スマートコンタクトレンズのMojo Visionが最新プロトタイプを公開、開発は着実に前進

この記事は約2分で読めます。

2022年3月30日、Mojo Visionがスマートコンタクトレンズ「Mojo Lens」の最新プロトタイプを発表しました。「見えないコンピューティング(Invisible Computing)」の実現に向け、今後は臨床試験や臨床評価をスタートする予定です。

超高精細なマイクロLEDを搭載、臨床試験・評価を予定

Mojo Visionは米国カリフォルニア州にて、2015年にAppleやAmazon、Google出身のエンジニアを中心に創業されました。情報を視界に表示するスマートコンタクトレンズ「Mojo Lens」の開発を行っており、2022年1月には累計調達額が2億ドルに達しました。また2020年12月には、日本のコンタクトレンズメーカー大手である株式会社メニコンと共同開発契約を結んでいます

今回、Mojo Visionが発表したスマートコンタクトレンズの最新プロトタイプでは、1インチあたり14,000ピクセルの解像度を持つマイクロLEDディスプレイを搭載。サイズは直径0.5mm未満です。また5GHz帯の無線通信機能を有し、加速度センサーやジャイロスコープ、地磁気センサーなどを使用してアイトラッキング(視線追跡)を行い、手を使わず視線のみでの操作を実現。動作のための電力は“医療向けグレードの超小型バッテリー”を搭載しているとのこと。

Mojo Visionは2019年以降、米国政府機関であるアメリカ食品医薬品局(FDA)のプログラムに参加し、安全基準を満たすデバイス開発に取り組んでいます。同社は「Mojo Lens」の健常者や視覚障害者を対象とした臨床試験などをスタートする予定です。

スマートコンタクトレンズ開発のMojo Vision、国内大手コンタクトレンズメーカーと提携 | Mogura VR

スマートコンタクトレンズ開発のMojo Vision、国内大手コンタクトレンズメーカーと提携 | Mogura VR

MoguraVR

「スマートコンタクトレンズ」のMojo Visionが約52億円調達 スポーツや視覚サポートで活用へ | Mogura VR

「スマートコンタクトレンズ」のMojo Visionが約52億円調達 スポーツや視覚サポートで活用へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Mojo Vision

タイトルとURLをコピーしました