VRで大型クレーンの操縦訓練、どこからでもトレーニング 石川県の企業が開発

この記事は約2分で読めます。

2022年8月1日、VRコンテンツ開発を行う株式会社双子ゲームスは、「移動式大型クレーン操縦訓練VR」の販売を開始しました。現実では実施にコストのかかる、移動式クレーンの操縦体験・訓練を、VRで行うことができます。

市販のVRヘッドセットを使用し、スティック操作で訓練可能

株式会社双子ゲームスは、VRやAR、PC、スマートフォン向けアプリの開発と販売を行う石川県金沢市の企業です。過去には主に建築関連で使われるBIMデータのVR化サービスや、電気工事業向けのVRトレーニングの作成を手がけています。

今回販売を開始した「移動式大型クレーン操縦訓練VR」は、同じく石川県金沢市の金石重機株式会社と共同で開発。建設現場や工事で使用する「移動式クレーン」の操縦体験をVRで実現しています。VRを活用することで、動かすための場所の確保や、建物・障害物との接触による事故などを心配せずにトレーニングできます。

市販の一体型VRヘッドセットでも動作し、接続するためのPCや専用機材は不要。VR内の運転席にある4つのレバーを操作し、運転席旋回、ジブ(動力部から突き出されている腕部分)の起伏、ジブの伸縮、巻き上げの4つの動作を行えます。

「移動式大型クレーン操縦訓練VR」は、「フリー操作モード」「試験モード」「練習モード」の3種類のモードを備えています。「フリー操作モード」では、現実では危険で実施できない「荷ゆれ」をあえて発生させ、万が一のときの対処法を学ぶこともできます。

(参考)プレスリリース株式会社双子ゲームス

The post VRで大型クレーンの操縦訓練、どこからでもトレーニング 石川県の企業が開発 appeared first on Mogura VR.

タイトルとURLをコピーしました