凸版印刷、ビジネス向けバーチャル空間サービス基盤「MiraVerse」を開発。4月より提供

この記事は約2分で読めます。

凸版印刷株式会社は、メタバースサービス基盤「MiraVerse(ミラバース)」を2022年4月より提供開始します。「MiraVerse」ではフォトリアルなバーチャル空間をユーザーが作成する事が可能で、商談や協調作業などのビジネスコミュニケーションを行うことができます。

フォトリアルなバーチャル空間を提供するメタバース基盤「MiraVerse」

MiraVerseは、現実の色や質感を再現したフォトリアルなバーチャル空間内に、ビジネス利用に必要となるデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供するサービス基盤です。

建物や製品・アートや自然など、様々なモノを、設計図や3D計測・色彩計測などを用いて3Dデータ化しバーチャル空間上に再現。アイデアや図面段階の試作品など、まだ実物が存在しないものも含め、様々なデータを自在に組み合わせて自由に空間を作り、その中で相互コミュニケーションをすることが可能です。

アバター生成管理基盤「AVATECT」によってアバターの本人確認を実現

MiraVerseは、凸版印刷が提供するアバター生成管理基盤「AVATECT(アバテクト)」と連携。同社によれば「なりすましを防止し、信頼できる相手との安全/安心なコミュニケーションを実現している」とのこと。

凸版印刷は「MiraVerse」を、企業プロモーションや安全教育、ミュージアム、防災訓練などの様々な企業・団体に提供予定。2025年度には関連受注を含め、100億円の売上を目指すとしています。

VRで高齢ドライバーの目線を体験、凸版印刷が販売開始 | Mogura VR

VRで高齢ドライバーの目線を体験、凸版印刷が販売開始 | Mogura VR

MoguraVR

自分の分身が国際宇宙ステーションから地球を見下ろす ANAと凸版ら | Mogura VR

自分の分身が国際宇宙ステーションから地球を見下ろす ANAと凸版ら | Mogura VR

MoguraVR

凸版印刷、芸能人と"AR記念撮影"できるサービス開発 | Mogura VR

凸版印刷、芸能人と"AR記念撮影"できるサービス開発 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました