「Project Cambria」新動画が米スタートアップのCEOから“公開”される。MR体験やフェイスクッションの形状が判明か

この記事は約3分で読めます。

米国のスタートアップImmersedのCEOである Renji Bijoy氏は、発売が迫るMetaの新型VRヘッドセット「Project Cambria」のGIF動画を公開しました(※2022年10月7日時点で削除済)。MR(Mixed Reality / 複合現実)でリモートワークを行うという内容です。

「Project Cambria」は、2021年10月に発表されたVRヘッドセットのコードネーム。搭載されたカラーパススルーカメラにより、周囲の状況をフルカラーで映し出すことが可能。現行機「Meta Quest 2」と比較してレンズが改善されているほか、フェイストラッキングツール等によるアバターへの表情反映が可能です。現行機の「Meta Quest 2」と同じく一体型ですが、「VRとARを使い分けられる、単体で動作するヘッドセット」であること、また「主に業務やビジネスでの利用を想定した、高価格帯のデバイスである」ことが予告済。正式名称は「Meta Quest Pro」等になると予想されているものの、現時点では未確定です。

米スタートアップの公式ブログで一時的に公開される

GIF動画は当初、米スタートアップImmersedの公式ブログで公開されましたが、その後何らかの理由で削除されました。インターネット上では削除前にコピーされた映像が“拡散”しており、「Project Cambria」のデバイス本体が見れること等から注目を集めています。

米メディアUploadVRが掲載したGIF動画のキャプチャー写真からは、これまで非公開だったレンズ部分の詳細が確認できます。Meta Questシリーズに近いデザインのフェイスクッションやヘッドバンドも確認できますが、Questシリーズとは異なり、鼻の下の部分は覆わない形状になっているようです。

動画では、バーチャルディスプレイをMRで出現させるシステムが明らかにされました。PCのデュアル・トリプルモニターのように配置され、GoogleカレンダーやOculus Store、Discordの画面等が表示されています。MRと従来のPCを組み合わせて使用し、各種作業を効率化する狙いがあるようです。

「Project Cambria」の発売日は正式に発表されていませんが、日本時間10月12日にはMeta社の年次開発者会議「Meta Connect 2022」が開催予定。その場で「Project Cambria」に関する発表(リリース日など)が行われる可能性は高いと思われます。

VRでリモートワーク、バーチャルオフィス「Immersed」無料トライアルが実施中

VRでリモートワーク、バーチャルオフィス「Immersed」無料トライアルが実施中

Mogura VR News

週に約40時間、VRヘッドセットをつけたまま仕事している男性が現る

週に約40時間、VRヘッドセットをつけたまま仕事している男性が現る

MoguLive

(参考)UploadVR

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。

The post 「Project Cambria」新動画が米スタートアップのCEOから“公開”される。MR体験やフェイスクッションの形状が判明か appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました