VRゴリラ鬼ごっこ「Gorilla Tag」の新マップ公開 ゴリラになって氷のすべり台を滑ろう!

この記事は約2分で読めます。

SteamOculus Store(App Lab)にて無料配信中のVRゲーム「Gorilla Tag」の新マップが公開されました。本稿執筆時点ではベータ版で、正式な実装は後日になる模様です。

新たなマップは雪景色の森林で、非常に長い氷のすべり台が特徴。らせん状の通路から最上部へと移動し、そこから進むことで滑り降りられます。また、氷で作られているため、滑っている際には素早く移動できるとのこと。設置場所が高い関係で高低差も大きく、最上部への移動が可能な場所も限定されており、立ち回りによっては相手との距離を大きく開けるようです。

同じく高低差のあるマップは2021年上半期公開の「峡谷」がありましたが、今回はすべり台というアトラクションと氷による滑りやすさによる、スピーディな鬼ごっこを楽しめる個性的なマップになることが推測されます。

ベータ版を遊ぶ際の手順は「峡谷」のマップが仮公開された時と同じく、Steamの場合は最新のベータブランチ、Quest版の場合はOculusアプリ経由のパッチインストールが必要です。

VRゴリラ鬼ごっこ「Gorilla Tag」新マップが仮公開 | Mogura VR

VRゴリラ鬼ごっこ「Gorilla Tag」新マップが仮公開 | Mogura VR

MoguraVR

Quest版の具体的な手順は、「Gorilla Tag」のストアページへとアクセスし、下の追加情報欄にある「バージョン」の部分をタップ。その後、表示されるページの「チャンネル」をタップすると表示される「MOUNTAINTEST: 1.1.15」を選択すると、ベータ版のインストールが開始され、追加マップがプレイできるようになります。

「Gorilla Tag」は脚のないゴリラになり、両手でフィールドを走り回りながら他のゴリラ(プレイヤー)との鬼ごっこに興じるマルチプレイ特化型のアクションゲーム。地面を前のめりに引っかき、前進するゴリラらしさ全開の操作スタイル、ローポリゴン調の独特なグラフィックとシンプルながらも白熱必至の駆け引きで好評を博しています。

2021年11月にはユニークプレイヤー数が150万人を突破。PCとQuest双方で野生の本能に覚醒する”デジタルゴリラ”なプレイヤーが絶賛増加中です。

VRユーザーのゴリラ化が加速 「Gorilla Tag」のユニークプレイヤー数が150万人を突破 | Mogura VR

VRユーザーのゴリラ化が加速 「Gorilla Tag」のユニークプレイヤー数が150万人を突破 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVRLemmingVR

タイトルとURLをコピーしました