秋葉原駅周辺を再現した「バーチャル秋葉原」がオープン!  スマホで無料で体験できる

この記事は約3分で読めます。

秋葉原の駅と街を再現したバーチャル空間「Virtual AKIBA World」(略称:VAW)が、3月25日(金)にオープンします。VRイベント「バーチャルマーケット6」にて出展されたJR東日本ブースが、スマートフォンから体験可能な「メタバース・ステーション」として登場します。

「VAW」は、株式会社HIKKYが開発した技術「Vket Cloud」を採用しており、スマートフォンから専用アプリをダウンロードすることなく、ブラウザからアクセスできます。リアルに再現された秋葉原駅と周辺を自由に歩けるほか、改札を通過して電車にも乗れるそうです。

開業時には、日本を代表するヒーロー作品による企画「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とのコラボが実施されます。コラボ期間中は駅が「シン・秋葉原駅」と名付けられ、オリジナルデザインのグラフィックや各キャラクターが登場します。

また、3月25日(金)から3月31日(木)にかけて、秋葉原駅1階改札内のエキナカスペースにLEDパネル「VAWゲートウェイ」が設置されます。PR映像が流れるほか、横に設置されたQRコードブロックから、実際に「VAW」へアクセスすることもできます。

このほか、入場者同士でコミュニケーションができる空間「オフ会ルーム」の実装や、日本中央競馬会(JRA)やBEAMSとの連携企画も予定。NTTドコモとも提携し、今後のXR領域の発展に向けた取り組みを推進していくとのことです。

「Virtual AKIBA World」概要

【名称】Virtual AKIBA World(バーチャル アキバ ワールド)
【略称】VAW(バウ)
【開業日時】2022年3月25日11時頃
【URL】
https://jrakiba.vketcloud.com
https://jrakiba.vketcloud.com/VAW/
※3月8日15時〜25日11時まではティザーサイトとなり、VAWへのアクセスは不可。
※メンテナンス:隔週木曜10時~15時
【Twitter】https://twitter.com/v_akiba_world
【利用料】無料
※上記内容は予告なく変更となる可能性あり

【概要】
秋葉原駅や駅周辺エリアを再現したオリジナルのメタバース空間内において以下のコンテンツを提供。
●メタバース空間におけるワールドの企画・運営
●連携パートナー企業やIP(知的財産)とコラボレーションしたオリジナルコンテンツの企画・提供
●ユーザー同士のコミュニケーションスペース「オフ会ルーム」の運営
●リアル空間とバーチャル空間が融合したオリジナルコンテンツの企画・提供および企業・団体プロモーションの提供
【運営者】
東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社HIKKY

©TTITk © TOHO CO., LTD. ©カラー ©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ ©石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました