「バーチャルマーケット2022 Summer」開催決定 大阪とニューヨークがメタバース化!

この記事は約2分で読めます。

8月13日(土)から8月28日(日)まで、VRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」が開催されます。VRChat会場とブラウザ会場が用意される予定で、VRヘッドセットやPCやなどから入場可能です。

「バーチャルマーケット」は2018年から株式会社HIKKYが運営しているイベントです。バーチャル空間でアイテムやリアル商品を購入したり、音楽ライブに参加したりできます。有名企業から個人サークルまで数多くのブースが出展しており、それぞれのブースを巡りながら楽しめるのがポイントです。

バーチャルマーケットってどんなイベント? 参加方法や楽しみ方を徹底解説 | Mogura VR

バーチャルマーケットってどんなイベント? 参加方法や楽しみ方を徹底解説 | Mogura VR

MoguraVR

今回の「バーチャルマーケット2022 Summer」では、「パラリアルニューヨーク」と「パラリアル大阪」が登場。ニューヨークと大阪を再現した街並みを巡って観光気分を体験できるようです。

一般出展申し込みの開始・一般出展会場の各コンセプトに関する情報解禁は2022年4月中旬を予定しております。詳細情報は公式Twitterで告知予定です。

【バーチャルマーケット2022 Summer開催概要】

名称:バーチャルマーケット2022 Summer
主催:VR法人HIKKY
会期:2022年8月13日(土)~28日(日)(計16日間)
テーマ:原点
企業出展会場:パラリアルニューヨーク/パラリアル大阪
公式サイト:https://summer2022.vket.com/
公式SNS:
Twitter→https://twitter.com/Virtual_Market_
YouTube→https://www.youtube.com/c/vketchannel
Instagram→https://www.instagram.com/vket_official/
来場方法:
VR機器・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドに来場可能。一部、スマートフォン等からURLクリックのみで入場できるブラウザ会場も設営予定。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました