【Meta Quest 2】128GBと256GBどっちを買うべき? Quest対応人気ゲームの要求容量も紹介

この記事は約5分で読めます。

VRヘッドセットMeta Quest 2(旧Oculus Quest 2)は、ストレージ容量の異なる2タイプ(128GB/256GB)が販売中です。今回は、各機種の違いやオススメの使い方を紹介。どちらの“バージョン”を買うべきかを解説していきます。

現在販売されているQuest 2は、ストレージの容量以外、ハードウェア面での違いはありません。付属する周辺機器(ケーブル、ヘッドストラップ)も同じです。よって、購入の際は、「価格の違い」と、「どのようなゲームを遊びたいか」という2点が軸になります。

“ヘビーユーザー候補”なら256GB

128GBモデルのQuest 2は37,180円、256GBモデルは49,120円です(いずれも税込価格)。256GBの方が、約12,000円ほど高い計算です。

筆者としては、Quest 2を長期間遊ぶことを考えている“VRヘビーユーザー”なら、256GBを選択しても良いと思います。ストレージの容量が大きくて困ることは基本的に無いからです。

そもそもQuest 2のストレージには、VRゲームやアプリのほか、プレイ中に撮影した動画や写真、専用ブラウザの履歴、システム関連(OSなど)などが保存されます。そのため記載されている容量がそのままVRコンテンツに利用できるわけではないことに注意です。動画や写真などを本体に大量に保存したい場合は容量に余裕があるものを選んだ方が良いでしょう。

また最近は、大容量のQuest向けゲームがリリースされることが増えています。2021年11月にリリースされたFPS「Medal of Honor: Above and Beyond」は、必要空き容量が41.02GB。人気ドラマ「ウォーキング・デッド」を原作とした「The Walking Dead: Saints & Sinners」も容量の大きな作品のひとつ。DLC込みで約12GBを必要とします。

ストレージは、OSなどが予め使用するスペースがあるので、実際の“残容量”は128GBを下回ります。今後の“大作”に備えて、(=256GBモデル)を用意しておくのも良いと言えるでしょう。容量が大きい分、ストレージの整理を頻繁に行わなくても良いのもポイントです

主なVRゲームの要求容量

Medal of Honor: Above and Beyond

41.02GB

The Walking Dead: Saints & Sinners

6.79 GB(DLC込みで約12GB)

バイオハザード4

7.01 GB

Blade & Sorcery: Nomad

4.11 GB

Zenith: The Last City

2.63 GB

ALTDEUS: Beyond Chronos

1.96 GB

Job Simulator

1.67 GB

Beat Saber

1.17 GB(+DLC)

Sports Scramble

1.16 GB

ピストルウィップ

928.0 MB

VRChat

793.6 MB(※ワールドやアバターで増減あり)

128GBは軽く遊ぶ人向け

逆に、「あまりQuest向けゲームを多く買わない予定」「少しでも出費を抑えたい」という人には、128GBモデルの購入をオススメします。

「Beat Saber(ビートセイバー)」や「バイオハザード4」など、上記の人気タイトルの容量を見れば、VRゲームを10作品程度遊ぶ程度なら容量の圧迫は心配なさそうです。

仮に容量が大きなVRゲームを購入しても、(面倒ですが)アプリの削除・整理をマメにやっておくのがおすすめです。ただし、クラウドバックアップを有効にしていない場合、削除時にはセーブデータも消えるので注意が必要です。

【Oculus Quest 2】「バイオハザード4」をさっそくプロ難易度でクリアしたゲーマーが徹底レビュー | Mogura VR

【Oculus Quest 2】「バイオハザード4」をさっそくプロ難易度でクリアしたゲーマーが徹底レビュー | Mogura VR

MoguraVR

また、PC向けのVRゲームが遊べる「Oculus Link」の使用をメインで考えている方は、128GBの購入がオススメです。「Oculus Link」は、PC本体とQuest 2をUSB接続することで使用できます。これにより、Steamでリリースされている作品や、VRヘッドセットOculus Rift向けの公式ストアで配信されているVRゲームを遊べます。

なお、Quest向けのVRゲームは「Oculus Link」の使用時には遊ぶことはできません。同じタイトルでも別途、PC(Rift)向けのバージョンの購入が必要になります。なお、Oculus Storeの一部タイトルは、片方のバージョンを買うことで、もう一方が付属するクロスバイに対応しています(例:Quest版を購入すれば、Rift版が無料ダウンロード可能)。

Oculus Quest 2を使ったときの「Oculus Link」の性能を検証してみた | Mogura VR

Oculus Quest 2を使ったときの「Oculus Link」の性能を検証してみた | Mogura VR

MoguraVR

結論:どちらを買っても損はなし

結論としては「Quest 2単体でがっつり遊ぶ」場合は256GBモデル。それ以外の人は128GBモデルを購入するのがベストと思われます。

Quest 2の開発元Meta社(旧フェイスブック)は、同ヘッドセットを「長期間展開していく」と明言しており、どちらのモデルを購入しても、すぐに“性能不足”になることはないと思われます。

メタバースの流行もあり注目が集まっているMeta Quest 2。これを機に、一度手に取ってみませんか?

Meta Quest 2の注文はこちらから。
https://www.oculus.com/quest-2/

執筆:井文

タイトルとURLをコピーしました