マルチプラットフォーム対応な国産メタバース基盤「stellla」が提供開始

この記事は約1分で読めます。

Alche株式会社は、メタバース構築基盤「stellla(ステラ)」の提供を開始しました。Unreal Engineを採用した、多人数同時参加可能なマルチプラットフォーム対応のアプリケーションを制作する基盤となります。

「stellla」は、iOS、Android、Windows、VRデバイスなどのマルチプラットフォームに対応した、多人数同時加可能なメタバース空間を構築します。マルチプレイ対応やチャット・エモート機能をはじめ、クレジットカード決済が可能なEC・物販機能やアナリティクス機能も実装。AWSを土台とすることで、スケーラブルなシステム構成を実現しています。また、プロジェクトごとに機能や表現などをカスタマイズが可能で、アバター、モーション、カスタムステージなど、柔軟に対応可能な基盤になるとのことです。

Alche株式会社はwithIDという名称で2019年に設立。今回発表された「stellla」に関連するエンジニアリング部分から、ワールドのCG制作までを一貫して自社で制作しているとのことです。同社はこれまでに、RADWIMPSのバーチャルライブ「SHIN SEKAI “nowhere”」や、ライブイベント「V-FES ~FUSION ~ in バーチャル東京タワー」などを手掛けています。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました