ビデオ通話にAR技術を追加!AR遠隔支援ツール「Vuforia Chalk」をMTS社が導入

この記事は約4分で読めます。

サイバネットシステム株式会社は、同社が販売とサポートを担うPTC社製ARソフトウェア「Vuforia Chalk(ビューフォリアチョーク)」が、エムティエスジャパン株式会社のサポートサービスの一つとして採用されたことを発表しました。

「Vuforia Chalk」をMTS社が導入決定!

今回エムティエスジャパン(MTS)社に導入された「Vuforia Chalk」は、ビデオ通話にAR技術が追加された遠隔支援ツールです。

ユーザーは、スマホやタブレットなどの画面を作業現場にかざしながらビデオ通話をします。

すると、ユーザーと通話相手双方の画面に作業現場がARで表示され、3Dの作業空間を共有することができるだけでなく、画面に書き込みをすることもできます。

これにより作業現場にいる技術者に対し、遠隔地にいる熟練者が『指示内容を直接書き込んで提示する』ことが可能になります。

熟練者が常に同行する必要がなくなるため、作業の為の移動や出張の

・回数を最低限に抑えることができる

・費用および時間コストを削減することができる

というメリットが期待できます。

「Vuforia Chalk」が導入された背景

このシステムを導入したMTS社は、アメリカに本社をおく高性能テストおよびシミュレーションシステムの世界的な大手サプライヤーで、その日本法人がエムティエスジャパン社です。

エムティエスジャパン社では創立以来、40年以上にわたって日本の顧客の要望にこたえるべく、輸送/産業/精密機器の各種試験装置を公的・学術機関や企業に供給するだけでなく、訪問サポート業務を展開してきたものの、昨今のコロナ禍により訪問ではなく、リモートでの対応を余儀なくされているという現状があります。

拡大するリモート対応に、電話やオンライン会議システムを活用する中で、

『現場で発生している現象把握に時間がかかる』

という問題点が浮かび上がってきたということで、そういった背景から今回の「Vuforia Chalk」の導入が決定されています。

この「Vuforia Chalk」を使用することで、現場のカスタマーやサービスエンジニアがスマートフォン等で映している画面に、MTS社のシニアエンジニアが遠隔からリアルタイムで指示を書き込むということが可能になり、問題となっていた情報伝達がスムースになることが期待されています。

イメージ

MTS社 代表取締役 西久保氏のコメント

導入の動機付けになったのはコロナ禍です。

地方のお客様から「東京からは来ないでほしい」と言われる一方、「装置を見てサポートしてほしい」という要望はあり、その隙間を埋めていくためには、オンライン会議用システムの画像共有では情報が全く足りませんでした。

Vuforia Chalkは現場の状況を直接見ることができるので、コミュニケーションの時間短縮とコスト削減に繋がると考えます。

手持ちのデバイスで使える手軽さと、マニュアル不要で直感的に操作できることも採用の決め手になりました。

遠距離の現場であってもリモート対応できるため、午前中に西日本、午後に東日本のお客様をサポートすることも可能になります。

こうしたデジタル技術を駆使することで、経験の浅いエンジニアがシニアエンジニアの支援を受けながら現場の対応もでき、また、米国本社からの質の高いリモート支援にもつながり、エンジニアの業務のありかたを工夫できる範囲が大幅に拡大します。

まとめ

サイバネットシステム社が販売するARソフトウェア「Vuforia Chalk」が、エムティエスジャパン社に導入されることが決定しました。

これにより従来のオンライン会議用システムでは難しかった、リモートでの顧客対応が円滑になることが期待されています。

機器に不具合が生じた場合はメーカーに連絡して、日程を調整した上でエンジニアに訪問してもらうという従来の流れでは、地方ではすぐに対応してもらうことが困難な場合も多かったかもしれません。

今まで出来ないと思っていたことが、技術の進歩で可能となる、”ニューノーマル”の誕生を感じるニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

The post ビデオ通話にAR技術を追加!AR遠隔支援ツール「Vuforia Chalk」をMTS社が導入 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2022 VR Inside All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました