「バーチャルマーケット2022 Summer」8月に開催!今度の舞台はNYと大阪

この記事は約3分で読めます。

株式会社HIKKYが、メタバース上で開催される世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」を、2022年8月13日(土)~28日(日)の計16日間にVRChatで開催することを発表しました。

今回のテーマは”原点”となっていて、企業出展の会場はニューヨークと大阪を再現したものとなっています。

「バーチャルマーケット2022 Summer」8月に開催

今回発表された「バーチャルマーケット2022 Summer」は、VR法人のHIKKYが主催する世界最大のVRイベントで、今年8月13日(土)~28日(日)の計16日間にわたってVRChatの特設ワールドにて開催されます。

イメージ

バーチャルマーケット(Vket)とは、メタバース上にある会場でアバターなどの3Dアイテムや実際の商品を売買できるバーチャルイベントで、2018年より毎年複数回開催されています。

一般サークルやクリエイターによる出品だけでなく、近年は大手企業や有名IPも参入しており、VRコマースとしても発展してきています。

ここでは世界中から大勢の人がアバターとなって来場し、商品売買の他にも

・会場内で乗り物に乗る

・接客を受ける

・音楽ライブに参加する

といったメタバースならではの体験や、音声によるコミュニケーションなどの交流を楽しみます。

公式サイト

公式Twitter

公式YouTube

公式Instagram

今回のテーマは”原点”

今回のテーマは

“原点”

となっており、メタバースがバズワードとなって誰もが熱狂し、バーチャル空間が人々の生活に及ぼす影響が2018年のバーチャルマーケット誕生時よりも遥かに大きくなっている今だからこそ原点に立ち戻り、芯をぶらさず進化と発展を続けていくという思いが込められています。

企業出展会場はニューヨークと大阪

今回の企業出展会場の舞台は

・パラリアルニューヨーク

・パラリアル大阪

となっており、世界中の都市をメタバース時代に合わせた形で実現する”パラリアルワールドプロジェクト”の第二弾として、笑顔とグルメの街「大阪」と初の海外都市「ニューヨーク」がパラリアル化されます。

ここで言うパラリアルとは、「パラレルワールド(並行世界)」と「リアル(現実世界)」を合わせた造語で、リアルとメタバースに並行して存在することを指し、時間や距離の概念にとらわれない現実世界とデジタル空間の共創が実現されていきます。

イメージ

一般出展申し込みは4月中旬から

本イベントの一般出展申し込みの開始と一般出展会場のコンセプトに関する情報は今月中旬の発表が予定されており、詳細情報は公式ツイッターでも順次公開されていきます。

まとめ

メタバース上で開催される世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」が、今年8月13日~28日に開催されます。

今回のテーマは”原点”となっており、また企業出展会場はニューヨークと大阪になっています。

一般サークルの申し込みと会場は今月中旬の解禁が予定されているようなので、今後の発表に注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

The post 「バーチャルマーケット2022 Summer」8月に開催!今度の舞台はNYと大阪 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2022 VR Inside All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました