立命館大学とSOLIZE、VR学習教材開発へ。学生中心にプロトタイプ制作

この記事は約1分で読めます。

2022年4月7日、立命館大学教育・学修支援センターとSOLIZE株式会社は、共同でVR技術を活用した学習教材の開発を発表しました。バーチャル空間における参加者同士の心理的安全の構築や相互作用を中心とした学習に注目し、対面環境と同等以上の学習効果を得られる教材の設計・開発を目指します。

両者の具体的な取り組みとしては、同学産業社会学部の野原博人教授のゼミナールに所属する学生がVR理科教材を設計、実際にプロトタイプを制作。制作した教材に対して受講生同士でレビューを行い、優れたものを中心に実証実験を行う予定です。

教材制作はVR学習コンテンツを手掛けるSOLIZE株式会社と連携し、学生が主体となって3ヶ月かけて実施。SOLIZE株式会社と立命館大学は学生へのVRの説明や、アイデアに対するフィードバックという形で関与するとのこと。

また、この取り組みの主体となる学生を対象に、4月14日にVR技術に触れる体験会も開催されます。体験会では、VR技術について学んだ後、実際にVR機器を体験する時間が設けられる予定です。

(参考)SOLIZE

タイトルとURLをコピーしました