「どんぐりず」がメタバース音楽ライブの実証実験 参加申込は3月13日中まで

この記事は約2分で読めます。

2人組音楽ユニット「どんぐりず」による、メタバース音楽ライブ実証実験「DONGURIZU Live at UNIVERSE」が3月26日(土)に実施されます。凸版印刷株式会社と、株式会社JVCケンウッドが共同実施し、芸術表現技術や、大規模同時接続時の動作検証が行われます。

実証実験では、VR空間上のステージにて、アバターに扮した「どんぐりず」の二人がライブを実施。観客もアバターとなってライブ会場に参加可能で、VRならではのライブ演出が実施されるとのことです。

凸版印刷は、新型コロナウイルス感染拡大による、メタバース上での音楽ライブやアート鑑賞の機会が増える中、既存プラットフォームでのアバターデザインや鑑賞可能人数などの制約に縛られないライブを実施するために、演出制限を設けないVR技術の開発と基盤構築の研究・開発を進めています。今回の実証実験では、凸版印刷は企画やメタバース基盤開発などを、JVCケンウッドは「どんぐりず」3Dモデルの制作を担当しています。

メタバース音楽ライブ実証実験「DONGURIZU Live at UNIVERSE」は、定員100名の抽選制で、参加は無料。抽選の申込は3月13日中まで。

詳細は公式サイトよりご確認ください。

「DONGURIZU Live at UNIVERSE」概要

■開催日時
2022年3月26日(土) 18:00~19:30
■出演
どんぐりず
■申し込み方法
以下サイトをご確認ください。
https://vr-art.world/dongurizuliveatuniverse
■検証内容
①VR 空間における音楽ライブの芸術表現技術
(演出・パフォーマンス・空間設計・音響)に関する検証
②大規模同時接続時の動作検証

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました