や英語など、全11言語をサポートしています。 イギリスのゲーム開発会社Psygnosis(後のSCEE Studio Liverpool)制作の「wipEout(ワイプアウト)」シリーズにインスパイアされた作品で、タイヤが接触できる場所なら、壁だろうが天井であろうが構わず走行できてしまう荒唐無稽な設定、それを活かした個性豊かな全29コース、攻撃用からサポートまで全9種類も用意されたアイテムが特徴。ライバルとの壮絶なデッドヒートを楽しめます。 最大10人まで参加可能なオンライン対応のマルチプレイ、攻撃アイテムを活用してのデスマッチなど、ゲームモードも豊富。演出面でも全24曲のエレクトロニックなサウンドトラックが魅力のひとつになっています。 ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Riftをサポートしています。VRモードは、一人称視点でプレイするスタイル。ヘッドセットなしの通常プレイ時同様、タイヤの接触する所ならどこでも走れる設定で展開されるため、文字通り縦横無尽なレースが楽しめます。 70%オフセール実施中 さらに今回のアップデートを記念し、4月7日までスペシャルプロモーションとして70%OFFのセールを実施。通常価格税込3,090円のところ、927円で購入できます。 (参考)VRFocus
#ホロの試練

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

パナソニック株式会社は、本年1月米国ラスベガスで開催されたCES2020にて、参考出展した眼鏡型VRグラスの、ユーザー体験会を開催します。本VRグラスの一般向け体験会は日本初で、広範囲のXR業界関係者・VRユーザーの貴重な意見を求め、より良いVRグラスの開発・商品化を目指すためのものです。 コロナウイルス感染拡大のため、現在開催日時は未確定ですが(※)、場所は東京都内を予定。ビジネス向け、開発者およびクリエイター向け、一般向けの3回の開催を予定しています。 体験会の参加登録はこちらの申し込みフォームから。なお開催日時などの詳細は、決定次第、申し込みフォームにて登録したメールアドレスへ配信されます。 (※開催時期はGW後を想定していますが、新型コロナウイルスに関する状況を見極めたうえ、延期の可能性もあります) “世界初”のHDR対応、わずか150gの眼鏡型VRデバイス パナソニックの眼鏡型VRグラスは、2020年1月に開催されたCES 2020にて参考出品されました。現時点では商品仕様は確定していませんが、小型軽量・眼鏡型のデザインに加えて、VRデバイスとしては“史上初となるHDR(ハイダイナミックレンジ)”対応を謳っています。 この眼鏡型VRグラスは、マイクロOLEDディスプレイパネルを使用し、片目UHD(2560×2560pixelx10bits)で、非常に高精細なVR体験を実現しています。 さらに、信号処理技術にはパナソニック社のテレビやブルーレイで培った技術、イヤホンのダイナミックドライバーにはTechinicsブランドの技術、そして光学系には同社のカメラ(LUMIXブランド)の技術が使われており、パナソニックのテクノロジーを結集したVRグラスとなっています。 体験会の参加登録、および詳細情報の受け取りはこちらの体験会申し込みページから。 パナソニック 眼鏡型VRデバイス体験会 概要 日時 未定、全3回を予定(ビジネス向け、開発者・クリエイター向け、一般向けでそれぞれ1回ずつ) 場所 東京都内を予定 申し込みフォーム こちらから 備考 ・イベントの日時や開催場所など、詳細は申し込み時に登録したメールアドレスへ配信予定です。 ・開催時期はGW後を想定していますが、新型コロナウイルスに関する状況次第では、延期する場合があります。 ..
#ホロの試練

【ポケモンGO】「ポケモンシャツ」の新たなバリエーション登場

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」に、着せ替えアイテム「ポケモンシャツ」が新たに4種類追加されました。 “ポケモンシャツ”は、自分だけのカスタムシャツ(実物)をオンラインで注文できるサービス。今回の「ポケモンGO」でのシャツの追加は、同サービスにおける「ポケットモンスター 金・銀」をテーマにした柄の登場を記念する形で行われました。 「ポケモンGO」に追加された「ポケモンシャツ」は、レディバ柄、ポポッコ柄、ムチュール柄、アンノーン柄の4つ。それぞれのシャツは、スタイルショップから200ポケコインで購入可能です。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式サイト
#ホロの試練

VRFPS「Swarm」発表 2丁拳銃とグラップリングフックで華麗に戦う

インディーゲームディベロッパーGreensky Gamesより、新作VRゲーム「Swarm」が発表されました。対応ヘッドセットはSteam VR(HTC Vive、Valve Index、Windows MR)、Oculus Rift(S)、Oculus Quest。Oculusプラットフォームはクロスバイもサポートします。 https://www.youtube.com/watch?v=yztbemRNRYU 「Swarm」はアーケードスタイルのVRファースト・パーソン・シューター(FPS)。アリーナ状のフィールドで2丁拳銃とグラップリングフックを駆使し、宙を舞いながらドローンを始めとする敵を撃ち落としていきます。見所はグラップリングフックによるスウィングアクション(ワイヤーアクション)と、それに合わせて行われる戦闘。フィールド上には幾つかの浮いた足場こそあれど、基本的には着地地点が無いに等しい作りのため、常に宙を舞い、その状態で方向転換と敵への銃撃を行っていきます。 フックも装備している銃から射出され、2つ同時に発射すれば、よりスピーディな移動が可能。しかし、フック射出中の銃は攻撃不可になるので、状況を踏まえた判断が試されるようです。また、拳銃以外にも電流を発射する銃、ロケットランチャーなどの武器も登場。戦闘もボス戦が用意されており、フックによる移動と回避、正確な射撃が試される手に汗握る展開が楽しめるとのことです。ほかにグラフィックはセルシェーディングのアニメ調で、「ボーダーランズ2 VR」からの影響が垣間見える仕上がりとなっています。 動きの激しそうな内容から酔いやすいのではという不安も募りますが、Greensky Games創設者Peter Le Bek氏によれば、テストプレイに参加した何百人にも及ぶモニターから、そのような不満を訴える声は一切出なかったとのこと。念のため、ゲーム内には酔い対策のオプションも実装しているようですが、ほとんど酔いの心配もなく遊べると、大きな自信を持っているようです。 リリースは2020年夏を予定しているとのこと。日本でも大ヒットしたのが記憶に新しいPlayStation 4の「マーベル スパイダーマン」、往年の名作「バイオニックコマンドー」(ヒットラーの復活)が好きなプレイヤーには必見の1本です。 (参考)VRFoc..
#ホロの試練

VTuber40名が勢ぞろい、「コミケPlus Vol.14」4月11日発売

4月11日(土)に、書籍「コミケPlus Vol.14」が発売されます。「コミケ×VTuber」特集とし、総勢40名のVTuberが登場しています。 「コミケPlus」は「コミックマーケット準備会」が全面協力している同人誌即売会「コミックマーケット」の専門誌。はじめてコミックマーケットに参加する人も安心して楽しめるような情報を発信し、オタク文化にまつわるさまざまなトピックを紹介しています。 コミケ専門誌、今回はVTuber特集に 今回掲載されたのはバーチャルライバーグループ「にじさんじ」や、ミライアカリさん、「ホロライブ」など人気VTuberが多数登場。「ホロライブ」の猫又おかゆさんと戌神ころねさんの対談、VTuber黎明期を支えたVTuberへのアンケートなどの企画も掲載されています。また、Amazonなど各書店にて予約受付が開始しました。 コミケPlusVol14、先ほど校了いたしました! ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。 そして遅くなりましたが……表紙を解禁(*^_^*) 40人以上のVTuberさんが勢ぞろい!圧巻です! 発売は4/11(土)コミケカタログと同時発売です! みなさま、どうかどうかどうかよろしくお願い致します!!! pic.twitter.com/gfpMm6xTKZ — コミケPlus公式(コミケプラス) (@Comike_Plus) 2020年4月1日 「コミケPlusVol.14」の概要 発売日 2020年4月11日(土) 価格 1,200円 特集 ・VTuberや歴史とは? ・黎明期を支えた大人気VTuberに直撃アンケート ・人気グループもしっかり網羅 ・まだまだいるよ個人VTuber ・ヒストリーオブホロライブ 出版 メディア・パル (参考)Amazon、コミケPlus公式Twitter
#ホロの試練

医療VR/MRシステムのHoloeyes、46都道府県で展開開始

Holoeyes株式会社は、医療VR/MRシステム「Holoeyes XR」について、福島を拠点とするサンセイ医機株式会社と販売パートナー契約を締結しました。今回の提携により、国内の販売網を46都道府県に渡ってカバーし、今春中に47都道府県すべての販売網の確立を行います。 「HoloEyes XR」は患者のCTスキャン、MRIデータを3次元に再構成するアプリケーションです。HoloEyes XRとVRヘッドセットやMRデバイスを利用することで、VR/MR空間で医療データを確認することができます。手術前の患部の確認など、医療分野におけるコミュニケーションを促進させます。 HoloEyesは2019年5月にアイティーアイ株式会社と販売パートナー契約を締結し、九州・沖縄エリアでの「HoloEyes XR」の展開を開始。今回のサンセイ医機株式会社との提携により、東北地方の販売網に新たに福島県を追加、新潟県を残して全国の都道府県に展開しています。 (参考)Holoeyes株式会社 プレスリリース
#ホロの試練

Magic Leapの開発ツール「Magicverse SDK」詳細が明らかに

MRデバイス「Magic Leap 1(旧名称:Magic Leap One)」を手がけるMagic Leapは、開発ツール「Lumin SDK」のアップデートおよび「Magicverse SDK」の詳細を発表しました。主にエンタープライズ用途を想定し、マルチユーザーやクロスプラットフォーム対応のアプリ開発をサポートします。 Magicverse SDKとは 「Magicverse(マジックバース)」とは、Magic LeapのRony Abovitzが提唱する、現実世界と仮想世界が多層的に重なる概念であり空間のことです。同社は2019年11月、開発者向けキット「Magicverse SDK 1.0」を発表。さらに今回、下記のような特長を公開しました。 体験を行う物理的な場所の準備 空間を使ったアプリケーションの利用には、周囲の環境を認識させることが必要です。物理的な空間のデジタルコピーを素早く簡単に作り出すことで、アプリ開発をサポートします。 マルチユーザー、クロスプラットフォームの体験開発 マルチユーザーかつ異なるプラットフォームで利用できるアプリ開発を実現します。この技術を活用した例として、ゲームアプリ「Pancake Pals」を公開しました。 エンドユーザーへの新たな体験共有方法 現時点では、MagicverseのコンテンツはアプリストアMagic Leap World等を経由したダウンロードでユーザーに共有されています。しかし同社は、より現実空間で自然にアプリをシェアできるよう、新たな配布方法を検討しています。 https://www.youtube.com/watch?v=-VybnDq9l1s Lumin SDKのアップデート 最新のLumin SDK 0.24も、エンタープライズ用途のアプリケーション開発に合わせ、マルチユーザーのアプリ開発がより容易になる要素を備えています。例えば遠隔でのコミュニケーションにデバイス付属カメラの活用、アプリ内でアバターを用いるためのAvatar C API。周囲の物体を自動的に認識する “World Understanding”機能等です。 https://www.youtube.com/watch?v=P_ziO5nrfCc なお、OSのLumin OSも最新のLumin OS 0.98.10へア..
#ホロの試練

「にじさんじ」から3名の男性ライバーがデビュー、初配信は4月4日18時から

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」が4月2日(木)に、男性ライバーの長尾景さん、弦月藤士郎さん、甲斐田晴さんの3名がデビューすることを発表しました。 初配信は4月4日(土)の18:00からを予定しています。公開されたストーリーによると、魑魅魍魎、有象無象がいる皇都は、「人」「神」「魔」、それぞれの陣営が均衡を保つ都市で暮らしている3名。それぞれ違う境遇ながら、目的のために互いに協力し、仲間としてこれから絆を育んでいきます。 https://www.youtube.com/watch?v=TxUBxgpaOnM ⻑尾 景(ながお けい) 皇都で祓魔業を営む青年。 報酬さえ払えば、どんな仕事も請け負うともっぱらの評判。 剣術だけでなく、武術や呪いにも長けている。 Twitter YouTube 弦月 藤士郎(げんつき とうじろう) 皇国に仕える官吏。 「神」の管理や、「神」との連絡役を任されている。 変わり者が多い「神」を相手に抜け目のない仕事をしており周囲からの評価は高い。 Twitter YouTube 甲斐田晴(かいだはる) 皇都でも著名な、「魔」の研究者。 屋敷で研究に没頭しており、その姿を知る者は少ない。 切れ者だが怠け者でもあるため、興味のないことには関わろうとしない。 Twitter YouTube 【3名のライバーがデビュー!!】 「にじさんじ」より3名が新たにデビュー! 詳細はこちら▽https://t.co/PUkenIXYu4 デビュー動画はこちら▽https://t.co/S2807IPvIE#にじさんじデビュー pic.twitter.com/uzcTLZSiKo — にじさんじ公式 (@nijisanji_app) 2020年4月2日 (参考)プレスリリース、にじさんじ公式Twitter
#ホロの試練

Mogura、新サービス発表会をバーチャル開催 4月10日14時より

株式会社Moguraは、新たなサービスを発表する「株式会社Mogura発表会 2020年春」を4月10日(金)14時より開催します。開催場所はVRプラットフォーム「cluster」。発表会当日はYouTubeでも同時中継が行われます。 Moguraは「豊かな経験を世界中に」というミッションのもと、メディア事業や製品販売事業、コンサルティング事業、イベント事業などを展開しています。今回の発表会では、「Moguraがしてること・目指してること」や「新サービスの内容」をお届けします。登壇者は、代表取締役社長・現Mogura VR News / MoguLive編集長の久保田瞬です。 発表会は4月10日(金)14:00から開始です。 https://www.youtube.com/watch?v=NuS5kZKdXV4 (参考)株式会社Mogura プレスリリース
#ホロの試練

月ノ美兎の配信に謎の人物が乱入!? やりたい放題のエイプリルフール企画が話題に

「にじさんじ」所属ライバー月ノ美兎さんが4月1日(水)に行ったYouTube配信「エイプリルフールだけど普通に運動するゲームしよう!」にて、謎の実写版月ノ美兎が登場。現実とバーチャルの世界で暴れ回った姿が話題になっています。 月ノ美兎さんはニンテンドーswitchのゲーム「リングフィットアドベンチャー」で体を動かそうと予告していたものの、配信画面に映ったのはゲーム画面ではなく見知らぬ和室。そこにいたのは、月ノ美兎さんの制服とマスクを身に着けた謎の人物(以下実写版月ノ美兎)でした。 実写版月ノ美兎の登場に、月ノ美兎さんは「こわいこわい」と怯えながらも動向を見守ります。実写版月ノ美兎は、「ぴえん」という歌詞に合わせて踊ってみせたり、リングフィットのコントローラーを握って運動してみせたり、カツラがとれるぐらいの暴れ放題。そんな実写版月ノ美兎の動きに対して、バーチャルの月ノ美兎さんはひたすらツッコミを入れ続ける事態に。 https://www.youtube.com/watch?v=gB2E54dzk30 やがてリアルの和室の中継をやめ、バーチャルの和室に画面を戻した月ノ美兎さん。やっと一息ついたと思いきや、今度は和室の扉から実写版月ノ美兎がバーチャルの世界にやってきてしまいます。 和室で堂々とくつろぐ実写版月ノ美兎に対して、月ノ美兎さんは画面上にプールを配置。すると実写版月ノ美兎がプールに落ちて溺れてしまいます。バーチャル上に出したものが実写版月ノ美兎にも影響を及ぼせると知った月ノ美兎さんは、さらにレコーダーを設置しサイリウムを持たせオタ芸を披露。 「ここ(バーチャル)は私のホームだから何してやろうか」と、バーチャルの世界に現れた実写版月ノ美兎をおもちゃにした月ノ美兎さん。最終的に実写版月ノ美兎は扉を通じてリアルの世界に帰り、配信が終了。バーチャルとリアルの垣根を超えた、月ノ美兎さんによるユニークなエイプリルフール配信でした。 月ノ美兎さんは配信終了後、Twitterにて実写版月ノ美兎が踊るPVを公開しています。 配信歴2年目にも関わらず、放送事故してしまい申し訳ありませんでした。本当に怖かったです…。 この部分の動画だけフォルダから出てきました。なんなんだ… エイプリルフールだけど普通に運動するゲームしよう!【月ノ美兎/にじさんじ】 https://..
#ホロの試練

文化庁、VR/ARを含む文化財活用ハンドブックを公開

文化庁は、先端技術による文化財活用の方法と事例を掲載した「先端技術による文化財活用ハンドブック」を作成・公開しました。本ハンドブックにはVR/ARなどの先端技術を導入する際、配慮すべきことや導入効果等に関して紹介されています。 文化財×先端技術の活用事例、VR/ARも多数 「先端技術による文化財活用ハンドブック」では、文化財にVR/ARなど先端技術を導入する理由やその際に配慮すべきこと、導入効果などが全国各地の事例とともに紹介されています。また、先端技術をクイズ形式で解説するなど、基礎的なこともわかりやすく掲載されています。 (当該PDFより引用) 「先端技術による文化財活用ハンドブック」はこちらのページから閲覧できます。 (参考)文化庁 プレスリリース
#ホロの試練

VTuberたちが話題のVRゲーム「Half-Life: Alyx」に挑戦、その感想は?

Half-Lifeシリーズの最新作として発売されたVRゲーム「Half-Life: Alyx」。Steamのユーザー高評価ランキングトップ10にランクインするなど高い評価を得ており、本作をプレイしたVTuber(バーチャルユーチューバー)たちの間でも評判となっています。 双子VTuberおめがシスターズの場合 双子VTuberおめがシスターズは、本作をおめがレイさんがプレイし、その様子をおめがリオさんがつっこむ動画を投稿。VRゲームに精通するレイさんは期待作に大はしゃぎしますが、ゲームが進むにつれ予想以上の怖さに驚く姿を見せます。 進行先にいる倒れたゾンビに躊躇し、エイリアンの巣を「嫌すぎる」と率直にコメント。急かすリオさんをよそに「怖い!」「ホラーゲームだった?」と連発するも、VRゲーム慣れしているだけあって着実に進めていきます。しかし、「かわいいね~」と言っていたヘッドクラブに襲われパニックになる様子も。 おめがシスターズは普段は5分から20分ほどの動画を投稿していますが、「Half-Life: Alyx」の実況では珍しく1時間近くゲームをプレイしています。2人組ならではのツッコミが交じる実況のため、本作に興味を持つ人にとって入門編となるかもしれません。 https://www.youtube.com/watch?v=ReUrs_T2A3s にじさんじ叶の場合 にじさんじの中でもFPSなどのゲームが上手いことで知られ、VRゲームの配信もときおり行っている叶さん。本作に関しても面白いとの噂を聞きつけており、その世界へと踏み込みます。 Half-Lifeの世界に降り立った叶さんは、まずそのギミックの精巧さに驚きます。窓に書いた文字を消したり、落ちているオブジェクトを手当り次第拾ったりと、細かいところまで遊び倒している様子。探索もサクサク進め、進むたびに「面白い!」と絶賛。初回配信の終盤はFPSで鍛えた実力を発揮し、エイリアンたちをものともせず、どんどん倒していきます。 2回目の配信では、友好的なエイリアンとフランクに対話するおちゃめな姿を見せるなど、すでにHalf-Lifeに適応。迫りくる敵を冷静に対処しつつ、視聴者とともに探索にのめり込み、本作の魅力を伝えました。「またやるわ!」とコメントしており、次回にも期待です。 https://www.y..
#ホロの試練

SteamがVRヘッドセット利用率調査の手法を改善、より正確に

ゲーム配信プラットフォームSteamを運営するValveは、同プラットフォームで行われている月例のハードウェア利用状況調査について、VRヘッドセット関連の集計方法を改善すると発表。今後、より正確な接続台数が確認可能になると告知しました。 Steamは毎月ユーザーへの調査を行い、ゲームを遊んでいるPCのグラフィックボードなどのハードウェア、またOSなどのソフトウェアに関する統計を発表しています。 (※調査はSteamでの利用に限るもので、任意参加となっています。他プラットフォームの公式ストアにおける利用数は含まれていないため、市場全体のシェア率を直接推定するには不十分なことに注意が必要) 集計内容を変更、「今つないでいない」場合でも集計 これまでの調査では、データの集計時に、USBポートを使用してPCと接続されているVRヘッドセットのみが“接続数”としてカウントされていました。今回の変更後は、「SteamVR」に調査に対する報告機能が導入され、同システムを使用したVRヘッドセットは、集計時に接続されていなくても、接続台数として計上されるようになります。 Valveは集計方法の改善によって、データ上のVRヘッドセット接続台数が、以前よりも増加することを予測しています。記事執筆時点(2020年4月2日)では、集計方法の変更はデータに反映されていませんが、PlayStation VR(外部アプリ等を使用することで接続可能)やPimaxなど、これまで集計に表示されていなかったVRヘッドセットの接続割合が確認可能になるなど、集計ページにいくつかの変更が導入されています。 VRゲーム「Half-Life: Alyx」、Steamの高評価ランキングで10位に。「Portal」や「ウィッチャー3」と並ぶ | Mogura VR MoguraVR Steamの利用調査、VRヘッドセットの月間接続台数が最高記録を更新 | Mogura VR MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
#ホロの試練

VRバトロワゲー「Virtual Battlegrounds」登場、4月8日にリリース

1年以上前より、CyberDreamが制作中のVRバトルロワイヤルゲーム「Virtual Battlegrounds」。その早期アクセス版がSteamで4月8日リリース予定であることが発表されました。 https://www.youtube.com/watch?v=zyX9sUFIQOA 対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality。Steamではストアページが開設されているほか、ローンチトレイラーも公開されています。 「PUBG」スタイルのゲームをVRで 「Virtual Battlegrounds」は、PUBGこと「PlayerUnknown’s Battlegrounds」スタイルのゲームプレイをVR空間上で再現することを目指したタイトル。24人の参加者間で、約4平方キロメートルのマップを舞台に生き残りをかけた死闘に挑みます。 全武器の動作、銃弾発射後の弾道に至るまで、物理挙動に基づく演算処理が施されており、リアリティのある操作感を実現。相手から投げ渡された弾倉をキャッチして装填したり、ナイフを上に投げて持ち方を変えるなど、本物さながらの細かいアクションが楽しめます。また、そのような仕組みから、コントローラも大きめに振り回すことになるものと思われます。 ゲームモードもメインのバトルロワイヤルに加え、プレイヤーのスキル強化を図ることに焦点を当てた6種類のシングルプレイヤーモード、協力型のトレーニングモードのほか、射撃練習場、BOTを相手にするPvEモードを収録しているとのことです。 このほか、VRゲームの配信ツール「LIV」もサポートしており、実況動画の作成、ライブ放送を行いたいプレイヤーもフォロー。さらにCyberDreamいわく、Oculus Link接続によるOculus Questでのプレイも問題なく動作することを確認しているようです。 早期アクセス版の形になりますが、今後、VR版PUBGとしてその立ち位置を確実なものにしていくのか、動向が注視されます。また、VR空間で本格的なバトルロワイヤルを楽しみたいプレイヤーには必見のタイトルと言えるでしょう。 ソフトウェア概要 タイトル Virtual Battlegrounds 発売・開発元 Spiral ..
#ホロの試練

【ポケモンGO】遠くてもレイドバトルができる! コロナ対策で仕様変更

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、ジムやレイドバトルに、これまでよりも遠くから参加・アクセス可能にする仕様変更が行われたことが報告されました。 コロナ対策で“自宅から遊ぶ”楽しみが増える 2020年4月現在、「ポケモンGO」では流行が続く新型コロナウイルス対策として、様々なシステムの調整や変更が行われています。先日には、対策の一環として、“自宅にいながらでも、他のプレイヤーとともにレイドバトルに参加できる機能”の実装を検討していることが告知されています。 発表によれば、今回の“距離延長”は、同機能を導入するまでの一時的な措置とのこと。なお今回の調整では、ポケストップへのアクセスに必要な距離は変更されていません。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. 【ポケモンGO】「いつでも冒険モード」がコロナ流行に伴い屋内対応など | Mogura VR MoguraVR (参考)ポケモンGO 公式サイト
#ホロの試練

VRやAR、MRの最新動向がわかるセミナーをバーチャル開催 4月8日

株式会社Moguraは4月8日、「このタイミングで知っておきたい VR/AR/MR 最新動向丸わかりセミナー」を開催します。開催場所はバーチャルイベントスペース「SPWN」およびバーチャルSNS「cluster」。参加費は一般3,000円、学生は1,000円です。 バーチャル参加と動画視聴参加が可能 本セミナーでは、VR/AR/MRの情報収集をしている方や動向と将来予測に関心のある方を他使用に、「VR/AR/MRとは何か?」といった基礎知識から、将来予測と市場の状況、産業利用の具体的事例、そして今後の展望などをお届けします。 セミナーへの参加方法は「バーチャル参加」と「動画視聴」の2通り。バーチャル参加は「cluster」内にあるバーチャル会場にアバターを使ってアクセスし、実際に現地にいるような感覚で参加可能です。(チケット購入者には後日会場URLが送付されます) 「動画視聴」での参加では、登壇者にコメント欄から質問や意見などを送ることができます。ブラウザから視聴可能なので、専用アプリのインストール等は必要ありません。参加チケットの購入はこちら。 セミナー概要 開催日時 2020年4月1日16:00~17:30 場所 「SPWN」および「cluster」 参加費 ・SPWN SPWN配信(一般):3,000円 SPWN配信(学生):1,000円 ・cluster バーチャル参加(一般):3,000円 バーチャル参加(学生):1,000円 イベントページ https://spwn.jp/events/200408-mogura (参考)SPWN
#ホロの試練

【ポケモンGO】ウソッキー登場の新イベント、開催メタモンの仕様変更も

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、モンスターボールに似ている「タマゲタケ」や、木のまねをしている「ウソッキー」などに遭遇できる、新イベントの実施が告知されました。 今回のイベントでは、「ゴース」「ゴースト」「ビリリダマ」「タマゲタケ」「ウソッキー」「エイパム」「グレッグル」といったポケモンがいつもより多く出現するほか、低確率で色違いの「ウソッキー」と「グレッグル」も登場します。 公式発表によれば、期間中は、5kmタマゴと「フィールドリサーチ」のリワードから「マッギョ」(初登場)が現れるとのこと。同ポケモンは低い確率で、野生でも出現します。5kmタマゴからは、このほかにも「ソーナノ」「ウソハチ」「マッギョ」「グレッグル」「エイパム」といったポケモンが、いつもよりも高確率で孵化するようになります。 「マッギョ」はイベント終了後、5kmタマゴから孵化しなくなりますが、野生(低確率)と「フィールドリサーチ」リワードでは、継続して出現します。 イベント限定の「フィールドリサーチ」のタスクも実装されます。タスクをクリアすることで、「ウソッキー」「グレッグル」「マッギョ」が出現します。 メタモンがより多くのポケモンに変化 今回のイベントでは「メタモン」がいつもより多く登場します。また「メタモン」が以前よりも多くのポケモンに変身するように。この変更はイベント終了後も継続します。 ©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (参考)ポケモンGO 公式サイト
#ホロの試練

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

株式会社エム・ソフトは、検査や点検箇所をARで記録、可視化するARアプリ「Pinspect」の新バージョンをリリースしました。平面図では分かりにくかった指摘箇所(ピン)の高さ情報がひと目で分かる3D表示機能などの新機能の追加や、新型iPad Proに搭載された「LiDAR」にも対応しています。 「Pinspect」は、建物の検査や、設備の点検メンテナンス、住宅診断等における写真整理を効率化するARアプリ。現場空間の床や壁を検出し、その場にARでデジタル付箋(ピン)を貼ることができます。 また、ピンにはテキストメモと写真を追加することができるため、これまでバラバラに管理されていた「対象箇所の位置情報」と「写真」「メモ」をタブレットやスマートフォンだけで管理することが可能になります。 ピンの高さを確認できるように 新バージョンでは、「ピンの3D表示機能」が追加。従来は2Dの平面図を前提としていたため、「高さ」情報を確認することができませんでしたが、これにより記録した3次元座標を基にピンの位置を図面に自動反映できます。 また、「LiDAR」搭載の新型iPad Proにも対応しています。「LiDAR」は「Light Detection And Ranging」の略で、光を使って距離や深度を測定することが可能です。これにより空間認識の精度が向上、さらにハイクオリティなARを実現します。 なお、BIMなど他データとの連携機能については、現在個別対応で開発が進められており、順次公開していく予定とのことです。 (参考)株式会社エム・ソフト プレスリリース
#ホロの試練

ユメノグラフィア PCから参加できるデスクトップモードをリリース

いちから株式会社が運営するキャラクター×コミュニケーションサービス「ユメノグラフィア」が、4月1日(水)から、VR機器なしでサービスを利用できる「デスクトップモード」をリリースしました。 これまで「ユメノグラフィア」は、アプリ対応VRデバイス(Oculus Rift・RiftS・HTC VIVE/VIVE PRO)と、VR対応PCが必要であるVRモードのみでしか入場できませんでしたが、今回のアップデートで、PCだけでもキャストとの双方向コミュニケーションを体験できます。 チケットは従来の「VRモード」と同様に、公式サイトから希望のキャスト、時間帯を購入する方式。アプリはVR機材をPCにつないだ状態で起動すると「VRモード」、つながずに起動すれば「デスクトップモード」に自動的に切り替わります。 「ユメノグラフィア」は所属キャストと2人だけの特別な空間で、趣味の話から悩み相談まで会話を楽しめるサービス。利用チケットは30分3,300円(税込)で販売中です。さらに衣装・空間デザインも複数あり「VRoid Hub」と連携をすれば、利用者のアバターを変更可能です。 「ユメノグラフィア」デスクトップモードの概要 デスクトップモードの使用方法 https://note.com/yume_note1205/n/nbec7ff29c350 動作環境 《低画質モード》 ・CPU:Intel® Core i5-8350U ・メモリ:8GB ・グラフィックス:Intel HD Graphics 620 (Intel® i5-8350U モデル) ・OS:Windows 10 Pro(64bit) ・HDD/SSD空き領域:1GB以上 《高画質モード》 ・CPU:AMD Ryzen 5 2600 ・メモリ:8GB ・グラフィックス:GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 ・OS:Windows 10 Home(64bit) ・HDD/SSD空き領域:1GB以上 https://www.yumenographia.com/#/ 【「ユメノグラフィア」本日デスクトップモードリリース!】 本日4/1より、「ユメノグラフィア」がデスクトップモードをリリース! バーチャル空間のキャラクターに、今日から会いに行こう! 詳細はこちら!▽https://t.co/BO..
#ホロの試練

フェイスブック、マイクロLEDメーカーと独占契約 ARグラス開発用か

フェイスブックが英国のマイクロLEDメーカーPlessey(プレッシー)と独占契約を結びました。フェイスブックが開発を進めているとされるARグラス用ディスプレイの開発・製造にPlesseyが携わるようです。 独占契約はアップルへの対抗措置の意味も Plesseyは、低消費電力でありながら非常に高輝度なmicroLEDディスプレイを開発・製造している英国企業です。今回の発表について同社はプレスリリースの中で「フェイスブックが目指す次世代コンピューティングプラットフォームを実現するために彼らと協力することにしました。当社のLED事業は、フェイスブックがAR/VR空間で使用する可能性のある新技術の試作・開発支援に専念します」と述べました。 Plesseyは以前、Vuzix社と次世代のARスマートグラス「Vuzix」で協業しています。また、米メディアThe Informationは、AppleがPlesseyの買収を検討していたことを示唆しており、今回の両社の契約はフェイスブックの競合他社がPlesseyの技術利用を阻止するのにも一役買うだろう、と米メディアVRFocusは指摘しています。 さらにフェイスブックは昨年、レイバンの親会社であるLuxottica(ルクソティカ)と提携し、技術面だけでなくデザイン面でもARグラスの開発を進めているとも報じられています。 フェイスブック、ARグラスで新たなリーク 複数機種を開発中、レイバンと提携か | Mogura VR MoguraVR ただし、新型コロナウィルスの影響で今年はFacebook Developer Conference (F8)が開催されないことなどもあり、フェイスブックのAR関連ニュースはしばらく続報が出てこないかもしれません。 AR/VRに注力するフェイスブック、関連特許取得は1年で急増 | Mogura VR MoguraVR フェイスブックR&Dトップが語る次世代VRへの道 ARグラスには慎重姿勢 | Mogura VR MoguraVR (参考)VRFocus Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。
#ホロの試練

桐谷健太がauのCMで一瞬掛けていた赤いサングラスは何?

3月29日からYouTubeで公開された松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんらが出演するauのCM「au 5Gその手に」が注目を集めています。 https://www.youtube.com/watch?v=ufVpU_38msY auでは「5Gを未来とか言ったのは誰だ」をテーマに、5Gのキャンペーンを開始。TVCMでは出演者3名がサッカーやバンド「SEKAI NO OWARI」のライブ観戦を間近で体験する他、アニメ「攻殻機動隊」シリーズのタチコマが迫りくる場面が映されています。 桐谷賢人が掛けていた赤いサングラスは? 気になるのは、桐谷健太さんが一瞬掛けていた赤いサングラスの正体。これはKDDIがさまざまな事業で活用しているMRグラス「NrealLight(エンリアルライト)」です。NrealLightは中国の企業Nreal Ltd.が開発したもので、88gという非常に軽いボディと52度の視野角が特徴です。 https://www.youtube.com/watch?v=TtnqJfQsQ88 これを掛けると、現実の光景にデジタルな情報が重なり、架空の物体がまるでそこにあるかのように見られます。スマートフォンと接続して操作する仕組みのため、初心者でも気軽に扱いやすいのもポイントです。 KDDIでは現在NrealLightの一般販売を発表していないものの、スポーツ観戦などのイベントにて体験会を実施しています。また無償レンタルの開発プログラムを開始したり、米AR企業と連携してNrealLightを活用した会議システムを推進したりと、将来を見据えた動きを見せています。 NrealLightの詳細はこちら。 メガネ型MRグラス「NrealLight」とは? 価格や購入方法など最新情報まとめ【2019年9月版】 | Mogura VR MoguraVR auのCMに攻殻機動隊が登場する理由は? CMには攻殻機動隊のタチコマが登場しますが、auではNetflixで独占配信されるアニメ「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボしたキャンペーン「UNLIMITED REALITY」を4月より展開予定です。 NrealLightも用いられており、au SHIBUYA MODIや渋谷PARCO10階「コミューン」では、AR空間上でアニメのキャラクタ..
#ホロの試練

4月1日限定で「四月一日さん家の」一期がYouTubeで全話見放題

4月1日(水)限定でVTuberドラマ「四月一日さん家の」が、YouTube公式チャンネルで全話無料配信されています。 ドラマ「四月一日さん家の」は、2019年4月に放送されたVTuberが女優として出演している作品。四月一日三姉妹の長女・一花役にときのそらさん、猿楽町双葉さん演じる次女・二葉、響木アオさん演じる三女・三樹の三姉妹の日常を描いた、笑いあり涙ありのほのぼの日常が描かれています。 2020年4月5日(日)からはテレビ東京にて第二期「四月一日さん家と」の放送がスタートします。一期のレギュラー出演者に加えて「にじさんじ」所属ライバーの物述有栖さんが演じる白鳥生子や、雨夜瑠美役に朝ノ瑠璃さんなどさまざまな女性VTuberが登場します。 現在、一期の無料公開をしているYouTube公式チャンネルはこちら。 \1日限定ドラマ1期が全話無料で見放題/ 明日は4月1日、つまり #四月一日さん家の日 なのです(ノ*°▽°)ノ そこで! 4/1 0:00~Youtube公式チャンネルにてドラマ1期「四月一日さん家の」を一日限定で全話無料配信しちゃいます こちらで配信予定https://t.co/1wrfaBIjm9 pic.twitter.com/9aTqQoDuhA — おかめドラマ2期四月一日さん家と4/5(日)放送スタート (@watanukisanchi) 2020年3月31日 (参考)「四月一日さん家と」公式Twitter