XRコンソーシアムがメタバースワーキンググループを設立、ホワイトペーパー策定等に向けた議論へ

この記事は約1分で読めます。

2022年3月14日、一般社団法人XRコンソーシアム(XRC)は「メタバースワーキンググループ」を発足しました。メタバースに取り組む企業が考慮すべき要素や社会普及に向けた方策、課題などを洗い出し、具体的な議論を行うことを目的としています。

XRコンソーシアムは2015年に発足。XR業界関連企業が80社以上所属し、中立的な立場からXR業界の健全な発展を目指す業界団体です。メタバースは昨今大きな注目を集める一方で、定義がプレイヤーごとに異なり、インフラからハードウェア、コンテンツに至るまで様々な差異が存在します。「メタバースワーキンググループ」は、このようなテーマであるメタバースに取り組む企業に向けて、課題などを議論するワーキンググループとして設置されました。

同ワーキンググループでは今後、行政や業界各社への問題提起を行うために、メタバースに取り組む企業が考慮するべき要素や社会に普及する上での方策や課題について議論を行い、ホワイトペーパーや提言などの発出を目指します。またワーキンググループは開かれたものであるべきという考えから、会員企業外からのオブザーバーとしての参加も可能とのこと。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました