ソニーグループがバーチャル空間プロジェクトを始動 XRライブを開催

この記事は約2分で読めます。

ソニー・ミュージックレーベルズがバーチャル空間プロジェクト「ReVers3:x(リバースクロス)」を発表しました。3月3日(木)より第一弾XRライブが開催。YouTubeで生配信される予定です。


(画像はティザームービーより引用

「ReVers3:x」はソニーの独自制作したバーチャル空間で、様々なアーティストによるライブを最新技術を活用した演出で楽しめるとのこと。東京のストリートをイメージした空間となっており、デジタルアーティストによるアートも配置されます。

第1弾ライブでは、SML所属のKEIJUのライブが配信。ライブ撮影はボリュメトリックキャプチャ技術(※現実の人やモノをデジタルデータに変換して3D映像として再現する技術)と4K撮影、Unreal Engineを活用した構成となっており、オンラインならではのライブ演出を楽しめます。クリエイティブチームには、2月にVTuberピーナッツくんのXRライブを手掛けたMomentTokyoが参加しています。

https://www.youtube.com/watch?v=LHL4Iasj0gw

「ReVers3:x」は今後も不定期にHIPHOPアーティストを中心としたXRライブの配信を予定しているとのこと。様々なカルチャーの交差点として仮想空間上でのエンタテインメントを発信していきます。

公式チャンネルはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCIhFxvd6YkutchugsFqpbzA

新たなプロジェクト「ReVers3:x」が始動!

仮想空間を舞台にアーティストのライブを楽しむことができ、記念すべき第1回は @KEIJU_Official が登場し本日22:00配信。ライブの撮影は世界最高品質のソニーのボリュメトリック撮影スタジオにて実施。

公式サイトへhttps://t.co/VQzvwrqYKf#FutureSony pic.twitter.com/BIwacvBuW3

— Sony Group – Japan (@SonyGroup_JP) March 3, 2022

(参考)ソニー公式サイト

タイトルとURLをコピーしました