サムスンが独自のARヘッドセットを開発中か、チップセットは自社製品採用

この記事は約1分で読めます。

サムスンがAndroidベースのARヘッドセットを独自に開発している旨を、韓国の「Electronic Times」が報じています。報道によればサムスンはすでにプロトタイプを完成させており発売日を決定済、チップセットは自社製の「Exynos」シリーズを採用するとのこと。

サムスンのARをめぐる取り組みは過去にもいくつか見られ、2020年開催のCES2020では、ARグラスを使ったフィットネスのコンセプトをデモ発表しましたが、その後具体的な動きはない状態です。また、過去にはスマホ接続型のVRゴーグル「Gear VR」や、Windows MRヘッドセット「Samsung Odyssey」などを手掛けています。

サムスン、ARグラスを使ったフィットネスを発表 バーチャルトレーナーが個人レッスン | Mogura VR

サムスン、ARグラスを使ったフィットネスを発表 バーチャルトレーナーが個人レッスン | Mogura VR

MoguraVR

今回の報道では詳細は伝えられていませんが、サムスンが独自にARデバイス業界へ参入する可能性があり、今後の動向に注視したいところです。

(参考)Electronic TimesUploadVR
Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました