ニコンが次世代映像コンテンツ事業参入、「Microsoft Mixed Reality Capture Studios」の日本初パートナー企業に

この記事は約1分で読めます。

4月1日、株式会社ニコンは100%子会社となる株式会社ニコンクリエイツを設立し、次世代映像コンテンツ事業への参入を発表しました。

参入に際し、ニコンはマイクロソフトコーポレーションが展開するボリュメトリック映像(※)制作スタジオ「Microsoft Mixed Reality Capture Studios」の日本初のパートナー企業となりました。

(※ボリュメトリック映像Volumetric Video……360度あらゆる角度から見れる映像を作る技術、またはその技術を用いて作られた映像。通常の映像は単一の視点でしか視聴できないが、ボリュメトリック映像は多数の方向から撮影・補間することで、自由な方向から見られる映像となる)


2022年秋には、東京都大田区平和島に映像制作拠点を開設予定で、ボリュメトリック映像やバーチャルプロダクションなど、さまざまな映像制作手法を活用した提案、企画、撮影、制作を行うとのことです。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました