新一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3 Link」ヨーロッパ向けに予約開始

この記事は約3分で読めます。

中国のVRヘッドセットメーカーPico Interactive(以下、Pico)は、新たな一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3 Link」を発表しました。同社が販売中の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」シリーズの新たなバリエーションとして、ヨーロッパのコンシューマー向けに発売予定です。

「Pico Neo 3 Link」はフランスで開催されたイベントLaval Virtualにて発表されました。予約はヨーロッパ地域向けに2022年4月15日から5月23日まで受付を実施、5月にドイツ、フランス、スペイン、オランダにて、6月にイギリスとイタリアにて発売が予定されています。価格は449ユーロ(約61,000円)、イギリスでは399ポンド(約65,000円)とのこと。

初めはコンシューマー向けの「ベータプログラム」として数量限定で展開し、専用コンテンツストアであるPico Store、Picoユーザーアカウント、ペイメント、ソーシャル、その他のサービスのアップグレードに関するフィードバックを購入者から得る予定です。

DisplayPortケーブルを用いた非圧縮映像のPCVRに対応。人気VRタイトルもラインナップか

「Pico Neo 3 Link」最大の特徴は、DisplayPortケーブルによるPC接続に対応している点です(Wi-Fiによる無線接続にも対応)。Meta Quest 2のPC接続機能「Oculus Link」ではUSBケーブルを使用しますが、USBケーブルでは帯域が狭いため映像が圧縮されてしまうという弱点があります。

これに対し、DisplayPortケーブルであれば非圧縮映像をヘッドセットへ提供できるため、より高品質かつ低遅延なPC向けVRコンテンツを体験することが可能となります。なお、「Pico Neo 3 Link」には5mのDisplayPortケーブルが付属するとのことです。

「Pico Neo 3 Link」向けのストアには、「Eleven Table Tennis」「Walkabout Mini Golf」「SUPERHOT VR」「Puzzling Places」「Demeo」「OhShape」「After The Fall」「Larcenauts」といった、Meta Quest 2でも評価の高い人気VRゲームが数多くラインナップすることも報じられています。

Road to VRによれば、「Pico Neo 3 Link」の製品スペックは以下の通りです。

Pico Neo 3 Link 製品スペック

ディスプレイ

両目3664×1920(片目あたり1832×1920)

リフレッシュレート

最大90Hz

チップセット

Qualcomm Snapdragon XR2

メモリ

6GB

ストレージ

256GB

接続規格

Wi-Fi 6、DisplayPort

トラッキング

6DoF

(参考)Road to VR、UploadVR(1/2/3
Mogura VRはRoad to VR、UploadVRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました