ホログラムのような映像を使える会議アプリ「MATSUKO」登場 ARとAI技術を活用

この記事は約2分で読めます。

実物風の3Dホログラムのような映像を使って会議が行える、スマートフォン(iOS)向けARアプリ「MATSUKO」が発表されました。今週(3月第2週)末に開催される「SXSW2022」のスタートアップを対象としたピッチ大会「SXSW Pitch」でプレミアが行われる予定です。

「MATSUKO」は、スロバキアのMatsuko社が開発しているアプリ。iPhoneのカメラを自分に向けて発言を行うことで、「HoloLens 2」や「NrealLight」といったデバイス(を使う人)に、アプリ使用者を3D映像として表示できます。

Matsuko社によれば、アプリにはAR技術のほかAIも使用されているとのこと。3Dホログラムをリアルタイムで簡単に記録・共有可能にすることで、より自然な形の遠隔コミュニケーションを提供することを目的としています。

「Matsuko」について、共同創業者兼CEOのMaria Vircikova氏は以下のようにコメントしています。

私たちの脳は3次元に配線されており、人が物理的に実在する感覚を必要としています。「SXSW Pitch」の審査員の方々に、私たちのソリューションが真のホログラフィックプレゼンスを提供し、人々の感情的なつながりを助けるかを、お見せすることを期待しています。

2022年3月現在、「MATSUKO」はApp Storeで無料配信中。将来的にはMeta Quest 2(旧Oculus Quest 2)にも対応する予定です。

ビル・ゲイツ氏「2、3年以内にオンライン会議の大半がメタバースに移行」と予測 | Mogura VR

ビル・ゲイツ氏「2、3年以内にオンライン会議の大半がメタバースに移行」と予測 | Mogura VR

MoguraVR

ビデオ会議とVR会議、ユーザーの行動はどう変わる?研究成果が公表 | Mogura VR

ビデオ会議とVR会議、ユーザーの行動はどう変わる?研究成果が公表 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました