キャノンからMR用HMD広視野角モデル「MREAL X1」が登場!6月に発売

この記事は約3分で読めます。

キヤノン株式会社は、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMRシステム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品として、広視野角モデルのヘッドマウントディスプレイ『MREAL X1』を、2022年6月上旬に発売することを発表しました。

「MREAL」とは?

今回発表された「MREAL」はキャノンが開発したMRシステムで、ビデオシースルー方式により現実世界とCG映像を違和感なく融合し、目の前の現実空間に、開発中の新型車や建設予定の建物などを3D CGで表示し、実際に存在しているかのような臨場感を提供します。

6月に発売予定の新商品『MREAL X1』は、これまでの「MREAL」の特長の小型・軽量・高画質 に加え、シリーズ最大の表示面積により、検証効率や臨場感の向上を実現し、製造業をはじめとした幅広い分野での3Dデータを活用した、DXの推進に用いることが出来ます。

▲CG映像を融合した例(写真CG)

『MREAL X1』の特長について

広視野角モデル『MREAL X1』では、視野が広がっただけでなく、小型化や多様なビジネスシーンでの利用ができるなど、これまでのシリーズに比べて主に3つの特長があります。

広がる視野

「MREAL」シリーズ最大表示面積によりユーザビリティーの向上を実現しています。

視野角が広がることで、大きく頭を動かすことなく視認エリア全体の確認が可能になっており、また一度に視認できる範囲が拡大したことで検証効率が向上し、対面での作業や自分の足元を確認しながらの作業も安心して利用できるようになっています。

小型で快適な装着性×高画質

装着のストレスを減らして毎日の業務で利用できるよう小型・軽量にこだわっており、質量約359g(HMD含む、ディスプレイ部のみの質量は約158g)の小型・軽量設計と、人間工学に基づき設計されたヘッドマウントユニットにより、使用時の負担を軽減する快適な装着感のモデルとして開発されています。

また、キヤノン社独自のディスプレイパネルと長年培ってきた光学技術を駆使したレンズも搭載されていて、『小型・軽量』と『高画質』を両立しています。

▲MREAL X1

どこにでも持ち出せるワークステーション

どんな現場でも活用できるようポータブルなシステムが採られており、多様なビジネスの現場での利用が可能になっています。

モバイルワークステーションへの対応により、システム全体の小型・軽量が実現されていて、さまざまな場所に持ち運んで利用することができます。

また空間特徴位置合わせ技術により、屋内/屋外を問わず高精度な位置合わせも実現されていて、遠隔地間を接続して3D CGを共有することができるため、人の移動に制限がある状況下での業務支援にも貢献します。

製品概要

製品名:MREAL X1

希望小売価格:オープン価格

発売日:2022年6月上旬

詳細:公式サイト

まとめ

キヤノンが今回、MR用ヘッドマウントディスプレイの広視野角モデル「MREAL X1」を発表しました。

同モデルは今年6月下旬の発売が予定されていて、さまざまな業界における3Dデータを活用したDX化への貢献が期待されています。

いろいろな業界にXRが導入されていますが、製造業においては完成イメージなどを遠隔地でも共有できるので、相性がいいと言えるかもしれませんね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

The post キャノンからMR用HMD広視野角モデル「MREAL X1」が登場!6月に発売 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2022 VR Inside All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました