VTuberの失踪とファンの心境を描く長編小説「鈴波アミを待っています」早川書房より刊行

この記事は約2分で読めます。

3月16日(水)、早川書房よりVTuber/メタバースを題材とした長篇小説「鈴波アミを待っています」が刊行されます。著者は塗田一帆さん。また表紙イラストをしぐれういさん、装幀デザインを木緒なちさんが担当するほか、にじさんじの健屋花那さんが帯推薦コメントを担当しています。

同作は「ジャンプ小説新人賞2020」のテーマ部門で《金賞》を受賞した、同名の短篇作品を長篇へとリメイクしたものになります。刊行同日には「少年ジャンプ+」にてコミカライズ版が公開予定です(作画担当はおおみねさん)。

書籍概要

あらすじ

Vtuber「鈴波アミ」がデビュー1周年を迎えた夜。しかし、待望の配信は始まらなかった。彼女は突如失踪してしまったのだ。視聴者たちは〝推し〟の復帰を信じて、1年分の配信アーカイブを同時視聴して待ち続ける。新型コロナによって社会も混乱していくなか、鈴波アミと視聴者の未来は……? メタバース時代のネット文化が生んだ感動のストーリー!

書籍情報

タイトル:「鈴波アミを待っています」
発売日:2022年3月16日
価格:1800円+税
著者:塗田一帆(Twitter:@nulltypo
https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000015079/pc_detail/

表紙イラスト:しぐれうい(@ui_shig
装幀デザイン:木緒なち(@kionachi
帯推薦コメント:にじさんじ 健屋花那(@sukosuko_sukoya

著者情報

塗田一帆(ぬるたいっぽ)
ブログ「からっぽもーど」管理人。ブラウザ拡張機能の個人開発者で、これまでにYouTubeの視聴支援機能を9つリリース。全ユーザー数の合計は4万4000人(※重複あり)。「GIGAZINE」や「k本的に無料ソフト・フリーソフト」での掲載実績あり。2018年にはVtuber「半熟UFO」としても活動していた。
本作にて作家デビュー。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました