クアルコム、TikTokのバイトダンスがXR領域で提携

この記事は約2分で読めます。

スペインで開催中の「MWC Barcelona 2022」(MWC 2022)にて、チップセットメーカーのクアルコムは中国のバイトダンスとXR領域で提携することを発表しました。両社は今後、XR領域における開発を協力して進めていきます。

バイトダンスは、ショート動画サービス「TikTok」の運営元として知られていますが、2021年8月にはVRデバイスメーカーのPico Technologyを買収しているほか、動画編集にARを活用できるクリエイティブツールの提供も準備しています。

TikTokのByteDanceがVRデバイスメーカーPicoを買収、VR事業に本格参入 | Mogura VR

TikTokのByteDanceがVRデバイスメーカーPicoを買収、VR事業に本格参入 | Mogura VR

MoguraVR

クアルコムは、Metaが発売しているMeta Quest 2へ「Snapdragon XR2」を提供しており、すでに大きな提携先がいる状態です。一方、バイトダンスが買収する以前からPico系製には、クアルコムのチップセットが搭載されていました。の中国ではMeta Quest 2をはじめとしたOculus系製品は規制によって輸入できず、Pico系製品がコンシューマー市場においては強固です。今回の提携は、ByteDanceを通じて、中国市場に強固な地盤を確保を狙っているという思惑もうかがえます。

MWC 2022にて、クアルコムの社長兼CEOのCristiano Amon氏は提携の発表を行ったプレゼンテーションにて、特定のヘッドセットメーカーとのみ取り組むのではなく「メタバースへのチケットとしての役割を強化したい」と、コメントしています。

(参考)CNET

タイトルとURLをコピーしました