手術中のVRが「麻酔薬の必要量を少なくする」? 米ボストンの研究チームが発表

この記事は約3分で読めます。

「VRを手術中の患者が体験することで、局所麻酔薬の必要量が減る可能性がある」ことが明らかになりました。米ボストンのBeth Israel Deaconess Medical Center(ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター)の研究チームが実験結果を発表しています。同チームは今後も手術におけるVRの有用性に関する研究を継続する方針です。

手術中にリラックスできるVRコンテンツを視聴

今回の研究では、手の手術を受ける34人の患者を2つのグループに分けて実験を行いました。一方のグループにはVRヘッドセットが与えられ、他方のグループは麻酔薬だけを使用。VRヘッドセットには、草原や山頂、森林を360度見渡せる動画、ガイド付き瞑想、星空を背景に再生される動画など、リラックス効果が期待できるコンテンツが用意されました。

研究結果の報告書によると、VRヘッドセットを利用したグループは、利用しなかったグループに比べ、鎮静剤の要求量が著しく少なかったとのこと(非VRグループの1時間あたり平均750.6ミリグラムに対し、VRグループは1時間あたり平均125.3ミリグラム。それぞれのSDは±334.6mg、±296.0mg)。また、VRグループは麻酔後の回復室からの退出時間も短く、非VRグループの平均75分に対しVRグループは平均63分との結果が報告されています。

この結果を研究者らは、「VRグループでは非VRグループよりも注意力が散漫になったため、より低いレベルの麻酔薬で手術を行うことができた」と推測しています。一方、研究チームは、VRグループが「VRが有効である」と認知したうえで手術を受けることにより、研究結果を歪めている可能性があるとコメント。この認知による結果への影響度は、今後の検討課題となるようです。

手術中のVRによる効果は研究続く

患者が受ける麻酔薬の量を減らせば、入院期間の短縮や合併症のリスク低減につながったり、麻酔薬分の医療費を少なくできる可能性があります。

研究を主導したコロラド大学麻酔科助教授のAdeel Faruki氏は、「研究チームは現在、股関節と膝関節の手術を受ける患者を対象に同様の後続試験を行い、VR技術が手術に役立つかどうかを引き続き調査する予定です」と述べました。

医療×VRのXRHealth、認知機能トレーニング用のVRゲームを発表。脳卒中や脳損傷の患者向けに提供予定

医療×VRのXRHealth、認知機能トレーニング用のVRゲームを発表。脳卒中や脳損傷の患者向けに提供予定

Mogura VR News

VR外科トレーニングのFundamentalVRが2,000万ドル調達、「医療×VR」の存在感鮮明に

VR外科トレーニングのFundamentalVRが2,000万ドル調達、「医療×VR」の存在感鮮明に

Mogura VR News

(参考)VRScoutMIT Technology Review

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

The post 手術中のVRが「麻酔薬の必要量を少なくする」? 米ボストンの研究チームが発表 appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました