REALITY Studio

#ホロの試練

お札がARで“動く名画”に。イギリスで新紙幣が発行

イングランド銀行は、2020年2月後半から発行が開始された新紙幣に対応するARレンズ(フィルター)を、スマートフォン向けカメラアプリ「スナップチャット(Snapchat)」上でリリースしました。 イギリス国内限定のARレンズ 新20ポンド紙幣は、2019年10月にデザインが公開されました。紙幣の表側にはエリザベス英女王、裏側にはイギリスの画家であるターナーの肖像画が描かれています。紙幣の素材は、紙製からポリマー(プラスチック)製に変更されました。 ARレンズは、端末のカメラを新20ポンド紙幣に向けることで動作します。レンズが紙幣に描かれたターナーの肖像画を認識すると、その部分にターナーの作品「解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号」が、ARアニメーションで表示されます。なおARレンズは、イギリス以外の国では使用できません。 ARと紙幣 紙幣とARを組み合わせる試みは、今回のイギリスの試みが初めてではありません。アメリカでは、トランプ政権が採用を見送ったアメリカの20ドルの新肖像をARアプリで再現する“試み”が行われました。ロシアでも2018年、専用のARアプリに対応した、200ルーブル紙幣と、2000ルーブル紙幣の発行が開始されています。 紙幣にスマホをかざすと…トランプ政権が見送った試みをグーグルが実現 | Mogura VR MoguraVR 日本では、2024年から各紙幣のデザイン(肖像)が現行のものから一新される予定です。イギリスやロシアのようにARに対応した紙幣が国内でも誕生するのか、今後の発表に期待したいところです。 https://www.youtube.com/watch?v=ClUFVu4ZRcI ARの広告・プロモーション活用事例10選 | Mogura VR MoguraVR (参考)Next Reality
#ホロの試練

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(2月29日~3月6日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! ひま食堂お料理へたくそ選手権 https://www.youtube.com/watch?v=iLKJWldss4E ひま食堂が行ったのは、色々なスタイルのやっちまった料理を視聴者から募集した「お料理へたくそ選手権」。2人がツッコミを入れながら紹介するのは、料理というかなんというか、哀愁にまみれた大変な物体だらけ。 料理屋VTuberならではの企画。普段はおいしいレシピを紹介しているだけに、やっちまった食べ物の画像は強烈です。もちろん食材を無駄にする遊びではなく、本気で作って失敗したものばかりなので、見て笑いながら泣きましょう。そしてみんなでひま食の動画を見て、料理うまくなろう。 【Chapter1】ep.2 Monolithus https://www.youtube.com/watch?v=-odl4-aQRR4 天比良地高校オカルト研究会の動画は、薄暗い中に少女が登場し、オカルト研究活動していくシリーズ。今回は学校を離れ遠くまで…「Monolithus」…モノリス? コメディなのか、シリアスなのか、ホラーなのか。現段階ではわからない、謎だらけの連作です。 かなり色味が暗くて背景が見えない映像なのですが、明度をあげると色々な手がかりが隠されている回もあります。かなり凝った作り込みがされているので、謎解き感覚で動画を追ってみるのもオススメです。 https://www.youtube.com/watch?v=1i3Wx-Q0Db8 歴史的出来事ってなんなのでしょう。どうやら大きな事件に巻き込まれているのは事実のようですが…まだまだ序盤、ワクワクしながら次の話を待ちましょうか。 【ドッキリ】突然、超かわいいVTuberに起こされたらどうするのか? https://www.youtube.com/watch?v=qnu3Yal9nWE ぽんぽこが行ったのは、ピーナッツくんの睡眠時にかわいいVTuberがやってきて起こしてくれたらどうなる?というドッキリ。協力者は周防パトラ。なんだいそれはうらやましすぎる。おはようわんわん。 ピーナッツくん..
#ホロの試練

エアアジアのバーチャルインフルエンサー“Miss AVA”に注目。インスタで活動中

マレーシアの航空会社・エアアジアが運用する、同社のバーチャルインフルエンサーMiss AVAが注目を集めています。 バーチャルインフルエンサーとは、影響力や発信力のある人物(インフルエンサー)をバーチャルキャラクターとして人工的に作り上げる試み。現実の人間と同じように、SNSを利用して自身の活動を発信し続けているのが特徴です。 チャットボットの発展形、より広く Miss AVAは、エアアジアのチャットボットAVA(AirAsia Virtual Allstar)の発展版に相当するキャラクター。主にインスタグラムなどで活動を行っています。Miss AVAは、エアアジアが顧客と交流するための新たな方法であると同時に、問い合わせへの対応や社会的関与(social engagement)を担うことも想定された存在です。 エアアジアのブランディング部門のグループヘッド、Rudy Khaw氏によれば、Miss AVAは、特定の人種や宗教、国籍を持たない存在で、誠実さや情熱、業務への熱心な取り組みなど、エアアジアの企業理念も同時に持ち合わせているとのこと。 プロジェクト自体は2019年に始動 Miss AVA“プロジェクト”は2019年前半に始動しました。開発チームは、広いマーケットに受け入れられるMiss AVAを構築するのに時間を要したと海外メディアMarketing Interactiveは解説。Khaw氏は特に困難だったのは、人間らしさと、明確なバーチャルパーソナリティらしさを両立させる点だったと述べています。 英大手航空も導入、"フライト中はVR体験"広まるか | Mogura VR MoguraVR バーチャルインフルエンサー、人気モデルとカルバン・クラインのPRで共演 | Mogura VR MoguraVR 日本の"バーチャルインフルエンサー"企業が約1億円調達、展開強化へ | Mogura VR MoguraVR (参考)Marketing Interactive
#ホロの試練

VALVE INDEXの実力は? 性能や使い心地を徹底レビュー

Valve社が独自に開発し、5本の指の動きを検知できるコントローラーが大きな話題となったVRヘッドセット、VALVE INDEX。昨年の11/28に日本に上陸してから3ヶ月が経ち、各国で品切れが続いていますが、積極的な購買層には行き届いている印象です(筆者も予約開始当日にノータイムでフルセットを注文しました)。 そんなVALVE INDEXは実際の普段遣いとしてはどうか、どのような人におすすめできるか、気になる方も多いはず。今回、MoguraオフィスにてVALVE INDEXを装着し、その使い心地を紹介します。 ヘッドセット概要 VALVE INDEXのヘッドセット本体は写真の通りです。まずは後頭部からチェックしてみましょう。 後頭部はダイヤルロックで固定するヘッドストラップが採用されており、装着時に頭のサイズに合わせて大きさを調整しやすい部類です。ゴーグルとヘッドストラップをつなぐユニットは、引っ張るとバネのように戻る仕掛けです。これにより、頭を入れればほぼ自動的にフィットします。補助パットも装着できるため、頭が小さい人向けにも調節可能です。 フェイスクッションはマグネット式で着け外しができるため、メンテナンス性が良好です。 大きな特徴のひとつ、オフイヤースピーカー。耳に密着するヘッドホンではなく、耳から離れたスピーカーが採用されています。明確なメリットは、直接接触しないおかげで耳が蒸れず、痛くなりにくいこと。聞こえ具合はヘッドホンと大差なく、遠くから聞こえてくるように感じられ、没入感を得られることもあります。 なかなか見かけないシロモノですが、VRを体験する際は非常に有用です。ただし、ヘッドホンより音漏れしやすいため、周囲に人がいる際は少し注意するべきかもしれません。 正面のクリアパーツはマグネット式で簡単に脱着可能。外した内側には、LeapMotionなどのUSBデバイスを設置できる接続口が設けられています。本機のドッキリメカニズムのひとつですが、今のところ有効活用できるコンテンツは出てきていないので、活きるかどうかは今後の発表次第でしょう。 このようにヘッドセット単体で見てもかなり多機能で、利便性も高めに仕上がっています。その分、全体的に重量があり、重心が常に前のめり気味。Oculus Questほど極端ではありませんが、長時間の使用はやや..
#ホロの試練

有名アーティストと一緒にパフォーマンスできる、ARアプリ「Jadu」

アメリカのコンテンツスタジオの1RICは、著名アーティストと“共同パフォーマンス”ができるARアプリ「Jadu」をリリースしました。対応デバイスはiOS、ダウンロードは無料で行えます。 「Jadu」は、事前に撮影された各アーティストの3DCGをARで表示するアプリ。アプリ使用者は、表示された3DCGと一緒に動くことで、自分の好きなようにパフォーマンスを行えます。 本アプリは、若年層の使用を想定しており、ローンチ時にはラッパーのヴィック・メンサや音楽グループのパレイ ロイヤル、歌手のポピーなどをARで表示できます。これらのアーティストは、いずれも(海外の)若者世代からの人気が高いことで知られています。 「Jadu」で使用できる各アーティストの3DCGは、いずれも15秒程度の短編映像。米メディアForbesによれば、映像の撮影は106基のカメラを使用して行われ、2D映像を“組み合わせる”ことで3D化されたとのこと。撮影は、ロサンゼルスのスタジオMetastageで実施されました。 現時点で利用できるのは、アーティスト1人につき、ひとつの映像のみですが、1RICは新たなアーティストの登場など、継続的なアップデートを予定しています。アップデートの第1弾は、今月(3月)中の配信が予定されています。 「Jadu」のリリースについて、1RICの創業者でCEOのアーティストAsad J. Malik氏は以下のようにコメントしています。 我々は「Jadu」を、新たな臨場感あるアプリにしたいと考えています。各アーティストにとっても、彼らを深く応援している若者たちとこのような臨場感(ある体験)をシェアするのは特別なことでしょう。 私は第一陣として参加してくれたアーティストたちを心から誇りに思っています。彼らのファンは多感な年頃で、自己表現や一体感の形成に彼らアーティストの音楽を活用しています。我々はそのような繋がりを強めることを、手助けしたいのです。 画面タップで分身!? "映える"AR動画を作れるアプリがリリース | Mogura VR MoguraVR 指先でなぞって再生する"デジタルレコード"、インスタのARフィルターで | Mogura VR MoguraVR (参考)Forbes
#ホロの試練

絵本作家「ドクター・スース」の幼児向けARアプリが登場、楽しくアルファベットが学べる

アメリカの絵本作家ドクター・スースを題材にした子供向けAR教育アプリ「Dr. Suess’s ABC – An Amazing AR Alphabet!」(以下Dr. Suess’s ABC)が、iOS向けにリリースされました。価格は3.99ドル(約430円)です。 「Dr. Suess’s ABC」は、AからZまでのアルファベットをARを活用して学べるアプリ。イギリスのクリエイティブスタジオSugar Creativeが、ゲームエンジン「Unity」の拡張機能MARSを使用して制作しました。 本アプリを使用する子供は、ドクター・スースの著書に登場するキャラクターと一緒に勉強をARで進めていくことができます。米メディアVRScoutによれば、アプリにはストーリーモードとサンドボックスモードが存在しており、物語を追う形でアルファベットの勉強をするほか、ARキャラクターを使用して自分自身の物語を作ることも可能とのこと。 「Dr. Suess’s ABC」について、Sugar CreativeのクリエイティブマネージングディレクターJason Veal氏は以下のようにコメントしています。 デジタルメディアとAR技術は、幼児期の子供の学習をサポートする強力なツールになり得ます。我々は様々なご家庭にインタラクティブな(ゲーム)プレイの機会を提供できることを喜ばしく思っています。「Dr. Suess’s ABC」は子供たちを毎回、体験学習やユニークな創造体験へと誘います。 VRで子供たちがサイエンスツアー グリーがJAXAと共同制作のパッケージを提供開始 | Mogura VR MoguraVR ARでエルモをかぶろう! 「セサミストリート」のアプリが配信開始 | Mogura VR MoguraVR (参考)VRScout Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。
#ホロの試練

“自動車VR”のHoloride、体験型施設にVRコンテンツを提供開始

自動車向けのVRコンテンツなどを手掛けるドイツのスタートアップHolorideは、体験型VR施設に対してコンテンツを配給することを発表しました。Holorideは車両向けVRコンテンツ制作などで知られており、アウディやポルシェなどの自動車メーカーへの導入を進めています。 HolorideのVRコンテンツは、今後数週間のうちに世界各国のVR体験施設でプレイ可能になる予定です。2020年3月6日現在、配給が行われる施設の詳細やVRコンテンツの詳しい内容は発表されていません。 HolorideのVRコンテンツは“アピール”か? 海外メディアARPostによれば、今回のHolorideの体験型VR施設“への“参入”は、将来的な(自動車VRの)利用者層と、コンテンツクリエイターになる可能性のあるデベロッパーへのアピールであるとのこと。 HolorideのVRコンテンツは、2Dと3Dの切り替えが可能。センサーが走行中の車両の動きを検知するのが特長です。車両が加減速や方向転換を行うと、その動きがVR内に反映されます。 Holorideのコンテンツは当初、自動運転機能が搭載された車両での使用が想定されていました。Holorideの共同創業者Nils Wollny氏によれば「運転が不要になった車では、利用者がコンテンツを体験可能な時間が増えることに加えて、車の(予期せぬ)動きが乗り物酔いを招く可能性がある、と考えた」とのこと。 「車の中で楽しむVR」が正式スタート、まずは期間限定で | Mogura VR MoguraVR ポルシェが「自動車の中で楽しむVR」導入へ | Mogura VR MoguraVR (参考)ARPost
#ホロの試練

プロのホラークリエイターがVRホラーゲ―ムを体験してみたら?(前編)

「バイオハザード7 レジデント イービル」や「Five Nights at Freddy’s VR」などを筆頭に、VRゲームの中でもひときわ充実しているジャンルがVR×ホラー。プレイヤーからは「VRはリアルな恐怖体験が魅力!」という感想がよく聞かれますが、実際にお化け屋敷を制作しているような、“プロのホラークリエイター”の目にはどのように映るのでしょうか? 本記事ではプロのホラークリエイターの夜住アンナをお呼びして、実際にVRゲームを体験していただきました。恐怖を演出する上でのコツや、VRならではのホラーの魅力についても満載です。 今回ご協力いただいたホラークリエイター:夜住アンナさん 夜住アンナ/Anna Yozumi: 2017年に東京で開催された協力型ホラーイベント「サマー・キラー」をはじめ、横浜中華街での「THE WITCH」の総合プロデュースや、サンリオピューロランド「PURO HALLOWEEN PARTY~KAWAII MASQUERADE~」の1部企画監修などを手掛けている。従来のお化け屋敷とは一線を画す“美しく怖いホラー”の演出で知られている。 主なお仕事: https://www.youtube.com/watch?v=cTXKJRSh5Rw 美しすぎるお化け屋敷「THE WITCH(ザ・ウィッチ)」 https://www.youtube.com/watch?v=S2r5h637KEg 禁断のハロウィンパーティ「Black letter(ブラックレター)」 「バイオハザード7」VRに挑戦! まずはVRホラーの定番といわれる「バイオハザード7VR」(グロテスクバージョン)に挑戦。バトルシーンの見られる場面まで進行した状態のものをプレイしてもらいました。夜住さんはこれまでいくつかのホラーVRゲームはプレイしたことがあるものの、PSVRは初めてとのこと。 ゲームスタート ――まず絵画が見えてきましたね。普段の企画の際は、こういったものも制作されるのですか? 夜住: 自分で作りますね。企画展のテーマに合わせて、呪われてる絵画を描くこともあります。……それにしてもリアルですね。 散らかったキッチンへ… ――「バイオ」では、この家のセットを実際に組んでから3Dスキャンしているそうです。 夜住: だからこんなにリアルなんです..
#ホロの試練

その数2,000点以上、スミソニアン博物館運営が著作権フリーの3Dモデル公開

米国のスミソニアン博物館を運営するスミソニアン学術協会は、スペースシャトルを始めとする多くの3Dモデルを公開しています。現在2,000点以上の3Dコンテンツが使用でき、主に教育現場などでの活用が期待されています。 機体の警告ラベルまで詳細に 公開された3DCGの代表例として、スペースシャトルのディスカバリー号(Space Shuttle Discovery)が挙げられます。撮影はレーザースキャナー等を用いて、フォトグラメトリの手法で行われました。タイル1枚1枚のシリアルナンバーや、警告ラベルの文字を読み取れるほど精密なモデリングに成功しています。 https://www.youtube.com/watch?v=j30Rj–s0Gc ウェブサイトでは、3Dモデルのダウンロードもできます。保存データを用いて、オフラインでの閲覧や3Dプリントが可能です。今後は、機体内部の3Dスキャンも計画していると言います。なおディスカバリーの3Dモデルは、SketchFabのプラットフォームでも公開されています。 2,000点以上の著作権フリーモデル ディスカバリーの他にも、スミソニアン学術協会は2,000以上の3Dモデルを”Open Access models”と呼ぶライブラリで公開しています。これらはすべて無料かつ著作権フリーです。アブラハム・リンカーンの頭像からクジラの骨格に至るまで、モデルをスライスして見たり、3Dプリンターでの製作に使うことができます。 We just released the Orbiter Space Shuttle OV-103 Discovery from @Smithsonian @3D_Digi_SI through our new massive pipeline supporting unlimited resolution. Here is a comparison with/without: Regular @Sketchfab: https://t.co/GDG9eJFVRY Massive @Sketchfab: https://t.co/HIG9ROBfdT pic.twitter.com/Noui7k6s7B — alban denoyel (@albn) March 2, 2020 (参考)Forbes
#ホロの試練

【にじさんじを追う!】ARK、夜勤、スプラ杯など 2月まとめ

にじさんじの動向を月ごとに振り返る連載「にじさんじを追う!」。Zepp全国ツアー「Shout in the Rainbow!」がスタートし、配信では多くのにじさんじライバーが同じゲームをプレイする配信が目立った。2月の特集では少し趣向を変え、ゲーム実況をメインに振り返ってみよう。 トピック①恐竜の島で文明を開化させよ! https://www.youtube.com/watch?v=IvB8dXojDvk ホロライブ・桐生ココによるARKホロライブサーバー設置をきっかけに、Vtuber界隈に大きく広がったサバイバル・文明開化ゲーム「ARK: Survival Evolved」。ホロライブではサーバー設置直後から、配信内外問わず長時間プレイヤー(ARK廃人)を生み出すまでにメンバーを虜にしてしまった。 「マインクラフト」や「Raft」、「Atlas」などのような開発・サバイバルゲームだが、「恐竜を飼う(テイム)」という要素が特徴的。2018年8月ごろに静凛(openrecアーカイブ)が、2019年1月ごろに本間ひまわりがプレイしていたことがある。特に本間ひまわりについては総プレイ時間8000時間を超えるプレイヤーであった。 ARKのけいけんは 公式PVP5200時間 非公式PVP3000時間 公式PVE20時間ぐらい(・ヮ・) 参考にしてたも~ — 本間ひまわり (@honmahimawari) December 29, 2018 1月のSONYイベント後、ARKのブームを受けた本間ひまわりがARKにじさんじサーバーを立てることに。すると、にじさんじグループでもARK廃人が生まれ、日々テイムと開発、探検が行われるようになった。その一端を振り返ってみよう。 最初にARKにじさんじサーバーに立ち入ったのは本間ひまわりとラトナ・プティ。続いて椎名唯華と夜見れなが参加した。 https://www.youtube.com/watch?v=tRcx37v4H38 恐竜・モスコプスをテイムできた瞬間、興奮していた椎名唯華の姿が印象的だった。一方、神田笑一はテイムされていない恐竜からの襲撃に遭い、何度もリスタートすることに。それでも配信時間が5時間を超えているのは、このゲームの中毒性ゆえだろう。 https://www.youtube.com/watch?v..
#ホロの試練

“ARキャンペーン”で注文率が25%増加、米ピザチェーンの事例

アメリカのピザチェーン店パパ・ジョンズ・ピザ(Papa John’s Pizza)は、スナップチャットを利用したARキャンペーンの成果を報告しています。「キャンペーンを体験したユーザーの25%が実際にピザを購入、ブランド認知率も6%アップした」とのこと。 他メディアより圧倒的に高いコンバージョン率を達成 パパ・ジョンズはバレンタインデーの時期に合わせて、SnapchatのARレンズ(フィルター)を使ったキャンペーンを2019年に実施しました(※2020年にも実施)。このARレンズでは、ハートをモチーフにしたARアニメーションが利用できます。 同キャンペーンではSnapchatから直接ピザを注文できるようになっており、キャンペーンを体験したユーザーのうち、25%が実際にピザを購入しました。また、ARレンズ利用者のユニークユーザー率は60%で、この結果からキャンペーンによるブランド認知率は6%向上したと見なされました。 特に25%ものコンバージョン率(実際に商品購入まで至った割合)は、他のデジタルメディアに比べてはるかに高い数値です。 (画像:パパ・ジョンズの2020年のバレンタインキャンペーン。公式Twitterより) SnapchatのARレンズがARキャンペーンの有力メディアに Snapchatは利用者も多く、ARレンズを使って写真を撮ることも一般化してきたため、広告主にとってはARキャンペーンを行うメディアとして最上位にあります。 Snapchat自身の報告によると、スポンサー付きARレンズの平均体験時間は10~15秒。広告認知度、ブランド認知度、実際にユーザーが行動を起こす率はそれぞれ19%、6%、3.4%上昇し、エンゲージメント後の製品販売では平均9%の伸びを達成しているとのことです。 最も多く使われたARアプリやAR広告の浸透度は? 調査レポート | Mogura VR MoguraVR スマホをかざすと溶岩や洪水が地面を覆う ARフィルターが登場 | Mogura VR MoguraVR 流行にHuluも参戦 見る作品を決めてくれるARフィルター登場 | Mogura VR MoguraVR (参考)AR Insider
#ホロの試練

【ドラクエウォーク】新上級職「魔法戦士」、3月12日に実装

3月6日(金)スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式YouTubeチャンネルで、情報番組「スマートウォーク」の“ミニ”版、第2回が公開。新上級職「魔法戦士」が3月12日(木)に実装されることが告知されました。 https://www.youtube.com/watch?v=nhxGMQDZgJI&feature=youtu.be 上級職は、「ドラゴンクエストウォーク」に実装されている基本職(戦士、僧侶、武闘家など)の上位に位置する職業。それぞれの上級職には、関連する2つの基本職のレベルを50にすることで転職できます。「魔法戦士」の場合は、「戦士」と「魔法使い」のレベルを50にしなければなりません。 今回の「スマートウォーク」では、「魔法戦士」を使用したプレイ映像も公開されました。動画からは、「マヒャド斬り」や「ベギラマ」を使って敵と戦う様子や、「MPバザー」で味方にMPを分け与えるシーンなどが確認できます。 【ドラクエウォーク】第3回「スマートウォーク」公開 「魔法戦士」などの実装を予告 | Mogura VR MoguraVR © 2019,2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)ドラゴンクエストウォーク YouTube公式チャンネル
#ホロの試練

【ドラクエウォーク】基本職応援キャンペーン開催中 今週はアイテムプレゼントも

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、「基本職応援キャンペーン」が開催されています。開催期間は、3月9日(月)午後14:59まで。 「基本職応援キャンペーン」では期間中、基本職(戦士、武道家、僧侶、魔法使い、盗賊)でフィールド通常戦闘を行った際に得られる経験値が、通常の50%増(150%)になります。キャンペーン中に「経験の珠」を使用した場合、更に20%が加算され、合計70%増(170%)の経験値を得ることが可能です。 今週の「基本職応援キャンペーン」では、ラストスパート(キャンペーン最終週)として、「においぶくろ」5個と「経験の珠」1個が、期間中の3日間、毎日プレゼントされます。プレゼントの受け取り可能期間は以下の通りです。 ・3月7日(土)午前3:00から3月8日(日)午前2:59まで。 ・3月8日(日)午前3:00から3月9日(月)午前2:59まで。 ・3月9日(月)午前3:00から3月10日(火)午前2:59まで。 © 2019,2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (参考)ドラゴンクエストウォーク 公式サイト
#ホロの試練

ダンスアーティストのケント・モリ、ARライブパフォーマンスを取り入れデビュー

ダンスアーティストのケント・モリさんが、音楽×最先端AR技術を掛け合わせて活動するAR Artist KENTOとしてデビューすることが発表されました。 ケント・モリさんは2016年までダンスアーティストとしてマドンナやクリス・ブラウンなどの世界のトップアーティストの専属ダンサーを務めてきました。その後、次のチャレンジとして準備開発期間に入っていました。 https://www.youtube.com/watch?v=paThfziTAiA 4年越しの始動となったAR Artist KENTOは、世界中の人々を躍らせるダンスミュージックと、最先端のAR技術を投入した新しい形のライブパフォーマンスを披露するとのことです。リアルタイムモーションキャプチャーを使用し、ライブ中にARエフェクトが生成される新しい表現方法を採用。楽曲もARパフォーマンスを視野に入れた「目に見える音楽」を届けるとのこと。 また、3月3日(火)のデビューシングル「IM BACK」の全世界配信リリースを皮切りに、全60曲を1年間毎週リリースするプロジェクトも始動しました。リアルライブモーションキャプチャーを使った映像も解禁されています。「IM BACK」の配信リンクはこちら。 (参考)株式会社ジーライオン プレスリリース
#ホロの試練

エルセとさめのぽきの制作グループ「Project BLUE」が新メンバー募集

バーチャル音楽ユニット「エルセとさめのぽき」の制作グループ「Project BLUE」が、新しい制作メンバーを募集します。 これまで「Project BLUE」は「エルセとさめのぽき」のMVや音楽、開発などをすべてチーム内で手掛けてきました。CGや音楽分野のプロフェッショナルが集まり、現在は5人のメンバーで構成されています。 このたびさらなるクオリティの向上、規模の拡大を目指すために、スキルを限定せずに新メンバーの募集を行います。募集は3月6日(金)の19:00~3月31日(火)23:59まで、専用応募フォームから受け付けています。 「ProjectBLUE 新メンバー募集プロジェクト」の概要 募集期間 2020年3月6日(金)~3月31日(火) 募集要項 ・「エルセとさめのぽき」および「ProjectBLUE」を永く愛していただける方。 ・チームメンバーを尊重しあえる方。 ・遠方の場合でも、スキルに応じて何かご協力いただけることがないかどうか、こちらでも考慮させていただきます。 ・カメラワーク、アニメーション、モデリングいずれかのスキルがあると望ましいです。 ・その他、望ましいと思っている方 英語翻訳・中国語翻訳・シナリオライター・動画エディター・ディレクター・マネージャー プロジェクトのスケジュール ①当応募フォームを用いた募集 ②気になった方に声をかけさせて頂きます。 ③メンバーと直接の打ち合わせ、または音声通話による打ち合わせをさせて頂きます。 ④最短で5月頃から、ProjectBLUE 正式メンバーとして共に活動を開始します。 応募フォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScFGVkQkScd0xQACPvYHKm9cxCbxeFQLy0VOywIH6dpbTT-5Q/viewform (参考)ProjectBLUE 公式Twitter
#ホロの試練

日中同時配信VR音楽ライブが無観客での開催に 新型コロナにより

3月21日(土)の日中同時配信VR音楽ライブ「以心伝心有灵犀 -Borderless Live 5G-」が、無観客での開催に変更することが決定しました。 今回のライブは、新型コロナウイルスの影響により内容を一部変更し、観客を招いての5G体験は実施せず無観客で開催するに至ったとのこと。当日はYouTubeやニコニコ生放送、bilibiliなど各動画配信プラットフォームにおいてライブ配信が行われます。 「以心伝心有灵犀 -Borderless Live 5G-」は、5Gを利用した日中同時配信VR音楽ライブとして企画されたイベント。ライブ出演アーティストには、「直感×アルゴリズム♪」からTacitlyさん、日本からはキズナアイさんやYuNiさんの出演が出演し、中国から泠鸢(yousa)さんが出演します。今回の無観客での開催について、出演メンバーおよび主催者からメッセージが発表されました。 発表されたメッセージ 主催からのメッセージ 昨今の新型コロナウィルスの影響を鑑み、2020 年 3 月 21 日(土)に開催を予定しておりました日中共同配信 VR 音楽ライブ「以心伝心有灵犀 -Borderless Live 5G-」の内容を一部変更し、お客様をお迎えしての 5G 体験は実施せず、無観客で開催することを決定いたしました。 本ライブのコンセプトである、日本語の「以心伝心」、中国語の「心有灵犀」という言葉に思いを込め、お客様をお迎えしない形ではありますが、日本・中国同時配信を実施し、多くの方に元気をお届けしたいと考えています。 出演者からのメッセージ KILIN(Tacitly) とっても残念だけど、みんなの安全を考え考えに考えて、決断をしました。みんなも知ってるように、いまのぼくの生まれた日本、シーちゃんの生まれた中国、それ以外にもたくさんの国が大変なことになっています。 ぼくに出来ることは限られているけど、3月21日はみんなに少しでも多くの元気を届けるね! XI(Tacitly) 私たちの歌『フタリセカイ』にもあるように「届く光 夜が明けて 色づく景色に歌を見つけたよ」……夜明けは来ます。遠く離れていても私たちはつながっていて、そしてきっとどんな困難も乗り越えられるはずだから。3月21日、思いを込めて一生懸命に歌います!「中国がんばれ!日本がんばれ!世界がん..
#ホロの試練

2D画像から3DCGを生成、マイクロソフトが新手法

マイクロソフトの研究機関であるマイクロソフトリサーチ(Microsoft Research)が、AIを活用して2D画像データから3DCGデータを生成する新手法についての論文を発表しました。 今回発表された論文(※リンク先PDF)は、「先行する手法よりも優れた3DCGデータを生成でき、ビデオゲーム開発者、eコマース事業者、3DCG制作スキルを持たないアニメーションスタジオなどが恩恵を受けられるだろう」としています。 既存のレンダリングソフトも活用、クオリティ向上 2D画像データから3DCGデータを生成する手法は、フェイスブックやNVIDIAのような大企業、そしてThreedy.aiのようなスタートアップまで幅広く研究されています。今回マイクロソフトリサーチのチームは、既存の産業用レンダリングソフトを活用する方法を模索しました。 (画像:マイクロソフトのモデルによって生成されたソファ、椅子、バスタブ) 論文によると、新たに導入したプロキシ・ニューラル・レンダラー(proxy neural renderer)を用いて3DCGの元となるデータを生成。その後にレンダリングソフトにデータを渡し、 出力データと一致するように学習させることで3DCGデータのクオリティを上げるとのこと。 (画像:マイクロソフトのモデルによって生成されたキノコ) 研究チームによると、「元の2D画像が持つ陰影の情報から意味のある情報を抽出して学習させることで、より良い結果を生み出せる」とのこと。同チームはさらに、色や素材、照明情報の予測をシステムに組み込むことで、より一般的な実世界のデータセットで動作するようにできるだろうと述べています。 古い写真や動画も3D化。フェイスブックの写真機能が大幅アプデ | Mogura VR MoguraVR 2D映像から3Dモデルを生成 映画のシーンをARで現実空間に再現 | Mogura VR MoguraVR (参考)VentureBeat
#ホロの試練

VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第2回目

ゲームを始めとしたオリジナル作品を思うままに制作でき、様々なクリエイターが作ったゲームを遊ぶことも出来るPS4専用ソフト「Dreams Universe」。このゲームを、えもこさん、もちひよこさん、ミディさんのVTuber3名が実際にプレイして、オリジナルゲームづくりに挑戦することに。 第1回では、各々が作りたいゲームの設計図を組み立て、チュートリアルで作り方を学びました。今回は、いよいよ本格的にゲーム作りにチャレンジ! 一体どんな雰囲気の作品に仕上がっていくのでしょうか…!? 【前回の記事はこちら!】 VTuberがPS4でゲーム作りに挑戦!? クリエイター心をくすぐる「Dreams Universe」体験記 第1回 ゲーム制作に挑戦するVTuberを紹介! 3Dジオラマの作成に挑戦! こんにちは、えもこです!バーチャル美術家YouTuberとしてアナログからVRアートまでいろいろな作品を作っています。 今回はゲーム作りに挑戦!ということで、とてもワクワクしています!! 世界中の人達が作った色々なゲームで遊べるのも楽しみです! キャラクターモデリングに挑戦! 人生2周目幼女のもちひよこです!バーチャルクリエイターとしてVTuberさんの3Dモデリングをしたり、個人VTuberプロダクションを作ったりしてます。 今回はどんなゲームでも好き勝手作れるゲームを遊べるということで、ゲームの世界や登場キャラクターを自分で作れるのがとっても楽しみです!! オリジナル楽曲の制作に挑戦! 作曲の仕方やオリジナル曲の投稿をメインに活動している作曲VTuberのミディと申します。普段からゲーム好きで発売日に買ってはその日にクリアしてしまうくらい好きです。趣味で昔からゲームづくりをしていたのでクリエイト魂を発揮できたら嬉しいです!とても楽しみです! ゲーム作り本番開始! えもこ:素材を組み合わせて3Dジオラマを作ってみよう! えもこです! まずはゲームのステージを3Dで作ってみました! 私の作るシューティングゲームは「夢の世界」が舞台なので、色々なものがプカプカ浮いている不思議で楽しげな空間にしてみました。実際のゲームではこの3Dジオラマの中を自由に動き回れるようにしたいと思います! ゲームのステージは1から自分で作ることもできますが、最初から用意されている素材や、他..
#ホロの試練

ホロライブ中国2期生、3名デビュー

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」の「ホロライブ中国」において、2期生のDoris(ドリス)さん、Artia(アティア)さん、Rosalyn(ロサリン)さんのデビューが決定しました。 3人は3月6日(金)より中国の動画配信サービス「bilibili」のアカウントおよびチャンネルを開設し活動を開始します。3月末にはbilibili上で順次初配信を行なう予定です。 「ホロライブ中国」は、これまで一期生として夜霧さん、Civia(シビア)さんがデビューし、bilibiliを中心に活動しています。 メンバー紹介 Doris(ドリス) 深海から来た明るく元気な人魚姫(マーメイド)。 「もっと陸上の世界のことを知りたい」と思い、 二本足の姿に変身してみんなのところにやってきた。 嫌いな食べ物は魚料理全般。 bilibili公式アカウント bilibili公式チャンネル Artia(アティア) 異世界から来た氷を操る魔法使い。 社交的な見た目に反し、実は人見知りでひきこもり。 ゲームを通して自らの魔力を高めることができる。 ゲームで遊ぶことを”修行”と称し日々修練を重ねている。 bilibili公式アカウント bilibili公式チャンネル Rosalyn(ロサリン) 異世界の司書。 見聞を広めるため、いろいろな世界を旅している。 旅の途中でTCG(トレーディングカードゲーム)にハマり、この世界に留まることを決めた。 目標はTCGの世界大会に出ること。 bilibili公式アカウント bilibili公式チャンネル 中国をメインに活動 ホロライブ中国一期生「夜霧」デビュー | Mogura VR MoguraVR ホロライブ中国1期生の2人目「Civia」デビュー | Mogura VR MoguraVR (参考)カバー株式会社 プレスリリース
#ホロの試練

「学芸大青春」1stライブが5月1日・5月8日開催

5人組ボーイズグループ「学芸大青春」の1stライブ「WHO WE ARE!」が5月1日(金)と5月8日(金)の2日間にわたって、東京池袋のイベントスペース「harevutai -IKEBUKURO LIVE SPACE-」にて開催されます。 3月6日(金)にYouTubeで行われた生放送「じゅね生」では、LIVEのため製作された新衣装が初披露され、ライブに向けたメンバーの意気込みなども語られました。 チケットの先行販売は3月6日(金)22:00から受付が開始し、抽選結果は3月20日(金)に発表されます。一般販売は後日発表を予定しています。 学芸大青春メンバーのコメント(敬称略) ・南優輝 1st LIVE開催決定しました!! いつも応援して下さり本当にありがとうございます。 今回初披露となる自分たちのダンス、皆さんに楽しんでいただける様、日々5 人で磨いています! これまでお届けしてきた歌や演技だけではなく、今回のライブではダンスでも俺たちの思いを届けたいと思います。新衣装になっての初パフォーマンス是非楽しみにしていて下さい! 一緒に最高のライブしましょう!! ・内田将綺 1st LIVE 決まったな! みんなありがとう! 俺たち学芸大青春は、ポップス、ヒップホップ、ロック、トラップミュージックなどあらゆるジャンルに挑戦してきましたが、そんな俺たちの挑戦をみんなと一緒に共有出来る最高の場所に向かって日々準備してるのでお楽しみに!! じゅねすの五色の歌声を待っててくれーい! ・仲川蓮 僕はライブに行くといつもグッズをたくさん買っちゃいます。ライブ T シャツを着て参戦するとみんなと一体感出るし、歌に合わせてタオルとかライトを振ってると、自分もよりライブに参加してる感じがして楽しいよね。ちなみに、天使と悪魔キーホルダーは僕の携帯に着けるつもり。一緒に最高のライブにしようね。 「学芸大青春 1st LIVE「WHO WE ARE!」の概要 日時 5月1日(金)開場 18:30 開演 19:00 5月8日(金)開場 18:30 開演 19:00 会場 harevutai -IKEBUKURO LIVE SPACE- (東京都豊島区東池袋 1-19-1 Hareza 池袋 harevutai) チケット オールスタンディング 先行販売(抽選)き..
#ホロの試練

にじさんじクイズ王 大蛇丸一般男性コラボ【週間VTuberニュースまとめ】

「週間VTuberニュースまとめ」では、MoguLiveで掲載したVTuberニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VTuberの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.QuizKnockが作問協力「にじさんじクイズ王決定戦」配信(3.2) 2.VTuberのPUBG大会が開催 電脳少女シロ、アイドル部、にじさんじが参加(3.2) 3.VTuberナギナミ、“自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性”とコラボ(3.2) 4.VARKで定期ライブ企画開催、第1弾はゲーム部桜樹みりあ・夢咲楓(3.5) 5.ピーナッツくん・ぽんぽこが専門学校のオープンキャンパスにゲスト出演(3.6) QuizKnockが作問協力「にじさんじクイズ王決定戦」配信(3.2) 3月7日(土)の18:00から、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の公式YouTubeチャンネルにて「にじさんじクイズ王決定戦」が行われます。黛灰さん、緑仙さんが企画を行い、夢追翔さんが司会を担当。にじさんじライバーの人気トリオ6組(計18名)が参加者として出演する予定です。 クイズの作問はウェブメディア「QuizKnock」の川上拓朗さんが一部協力。3人1組で「にじさんじ」に関連した内容に答えるクイズになっているそうです。 QuizKnockが作問協力「にじさんじクイズ王決定戦」配信 | Mogura VR MoguraVR VTuberのPUBG大会が開催 電脳少女シロ、アイドル部、にじさんじが参加(3.2) 3月29日(日)17:00に、VTuber限定のe-sports大会「Legion Doujou Cup:VTuber編」が開催されます。バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOW’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」にVTuberが2人1組で参加し、ゲスト出演者を加えた最大40組、総勢80名で対戦します。 大会MCは渋谷ハルさん、実況はOooDaさんで、ゲストとして電脳少女シロさん、アイドル部より花京院ちえりさんと北上双葉さん、にじさんじより叶さんと葛葉さんが参加。なお、電脳少女シロさんのデュオは、当日明かされるとのことです。 VTuberのPUBG大会が開催 電脳少女シロ、アイドル部、にじさんじが参加 | Mogura ..
#ホロの試練

叩くたびに手が“変わる”! Oculus Quest向けハンドトラッキングデモが登場

Oculus Quest(オキュラス クエスト)向けのサイドローディング(※)アプリ「SideQuest」で、同VRヘッドセットのハンドトラッキング機能を活用した、手が様々な状態に変化する技術デモ「HandSpace」がリリースされました。ダウンロードは無料で行えます。 (※サイドローディング:正規のアプリストア以外から、アプリを入手しインストールすること) https://www.youtube.com/watch?v=HfgCS_tTcPs 「HandSpace」は、eコマースプラットフォーム企業ShopifyでVR/AR部門を統括する、Daniel Beauchamp氏が開発したアプリ。同氏はOculus Questのハンドトラッキングの活用に注力している人物で、2020年2月には、複数の”デモ映像”を公開したことで注目を集めました。 今回公開された映像からは、手を叩くたびに手自体のサイズや“形状”が次々と変わっていく様子が確認できます。“通常の手”をVR内でどのように動かすかを模索している企業や開発者が多いなか、Beauchamp氏の一連の取り組みは非常にユニークと言えるのではないでしょうか。 【Oculus Quest】ハンドトラッキングでゲームは楽しめるか? 実践してみた | Mogura VR MoguraVR 【Oculus Quest】まさかのロケットパンチ。手首を飛ばして遠隔ハンドトラッキング | Mogura VR MoguraVR 【Oculus Quest】非公式に配信中 ハンドトラッキング対応VRゲーム | Mogura VR MoguraVR (参考)UploadVR
#ホロの試練

足で操作するVRコントローラー「3dRudder」に新モデル、Oculus Questにも対応

足で操作するVRコントローラー「3dRudder」シリーズを手掛ける3dRudder社は、同社の新コントローラー「3dRudder Pro Wireless」がOculus Quest(オキュラス クエスト)に対応することを発表しました。 https://www.youtube.com/watch?v=5lhUx-YsZ7w 「3dRudder」シリーズは、円盤型のフットモーションコントローラー。ユーザーの動きを傾きと回転で認識します。ユーザーが足で円盤を傾けたり回転させると、ゲームにその動きが反映されます。 「3dRudder Pro Wireless」は法人向けのデバイスで、VRヘッドセットとワイヤレスで接続できるのが特長です。公開された映像からはOculus Questを装着した男性が、同VRコントローラーを使用しつつ、ハンドトラッキングのデモをプレイする様子が確認できます。 ハンドトラッキングの問題を解決できるか 米メディアUploadVRは、「3dRudder Pro Wireless」をOculus Questのハンドトラッキングに存在する“問題”を解決できるかもしれないデバイス、と評価しています。 ハンドトラッキングは、使用することでコントローラー無しでもVR内の各種操作を行えます。しかしアナログスティックが存在しないことから、VRゲームなどで広範囲の移動を(快適に)行うには別の操作方法が必要です。UploadVRは、「3dRudder Pro Wireless」を“移動システム”とすることで、この問題を解消できると考察しています。 「3dRudder Pro Wireless」の価格は199ドル(約21,000円)。発売予定日は2020年3月30日です。 足で操作するVRコントローラー3dRudder、PSVR対応版が登場 | Mogura VR MoguraVR 部屋が狭くてもHTC Vive フットコントローラー「3dRudder」がルームスケールに対応 | Mogura VR MoguraVR (参考)UploadVR
#ホロの試練

AZKi対バン企画の昼公演に「さめのぽきとツラニミズのふたり会」開催

3月22日(日)に、バーチャルシンガーのAZKiさん主催による対バン企画「LAST V STANDiNG vol.2」が、秋葉原エンタスで開催されます。さらに、同日の昼公演として「さめのぽきとツラニミズのふたり会」の開催が決定しました。 「LAST V STANDiNG vol.2」は、AZKiさんとバーチャル音楽ユニット「エルセとさめのぽき」がする対バン企画。公演ではさめのぽきさんが書き下ろした新曲が披露される予定です。昼公演の「さめのぽきとツラニミズのふたり会」は、さめのぽきさんとイノナカミュージック主宰のツラニミズさんが出演します。 コロナウイルス・払い戻しに関して チケットは両公演とも3月7日(土)の10:00から開始予定。イベントは両公演とも予定通り開催されますが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえて、来場が叶わないチケット購入者には払い戻し対応が実施されます。払い戻しを希望する場合は、3月24日(火)18:59までにazkiinformation@gmail.com宛てに購入時の名前・購入した公演名・チケット名・枚数・返金用銀行口座情報を連絡することで返金対応が受けられます。払い戻しに関する連絡は4月1日以降に行われるとのことです。 「LAST V STANDiNG vol.2」の概要 日時 2020年3月22日(日) 開場17:30 開演18:00 場所 秋葉原エンタス 出演 AZKi、エルセとさめのぽき チケット料金 4,500円(+1ドリンク) チケット購入 2020年3月7日(土) https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01h7a610szvv5.html 「さめのぽきとツラニミズのふたり会」の概要 日時 2020年3月22日(日) 開演13:30 開場14:00 場所 秋葉原エンタス 出演 さめのぽき(LIVE)、ツラニミズ(DJ) チケット料金 1,500円(+1ドリンク) チケット購入 一般発売 2020年3月7日(金) 10:00〜 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011jqs10szxgr.html (参考)AZKi、さめのぽき 公式Twitter
#ホロの試練

MRデバイス「HoloLens」導入の米国陸軍、テストシーンを公開 完成は2021年

アメリカ合衆国陸軍は、マイクロソフト製MRヘッドセット「HoloLens」の採用を進めています。今回HoloLens 2を使ったトライアルのシーンが米軍から公開され、着々と実戦への導入準備を進めていることがうかがえます。 Samsung製スマホも使用、重量は2.5ポンド 米国陸軍は2018年にマイクロソフトとデバイス納入に関する契約を締結。実戦・訓練双方への大規模導入を目標に進めてきました。2019年以降は、対象の兵士を増やしながらトライアルを実施。フィードバックを得ながら改良を重ねています。 今回公開したのは、ヘッドセットを使ったARトレーニングプログラムのライブデモです。何もない室内で、兵士らはバーチャルの敵を画面内に確認。戦術の訓練を積むというものです。 また映像に加え、メディアMilitary Timesはシステムの詳細を報じています。新システム「Integrated Visual Augmentation System (IVAS)」を構成するのは、HoloLens 2に加えサムスン製のスマートフォン、無線機、8時間の連続使用が可能なバッテリーです。 外付けのセンサーを含む総重量は2.5ポンド(約1.1キロ)。米国陸軍は、今後2ポンド(約0.9キロ)までの軽量化を目指しています。また過去2回のテスト期間を経て、ユーザーインターフェースの改良も図られたということです。 敵と非戦闘員をすばやく区別 現在トライアルはトレーニングの場で行われていますが、最終的には実戦での使用を目指しています。「(前略)IVASの最も優れた能力の1つは、標的認識のサポート機能、すなわち、ユーザーが見たものや人をすべて、素早く見分ける機能のことです。これにより、相手が敵なのか非戦闘員なのかを、区別することができます」IVASのリードアクションオフィサーMAJ Brad Winn氏は、このようにMRデバイス導入の意義を説明しました。 米国陸軍によれば、最終製品の完成は2021年9月を予定しています。 (参考)Next Reality
#ホロの試練

VRプラットフォーム「cluster」がスマートフォンに対応

3月5日、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」は、スマートフォンに対応するなどの大規模アップデートを実施しました。これまで「cluster」を利用するにはPCやVRデバイスを必要としていましたが、アップデートによりスマートフォン単体で楽しむことができるようになります。 「cluster」はVR空間で大人数が同時接続し、VRイベントに参加できるプラットフォーム。VRライブや発表会などの催しで利用されています。イベントへはPCなどから参加でき、VRデバイス(Oculus Rift S/HTC VIVE等)を持っている人は、VRでバーチャル会場にいるかのような没入感のある体験が可能です。 スマートフォン版では、「cluster」のカメラ機能やコメント機能、エモーション機能、マイク機能、各種設定などに対応。インベントリやスタッフ向けの機能、Vアイテムの利用などは現時点では非対応です。ダウンロードはこちら(iOS/Android)。 常設ワールドにも対応 今回のアップデートにより、多人数が同時接続できる「ワールド」にも対応します。イベントと違い、いつでも遊びにいけるバーチャル空間として、ユーザーがアップロードできます。 ワールドの仕様は、12人まで同時接続でき、マイクやカスタムアバター(VRM)を利用できます。13人目からは別サーバーが自動で立ち上がり、そちらに接続されるといったように自動で拡張されていきます。今後はワールドでアイテムを使った遊びができる「ゲーム作成機能」のアップデートが行われる予定です。 なお、近日リリース予定の機能として、友達と一緒にイベントやワールドを楽しむのがよりかんたんになる「フレンド機能」が4月上旬にリリース予定されています。 (参考)cluster Blog
#ホロの試練

VRでお絵描きできる「Tilt Brush」、PSVR版が近日リリースか

GoogleによるVRイラストレーションアプリ「Tilt Brush」の、PlayStation VR(以下PSVR)版が近日中に発売される可能性が示唆されています。海外のデータ解析サイトによる情報から明らかになりました。 Googleが開発した「Tilt Brush」は、さまざまなペンツールで空中に絵を描き、鑑賞することができるVRイラストレーションアプリ。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、さまざまな色やブラシで絵をVR空間上で自由に描くことが可能です。2020年3月現在、PCVR版のほか、Oculus Quest版も配信されています。 PSVR版に相当するコードを発見 今回のPSVR版「Tilt Brush」のリリース決定は、データ解析サイトGamstatが発見した“コード”から判明しました。PlayStation Storeで配信される作品には、各タイトルごとにURL内に識別コート(identifier code)が割り振られており、同サイトはPSVR版「Tilt Brush」に対応するコードを発見しました。 (SIEの名前がパブリッシャーとして挿入されているのが確認できます) 米メディアRoad to VRによれば、発見された識別コードのなかには、日本ストア向けのコードも含まれていたとのこと。現時点(2020年3月)ではGoogleから正式な発表は行われていませんが、PSVR版「Tilt Brush」が日本国内でも発売される可能性は高いと思われます。 VRペイント「Tilt Brush」Quest版 VRアーティスト・せきぐちあいみ氏とレビュー | Mogura VR MoguraVR VR空間に絵を描く「Tilt Brush」がOculus Quest向けリリース、ケーブルレスで快適に | Mogura VR MoguraVR (参考)Road to VR Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。
#ホロの試練

POPに効果あり VRで売場づくりを検証、視線と脳活動を計測

株式会社NeUと公益財団法人 流通経済研究所は、VR空間内での商品棚評価の脳科学検証を実施、その結果を公開しました。今回の検証では「POPによる商品訴求を行った売場づくり」が、買物客にとって“無意識下で買いやすい売場”につながっていることが分かったとのこと。 (NeU-VRを用いた実験風景と表示映像) POPの効果は大きい 本実験は、株式会社FOVEとNeUが共同開発した、NIRS(脳計測ハードウェア)によるVR視聴時の視線情報や脳活動の同時取得が可能なVRデバイス「NeU-VR」を用いて実施。商品陳列を見始めてから、商品を1つ購入意思決定するまでの心理過程を解析しました。 実験では実在する小売店(食品スーパー)の360度画像を撮影し、これをVR内で視聴することで、食品スーパーの売場環境を再現することを可能としています。 今回の実験は「POPによる商品訴求を行った売場づくり」「関連商品陳列による売場づくり」「陳列商品数を増やすことによる売場づくり」「新商品を陳列することによる売場づくり」といった、買物客に訴求するための施策を考慮して行われました。 その結果、「POPによる商品訴求を行った売場づくり」が買物客にとって、無意識下で最も買いやすい売場につながっていることが分かったとしています。 VR視聴時の空間体験を定量化するツールを採用 本実験のデータ解析には、株式会社ジオクリエイツのVR用SaaSツール「ToPolog」が採用されています。「ToPolog」はVR視聴時の空間体験を定量化できるSaaS型ツールです。ソフトやデバイスを限定せずにVRの体験動画をクラウドに保存して使用。設計検討用の3Dモデルを用いたVRや現地調査用の実写映像を用いたVRなどから、視線や脳波を実測や推定し、空間体験を定量化・デザイン可能とします。 NeUは今後「ToPolog」のAI機能を活用し、「脳活動×アイトラッキングによるヒトの感性の推定指標化についても、検討を進めていく予定」とのことです。 (参考)株式会社NeU プレスリリース、株式会社ジオクリエイツ プレスリリース
#ホロの試練

VRヘッドセット「VALVE INDEX」は3月10日に販売再開、Valveが発表

2020年3月現在、世界的に品薄状態となっているPC向けVRヘッドセット「VALVE INDEX(バルブ・インデックス)」を、太平洋時間の2020年3月9日午前10:00(日本時間の3月10日午前02:00)に販売再開することが発表されました。 「VALVE INDEX」はValve社が開発・販売する、PC向けのVRヘッドセット。高い解像度やリフレッシュレート、五本の指をトラッキングできるコントローラーなどが特徴です。日本でも2019年11月28日より店頭で販売が開始されています。国内での販売価格は、コントローラー等のフルセットで125,800円(税別)です。 今回の「VALVE INDEX」販売再開は、米メディアUploadVRが報じました。同メディアによれば、“リーク”された情報をもとにValveへ確認を行ったところ、同社が販売再開を事実であると認めた”とのこと。 2020年3月5日現在、再入荷する「VALVE INDEX」の量や、各国への在庫配分の詳細は判明していません。Valveは発表で「(今回の)在庫量を超える注文には、今後数カ月のうちに在庫が増加次第、順次発送を行います」とコメントしており、再入荷する在庫は、需要を1度で賄うような量ではないと推測されます。 新型コロナウイルスも影響 Valveは当初、「VALVE INDEX」の在庫を2020年3月頃に復活させることを目標としていました。しかし2019年末から始まった新型コロナウイルスの流行が同VRヘッドセットの生産ラインに影響。2020年2月末に、出荷予定数が予定よりも少なくなると発表しました。 なお、記事執筆時点では、日本国内向けの「VALVE INDEX」は、VRヘッドセット本体以外を除き、売り切れとなっています。 VALVE INDEXが世界31ヵ国で売り切れに。原因はあのシリーズ最新作? | Mogura VR MoguraVR 新型コロナウイルスで影響受けるVRヘッドセット VALVE INDEXも出荷減 | Mogura VR MoguraVR (参考)UploadVR
#ホロの試練

ゲーム実況者のガッチマンが3Dモデル化

ゲーム実況者のガッチマンさんが、3月5日(木)のYouTube配信にて自身の3Dモデルをお披露目しました。 モデル制作はバーチャル半魚人の寿司いくらさんが手掛けました。制作決定から約半年ほどの期間をかけて完成したとのこと。お披露目配信では3Dモデルにまだ慣れていない様子で2時間ほど雑談をしつつ、最後はモデルに組み込まれた既存のモーションで、キレキレのダンスパフォーマンスを披露しました。今後はゲーム実況などで3Dモデルが活用される予定です。 https://www.youtube.com/watch?v=lPbEp48JAD8 ガッチマンさんは2009年にニコニコ動画で実況者としてデビュー。ホラーゲームを中心に、丁寧に解説しながらサクサクと進める実況スタイルが人気を集めています。現在はYouTubeでのゲーム実況動画投稿を中心に活動しています。 3Dモデルが予想以上に楽しかった(感想 — ガッチマン (@Gatchman666) 2020年3月5日 ふふふ… というわけで!実は!あのガッチマンさんの3Dモデル製作させていただきました!! モデル製作のお仕事現状6万円から承っておりますのでご相談お待ちしております ガッチマンさん3Dお披露目↓ 3月の雑談放送(放送は最長で0時ぐらいまで、アーカイブ残ります) https://t.co/xEm9ni55Ad — 寿司いくらバーチャル半魚人 (@Kotoduka_Ikura) 2020年3月5日 (参考)ガッチマン 公式Twitter、YouTubeチャンネル
#ホロの試練

アメリカ拠点のバーチャルタレントスタジオが設立

3月5日(木)に、アメリカを拠点とするバーチャルタレントスタジオ「HyperDrive Virtual」が設立しました。今後3Dアニメーションアバターを用いた、ライブ配信や動画制作を行っていきます。 「HyperDrive Virtual」は、英語圏とスペイン語圏の視聴者を対象に4ヶ国で活動するメンバーで構成されたバーチャルタレントスタジオ。メンバーは個人でのコンテンツ制作のほか、グループで行うライブ配信や動画制作にも参加し、TwitchやYouTubeといった動画配信プラットフォームでの活動を予定しています。 設立メンバーとして、バーチャルタレント10名が所属。どのメンバーもこれまでアメリカのバーチャルコミュニティにて個人で活動を行っており、ライブ配信やVlog(ビデオブログ)、3Dモデリング、イラスト、音楽などさまざまなジャンルでその才能を生かしてきたとのこと。 「HyperDrive Virtual」は今後、北米のアニメコンベンションに登場するなど、デジタルの領域を飛び出したイベントにも関わっていく予定とのことです。公式サイトはこちら。 (参考)HyperDrive Virtual公式サイト
#ホロの試練

リモート会議に最適? スーツの上着を被せられるARアプリが登場

3月5日(木)、オンライン通話時にスーツを着ているかのように映すARアプリの試みがTwitterで公開されました。ツイートに埋め込まれた動画では、人の動きに合わせてスーツの画像が動くように映し出されています。 ところで、Web通話時にスーツ着れるアプリケーション作ったので良かったら使ってください。 takanakahiko/web-demo-suit https://t.co/deEm92Bhaq pic.twitter.com/ttQHtEOHDs — なかひこくん (@takanakahiko) 2020年3月4日 いい感じです(スーツ画像を差し替えました) pic.twitter.com/dxi3Wlsejp — なかひこくん (@takanakahiko) March 6, 2020 本技術はプログラマーのなかひこくん氏(@takanakahiko)が公開。カメラ映像からユーザーの顔をトラッキングし、スーツの上着画像を重ねて映し出しています。画像は上半身のカメラ映像に対応しており、全身を映した映像には対応していないようです。 OSS(オープンソースソフトウェア)として開発されており、他の開発者の協力によってリアルタイムでアップデートされています。また、なかひこくん氏によると「フィードバックや修正等も GitHub で絶賛募集中です」とのことです。 Twitterでは「画期的!」「女性用も欲しい」といったポジティブな反応が寄せられていました。リモートワークに注目が集まる昨今、本技術を利用すれば、遠方との会議などにも活用できるようになるかもしれません。ダウンロードはこちら。 (参考)Twitter
#ホロの試練

【PSVR】巨人になって暴れ回るVRバトルアクション「Good Goliath」発表

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴを拠点とする「Knocktwice Games」より、新作VRゲーム「Good Goliath」が発表されました。対応ヘッドセットはPlayStation VR(PSVR)のほか、Oculus Rift、HTC Viveを予定しています。 「Good Goliath」は巨人となって壮絶な死闘に挑む、タワーディフェンススタイルのVRバトルアクション。プレイヤーは眼前で暴れる巨人を駆逐するため、ありとあらゆる攻撃を展開していきます。主に物を投げる遠距離(投てき)攻撃が主体になっており、基本的に”ちぎっては投げ、ちぎっては投げ”を繰り返し、敵巨人にダメージを与えていきます。 https://www.youtube.com/watch?v=HUV6C7l3-DA しかも、投げられるのは鉄球、樽爆弾などに限らず、プレイヤー側に迫り来る人間たちも対象。敵巨人も人間を投げて攻撃してきますので、それを掴んで投げ返せば、カウンターを決められます。また、紛いなりにも生き物ということで、掴むと身体を激しく動かして抵抗することも。その際には片手でパンチして黙らせなければならない上、隙も生じるので相手の動きに警戒する必要が生じたりと、単純ながらも侮りがたい駆け引きが楽しめるようです。 敵巨人もクラーケンや悪魔の容姿をしたタイプなどがいて個性豊か。人間たちの軍団と戦う場面もあり、その際にはボウリング感覚で鉄球を転がし、まとめて一網打尽にしたり、海が舞台のステージではサメを掴んで投げ、“なんちゃってシャークネード”を引き起こすなど、巨人との戦いとはひと味違うユーモア満載の展開が楽しめるようです。 Knocktwice Gamesいわく、本編には9つのレベルを収録しているとのこと。発売は2020年春を予定していますが、現時点でPSVR、Rift、Vive以外のヘッドセットへの対応は未定となっています。 (参考)VRFocus、UploadVR
#ホロの試練

にじさんじJAPAN TOUR東京公演メンバーが“自宅待機”配信を実施

3月5日(木)の22:00から、「にじさんじ JAPAN TOUR 2020 Shout in the Rainbow!」東京公演の出演ライバーが集合し、雑談配信を実施します。リゼ・ヘルエスタさん、戌亥とこさん、アンジュ・カトリーナさん、笹木咲さん、ベルモンド・バンデラスさんの5名が集まって「にじさんじツアー自宅組でおしゃべり」を行うとのこと。放送は笹木咲さんのYouTubeチャンネルを予定しています。 3月5日(木)は本来Zeep DiverCityでの東京公演が実施される予定でしたが、新型コロナウイルス拡大の情勢によりイベントが中止になりました。笹木咲さんによると、ライブの準備期間中の出来事などさまざまなテーマで雑談をする予定だそう。 https://www.youtube.com/watch?v=SbyhXFAihew 戌亥とこさんは、ライブのために休みをとってくれたリスナーもたくさんいたから、一緒に過ごそうとTwitterで呼びかけています。 今日は22時からZepp自宅だ~~!!! にじさんじツアー自宅組でおしゃべりだああああああ!!!!! https://t.co/l6xkHAUoh4 @YouTubeさんから — アンジュ・カトリーナ (@Ange_Katrina_) 2020年3月4日 そして今日!22時からは、さくちゃん、ベルはん、リゼはん、アンジュはん、わたし! 今日お休みとってくれてたって人も沢山おったから、一緒に過ごそう~! ▼待機所 にじさんじツアー自宅組でおしゃべりだああああああ!!!!! https://t.co/WzPHSpiUvA @YouTubeさんから — 戌亥 とこ (@inui_toko) 2020年3月5日 今夜22時からzepp自宅開催! にじさんじツアー自宅組でおしゃべりだああああああ!!!!! https://t.co/DglyjKKlUa @YouTubeより — ベルモンド・バンデラス (@belmond_b_2434) 2020年3月4日 きょうは22時からさんばかダレパンダで雑談! 話せる事とか限られるけど、準備期間のお話とか色々少しでも話せればなって思うよ!https://t.co/GMhXPonGrt あと19時から笹木のアルバム楽曲ワンコーラスにじさんじ公式チャンネルできける..
#ホロの試練

VRライブプラットフォームのActEvolveが資金調達、新機能開発やライブ開催に注力

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社ActEvolveは、エンジェル投資家2名を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行ったことを発表しました。今後は、現在開発中のVARKの新機能「VARKプラットフォーム(仮)」の開発およびVRライブの開催、それに伴う採用強化に注力していくとしています。 「VARK」はVRデバイスを通して、バーチャルアーティストのパフォーマンスやライブの模様を、会場にいるかのように体験できるサービスです。アーティストがすぐ目の前で歌や踊りを披露する、没入感のあるライブ体験が楽しめます。対応デバイスはOculus GoとOculus Questです。 新機能の「VARKプラットフォーム(仮)」は、ActEvolve社が提供しているライブの機能をアーティストに開放することで、「アーティスト自身が、自由で、今までにない距離感でライブを開催することができる」という機能です。アーティストのファンにとっても、「今以上にアーティストに“会う”機会を提供していきたい」とのこと。 第三者割当増資の引受先は、Tokyo Otaku Mode Inc, Founder and Chairman 亀井智英氏と、株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平氏の2人です。なお、今回の調達額は公表されていません。 (参考)株式会社ActEvolve プレスリリース
#ホロの試練

バンダイナムコ研究所がVR/AR/MR研究開発拠点を新設、東宝スタジオ内に

株式会社バンダイナムコ研究所は、東京にある東宝株式会社の撮影スタジオ「東宝スタジオ」のプロダクションセンター内に「バンダイナムコ研究所 東宝スタジオラボ」を新設しました。バンダイナムコ研究所のAIやAR/VR/MRの研究開発拠点として活用されます。 バンダイナムコ研究所は「Creating Entertainment Innovation!(革新的なエンターテインメントを創造する)」というミッションのもと、最先端技術における研究・検証・開発や、ゲーム制作で培われたノウハウを活用した新たなコンテンツの研究開発を手掛けています。 今回の新設にあたり、バンダイナムコ研究所は「昨今、AIやAR/VR//MRの技術開発が加速するなか、エンターテインメントをはじめ、さまざまな分野において”人を笑顔にする”可能性が広がりつつあり、迅速に研究開発を進めるためにはプロトタイピング環境が必要不可欠になった」とコメントし、開設の経緯を語っています。 (参考)株式会社バンダイナムコ研究所 プレスリリース
#ホロの試練

“PSVR2”用か? SIEの新特許が明らかに

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2020年2月、新型コントローラーの特許を公開しました。米メディアUploadVRは、これをPlayStation VR(PSVR)の後継機“PSVR2”用の新型コントローラーではないかと報じています。 VALVE INDEXのコントローラーに似たデバイス 公開された特許内容によると、コントローラー装置はユーザーの手の動きを検出するのに加え、ユーザーの指を検出する複数のセンサーユニットを備えています。また、コントローラーにはストラップがあり、VRヘッドセット「VALVE INDEX」のコントローラーと同じように手を固定する仕組みのようです。 本体にある複数のセンサーユニットにそれぞれ指を置くことで、ゲーム内で拳を握ったり物をつかんだりできます。センサーが指を感知できない場合は「指が外側に開いている」と判定します。また、コントローラーの前面には5つのボタン(中央の大きいボタンはアナログスティックの可能性あり)が見てとれます。 この新型コントローラーがPlayStation VRのコントローラー(PlayStation Move)とは異なることや、特許が公開されたタイミングから、これが2020年末に発売予定のPlayStation5に続いて登場すると噂されている“PSVR2”用のコントローラーではないかとUploadVRは推測しています。 ただし、今回公開されたのはあくまで特許であり、最終的にどのような形の製品が出てくるか現時点では不明です。 "PSVR2"はヘッドセットとコントローラーにカメラ搭載? 特許が公開 | Mogura VR MoguraVR PSVR2はPS5と同時リリースせず?SIE社員がコメント | Mogura VR MoguraVR PSVR2への布石? ソニーが触覚フィードバック企業と特許ライセンス締結 | Mogura VR MoguraVR (参考)UploadVR Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。
#ホロの試練

Oculus Quest版「Beat Saber」に新機能、あのMV風の動画が作れるかも?

人気リズムゲーム「Beat Saber(ビートセイバー)」のOculus Quest版に、MRを活用した撮影機能が追加されました。これは使用することでグリーンバックや現実を背景に撮影した映像を、「Beat Saber」と合成できるというもの。なお現在はベータ版となっているほか、撮影には外部カメラやPCなどが必要となります。 現在はベータ版 今回導入されたMR撮影機能は、外部カメラ(Webカメラなど)とPCが別途必要です。また、Oculus Quest向けのOculus公式MR撮影ツールや、ライブ配信用ソフト「Open Broadcaster Software(OBS)」も導入する必要があります。 2020年3月現在、MR撮影機能は「Beat Saber」のパブリックベータ版(1.8.0b1)に試験的に実装されています。ソフトウェアバージョンの切り替えは、Oculus公式の商品ページで「バージョンとリリースノート」を操作することで行えます。 #DevNews: We're working on Mixed Reality for Oculus Quest. If you switch your Quest to PublicBeta you can try it now. Anyway, it's still WIP! Find out how to set up Mixed Reality for Quest. https://t.co/9XtaLNBoBA pic.twitter.com/uw9vKkIhzW — Beat Saber (@BeatSaber) March 3, 2020 Oculus QuestでのMR撮影の手順は、こちらから確認できます(英語)。 VRゲーム「Beat Saber」、まさかのテスラCEOイーロン・マスクの楽曲収録か? | Mogura VR MoguraVR 「Beat Saber」アーティスト・かめりあの高難度楽曲が更に追加 | Mogura VR MoguraVR 「Beat Saber」の大ヒットを支えた配信ツール「LIV」創業者が語る | Mogura VR MoguraVR (参考)Twitter