登録文化財をバーチャル空間に構築、積木製作が「メタバース構築サービス」開始

この記事は約2分で読めます。

VRコンテンツ制作を手がける株式会社積木製作は、「メタバース構築サービス」を開始しました。同社は第一弾として大阪ガス都市開発株式会社、および3次元計測のクモノスコーポレーション株式会社と共同で、登録文化財である大阪瓦斯ビルディングを3DCGで、バーチャル空間上に構築しています。

大阪御堂筋を象徴する建築物「大阪瓦斯ビルディング」をバーチャル化

今回発表された「大阪瓦斯ビルディング・メタバース」は、クモノスコーポレーションが計測した3次元点群データをベースに積木制作が3DCGを作成。大阪瓦斯ビルディングとその周辺をバーチャル空間上に再現しました。

【メタバース 事例】大阪ガスビルヂング×点群×Metaverse
大阪ガス都市開発、クモノスコーポレーション、積木製作による点群データを活用した新しい試み【メタバース】参考URL大阪ガス都市開発 クモノスコーポレーション 

「大阪瓦斯ビルディング・メタバース」では、多人数でのボイスチャットやテキストチャット機能によるコミュニケーションが可能。従来のディスプレイではなく、VRヘッドセットにも対応しています。今後は同時体験人数の大規模化、複数のVRヘッドセットに対応するマルチデバイス化、コミュニケーション機能の拡充を目指す見通しです。

積木製作が「メタバース構築サービス」を開始

積木製作は上述の取り組みを皮切りに「メタバース構築サービス」の提供を開始、点群データ、BIM等の3DCADデータ等をベースに、カスタマイズ可能なバーチャル空間開発を、企業向けに展開します。積木製作によれば「小規模であればランニングコスト不要でメタバースの開発が可能」とのこと。

MRで足場の安全点検訓練 杉孝と積木製作ら開発 | Mogura VR

MRで足場の安全点検訓練 杉孝と積木製作ら開発 | Mogura VR

MoguraVR

VRでフォークリフトの労災防止、積木製作から | Mogura VR

VRでフォークリフトの労災防止、積木製作から | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました